セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/06/07(土) 22:16:31.18 ID:
米国最後の夜はW杯グループリーグ初戦のコートジボワール戦に大きな不安を残すものとなってしまった。
6月6日、“仮想コートジボワール”ザンビアと対戦したザックジャパンは、コスタリカ戦に続いて立ち上がりに先制点を奪われる苦しい展開。
打ち合いの末に4-3の逆転勝利を収め、昨年11月のベルギー戦から続く連勝を5に伸ばしたものの、守備の課題が改めて浮き彫りになる内容にチームの誰もが危機感を見せた。

得点しても、勝利しても……笑顔を見せない本田。

西日の残るレイモンド・ジェームススタジアムには17275人の観衆がいた。スタンドではため息と歓声が交互に響いていたが、ピッチに流れる空気は最後まで完全に晴れることはなかった。
2点を追う前半40分、PKを決めて1点を返した本田圭佑は険しい顔を寸分も変えなかった。
後半30分に、一時は勝ち越しゴールにもなった3点目を決めたが、それでも表情は変わらない。4-3で勝利を収めた終了時もしかり。
喜ばない本田の姿がすべてを物語っていた。世界ランク76位のザンビアから、ザックジャパンは冷水を浴びせられたのだ。
「テストできる最後の場」。アルベルト・ザッケローニがそう言っていたこの試合の日本代表先発メンバーは、右膝に不安の残る長谷部誠を除けば、好成績を残した昨年11月のオランダ戦、ベルギー戦に近い布陣。
GKにはオランダ戦以来5試合ぶりとなる西川周作が入っていた。
課題だった試合序盤戦での失点、再び。
キックオフ。
立ち上がりは互いに様子を見ながらも、手足が長く、思いのほか運動量もあったザンビアに対し日本はチーム全体が戸惑いを見せていた。
本田には19番のシンカラがマンマークで付いており、中央エリアへのパスは厳しく監視されていた。
すると、9分。ザンビアはゴール前でのボール回しから、サイドを変えて右へ展開。右からのクロスをニアのマユカにワンタッチでつながれ、ファーサイドでワンバンドしたところをC・カトンゴに頭で押し込まれた。ゴール前の人数は足りている状態。
しかし、バイタルエリアでパスをつながれ、ラインが下がってしまっていた。
(全文)http://number.bunshun.jp/articles/-/820981
73:2014/06/07(土) 22:37:11.81 ID:
>>1
顔に出さないようにしてただけで、本田は内心大喜びだったと思うよ。
だって珍しく試合後にインタビュー受けてたじゃん。
134:2014/06/07(土) 22:48:13.24 ID:
>>1
>得点しても、勝利しても……笑顔を見せない本田。

チームうんぬんは心配してないが
失点はキーパーが控えでなかったら2失点に抑えてた。
これはテストの意味が大きかったわけで。

やはり本田はちょっと気がかり。
フィジカルの強さは戻りつつあるけどね。
おおむね順調だと思う。
149:2014/06/07(土) 22:50:21.92 ID:
>>1
ほんと糞記者だなぽてぽん
続きを読む

1:2014/06/07(土) 14:48:55.15 ID:
しかも日本の生活保護は医療費が完全無料
これが生活保護費と同等額支給されているから実際の日本の生活保護費はこの倍に相当する
24:2014/06/07(土) 15:17:48.07 ID:
>>1
ま、これは支給規定額とは違うからな。実支給額だろう。

要するに、外国は、働きながら不足分を保護受けてる人間が多いんだろうな。
アメリカなどは、人口比で言えば、日本の倍以上の人間が保護を受けてると言うからな。
42:2014/06/07(土) 16:22:11.42 ID:
>>1
まずは外国人を半額にする事から始めてくれ
65:2014/06/07(土) 23:02:30.77 ID:
>>42
バカ~?

外国人は日本の生活保護の対象外だ、祖国が面倒見る
特定永住者以外は
続きを読む

1:2014/06/07(土) 22:29:53.06 ID:
中国甘粛省の首都蘭州市の当局は、2012年に、土地不足を理由として、ある大規模プロジェクトに乗り出した。
700以上の山々を、ブルドーザーで削って平らにするという「蘭州新城」開発プロジェクトだ。

35億ドル以上の費用を投じて、1280平方キロメートルを超える土地(日本の県で最も小さい香川県の面積は
1862平方キロメートル)を平らにしようというこのプロジェクト。
完成した暁には、山ばかりだった地域に、多くの高層建築物が建ち並ぶ、新たな市街地が展開するはずだ
(以下の動画は、蘭州市当局が公開した同プロジェクトのプロモーション・ビデオ)。


だが、開始からほぼ2年が経過した現在、中国の科学者グループが、このプロジェクトに疑問を投げかけている。
彼らは科学誌『Nature』に6月4日付け掲載された記事で、「中国史上最大の山地開発計画」を批判した。

長安大学環境理工学部の研究者であるPieyue Li氏、Hui Qian氏、Jianhua Wu氏は、この記事で、
蘭州のプロジェクトに限らず中国中で行われている同様の取り組みは、いずれも「環境、技術、
予算のすべての面で」入念な調査が行われていないと警告した。

さらに彼らは、予想外の悲惨な結果が生じる可能性についても警鐘を鳴らした。たとえば、山を削って平らにすることは
露天掘りの鉱山でよく行われているが、「そのような造成地に都市が建設された例はない」と彼らは指摘している。

研究者たちによると、蘭州の工事は2013年3月にいったん中断された。ひどい大気汚染のため、
環境アセスメントが必要と判断されたからだ。
しかし、市当局と請負業者は待機コストを懸念し、環境アセスメントが未完であるにもかかわらず、4週間後には工事が再開されたという。

「経験不足と技術的難題がプロジェクトを遅らせ、コストを膨らませている。環境への影響も十分に検討されていない」と、研究者たちは指摘している。

蘭州プロジェクトの広報担当であるAngie Wong氏は、環境破壊に関する批判をやわらげようとして、
2012年に「The Guardian」紙にこう語っている。「蘭州の自然環境は元々ひどいものであり、極端な水不足で荒れ果てた山ばかりです。
われわれの保護的な開発によって、この地域にも水が導かれ、森林が再生されて、環境は以前よりも良くなるでしょう」




Huffington Post
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/06/chinese-scientists-question-plan-to-bulldoze-700-mountains_n_5457298.html?utm_hp_ref=japan
続きを読む

1:2014/06/07(土) 21:54:39.87 ID:
8日で発生から6年になる東京・秋葉原の無差別殺傷事件を題材に、日本映画大(川崎市)の学生がドキュメンタリー映画の製作に取り組んでいる。監督の大引勇人さん(26)は1年以上、被害者の湯浅洋さん(60)を取材。「風化が進む中、もう一度事件を考えたい」と意気込んでいる。

「自分と似ているようで嫌悪感があった」。事件は2008年6月8日に発生。大引さんは自宅でニュースを見て知った。テレビには後に死刑判決を受けた加藤智大被告(31)が映っていた。

*+*+ NIKKEI NET +*+*
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0702H_X00C14A6CC1000/
89:2014/06/07(土) 22:14:39.21 ID:
>>1
これは映画の専門学校の実習だろ。
160:2014/06/07(土) 22:31:42.55 ID:
>>1
うむ、秋葉原無差別殺傷事件の真相とケケ中の悪事えぐり出して欲しいわ
続きを読む

1:2014/06/07(土) 19:00:46.10 ID:
「日本製最高、アジア他国製は低品質」が打ち砕かれる日
http://www.j-cast.com/kaisha/2014/06/03206432.html

約1年前の2013年5月、中国で行なわれている広州交易会で訪れた、電化製品のブースをみて、私は本連載でこんなコラムを書きました。
「日本テレビメーカーの『暗い未来』 甘い願望を打ち砕く『広州交易会』の現実」
大型テレビが2万円台で並んでおり、4Kテレビもある。そんな現状をお伝えしたコラムです。

多くの日本の人たちは、それでも中国製品は品質が悪い、高機能製品は日本製という思い込みがあるので、一生懸命この事実を否定したくなるわけですが、2014年になると、中国製の4Kテレビも発売されました。
中国のXiaomiが発売した、Android OS搭載、3D対応49インチの4Kテレビ「Mi TV 2」は3999元(約6万5000円)です。
日本メーカーの同等の商品の値段が20-40万円であることからみると、驚異的な安さです。
中国製品には、すぐ壊れる、そもそも動かないなどのリスクもありますが、全ての中国製品がそうなわけではありません。実際、このTVを発表したメーカー、Xiaomiが作ったスマートフォンは、その高機能と低価格で2013年第4四半期に730万台のスマホを売っています。
当初はAppleの真似だと言われていたのですが、実際Android OSであるにもかかわらずiPhoneユーザーが違和感なく使えると評判になっており、「サムソンを脅かす存在だ」とまで言われているのです。

SONYは、2014年7月にテレビ事業を分社化し5000人の社員を削減、2015年3月期の黒字化を目指すと言っています。その方策が「フルハイビジョンの4倍の解像度がある『4K』など高精細テレビへのシフトを進める」などとあるのですが、このような現状をみると、目標達成について、とても楽観はできないでしょう。
固定費を削減することで、一時的に利益を出すことはできるかもしれませんが、そもそも4Kテレビが必要なのか?というところから始まり、その4Kテレビの市場においてもアジアの強力なライバルに勝てるのか?という問題があるわけです。
日本国内にいると「日本製品最高。アジア製品低品質」ということが刷り込まれており、すでにアジアの一部の企業は日本製を上回るコストパフォーマンスを出していることに気付きません。
しかし、かつては「日本製品は粗悪」と言われていた時代があったという歴史から振り返ってみても、普通の「歴史は繰り返す」に過ぎません。
このような現実を踏まえて、個人も、企業も、これからどのようなポジションを取るべきか考えなくてはならないのです。(森山たつを)

※関連
【企業】パナソニック津賀社長「もう日本の家電はダメだな、一目瞭然だ」★7
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1401669643/
125:2014/06/07(土) 19:42:17.65 ID:
批判してる人も多いけれど。
パナソニックは既に見切って舵を切ったよね。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD310IG_R31C13A0TJ2000/

俺は個人的には正解だと思うよ。
ソニーも>>1にある通り4K TVに力入れるの?まぁ日本人の一人として成功を祈るけどさ・・・経営陣は何考えてるのか理解はできない。
442:2014/06/07(土) 20:33:29.26 ID:
>>1
この作文のどこがニュースですか?>幽斎 ★
487:2014/06/07(土) 20:44:30.50 ID:
>>442
日本で家電を買い物する中国人は日本メーカーでも
中国製は避けるみたいだね
続きを読む

このページのトップヘ