セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

427 :可愛い奥様 2012/09/03() 06:32:54.18 ID:SbZuSzzV0
6のとき、告白してきた男の子と学校で毎日することに。
気持ちよくなかったけど、いけないことをしているような
スリルが好きだった。(相手は毎回射精していた)
避妊なんてまるで頭になかったから、いま考えればよく妊娠
しなかったものだと思う。。

428
:可愛い奥様 2012/09/03() 07:21:20.52 ID:kp6Ro/Ivi
>>427
そりゃ股凄い!

429
:可愛い奥様 2012/09/03() 07:45:37.18 ID:SbZuSzzV0
>>428
凄いの・・?
だったら周りにはこのまま秘密にしておこう。。

431
:可愛い奥様 2012/09/03() 11:52:49.23 ID:Hf5iwN0g0
>>427
妊娠しなかったってすごいね。
若いと妊娠しやすいのに。しかも毎回射精って中出しじゃなかったのかな?

続きを読む

855 :可愛い奥様 2011/01/20() 09:33:34 ID:+8vhs6Hh0
高校2年~3年の時、となりのクラスの担任の先生と関係があった事。
当時、先生は既婚の36歳で何故か分からないけど私のことをすごく気に入ってくれていた。
そんなにHの回数はなかったけど、修学旅行の時にこっそり部屋を抜け出してみんなに見つからないようにそーっと先生の部屋に行ってスリリングなHをしたのが印象だった。
あとは、学校が休みの時にドライブラブホのコースがほとんど。
当時、私は経験はあったけど同級生とばかりだったので、先生のHはとても濃厚で、当時高校生の私にはとっても大人なかんじがした。

続きを読む

1:2014/04/27(日) 14:02:08.80 ID:
2012年3月期の最高益達成を境に2期連続の減収減益に沈んでいたファナックが再び勢いを取り戻している。

同社は工作機械の頭脳ともいえる数値制御(NC)装置で世界トップシェアを誇り、産業用ロボットや小型工作機械も手がける。
4月25日の決算発表とともに公表した15年3月期の業績予想では売上高が前期比約18%増の5318億円、営業利益は約24%増の2042億円と増収増益に転じる見通しだ。
さらに純利益は1465億円と最高益の更新を予想している。

だが、この見通しを上期と下期に分けると大きな違いがあることに気づく。
下期は前年同期比で減収減益と予想しているのだ。
それでも通期で業績が上向くのは、上期に大幅な増収増益を見込んでいるため。
では、「上期は好調、下期は減速」と想定している理由は何なのか。

ファナックは決算短信の中で、今期の見通しについて
「一部のIT産業の短期的な需要増等を背景に期前半(14年4~9月)は好調に推移することが予想される」と説明している。
すでにその兆候が現れており、同社の14年1~3月期の単体ベースの受注金額は1137億円と、600~800億円台が続いていた昨年の水準を大きく上回っている。

業界団体である日本工作機械工業会の統計でも同じトレンドが見て取れる。
アジアでの「電気・精密」向け受注は、月平均40億円弱だった昨年に比べて今年2月は119億円、そして3月には266億円にまでハネ上がっているからだ。

これらは、「大半がスマートフォン、タブレット関連の案件が占める」(工作機械工業会の花木義麿会長)という。

ファナックは「決算資料以上のことは開示していない」(広報部)とするが
好調の要因として挙げた「一部のIT産業の短期的な需要増」とは、スマホ特需のはず。
さらに言えば、その中心は今年秋の投入がうわさされるアップルの次期アイフォーンの”大波”だろう。

http://toyokeizai.net/articles/-/36425
続きを読む

1:2014/04/27(日) 14:11:26.59 ID:
米カリフォルニア州の与党・民主党は温室効果ガスの排出権を売却して調達した資金を高速鉄道の建設費に充てる計画を提案した。
同州の高速鉄道をめぐっては、州上位裁判所(第1審)の判事が昨年、建設費調達のための債券発行を阻止していた。

 カリフォルニア州は680億ドル(約6兆9000億円)を投じてロサンゼルスとサンフランシスコを結ぶ高速鉄道の建設を計画している。
時速は320キロ以上になる予定で、建設されれば米国初の高速鉄道となる。

しかし、計画の策定に遅れが出ている上、費用の見積もりも定まらず、訴訟も提起されている。
訴訟の結果によっては、計画が打ち切りか無期限延期に追い込まれる恐れがある。

 ジェリー・ブラウン州知事(民主党)は排出権取引制度「キャップ・アンド・トレード」を活用し
毎年オークションで排出権を売却、売却益の3分の1を鉄道建設の建設費に充当する案を提示した。
これに対し、州上院のダレル・スタインバーグ臨時議長は売却益の5分の1を建設費に充てるよう提案している。
議会が今後数カ月の間にどちらかの提案を可決すれば、州政府はこれを活用して新たな資金源を確保し、建設を急ぐとしている。
カリフォルニア州議会では民主党が多数派を占める。

 カリフォルニア高速鉄道局のダン・リチャード局長は「継続的な資金の確保は非常に重要だ。資金を確保できれば、歳入債であれその他の仕組みであれ、資金調達を行える」と述べた。
「同時に複数の区間を建設することもあり得る。
これほどの規模のプロジェクトとなると、工期を短縮したり同時並行で工事を進められれば、費用を大幅に節約できる」

 カリフォルニア州は2006年にキャップ・アンド・トレード制度を導入した。
二酸化炭素(CO2)の排出量が2万5000トンを超える企業が対象で設定された上限を超えて排出した場合は排出権を購入しなければならない。

州政府はこれまでに実施したオークションで15億ドルを超える排出権を売却、公害対策などの基金向けに6億6300万ドルを確保した。

 州議会の立法分析局はオークションが拡大し、さらに多くの企業が制度への参加を義務付けられれば州政府は20年までに最低でも120億ドル、最高で450億ドルを調達することも可能としている。


http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304334104579526531612723904.html
続きを読む

このページのトップヘ