セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/07/31(水) 18:16:20.89 ID:
日刊スポーツ評論家・清原和博氏が、自身のコラム内で
「けじめとか節度といった部分は、あって当然。高校球児の上下関係は厳しくあるべき」と持論を展開した。

清原氏は、24日付けの紙面で「松井君のあのシーン。オレはびっくりしてイスから落ちたよ…」という見出しをつけたコラムを執筆。
今夏、話題になっている桐光学園・松井裕樹投手(3年生)について触れたもので、着眼点は彼のピッチング内容ではなく、チーム内での"上下関係"を報道番組から知り得て、疑問を提起している。

それは、1年生の田中幸城捕手がピンチになった場面で、松井投手の元に駆け寄り「頬をわしづかみにして励ました」という“バッテリー間のやり取り”だ。この一連の流れをニュース番組で見て「びっくりしてイスから落ちた」と驚いた様子を紙面で伝えた。
清原氏は「1年生が3年の顔をつかむとは…」と呆れてしまった様子を紹介。
高校野球が「ここまで変わってしまったのか」と、思わず嘆いてしまったことを綴っている。

清原氏は、このやり取りから考えて「1年生から試合に出る重圧は分かっているから、彼のことは心から応援したい。
彼がどうこうではなく、要するに高校野球の雰囲気が変わったということだろう」と分析。
それでも「野球は、プロの世界でも年長者を敬う雰囲気を持ち続けてきた。この伝統は守っていくべき」と訴えている。

清原氏と言えば今年3月、スポーツ情報番組「S1」(TBS系)に出演したときの発言が思い出される。
それは、清原氏の母校(大阪・PL学園)が、下級生への暴力行為が発覚したことにより、春季大会の予選出場を取りやめた一件から「PL学園といえば伝統ですから、暴力は」というコメントを出したことだ。
生放送で流れたこの発言は、隣で聞いていた野球解説者・野村克也氏が、噴き出すレベルだった。

今回のコラムで「時代の変化は理解している。以前のような厳しい上下関係が絶対に正しいとも思わない。
もちろん、暴力など、行きすぎた上下関係は良くない。だけど、けじめとか節度といった部分はあって当然じゃないか。
オレはそう思う」と私見を述べている。
(>>2あたりに続く)

Sports Watch2013年07月31日13時48分
http://news.livedoor.com/article/detail/7910978/
続きを読む

1:2013/07/31(水) 18:02:51.37 ID:
【武田修宏の直言!!】

日本代表が東アジアカップで勝利を収め、タイトルを手中にしたことはたたえたい。
当初は少し厳しい指摘もしたが、日の丸を背負う戦いでしっかりと結果を出した。
素直に「おめでとう」と言いたいし、若い選手にとっては大きな自信になったはずだ。

ただ、試合内容には不満もある。
日本をよく知る韓国の洪明甫監督(44)は日本のパスワークを封じようと、MF高萩洋次郎(26=広島)と守備的MFの2人を厳しくマーク。
日本は起点を封じられ、組織的な攻撃はあまり見られなかった。
しかも、韓国が押し込んできたためDFラインが下がり気味となり苦戦の原因となった。

ザッケローニ監督は自らのシステムに選手を当てはめる傾向があるので、チームは本来のサッカーができないと迷走することが多い。
6月のコンフェデレーションズカップ(ブラジル)もそうだった。
選手たちが臨機応変に役割を変えられないと今後、世界と戦うのは厳しいのではないか。

2得点を決めたFW柿谷はよかった。ゴール前でも冷静にゴールを決められる。
代表にデビューしたばかりとは思えない落ち着きぶりと高い決定力は、ザックジャパンの武器になるはず。
MF高萩とともに、フル代表に割って入る可能性はあるだろう。

東スポWeb 7月31日(水)11時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130731-00000004-tospoweb-socc
続きを読む

1:2013/07/31(水) 18:33:14.27 ID:
★和歌山市の守り神に…済州市がトルハルバン寄贈

姉妹都市提携25周年記念

【和歌山】済州市から済州島の守り神トルハルバン(石のおじいさん)が、和歌山市に贈られた。トルハルバンは高さ3㍍。
文官像と武官像の1対2基。和歌山市との姉妹都市提携25周年を祝い、さらなる友好増進と平和交流への願いを託したもの。

除幕式は28日、市内明王寺にある四季の郷公園で行われ、大橋建一和歌山市長、山田好雄市議会議長ら市の関係者と住民約100人が参加した。

式典で金相五市長は、「トルハルバンは昔から町の安全、災いを防ぐ守護神として知られている。
公園を訪れる市民が済州の伝統に親しんでくれれば」とあいさつ。
これに対し、大橋市長は「済州市と和歌山市はみかんでつながっている」とえにしを述べ、金市長に感謝牌を贈った。
李賢主駐大阪総領事は、「こういった心のこもった交流がこれからも長く続いていくことを期待している」とお祝いを述べた。

済州市と和歌山市は87年に姉妹都市提携を締結。みかん栽培技術の研修などで交流を重ねている。

写真:


(2013.7.31 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=18&category=2&newsid=17750
続きを読む

1:2013/07/31(水) 17:55:58.28 ID:
【7月31日 AFP】サッカー東アジアカップ2013(EAFF East Asian Cup 2013)の韓国対日本の試合で、韓国側のファンが政治的なメッセージを含んだ横断幕を、日本側のファンが旭日旗を掲げた問題は、両国の政府上層部同士の外交論争にまで発展する可能性を見せている。

 大韓サッカー協会(Korea Football Association、KFA)は31日、声明を発表し、28日の試合で旧日本軍が使用していた「旭日旗」を日本のファンが掲げたことで、韓国のサポーターを刺激したと主張した。

 28日の試合の前半、ホームである韓国側の応援団が掲示した巨大な横断幕には、「歴史を忘れた民族に未来はない」という言葉が書かれていた。

 韓国国民の多くは、植民地時代に受けた迫害について、日本からの賠償が十分ではないと考えており、この問題は現在も両国間の緊張を高める要因となり続けている。

 横断幕は前半終了とともに外されたが、日本サッカー協会(Japan Football Association、JFA)は正式な抗議文書を送り、KFAに対して説明を求めていた。

 試合前には垂れ幕が2枚下げられ、そこには1909年に初代韓国統監だった伊藤博文(Ito Hirobumi)を暗殺した朝鮮独立運動家、そして16世紀の文禄・慶長の役で日本の遠征軍と戦った将軍の顔が描かれていた。

ソース AFP
http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2959061/11112495
(続)
続きを読む

このページのトップヘ