セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/02/20(木) 17:55:12.87 ID:
 学者たちは、若い男性と女性80人を対象とした実験を行った。男性と女性がそれぞれ、特殊な3Dアプリケーションを使って、自分と恋人の理想体型をシミュレーションした。

 その結果、女性も男性も相手がスマートであることを望んでいることが分かった。ほぼ全ての女性が巨乳に憧れているものの、若い男性たちは、小さな胸の女性を恋人にしたいと考えていることが分かり、学者たちを驚かせたという。

ソース:http://japanese.ruvr.ru/2014_02_19/128911641/
続きを読む

1:2014/02/21(金) 03:38:30.81 ID:
【ソチ時事】ソチ五輪フリースタイルスキー女子ハーフパイプは20日行われ、小野塚彩那(石打丸山ク)が銅メダルを獲得した。

yahoo/時事通信 2月21日(金)3時28分
http://sochi.headlines.yahoo.co.jp/sochi/hl?a=20140221-00000019-jij-spo

実況は実況板でお願いします。
http://headline.2ch.net/bbylive/
ソチ五輪を実況し続けるスレ★324点
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/livenhk/1392921116/
ソチオリンピック2014 フリースタイルスキー女子ハーフパイプ★7
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/livecx/1392918785/
続きを読む

1:2014/02/21(金) 05:12:47.73 ID:
真央、意地の自己ベスト「これが自分がやろうと思っていた構成」
ソチ五輪フィギュアスケート女子フリー (2月20日)

これが本当の浅田真央の演技だ。前日のショートプログラム(SP)では重圧に勝てず16位に沈んだ
浅田真央(23=中京大)だったが、この日のフリーはまるで別人。6つの3回転を含め、
すべてのジャンプを成功させ、フリーでの自己ベストとなる142・71点をマーク、
メダルこそならなかったが、6位まで巻き返した。

冒頭のトリプルアクセルを成功させると、4年前のバンクーバー五輪では跳べなかった3回転―3回転の
コンビネーション、続く3回転ルッツも成功。後半も2回転半―3回転、3回転―2回転―2回転など
すべてのジャンプを決めてみせた。

演技を終えた瞬間、感極まって涙。キスアンドクライで得点を確認すると、少しだけ笑みも浮かんだ。
「これが自分がやろうと思っていた構成なのでよかったです。きょうの朝の練習でもよくなかったので、
自分のことに集中して、自分のやりたい演技をしようと思いました」。

バンクーバー五輪で銀メダルに終わった悔しさを糧に自分のスケートを一から見つめ直した。
4年かけて作り上げた演技で悲願の金メダルを目指していたが、前日のSPではミスが相次ぎ、
金メダルはおろかメダル獲得さえ絶望的な状況に追い込まれていた。

「これまでも一つ、一つクリアにしてきた。だから、きょうもジャンプ一つ一つをクリアにしていこうと
…4年間やってきたことができました」。フィギュア人生の集大成とに位置付けたソチ五輪。
「きのうの演技は残念で悔しくて…日本代表としてメダルは持って帰れないけど、目指していたフリーの
演技ができたので、支えてくれた人たちや応援してくれた人たちに、私なりの恩返しはできたかなと思います」。
フリーを滑りきった満足感とSPの悔しさを残して浅田の五輪が幕を閉じた。

スポニチ http://www.sponichi.co.jp/olympic/news/2014/02/20/kiji/K20140220007633261.html
フリーの演技を終え、浅田の目からは涙がこぼれおちる Photo By スポニチ


実況は実況板でお願いします http://headline.2ch.net/bbylive/
続きを読む

1:2014/02/20(木) 13:11:17.17 ID:
ラスベガスに近いモハーヴェ砂漠に建造され、最近稼働を始めた世界最大の太陽熱発電所で、愛鳥家にとってショックな事故が頻発しているそうです。
太陽熱発電とは、太陽光を反射鏡で集めて発生させた熱で蒸気タービンを回して電気を得る発電方法です。『ソーラー・システム』と言ったほうが通りのいい人もいるかもしれません。
550℃あたりまで加熱・蓄熱が可能な溶融塩を熱媒にすることで夜間もタービンを回し続けることができるため、太陽光発電よりもずっと高効率で安定的な再生可能エネルギーとして期待されています。

モハーヴェ砂漠の『イヴァンパー太陽熱発電所』は、総出力40万kW・14万世帯の電力を賄うことができる世界最大規模のタワー型太陽熱発電施設として建設されました。
同心円状に設置された30万枚以上の反射鏡をコンピュータ制御して中央のタワー上部にある集熱器を加熱しています。
本来ならば、環境を汚さずに大量の電気を生み出し、2100人もの雇用を創出してくれるありがたい施設になるはずだったのですが、ある問題が発生してしまいました。

太陽によって熱せられた反射鏡に近寄ってきた鳥たちが丸焦げになって死んでいるというのです。焼き殺された鳥の中には、ハヤブサ、カイツブリ、タカやスズメなど様々な種類がいたそうです。
ある生物学者は、反射鏡が湖のように見えるために鳥が降りてきてしまうのかもしれないと分析しています。

電力会社は建設中の段階で、数十羽もの焼け死んだ鳥が施設周辺で見つかったことを報告しており、環境当局もその問題を把握していましたが、巨大プロジェクトの前には小さな問題として無視されてしまったようです。環境当局は今後2年間の調査をした上で解決策を検討したいとしています。

国家的巨大プロジェクトは、いったんゴーサインが出てしまうとあちこちの利権が絡んでいるせいで止めることが難しいのは、日本もアメリカも同じですね。

ソースは
http://getnews.jp/archives/518609
焼けた鳥画像

元記事
Feb. 12, 2014 The $2.2 Billion Bird-Scorching Solar Project
http://online.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304703804579379230641329484?
 太陽熱発電所画像
 
 
続きを読む

このページのトップヘ