セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/10/21(月) 07:15:25.81 ID:
大物カップル誕生を予感させる情報が飛び込んできた。10本超のレギュラーを抱え、
好感度NO.1タレントといわれるベッキー(29)に最近異変があったという。

「ベッキーのデート目撃談を最近よく聞くようになりました。相手は前から噂があった
EXILEのMAKIDAI(37)。ベッキーとしては、早く周囲にバレて公認の仲に
なりたいらしく、外でも堂々と会っているそうです」(芸能事務所関係者)

 普通の女性タレントとしたらよくある話かもしれない。しかしベッキーはデビューして
14年の間スキャンダル処女で通してきた。仕事が恋人と言い切り、ファンを
がっかりさせたくないから恋人は作らないと宣言してきたあのベッキーが、というわけだ。
変わったきっかけは、親友・上戸彩とEXILEのリーダー・HIROの結婚だったという。

「もともと上戸とHIROをくっつけたのもベッキー。親友の上戸と一緒に
行動をしているうちにHIROと仲のいいMAKIDAIといる時間も増え、
自然に交際に発展したようです」(前出・関係者)( >>2以降に続きます)

ソース:NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20131021_223234.html
続きを読む

1:2013/10/21(月) 03:01:00.45 ID:
人気お笑いコンビ「ダウンタウン」松本人志(50)が監督した映画「R100」の不振は
変わらない。ついに映画業界では「今週いっぱいで打ち切りになる映画館が続出し
そう」とささやかれ始めている。

 本紙既報のように「R100」は想像を絶する大コケ。公開2週目も状況は変わらず、
「映画館側は、全く客が入らない映画をいつまでも上映している余裕はない。『R100
』はいち早く打ち切りたいのが本音ですからね」(映画関係者)。1か月持たない早期
打ち切り館が出るのも無理はないという。

 当然、この事態は製作した吉本興業にとって想定外。「こうならないために、事前に
万全の準備を整えていたはずなんですけどねえ」(お笑い関係者)

 今回、吉本は様々な宣伝戦略を立てたが、この大コケはその戦略にも要因があった
とみられる。その一つが9月上旬にカナダで開催された「トロント国際映画祭」に出品さ
れた時のこと。松本にとっては2011年のスイスの「ロカルノ国際映画祭」に続いての
国際映画祭だった。

「一昨年、吉本はスイスに仲の良いスポーツ紙2紙を連れて行った。今回のカナダ
にも2紙を連れて行ったのですが、そのうちの1紙は、スイスの時と変えたんです。
スイスのときに扱いが小さく、それに吉本が納得できなかったという経緯があって、
カナダではわざわざ別の媒体を選んだということ」(同)

 万全を期したつもりだったのだろう。「R100」の宣伝担当者も当初、「今回は“宣伝
力”のある媒体を選んだ」と豪語していたというが、このありさま。「偉そうに言ってただ
けに、今ではその担当者はいい笑い者になっている」(ワイドショー関係者)

 そもそも「松本さんの映画がコケるのは吉本にとって許されない事態。大赤字は避け
られないでしょうから、今後は宣伝担当者の責任を問う声も上がってくるでしょう」とは
ある業界関係者。大コケの余波はかなり大きそうだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000025-tospoweb-ent
続きを読む

1:2013/10/20(日) 23:13:38.63 ID:


『YouTube Hatsune Miku Official Channel』にて雲をスクリーンにして映像を映し出す
『雲プロジェクト』に参加した初音ミクの映像が公開されました。

【Hatsune Miku】DAIKIN × 初音ミク 雲プロジェクト~天空ライブ~


ミクさんが空中を舞っておられる! ただでさえ天使のミクさんが大天使ミクエルに!

こちらのプロジェクト、「空気を調べ、雲を知り、テクノロジーを駆使して雲をスクリーンにした
プロジェクトを実現できないか」という実験のために北海道で行われたものになっており、
楽曲には冨田勲さんの『銀河鉄道の夜』が使用されています。

映像を見る限りでは、実際にイベントとして行っても盛り上がりそうです。

ミクさんの『天空ライブ』、ぜひ実現して欲しいですね!

http://getnews.jp/archives/438946
続きを読む

1:2013/10/21(月) 07:08:38.14 ID:
“完璧な顔”を武器に堀北真希が鮮烈なデビューを果たしてから、早12年。
この顔に『美』を感じない日本人が果たしてどれほど、いるだろう。絶え間ない努力と
忍耐力で第一線を走り続けた少女が25歳のいま手に入れた、“かわいさ”の先の
“女優の顔”。最近、美しさにいっそう磨きのかかった彼女にその秘訣を聞いた。

「うーん、それは皆さんにきれいにしてもらっているからですよ。私、子供のころから
あまり顔が変わっていない気がします。好きなところも特にないですが……
でも、まつげはビューラーをしなくてもピュッと上向きに生えていて。それは親に感謝です」

 美しさをキープする心得を尋ねると、最低限のことしかしていないと彼女はいう。
「ふつうの女の人がすることはしています。でも、ぜんぜん駄目なときもありますよ。
いつもいい状態でいれたらいいですけど、そうはいかないときもあるし」(
>>2
以降に続きます) 

ソース:女性自身[光文社女性週刊誌]
http://jisin.jp/news/2606/6424/
関連ニュース 
【ドラマ/視聴率】堀北真希主演の「ミス・パイロット」、初回の視聴率は15.0%
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1381885869/
※実況は各実況板でお願い致します。
実況headline
http://headline.2ch.net/bbylive/
続きを読む

このページのトップヘ