セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/12/11(木) 19:25:29.68 ID:
http://ameblo.jp/juicejuice-official/entry-11963386687.html
というか!
紗友希ハロステ見て、

まじで自分の外見が大変なことになっていて、ショックを受けたので、ちゃんとします。



本当に、ここで止めないと!
しっかりしないとです(;´??Д??`)

応援してくださる方の為にも、可愛い姿でいなければいけません。
174:2014/12/11(木) 19:41:25.89 ID:
>>1
たぐっちの前にオナホールあるやん
2:2014/12/11(木) 19:26:11.18 ID:
今更気づいたのか?
3:2014/12/11(木) 19:26:49.07 ID:
今まで何とも思ってなかったのか
続きを読む

1:2014/12/11(木) 18:49:44.50 ID:
大阪・鶴橋など各地で続くヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)。中傷の対象にされている在日コリアンはどう感じているのだろう。
NPO法人が関西在住の16人から聞き取り調査したところ、在日の人々が心の傷を受けている実態が浮かび上がった。

「日本社会が変わってしまった」と戸惑う人も少なくない。

調査したのは弁護士や研究者ら700人超でつくるNPO「ヒューマンライツ・ナウ」(東京)。メンバー7人が4~7月、個別に面談して体験を聞き、11月にまとめた。

10代の女性は、ネットでヘイトスピーチの動画を見ても「別世界のこと」と感じていた。街頭で初めて目にした時、衝撃を受けた。
話し合おうと参加者に声をかけると、「あなたはこの国に必要ない。帰ってください」と言われた。

50代の男性は、大阪・鶴橋で昨年2月にあった街頭宣伝を動画サイトで見た。中学生くらいの少女が拡声機で「鶴橋大虐殺を実行しますよ」「いい加減帰れー」と叫んでいた。「吐き気がした」
この街宣を現場で見た別の50代男性は「存在が否定されたと思い、体が震えて心臓がドキドキした」「(朝鮮人虐殺が起きた)関東大震災が頭をよぎった」と振り返った。

社会の空気の変化を感じ取る人もいる。30代女性は、飲食店の隣のテーブルから「ヘイト的言動」が聞こえてきて、ビクッとすることがある、と語った。かつて内輪だけで話していたものが公然と表に出てきたのではないか――。前出の2人とは別の50代男性はそう考えているという。「目撃しているのに(市議会)議員は何も言わず、笑っていた」(別の30代女性)など、社会が黙認していると不信感を抱く人もいた。

以下ソースをご覧ください。

http://www.asahi.com/articles/ASGD96S4FGD9PTIL03V.html
24:2014/12/11(木) 18:53:26.88 ID:
>>1
>「吐き気がした」
>「存在が否定されたと思い、体が震えて心臓がドキドキした」

火病じゃん
123:2014/12/11(木) 19:00:53.88 ID:
>>1
生理的に受け付けない・受け入れられないものを、無理やり他人に認めさせるのは強要だろ。
143:2014/12/11(木) 19:02:09.47 ID:
>>1
海外同胞増加で兵役法強化 韓国長期滞在者は兵役義務条件
http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=76765&thread=04
94年以降出生者の兵役問題で兵役行政説明会

祖国は愛国者の帰還を心待ちにしています
続きを読む

発覚】嫁の浮気!149回目【決別 or 再構築】
http://yuzuru.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1299066781/

423 名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17() 11:32:08.93 ID:
すみません、少し相談させて下さい。 
2
年前に私の浮気が原因で主人と離婚になりました。 
当時私は29歳で、主人は34歳でした。 
2
歳の娘が一人います。 

主人は世間では一流と呼ばれる企業に就職していて、とても優しい性格でした。 
娘の世話や、家事の手伝いなんかも嫌がらないで協力的でした。 
私はそんな生活や主人に不満があったわけではありませんでした。 
しかしそんな幸せが当たり前に感じて、穏やかな毎日に少しだけ退屈をしていたと思います。 
いつしか私は刺激が欲しいと考えるようになっていました。 

そんな時に大学の時に少しだけの期間関係のあった同級生から電話がありました。 
その男性は、親権に女性と付き合うことが出来そうもない、とても軽いタイプの男性でした。 
私も当時、誘われるままに何度か大人の関係を持っただけの相手で、彼の気分のままに呼び出され、関係するだけに嫌気がさして、すぐに関係を持つことを止めた相手です。 
しかし、その時の私はきっとどうかしていたのだと思います。 
いけないと思いつつも、刺激が欲しい想いから逃れられず、ついつい呼び出しに応じてしまいました。 
私は結婚してから夫以外の男性と関係するのはもちろんその時が始めてでした。 

424
 名無しさん@お腹いっぱい。:2011/03/17() 11:33:26.61 ID:
今にして見れば、ある種の背徳感が大きな刺激になっていたことと、主人との営みとは違った 
激しい関係が媚薬のような効果があり、私は勘違いをしてしまっただけだと思います。 

私は、どんどんエスカレートする彼に次第に溺れていきました。 
彼の方も、学生時代とは違い、私が結婚していることが刺激になっているようで、昔と違い私に執着しているようでした。 
夫へのある種の嫉妬からか、どんどん私に恥ずかしい様な事を要求するようになり、そんな関係にはまっていました。 

私達は次第に会う頻度がましていき、欠かさず週に2回ほどそんな関係を持つようになっていきました。

続きを読む

夫の事業が軌道に乗りかけの繁盛期に、私も仕事に没頭して顔を合わせる機会が少なくなり、職場の男性(独身)に声を掛けられたのを切っ掛けに不倫が始まりました。 【1/2】

767: 756 2014/12/06() 17:35:47.22 0.net
色々訳の判らない状況に置かれて、
不安で溜まらなくなり出勤時刻直前になり両親に電話をした。 
両親からは
「とりあえず会社には行きなさい。 
夕方まで待って来なければ警察に行こう」
と言われました。 

そしてもう一つ、憶測や想像で他の人に物を話すんじゃ無いと。 
その後、彼の両親にも話を伝えたが実家にも行って無い。 
彼両親は
「しばらくしたら返って来るから、警察なんて大げさ」
とまともに取り合ってはくれない。 

会社でも彼は出勤しておらず、
彼の休みも風邪を引いたと嘘をついて
話を大きくしない様に勤めました。 

仕事中にもしかしてと思い夫にメールをしましたが
返信も電話もありませんでした。 
そして退社後私の実家に行き両親に彼両親の話、
夫からの電話の話も交え状況を伝えると、
父親が緊張した顔で「彼はダメかもしれんぞ」と。 
そして父が夫の事を語りだしました。 

3
年前の離婚時の話し合いの時、
父は夫に覚悟を決めた人間と
狂気を持ってる人間の雰囲気を感じたそうです。 
普通の人ならそれをコントロール出来なくて
自暴自棄になったりおかしくなったりするが、
夫君はギリギリで保ってる様に見えた。 

あの雰囲気はその場にいる全員を○しても収まらない位の憎悪を感じてた。 
だから俺は夫君を刺激しない様にすべての要求をあの場で受け入れた。 
俺らが生きてるのは夫君の理性欠片の上に成り立ってる。 
それがいつ崩壊してもおかしくない。 

続きを読む

夫の事業が軌道に乗りかけの繁盛期に、私も仕事に没頭して顔を合わせる機会が少なくなり、職場の男性(独身)に声を掛けられたのを切っ掛けに不倫が始まりました。 【2/2】

【夫に】浮気がバレてしまった【妻に】 その38
http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/furin/1407336313/
756: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/06() 14:54:14.07 0.net
浮気がばれて、離婚後復讐された話はこちらでよろしいですか?

757: 
名無しさんといつまでも一緒 2014/12/06() 14:56:07.77 0.net
どーぞ

758: 名無しさんといつまでも一緒 2014/12/06() 15:08:05.78 0.net
ありがとうございます。 
書き溜めてから再度来ます。

759: 
名無しさんといつまでも一緒 2014/12/06() 15:14:31.83 0.net
(
屮゜Д゜)屮カモーン 

760: 
名無しさんといつまでも一緒 2014/12/06() 16:15:34.81 0.net
メシウマ話みたいだから、
夕食前までにはお願いします。m(_ _)m

761: 756 2014/12/06(
) 17:25:37.16 0.net
遅くなってすいませんでした。 
長文になってしまいましたが、よろしくお願いします。 

10
年以上前の話です。 
当時、夫は自営業、私は会社員として働いてました。 
夫の事業が軌道に乗りかけの繁盛期で
私も仕事に没頭して顔を合わせる機会が少なくなり 
職場の男性(独身)に声を掛けられたのを切っ掛けに不倫が始まりました。 

夫にばれるまでの経緯はありきたりな物でしたが、
夫の性格上言い逃れの出来ない証拠が
すでに有ると思って言い訳はしませんでした。 
離婚の話し合いは私、私両親、夫、彼、彼両親でしました。

続きを読む

このページのトップヘ