セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/07/02(水) 23:49:04.48 ID:
小学生によせてあげるブラが人気 児童の超早熟化とファッション事情

「うちの小4の娘が欲しいといったのが、いわゆる『寄せてあげる』やつだったのでビックリ。しかも小学生用。そんなものが今はあるんだね」

こんな話をしたのは、筆者の姉だ。
姪っ子はたしかに小学生用ファッション誌が愛読書で、おませなのは知っていたのだが、そこまで早熟だったとは驚きだ。
それに大人じゃあるまいし、身体的に発達していない小学生に、そんな下着があるとは。

調べてみると、たしかにあった。ワコールが発売している「プチブラ」シリーズだ。

同シリーズは、主に小学生をメインターゲットとしたもので、人生での「ファーストブラ」と銘打っている。
そして姪が欲しがったというのは、その中の「ちょっぴりつくるタイプ」というもの。

HPによれば「バストメイクにチャレンジしてみよう! もちろんジュニア専用ワイヤーでやさしくね。」とのこと。
おまけにブラが4000円、ショーツが1900円といい値段だ。
ちなみに筆者の姉は「胸を大きく見せるなんて3年早い」と姪に言ったそうだ。

ジュニアファッション誌の関係者に話を聞いてみたところ。

「このシリーズはけっこう人気がある。小学生向けのファッション誌に出ているような格好は、
小学生が大人の格好をしようとしているわけですから、当然バストを大きく見せようとする。
そんな中で早熟な子たちがこれに飛びついているようです」(ファッション誌編集者)

たしかに女の子がファッションに目覚めるのはわるいことではないにしろ、我々としてはちょっとした違和感を抱いてしまう。
そもそもユニクロの上下をつけている筆者よりも、うちの姪の方が高い下着を狙っていることが、一番ショックだったのだが…。

ちなみにプチブラサイトは、親として子供の身体の変化にどう向き合うのかといった情報が豊富で、とても勉強になりました。
http://mogumogunews.com/2014/07/topic_7304/
22:2014/07/02(水) 23:52:50.67 ID:
>>1
違う、それじゃない
25:2014/07/02(水) 23:53:19.16 ID:
無能な>>1がいると聞いて
30:2014/07/02(水) 23:54:19.50 ID:
>>1
これには麻呂も激おこ
続きを読む

1:2014/07/04(金) 15:01:29.25 ID:
25:53~
『娘が中学生ですが、中学生の間でネット上のSNSでですね、集団的自衛権ができたら、子供は最低でも2年、自衛隊の訓練をしないといけなくなる。
反対の人はこの文章を拡散してという、嘘情報が流れています。デマに注意するよう呼びかけていますが、LINEやTwitterでも広まっている状態です。
嘘を並べて不安を煽り、世論を誘導しようとしています。このやり方は特定秘密保護法の時と同じです。今回は子供をターゲットにしている分、悪質で許せません』

『フェイスブックで集団的自衛権が決定された翌日から、18歳の高校生たちに自衛隊から募集の案内が来たという記事がありました』

「えー、ツイッターで流れている文章を読みますね。
『本当に日本、平和を愛しているならば、この文章をTwetterやタイムラインに載せてほしい。戦争でのあやまちを二度と繰り返してはいけない。
この思いを安倍総理に届けるために協力して下さい。出来るだけ日本全員に広まるように。あなたの行動で日本が変わる。戦争したくない人は回せ』ということで」

【青山繁晴】
専門家のはしくれとして、明言しておきます。集団的自衛権どころか、将来、もしも憲法が改正されて、自衛隊じゃなくて、日本国軍、ないしは日本国民軍になって、
海軍・空軍・陸軍、そして海兵隊になっても、徴兵制というのは、決して導入されることはありません。

それはどうしてかと言うと、1975年に、アメリカはベトナム戦争に負けました。この敗戦を機に、アメリカ軍の大きな、変更がありました。
戦争に負けて、アメリカは国民から兵を集めることをやめました。徴兵制をやめて、志願制にしたんです。
アメリカなりに、ベトナム戦争の教訓をくみ取ってプロでないと、戦争に勝てないと。たとえば徴兵制っていうのは、まさしくこれ(拡散されているTweet)に
書かれているように、諸外国は2年の場合が多いんですよ、いろいろありますけどね。2年間だけ兵士やっても、どんどんハイテク化して兵器自体が使えない」

自ら、志願して、組織に入り、そして特殊な訓練をきちんと受けて、どんな場合にも、技術的に対応できる、プロを作らないと、戦争は勝てないとアメリカは分かった。
したがって、今ずっと志願制のままなんですよ。
日本国は、人口が減りますから、よけいに武器体系はハイテク化してるし、人口が減る中で、徴兵制をやって、2年とか、最大でも3年とかやってもらったって、
それは何の役にも立たないので、こういう集団的自衛権の容認とか、あるいは憲法改正とか、進めば進むほど、徴兵制からどんどんどんどん遠ざかっていって、
必ず志願制が強化されるだけです。

中学・高校生が、望まないのに兵士にされることはありません! これ世界の常識なのに、日本だけが1945年の第2次世界大戦が終わった時の感覚で止まってるから、
いい大人も、そして子供たちも事実を知らない。先生も知らないと、いうことになってしまってるんです。はい」 

青山繁晴ザボイスそこまで言うか 
38:2014/07/04(金) 15:38:08.94 ID:
>>1
青山は馬鹿なのか。
少子高齢化の上にアメリカの侵略の手伝いで戦死者まで出したら成り手が居なく成るだろ。
だから、将来的には徴兵制になる。と、いう話だ。
81:2014/07/04(金) 19:05:09.82 ID:
>>38
君がバカなのはよくわかった。
58:2014/07/04(金) 16:47:58.98 ID:
>>1
恒例の文字お越しスレおつ
続きを読む

1:2014/07/04(金) 20:25:09.48 ID:
 声優で女優の平野綾(26)が4日、関西テレビのバラエティー番組「快傑 えみちゃんねる」に出演し、芸能界に入ったころの話として、お金が無いために「ティッシュを食べていた」と仰天告白した。

 平野は「10年前くらいで、ぜんぜん売れないアイドルやっていたころなんですけど」と過去のエピソードを語り始めた。

 「撮影のために太陽の何倍くらいっていうほどの強烈なライトをあてられたんです」と話した。
あまりにも強くて「痛いくらい」だったという。

 しかし、撮影中だったために「痛い」とも言えず耐えていた。すると、やがてマネジャーの表情が変わり、平野の元に走るようにやってきて平野の頭を雪の中に突っ込んだ。

 平野は「ライトのせいで髪の毛が焼けてちりちりになったんです。焦げたにおいもして。
しばらくは(見えないように)マジックを塗った」と明かした。

 その頃はまだ十分な額を稼ぐこともできず、「お金が無いときはティッシュを食べてました」と仰天の貧乏話をさらりと披露。「町でもらえるティッシュはおいしくなくって、ちょっといいティッシュを買って…」などと明かすと、共演したお笑いコンビ、FUJIWARAが「それなら食べ物買ったらええやん!」などと突っ込まれた。

 MCの上沼恵美子(59)は「ティッシュを食べたなんて初めて」と芸歴40年を超えるベテランでも平野の逸話に白旗をあげた。
25:2014/07/04(金) 20:31:53.70 ID:
>>1
まーたはじまったよ('A`)
67:2014/07/04(金) 20:38:55.44 ID:
>>1
髪の毛焼けるくらいなら、肌が大火傷だろうに
84:2014/07/04(金) 20:41:52.32 ID:
>>1
むかし聖飢魔IIが徹子の部屋に出演した際、金がないからティッシュに醤油を掛けて食べてたと話してた。

だけど、後日自分達のラジオで「あんな作り話信じるかね(笑)」と話してたな。
続きを読む

1:2014/07/04(金) 09:29:24.27 ID:
「慰安婦」で執拗に日本を攻撃してきた朴槿恵大統領が、自国の慰安婦問題で“自爆”した。朝鮮戦争が終わった’50年代から’80年代にかけて、在韓米軍基地周辺で米兵相手に売春をしていた元慰安婦122人が、25日、韓国政府を相手に1人1千万ウォン(約100万円)の国家賠償を求める集団訴訟を起こしたのだ。

「天に唾するとは、まさにこのこと。日本の『従軍慰安婦』だけが問題視されてきたのは不当だと、はっきりしたわけです」こう喝破するのは現代史家の秦郁彦氏。米兵相手の慰安婦たちは「洋公主―ヤンゴンジュ」(外国人向け王女)、「UNマダム」(国連婦人)と呼ばれ、「基地村」といわれた地区で売春をしていた。当時、基地村は韓国全土に62カ所あり、そこでは9千935人の女性が生活していた。

各基地村には、慰安婦たちが性病にかかると強制的に収容する性病管理所があった。そこは鉄格子がはめられ「モンキーハウス」と呼ばれていた。そして、性感染症が完治するまで通常よりも過剰なペニシリン注射を投与され、そのショックで死亡した女性も少なくなかった。
こうした米軍慰安婦の実態を、本誌はこれまで何度も追求してきた。昨年11月、韓国の最大野党・民主党のユ・スンヒ議員が「国が米軍慰安婦を組織的に主導した証拠」として提出した性病対策資料「基地村浄化対策」も本誌はスクープ入手している。
表紙には、朴槿恵大統領の父親である朴正煕元大統領の直筆のサインが書かれている。
韓国政府は「国策」として慰安婦制度を推進していたのだ。それを裏づける元米軍慰安婦の証言《韓国政府は米軍相手の大手売春斡旋業者でした。政府はGI相手に、できるだけたくさん商売するよう熱心に奨励し、私たちを“ドルを稼ぐ愛国者”として賞賛したのです》が、’09年1月7日付の米「ニューヨーク・タイムズ」に掲載されている。

じつは、米軍相手だけでなく、韓国軍相手の慰安婦も存在したと、外交評論家の加瀬英明氏が明かす。
「韓国の学者グループの研究によれば、情報機関が普通の娘を拉致して慰安婦にしたという証言がある。’56年に編纂された『後方戦史(人事編)』には、1人が1日6回以上、韓国兵を相手したとの記述もあるんです。実際、韓国の慰安婦は軍による性奴隷だったと断定されています」

http://news.livedoor.com/article/detail/9003396/
続きを読む

このページのトップヘ