セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/01/12(日) 12:37:45.42 ID:
韓国の国防部報道官が軍に対して信じられないコメントをしていた。
それは「助けられたことは忘れろという言葉がある」と教え、日本から銃弾を提供されたことを忘れろと言い、
更に靖国問題を持ち出し日本批判させているのだ。

これはテレビ(FNN)の一場面で、書かれているハングルは
「今日靖国神社参拝(オヌル ヤスクニシンサ チャンべ)」という意味である。

日本からの支援も忘れむしろ靖国参拝した日本を敵対視しろと言う韓国国防部。
韓国軍は支援を必要としていたが、韓国政府がそれを渡さず孤立していたという事実もあったことから、
とんだ意地を張っているようである。

2014.01.11 07:00 ガジェット通信
http://getnews.jp/archives/491620
続きを読む

1:2014/01/11(土) 22:54:09.23 ID:
★「日本人客にノーは禁物」 英観光庁が外国人対応の手引き
2014.01.11 Sat posted at 09:00 JST

英国を訪れる外国人客に、ホテル従業員はどう対応すべきか。英観光庁がこのほど作成した観光業界
向けの手引きには、相手の国ごとに興味深いアドバイスが並んでいる。

「カナダからの訪問客を米国人と呼んではいけない」「インド人は愛想が良いが、気が変わりやすい」
――大胆に言い切るその内容は、一部の英メディアから不評を買っているようだ。

ロシア人は長身なので、天井の高い部屋を用意するべきだという項目もある。世界各地を駆け回る
同国随一の国際派、プーチン大統領の身長は170センチと決して高くないが、例外扱いといったところか。

フランスでも昨年、パリの観光局が外国人に対する国別接客マニュアルを配布した。「ブラジル人は
スキンシップとタクシーを好む」「スペイン人は無料品と遅めの夕食が好き」など、それぞれの「国民性」が盛り込まれた。
英国版の手引きに書かれた、そのほかの「やるべきこと」「やってはいけないこと」を紹介する。

・日本人の要望には、たとえ具体的に言われなくても、すべて先回りして対応すること。
・ドイツ人とオーストリア人は総じて遠慮がなく要求が厳しいため、無礼で攻撃的に見えることもある。苦情には迅速に対応すること。
・オーストラリア人が冗談で英国人を「Poms」という俗称で呼ぶのは、親しみを込めた表現だと心得ておくこと。
・香港の迷信深い人には、歴史ある建物や四柱式のベッドで眠るのは幽霊が出そうだと嫌うので、勧めてはいけない。
・面識のないフランス人にはほほ笑みかけたり、目を合わせたりしてはいけない。
・ベルギー人には、同国の複雑な政治や言語圏の話をしようとしてはいけない。
・日本人客にははっきり「ノー」と言わず、もっと感じの良い言い方を考えなければならない。

http://www.cnn.co.jp/travel/35042302.html
Don't call Canadians 'American' or smile at the French, British hoteliers told
http://edition.cnn.com/2014/01/07/travel/tourism-etiquette-guide/
続きを読む

1:2014/01/11(土) 22:02:30.05 ID:
 ブリヂストンの欧州法人であるBridgestone Europeは2014年1月8日(欧州時間)、BMWの
電気自動車「BMW i3」の新車装着タイヤとして、狭幅・大径を特徴とする超低燃費タイヤ
「ECOPIA EP500 ologic」を納入していることを発表した。

 BMW i3に納入するECOPIA EP500 ologicのサイズは、155/70R19 84Q、175/60R19 86Q、155/
60R20 80Q、175/55R20 85Qの4品種がある。冬用タイヤとして、「BLIZZAK LM500 ologic
(ラメレンタイヤ)」、北欧向けの「BLIZZAK NV ologic(スタッドレスタイヤ)」も用意
している。

 ECOPIA EP500 ologicは、一般的なタイヤと比べてタイヤ幅を狭く、タイヤ外径を大きく
した新カテゴリーのタイヤである。狭幅化によって空気抵抗を、大径化によって転がり
抵抗を低減できるという基本原理を基に、空気圧を高めて狭幅・大径のタイヤに最適な
トレッドパターンや専用コンパウンドを採用し、濡れた路面でのグリップ性能(ウェット
グリップ性能)も向上している。

ソース:MONOist
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1401/10/news035.html

bmw-i3-concept
続きを読む

1:2014/01/11(土) 21:56:46.59 ID:
 国産初の小型ジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」を開発している
三菱航空機(名古屋市)の川井昭陽社長は、MRJの初号機を今秋までには完成させる方針
を、毎日新聞のインタビューで明らかにした。完成時期を明言したのは初めて。

 初号機の最終組み立ては2013年10月から、三菱重工業小牧南工場(愛知県豊山町)
で始まっている。川井社長は「今春に米航空エンジン大手のプラット&ホイットニー
(P&W)から最新鋭エンジンが供給される。エンジンを機体に組み込んだ後、搭載する
他の機器もチェックする」と述べ、機体は遅くとも秋ごろまでに完成するとの見通しを示した。

 初号機は完成後に試験飛行を重ねた後、量産体制に入る。航空会社への納入が始まるのは
、12年4月に公表した計画よりも約1年半遅い17年4~6月となる見通し。

 川井社長は製造ペースについて「最初は数カ月に1機になると思うが、次第に習熟し、
生産効率も高まる」と話し、量産開始の数年後には月産5~7機になるとの見通しを示した。

【森有正】

ソース:毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140105k0000m020061000c.html
続きを読む

このページのトップヘ