セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/12/10(火) 18:45:01.81 ID:
中国から偏西風で飛来する微小粒子状物質PM2.5による大気汚染の深刻化を受け、韓国政府は10日、総合対策を発表した。

韓国では、国内発生分に中国からの飛来分が加わってPM2.5が高濃度となり、空気がかすむ日が増えている。
5日にはソウル市が初の注意報を発令し、韓国紙は「ソウルが窒息した」「白いテロ」などと、中国へのいら立ちをあらわにした。
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2013121000719
続きを読む

1:2013/12/10(火) 05:34:33.27 ID:
 「助けて下さい」というSOSを残した森美菜さんの過労自殺は、若者に過酷な労働を
強いる「ブラック企業」の問題がさまざまなところで取り上げられる中で、反響を呼んだ。
ワタミ側に両親が「懲罰的慰謝料」を求めた背景には、原因調査や、遺族対応への不信感がある。

 「ワタミ側には『ブラック企業』の要素が全部あてはまっている気がする」。
提訴後の記者会見で父の豪さん(65)はそう語り、母の祐子さん(59)は
「全く反省していないから、娘の死と向き合ってくれないのだろう」と無念をにじませた。

 生前の森さんは、渡邉美樹氏の著書を課題図書としたリポートや、240ページ以上にのぼる
「理念集」を暗記するために休日をつぶした。新卒研修は全員参加が義務付けられて
いたが、ワタミ側は当初「業務ではなく、自己啓発の時間だった」と説明していた。

 また、渡邉氏は平成24年2月の労災認定を受け、短文投稿サイト「ツイッター」に
「労務管理ができていないとの認識はない」という趣旨の書き込みをしたほか、
参院選への出馬を表明した今年5月には、自身のホームページで
「ワタミグループをブラック企業と呼ぶことは、到底受け入れられない」と主張した。

 両親は渡邉氏らとの面会を再三求めたが、ワタミ側は無条件での面会を拒否し、
損害賠償の金額を確定させるよう逆に民事調停を申し立てた。
調停は今年11月に決裂し、提訴にいたったという。両親の目的は真相究明だ。
豪さんは「なぜ娘が亡くなったのかを答えてほしいという一点で提訴した」と話した。

■記事●産経新聞社       http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131209/waf13120919150027-n1.htm
■写真●渡邉美樹の肖像画  
     ●渡邉美樹と安倍晋三 

■関連リンク

 ◆「ワタミ」 店舗 【 和民 ・ わたみん家 ・ GOHAN ・ 饗の屋 ・ 旨い屋 ・ 炭旬 ・ T.G.I.FRIDAY'S 】

   ●15時間労働で休憩わずか30分…入社2カ月で過労自殺するワタミ社員のスタンダードな働き方
   http://www.mynewsjapan.com/reports/1585
   ●「いますぐここから飛び降りろ」「そいつの頭を何度もスリッパでひっぱたいていました」
   http://president.jp/articles/-/3004?page=1
   ●「禁断の不倫騒動」「性の道具か」「暴力事件が発生」郁文館夢学園で
   1 http://dot.asahi.com/news/domestic/2012092600478.html
   2 http://dot.asahi.com/news/domestic/2012092600479.html
   3 http://dot.asahi.com/news/domestic/2012092600480.html
続きを読む

1:2013/12/10(火) 00:57:02.59 ID:
(※かなり長文記事のため、ざっくり抜粋です。全文はソース元でご確認下さい)
ソース(日経ビジネスオンライン 河合薫の新・リーダー術 「上司と部下の力学」)
http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20131206/256802/

 「ワーキングプアとか、プア充とか。“プア”なんて、軽い言葉で言ってほしくないです。僕の母は、ブラック企業で働いています。でも、辞めません。なぜなら、貧困だからです」

 これは、先日、ある大学で講義後のレポートに、ひとりの学生が書いていたものである。

 プア――。

 確かに、貧困と表現するより“軽い”。特に最近は、「プア充」なんて言葉も流行っているので、余計に軽いイメージがある。念のため補足しておく。プア充とは宗教学者の島田裕巳氏が勧めている生き方のことだ。

 「年収300万円というと、『それってワーキングプアじゃない?』『貯金できないし、結婚もできない』と思うかもしれないが、今の日本では100円ショップや格安ネット通販がそろっていて、むしろ楽しく幸せに暮らしていくことができる」と、島田さんは説く。

■「本当の貧乏」ってホントにわかってますか?

 でも、これは、「稼ごうと思えば、稼げるチャンスがある人」だからこそ勧められるし、受け入れられる考え方なのかもしれないと思ったりもする。

 「プア充なんて、本当の貧乏がわかってないから、そんなこと言えるんだ!」

 「貧困層だ」と称したこの学生は、そう思った。ワーキングプアだって、「働いても働いても、生活できない貧困な人々」って言えばいい。
そんな世間への怒りをレポートに書いてきたのである。

■母はブラック企業で働いています。けど辞めません

 まずはこの学生が、なぜ貧困について書いたのかを説明しておこう。

 その講義では毎回、一人の人物を取り上げ健康社会学的視点から紐解いていくのだが、冒頭のレポートは本田宗一郎さんの回のものである。本田宗一郎が貧乏な家庭で育ったことについて、彼なりの意見が書かれていたのだ。

 「本田宗一郎が貧乏だったというのには、とても親近感を持ちました。僕は、汚い着物だからって、友だちの家から追い返されたことはなかったけど、それに近いことはありました」

 「本田宗一郎には技術があった。でも、僕には何があるんだろう? そう考えると不安になります」

 「本田宗一郎の、『貧困な人は、早く自分の得意なものを発見して、大切に育てよう。それが心の支えになり、栄光への力強いバックボーンともなる』という言葉は、とても心に残りました。母は、『一生懸命勉強して、とにかく大企業に入りなさい』って言います。大企業に入れば、本田宗一郎のバックボーンとなった技術のようなモノが、僕にも見つかるのか? よくわかりません。ただ、ひとつだけわかっているのは、僕の家庭は貧困だということです」

 「母は、ずっと働いています。正社員ではありません。なのに、いつも働いています。ブラック企業で働いています。でも、辞めません。
なぜなら、貧困だからです。ワーキングプアとか、プア充とか。“プア”なんて、軽い言葉で言ってほしくない。貧困は……、そんな生易しいものじゃない」

 以上が、レポートの内容である。

( >>2以降に続く)
続きを読む

1:2013/12/10(火) 12:12:34.48 ID:
国家公務員の冬のボーナス(期末・勤勉手当)が10日、支給された。
管理職を除いた一般行政職(平均36.4歳)の平均支給額は約57万1800円。
支給月数は2003年以降で最も低かった前年同期(1.823カ月)と同じだが、
職員の平均年齢が上がったため平均支給額は約6500円増えた。

主な特別職のボーナスは、安倍晋三首相と竹崎博允最高裁長官がともに約371万円、
閣僚約309万円、事務次官約270万円。
衆参両院議長は約390万円、国会議員が約233万円だった。

一般行政職の支給月数の据え置きは、東日本大震災の復興財源に充てるための
特例減額措置に伴って実施された。同様に復興財源を捻出するため、首相は30%、
閣僚と衆参両院議長、国会議員はそれぞれ20%、事務次官は9.77%減額されて
いる。

ソースは
http://mainichi.jp/select/news/20131210k0000e020147000c.html
総務省のサイトhttp://www.soumu.go.jp/から、平成25年12月期の期末・勤勉手当を国家公務員に支給
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01jinji02_02000096.html
http://www.soumu.go.jp/main_content/000263378.pdf
関連スレは
【賃金】冬の賞与(ボーナス)、5.7%増…バブル期以来の伸び [11/13]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1384345443/l50
【賃金】国家公務員給与の減額、今年度末で終了 [13/11/15]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1384526244/l50
続きを読む

このページのトップヘ