セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/04/22(火)20:23:29 ID:
日本の超党派議員連盟「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」が靖国神社を集団参拝したことについて、韓国外務省報道官は22日の記者会見で「昨日、論評を通じて(韓国政府の)立場を明白にしたにもかかわらず、参拝したのは嘆かわしい」と述べた。

 報道官は「靖国神社がどのような施設であるか、本人らもよく分かっているはずだ。そんな場所に参拝し、周辺国家に未来を語るのはむなしく思う」と批判。「韓国だけでなく北東アジアの国々、国際社会が何度も指摘してきた。心を開き耳を傾けるよう促す」と語った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140422-00000575-san-kr
続きを読む

1:2014/04/22(火) 13:49:21.23 0 ID:
米ユタ州ソルトレークシティーの連邦裁判所で21日、刑事裁判の被告人が公判中に証人に襲いかかり、連邦保安官に射殺された。

サイアル・アンギラウ被告は犯罪組織の構成員とされ、恐喝共謀罪で起訴されていた。裁判所の記録によると、この日の公判の開廷後間もなく証人の1人に襲いかかったため、数発の銃弾で撃たれた。

米連邦捜査局(FBI)によると、同被告は病院に運ばれたが、胸の銃弾が致命傷となって間もなく死亡した。

法廷内で事件を目撃した女性はCNN系列局のKSTUに対し、「みんなが怒鳴り声を上げて止めようとしたが、男は止まらなかった」「男は逆上していた」と証言した。

アンギラウ被告はペンをつかんで証人に襲いかかり、銃で撃たれたという。別の目撃者は、誰かが「床に伏せろ」と叫び、その場にいた人たちは椅子の陰に隠れたと証言。「男(アンギラウ被告)が倒れても、(保安官は)
まだ撃っていた」と話している。

ユタ州の連邦検察によると、撃たれたのはアンギラウ被告のみだった。

裁判官は、発砲を目の当たりにしたことによる陪審団の動揺が激しく、アンギラウ被告が公正な裁判を受けられ
なくなる恐れがあるとして、審理の無効を宣言した。

同被告は2002~07年にソルトレークシティーで起きたコンビニ強盗に関連して10年に起訴された。同被告に襲いかかられたのは、犯罪組織の構成員の日常について証言していた受刑者だった。

http://www.cnn.co.jp/usa/35046893.html
続きを読む

1:2014/04/22(火) 13:54:22.42 0 ID:
9年前、愛知県豊川市の寺に国の重要文化財を盗もうと侵入し、住職の長男に大ケガをさせ逃走していた韓国人の男が、韓国内で身柄を拘束されていることが分かった。愛知県警は22日にも男の身柄の引き渡しを受け、逮捕する方針。この事件は9年前、韓国人の男らが国の重要文化財に指定されている仏画を盗もう と、豊川市の寺に侵入し、住職の長男の腹を包丁で刺し大ケガをさせたもの。これまでに韓国人の男3人が逮捕され、いずれも実刑が確定している。警察による と、この事件に関わったとして指名手配され、その後、国外に逃亡していた韓国人の男(33)が今年2月、韓国内で身柄を拘束されていたことが分かった。警 察は22日にも「日韓犯罪人引渡し条約」に基づいて、男の身柄の引き渡しを受け逮捕する方針。

http://news24.jp/nnn/news86218847.html
続きを読む

1:2014/04/22(火) 13:44:19.09 0 ID:
米ロサンゼルスで16日、ラップ歌手のアンドレ・ジョンソンさんが自分の性器を切り落として集合住宅の2階から飛び降りた。ロサンゼルス市警が明らかにした。

警察によると、ジョンソンさんはノースハリウッドのビルの2階から飛び降りた。重傷を負ったものの、一命は取りとめたという。切り落とした性器も回収され、病院で手当てを受けている。

飛び降りた理由などは分かっていない。

ジョンソンさんは米ヒップホップグループ「ウータン・クラン」系列のバンド「ノーススター」のメンバーとして、クライスト・ベアラーの芸名でカリフォルニア州ロングビーチを拠点に活動している。

2004年の映画「ブレイド3」のサウンドトラックに収録された楽曲「When the Guns 
Come Out」も手掛けていた。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35046688.html
続きを読む

1:2014/04/22(火) 14:01:11.32 0 ID:
男子プロゴルフの欧州ツアーも兼ねる大会「マレーシアオープン」で18日、14ホール目でプレーしていたスペインのパブロ・ララサバル選手(30)が突じょ、「スズメバチ」の集団に襲われ、池に飛び込んで窮地を逃れる騒ぎがあった。

同ホールでバーディーを決めた後の災難だった。ララサバル選手は手当てを受けた後、プレーに復帰した。
欧州ツアーの公式サイトによると、複数の注射の治療を受けた。

同選手によると、顔に近づいたスズメバチ1匹を追い払った後、大群がたちまち現れ、30~40匹のスズメバチの襲撃を受けたという。対処の仕方がわからず、キャディーの助言で無我夢中で走って逃げ始めた。しかし、スズメバチの追跡は収まらず、他の選手の指図に従って池に飛び込んだという。

スコアを書き込んだメモ用紙を投げ捨て、靴を脱いで池に突っ込んでいた。スズメバチの攻撃について「これまで送った人生の中で最も恐怖感を覚えた瞬間だった」と振り返っている。

医師や審判団の「気持ちを楽にしろ」などとの処置がなかったら、とてもプレーを続けられる状態ではなかったと感謝している。

18日は第2ラウンドの試合日で、ララサバル選手は4アンダーの68でまとめ、全体の25位タイで決勝ラウンド進出を決めた。

同選手は「あのホールでまたプレーするのは本当に怖い。結果がどうなるかわからないが出来るだけ早くホールでのプレーを終えたい」と述べている。同大会はマレーシアの首都クアラルンプールで開かれている。

http://www.cnn.co.jp/showbiz/35046820.html
続きを読む

このページのトップヘ