セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/06/02(月) 14:33:18.78 ID:


日本人は韓国対して優しすぎる、それは日本の為に良くないことです。
そして、韓国の為に良くないことです。
日本在住の中国人に話を聞きました・・・・・

韓国人は、「優しい」と「弱い」の区別がつきません。
また、「強い」と「悪い」と「正義」の区別も出来ないのです。

韓国人と付き合うのは、とても厄介です。 中国人も韓国人とは関わりたくありません。
しかし、我慢して付き合わなくてはいけない状況です。韓国人は、「対等」と言う概念を知りません。

韓国人社会は、個人同士、どちらが優位な位置にいるか? それが、最重要な関心事です。
個人主義の中国人から見ても、異常性を感じる社会です。 このような社会で生きる韓国人は、

他人に対する思いやりや慈愛の精神は皆無です。 したがって、日本人が普遍的に持っている
「平等感」や「対等」と言う気持ちや態度は、 韓国人は、敗者の態度に見えてしまいます。

中国人は、韓国人の軽薄な精神性をよく理解しますが、日本人は、韓国人をあまり理解していません。
日本人は、韓国人が「まともな人間」だと思い、対応しているので、問題が発生するのです。

中国人から日本人に忠告します。 「韓国人は、犬だと思って付き合いなさい」
それが、韓国人のためでもあります。 謝ってはいけません。

筋の通らない理屈を言ったら、100倍制裁をしなさい。 感謝の気持ちは、王が家来に褒美を与える様に接しなさい。
正論や理屈は意味がありません。強制と命令で動かしなさい。裏切りに対して、温情は絶対にいけません。

まっすぐな人 中国人が日本人に伝えた韓国人取り扱いマニュアル 
http://blog.livedoor.jp/sato335/archives/6142395.html
16:2014/06/02(月) 14:53:24.55 ID:
>>1
犬にあやまれ!!!
18:2014/06/02(月) 14:58:14.60 ID:
>>1
カラス(中国)と犬(韓国)の残飯争い見てるみたいだ。
36:2014/06/02(月) 17:24:52.78 ID:
>>1
中国人が言ったとなると、目クソ鼻クソの枠から出られないが、書いている事は
なかなかコンパクトにまとまっていて分かりやすくてよい。

とは言え、
「優しい」と「弱い」の区別がつかない。
「強い」と「悪い」と「正義」の区別もできない。
「対等」と言う概念を知らない。

中国にも言えることだよなwww
続きを読む

1:2014/06/02(月) 17:39:59.08 ID:
中国各地で不動産価格に陰りが見えてきたことから、すわ不動産バブルの崩壊かと、中国不動産バブル崩壊論がかまびすしい。
各地で開発したにも関わらず入居者がほとんどいないいわゆる鬼城(ゴーストタウン)も多数発生している。
地方政府や不動産会社が理財商品で集めた巨額資金をこうした無理な不動産開発・融資に注ぎこんだ結果、
資金を回収できないことが懸念されている。

かつて日本列島全体で盛んに行われたハコモノを作るための公共事業にも少し似ている。
双方とも巨大なモノを政府主導で作ることにより需要を作り出すが、その後投資に対するリターンは生み出さない。
投資に対する直接的なリターンが生み出されないものについては、理財商品によりお金を投じた投資家へのリターンは期待できず、デフォルトするものも出てくるだろう。

ただ、近く中国全土で不動産価格が暴落して日本のバブル崩壊のような事態になるかどうかは分からない。

中国は今でも自由主義・資本主義経済とは全く異なる。例えば既に一部で不動産価格を引き下げて販売することを禁止するなど、
共産主義・統制経済の側面も強く有している。もし、全面的に不動産価格を引き下げて販売することを禁止すれば、
不動産価格に政府保証をつけるようなものだ。
また、バブル崩壊を回避するためであれば再度常軌を逸した金融緩和と経済対策を打ち出してくる可能性がある
(日本と違って中国政府には財政的な余裕がある)。
中国は民主主義的な手続が必ずしも必要がなくこれらを共産党一党支配の下、即時に強引にすすめることができる。

中国は絶対に日本と同じ轍は踏まないと決意しさえすれば、強引にバブル崩壊を先送りすることが可能なのである。
中国のバブルが崩壊するとしてもそれは5年後や10年後かもしれないし、あるいはバブルが崩壊する前にモラルハザードから新たなバブルがやって来るかもしれない。

中国経済については指標等もどこまで信じられるか全く分からないことから、政府の動きを目を凝らしてよく観察しておくほかない。


株探ニュース
http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201406020020
3:2014/06/02(月) 17:43:09.00 ID:
>>1

債権者と債務者がいなくなれば、バブルもなくなります。
2:2014/06/02(月) 17:42:22.24 ID:
独裁国家は便利だな
26:2014/06/02(月) 18:55:32.09 ID:
>>2
いくら独裁者とは経済原則は無視できないぞ
あのヒトラーやスターリンでさえ、経済原則は無視できなかったのだから
続きを読む

1:2014/06/02(月) 15:45:55.73 ID:
ライムストーン郡保安局は先月29日の午後、
65号フリーウェイの近郊パインツリースパ(Pine Tree- Spa)で

ブラントン・チョン・E(57歳)とキョン・ギョンイム(64歳)、キム・ギョンスク(51歳)など、
韓人3人を売春と売春斡旋の疑いで逮捕したと明らかにしました。
店舗のパイプの中に隠されていた1万2千ドルの現金が押収されました。

警察はパインツリースパで売春が行われているという地域住民の情報提供が相次ぎ、
2ヶ月にわたるおとり捜査の末に売春の現場を押さえ、これらを検挙する事に成功したのです。

今回の売春のおとり捜査には、連邦捜査局FBI 所属の人身売買専門担当班の捜査官も
動員されて、現在これらが組織的に売春行為をしていたのかの有無を調査しています。

警察が今回韓人売春女性3人を逮捕したパインツリースパは、すでに売春の取り締まりで
3度摘発されていて、今度は店舗を完全閉鎖措置を取る方針だと伝えました。

ソース:ラジオコリア(韓国語) [라디오코리아] 06/01/2014 14:11:28
http://www.radiokorea.com/news/article.php?uid=144888

no title
 
18:2014/06/02(月) 15:58:20.97 ID:
10歳のときに日本帝国海軍の戦闘機が舞い降りて連れ去られたのです。
それから17まで毎日兵隊に凌辱され、終戦を迎えました。
まともに教育受けられなかったのでこうするしか生きる術がないのです。

って言ってた。>>1
68:2014/06/02(月) 19:36:47.60 ID:
>>1
また韓国人による犯罪か
2:2014/06/02(月) 15:47:01.65 ID:
アメリカ軍に強制されたのです
続きを読む

1:2014/06/02(月) 21:18:58.30 ID:
「みなさんと一緒なら歩ける」3人KARA、日本初イベントで感謝 7・1新メンバー決定
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140602/ent14060214220007-n1.htm
産経新聞 2014.6.2 14:22


 韓国女性グループ、KARAが1日、東京・日本武道館でファンミーティン
グを開催した。(サンケイスポーツ)

 今年に入ってニコル(22)とジヨン(20)が脱退し、ギュリ(26)、
スンヨン(25)、ハラ(23)の3人となってから初の日本イベント。

 昼夜2公演の計約1万6000人のファンから声援を受け、スンヨンは「変
化をして前に進むことは怖いけど、みなさんと一緒なら歩いていけます」と感
謝。ハラは「KARAのことを信じてください」と訴えた。

 KARAは現在、7人の中から新メンバーを選考中で、ファン投票などで7
月1日に決定。この日は8月の新曲発売と10月24日から全国公演を行うこ
とを発表した。



写真:ステージでは「STEP」など6曲をキレのあるダンスを交えて熱唱し
て日本のファンを喜ばせた左からスンヨン、ハラ、ギュリ=東京・北の丸公園
9:2014/06/02(月) 21:21:53.55 ID:
帰れバカチョン
22:2014/06/02(月) 21:31:35.20 ID:
24:2014/06/02(月) 21:32:37.81 ID:
続きを読む

離婚してもいいやと思える瞬間 4

http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1165590033/

922: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日:2007/11/12() 18:50:52

元彼といまだにメールで連絡取り合ってるのを 
婚約したあとに聞かされ、「友達として」と言い張るので黙認してた。 

でも最近妙にパソコンにへばりついてる時間が
長くなったと思って嫁のメーラーのぞいたら
元彼からの熱烈なお誘いやら愛を語るメールが。
「今でもなんで○○(嫁)が隣にいないんだろうって時々思う」 
そいつも去年結婚して今年子供まで生まれてんのに。

続きを読む

このページのトップヘ