セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【1/3】 【2/3】 【3/3】

60832byRbd0s5SM2007/01/16()22:16:15
考えてみる事にした。とはいえ、いきなり考えろと言われても思い浮かばない。
なので、必要な事から解決する事にした。
「まず、今回の件ですが私にはこの二人(元嫁、間男)に対し慰謝料請求しますがいいですね?」全員了承
「奥さんはどうされます?こいつ(元嫁)に請求しますか?」
「いえ、それはしません。悪いのはうちのほうなので。」
「金額なんですが、○○さん(間男)お勤めはどちらです?」
○○○会社」俺絶句しました。と、いうか気絶しそうになりました。
この間男の会社、俺の会社の取引先・・・。
「金額ですが、私が請求するなら500万と言いますがいいんですか?」
「え!?」間男の反応
「ん、それくらいの事されてると思うんですが、私おかしいですかね?」
「いや、そんなには払えないんで・・」
間男嫁が挟む
「何言ってるのよ!責任取るならそれくらい払いなさい!」
「払わせますからそれで結構です!お義父さんもお義母さんも(間男親)いいですね!」
間男嫁怖いです。落ち着いたようですが、怒りに変わってます。
「じゃ、それで。」

69  832 byRbd0s5SM 2007/01/16()22:28:35
>>65
客というか提携先っていうのか?
普段はこっちから商品を卸してるが、たまにあっちの商品をうちで売ってる。

79  832 byRbd0s5SM 2007/01/16()22:40:45
「お前はどうする?仕事してないしなぁ」元嫁に言う。
「請求しないわけにいかないんだよなぁ
 やっちゃったし、もう戻れないとこまで来ちゃったし」
義父が挟んできた。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【1/3】 【2/3】 【3/3】

859  832 byRbd0s5SM2007/01/16()14:31:10
「で、なんでこうな訳?」嫁に聞く
「最初はお店で顔知ってるお客さんで、話もしたことあって、お店であったら
一緒に飲んでた事もあった。」
この店俺もよくいってるし、ここのマスターとも4年くらいの付き合いがあり
元嫁も一人で飲みに行く事もあった。
俺としては知り合いの店だし安心できる部分もあったんだが。
「で?」
「で、相談とか聞いて貰ってるうちに、こんな風に・・・」
「ほう、店で声かけてくるような男ヤバいとか思わない?」
「最初はヤバいって思ったけど、この人全然そういうのなくて安心できたし
話もよくきいてくれて・・・」
これ、聞いてこの間男女慣れしてるなと思いました。
哀れです。飲み屋で一人で来る女に声かけるような奴にまともなのいないです。
だいたい、酒の席で女の話親身に聞いてそういう関係求めないって・・・
安心感持たせて落とす常套手段じゃんこのバカ女!って感じです。

「お前さぁ、たぶんこいつ他にも女もってるぞ?バカなの?
 そんなわかりやすい手に引っかかるとかあり得ん」
「だいたいな、家立てるまで二人とも必死に貯金して頑張ってきただろ
これから子供も作って、もっと幸せになろういう矢先になにしやがる」
「私もそうしたいとおもってたよ。でも○○(俺の名前)
 急に誘ってくれなくなったし、もういらないのかと思って」
何の勘違いでしょうか?
「あたりまえじゃボケ!その頃には薄々感づいて調べにまわってたわ!
 そんなもん、他の男と寝てたかもしれんやつ抱けるか!」
元嫁ぐずってたんですが、号泣しました。
「俺が気づかず、お前抱いたとしようや。妊娠判ったときどっちの子供だ?
 俺のだって自信あるか?」こういったとき、横から声がした。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【1/3】 【2/3】 【3/3】

【夫に】浮気がバレてしまった【妻に】 その5
ttp://love4.2ch.net/test/read.cgi/furin/1155893532/

832
名無しさんといつまでも一緒2007/01/11()14:59:460
浮気した嫁と間男を、徹底的に追い詰め血祭りにあげた
俺に子供がいなかったのが、幸いだった。
今は嫁と間男から慰謝料もらって静かに暮らしてる。
間男の嫁と子供には悪い子としたと思うがなorz

834名無しさんといつまでも一緒2007/01/11()17:40:240
>>833
現場押さえて写真撮る(友人協力)
嫁に嫁の親の前で全て自白させる。録音開始、ビデオ撮影
間男呼び出し嫁と嫁親の前で事情聴取。
(ここで嫁の自白と食い違いが発生)
間男嫁に連絡。事情を話し間男親同伴で来させる。
(この時点で、俺、嫁、嫁親2名、間男、間男嫁、間男親2名が同席)
嫁に再度自白させる
間男嫁泣き崩れ、間男親顔面蒼白
間男に再度自白させる。(ここで最初の事情聴取と食い違いが出る)
間男嫁半狂乱、間男会社に通報(後日クビなったらしい)
嫁と間男に慰謝料請求合計850マン(裁判所通さず、両名の親が承諾)
誓約書書かせ、支払いを途中でやめて逃げないように後日、公正証書作成。親保証人として署名。
家の名義が俺と嫁になっていたのだが、名義抜くため一括精算させる。(嫁親借金で支払い
嫁に共同財産について権利を主張しない誓約書書かせる。
嫁、一切の荷物持たずに家でる。(嫁の持ち物は俺が全て処分した)
嫁が間男と知り合って6ヶ月、関係持って3ヶ月
2
ヶ月目あたりに俺が、嫁の行動に不審をもち調べはじめた。
不倫6ヶ月のバカ女と間男の結末
詳しく書くとすごい長くなるので省略したがこんな感じ。
裁判に持ち込まなかったのは、嫁と間男親の了承により
慰謝料決定したことと、裁判記録は今後の人生において
デメリットが発生する場合があるため。
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【1/3】 【2/3】 【3/3】

340: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 04:18:51 ID:CtEAvmey0
部屋に到着、リビングに通すと嫁父が爆発寸前になっていた。
R
を睨む顔がやばかった。あーきもちええー

ひと通り説明してみたが、Rは認めないので再びmp3再生。

R
「いや声違うし。俺じゃない。」

よしきた!ついに!!心の中で俺はガッツポーズしたね!

俺「動画で顔もおさえてましてね」
その後、ついに俺渾身の一作、秘蔵のavi再生。嫁母が耐久限界でどっかに行ってしまった。

嫁「いやあああああああ!!!いやあああ!!!いやあああグッ!!」
嫁父「黙れえええええ!!!!」

ドガッ
強烈な張り手が嫁の肩を直撃!
540
のダメージ!
嫁は倒れて動けない!

343: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 04:19:40 ID:6hx5DRJwO
既婚者だけどあまり信用ならん嫁をもつ俺にとって手に汗握るスレだわ

344: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 04:20:04 ID:1yyux+BfO
親がまともでよかったな

366: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 04:23:24 ID:CtEAvmey0
PC「ベチョベチョ……ベチョ……んっ…………はあぁ……ベロベロ……
PC
「うん……あっあっいいよ……ふっ………ねぇ……んっ
PC
「へへっふー……あっ……レロレロ……………………
 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
【1/3】 【2/3】 【3/3】

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 03:15:41 ID:CtEAvmey0
嫁がスマホにした時にバックアップがどうたらだとか俺が色々と教えてたことが幸いした。
たぶんノーパソにエクスポートしたファイルを保存してんだろうけどSDのを消されなくて良かった。
スマホのパスもノーパソのパスも知らんのでSDカードに無かったらGET出来ないとこだった。

嫁電話帳インポートのスマホで確認してみるとあだ名でRの電話番号発見。ついでに

R
のメルアドGETだぜ!

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 03:16:42 ID:t0td6hmU0
クリスマスの胸糞悪さが一瞬で晴れるな

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 03:16:43 ID:X2zf3bd50
やだ>>1さんと結婚したいです

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします : 2011/12/25() 03:18:14 ID:CtEAvmey0
サイゼに助けられた日以降、仕事で悩んでるとか疲れてるとか言ってセクースしないことについて
ED
などで病院に通ってることを嫁に伝えると
嫁「一緒に治そ!がんばろ!」
と言ってしがみついてきた。

てめえのせいなんだよおおおおおおおおおおおおおおお!!!
頭湧いてんじゃねえのかあああああああああああああああああ!!!!!!
触るんじゃねえよクソがああああああああああああああああああああ!!!!!!
と思ったけど言わない。

>>97
すごい無駄足踏んだり興信所探したり色々やったんだけど割愛してる
 


このページのトップヘ