セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/01/31(金) 11:04:58.28 ID:
東京都知事選に出馬した元航空幕僚長の田母神俊雄氏(65)にピッタリ寄り添う美女軍団。
応援弁士の中でもひときわ目立つ、「田母神ガールズ」だ。

田母神氏も自分の顔のことを「怖い、いかつい」と自虐的に語っていたが、彼女たちはそのマイナスを補う中和剤としての役割を担っている。
働きぶりも獅子奮迅。街頭演説で弁士に立ったかと思えば、移動中の電車の中でも田母神氏をガードするように取り囲んでいるのだ。

一体、どんな経歴の人たちなのか?

「写真中央の美人女性は、女優の葛城奈海さん(43)ですね。東大農学部卒の才媛で、予備自衛官の肩書を持ち、徴兵制の導入が持論です。選対本部長をネットテレビの『日本文化チャンネル桜』の水島総前社長が務める関係で、そこの番組キャスターの女性たちが助っ人に駆り出されているのです。

葛城さんのほかは、モデルの色希さん、ジャズ歌手のsayaさん、ジャーナリストの浅野久美さんなど。
彼女たちは本業の傍ら『今日の自衛隊』などの番組でキャスターを務めています」(マスコミ関係者)

街頭ではチャーミングな笑顔を見せている彼女たちだが、色希はブログに「靖国神社で英霊と新年を迎えてきました」と書き込むほどだし、浅野は12年8月に女性で唯一、尖閣諸島に上陸した経歴を持つ。どの人もマッチョな思想を持っているようだ。

田母神選対事務所によると「彼女たちは田母神が選挙に出馬する前から交流があり、その頃から応援をしていただいております。
もちろん、女性目線を意識し、女性票を引きつけられたらと考えての起用です」という。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140131-00000005-nkgendai-ent

続きを読む

1:2014/01/31(金) 08:50:57.55 ID:
働いても働いても暮らしが楽にならない「ワーキングプア」が問題となる中、貧困のために風俗で働くことになった若年女性の様子を「ガールズプア」としてNHKが特集し、話題を呼んでいる。

1月27日放送のNHK「クローズアップ現代」で、特集「あしたが見えない ~深刻化する『若年女性』の貧困~」が放送された。
番組によると、現在10代、20代で働く女性は全国に503万人。だが、高卒女性で正規の仕事に就いているのは48%にとどまり、半数以上が非正規で働いている。

アルバイトを3つ掛け持ちしても給料が10万円程度にしかならない19歳の女性など、厳しい状況にある単身女性が紹介された。中でも特にきつそうなのが、小さな子どもを抱える若いシングルマザーだ。

今、20代シングルマザーの80%が年収114万円未満の貧困状態にあるという。
そうした中でも、周囲の支援を受けられなかった若いシングルマザーは、風俗店に居場所を見出すしかなくなってしまう。

こうしたケースがかなりあるのだという。

番組では、東京近郊のある風俗店を取材。この店では、若いシングルマザーに働いてもらうため、子どもを預ける提携託児所を用意し、その費用も負担しているという。家を借りられない女性のために、事務所近くに寮も設けた。

21歳のシングルマザーは、出産直後から働かなくてはいけない状況だった。
しかし、託児所に子どもを預ける余裕もなかったため、この店に流れ着いた。現在、週5日働いて収入は月30万円。給料を店に積み立ててもらっている人もいる。

また、面接に来た30代のシングルマザーは、役所に生活保護を申請したものの審査に2~3か月かかると言われた。
それまで待つことはできないので、20代のころに経験した風俗の世界で再び働こうと決めたのだという。

スタジオでは、若い困窮者の支援をしている臨床心理士の鈴木晶子氏が、「性産業が職や住居、保育までを含めたしっかりとしたセーフティネットになってしまっている」と指摘。
公的機関ではそうした包括的なサービスが提供できておらず、「社会保障の敗北といいますか、性産業の方が、しっかりと彼女たちを支えられているという現実だと思う」と話した。
http://careerconnection.jp/biz/tyosahan/content_1116.html
>>2
続きを読む

1:2014/01/31(金) 12:06:19.43 ID:
ソースは
http://www.sankeibiz.jp/express/news/140131/exb1401310004000-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/express/news/140131/exb1401310004000-n2.htm
http://www.sankeibiz.jp/express/news/140131/exb1401310004000-n3.htm
http://www.sankeibiz.jp/express/news/140131/exb1401310004000-n4.htm

[1/2]
米アップルが2001年に世に送り出したデジタル携帯音楽プレーヤー「iPod(アイポッド)」が、
近く市場から姿を消すことになりそうだ。音楽も聴ける「iPhone(アイフォーン)」に
取って代わられ、販売が激減しているためで、最高経営責任者(CEO)のティム・クック氏(53)が
投資家向け説明会で生産・販売の中止を示唆した。

アップル躍進の原点ともいえる革新的な製品だったが、11年に56歳で亡くなったカリスマ創業者
スティーブ・ジョブズ氏も終焉(しゅうえん)を予言していた。
アップルは“ジョブズ後”に革新的な製品を生み出せず試練を迎えている。

「アイポッドのビジネスに終わりが近づいていることは、わが社の社員なら全員が知っていると思う」
英BBC放送は、クック氏が今月27日に行われた説明会でこう発言したと伝えた。
同じ日に発表されたアップルの2013年10~12月期決算によると、この期のアイポッドの
販売台数は前年同期のほぼ半分の約600万台で、売上高も半分の9億7300万ドル(約973億円)
にまで落ち込んだ。

アップルの売上高全体に占める割合はわずか2%にとどまっている。
一方で、アイフォーンは前年同期比7%増の5100万台、
タブレット端末の「iPad(アイパッド)」も2100万台と、いずれも四半期としては過去最高を
記録した。

-続きます-
続きを読む

1:2014/01/31(金) 02:06:33.27 ID:
★米国務長官が来月中韓へ、訪日打診には「時間ない」

来月、アメリカのケリー国務長官がアジアを訪問する予定ですが、来日を打診した
日本政府に対し、アメリカ政府が「時間がない」と回答してきたことを佐々江
駐米大使が29日の会見で明らかにしました。

ケリー長官は、去年10月に日本を訪れていますが、今回の決定に安倍総理の
靖国参拝が影響しているかは不明です。

ケリー長官は、来月中旬、中国と韓国を訪れる方向で調整しています。(30日11:25)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2115535.html

▽関連ニュース
【国際】米下院3議員 ケリー国務長官に慰安婦問題で「日本が謝罪」するよう書簡
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1391073652/
前 ★1が立った時間 2014/01/30(木) 20:48:33.48
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1391088690/
続きを読む

1:2014/01/30(木) 22:14:15.81 ID:
★米国により依拠しない日本をめざす安倍晋三
特集: 私見アンドレイ・イワノフ

安倍首相は米国の意見により左右されない日本の姿勢をますます活発にアピールしている。
こうした見解をモスクワを最近訪れた日本人識者がVORの記者に語った。
これは一部には、2月7日のソチ冬季五輪開幕式に日本の首相が参加を決定したことにも現れている。
この開幕式への出席を、プーチン大統領の独自の政策に不満を持つオバマ米大統領、EU各国の首脳らは無視した。

安倍首相のソチ開幕式への参加理由はウィンタースポーツへの愛情だけに探し求めるべきものではないことは分かりきっている。
この決定には地政学上の変化を示すいつくかの傾向が裏づけされている。それが何かといえば、まさに米国の影響が次第に弱まり、中国の威信が高まったことだ。こうした地政学的要因によって安倍氏の憲法修正計画も引き起こされている。

これにより国際舞台で、そして国防レベルで日本の自立度を引き上げようというわけだ。そしてこの構想は、五輪開幕式への出席の意向と同様、米国の大いなる感動を呼ぶことはない。安倍氏が仮に憲法改正にこぎつけてしまうとなると、米国が日本政治に表わす不満感要因はますます多くなる。

たとえば日本が外国製の武器を購入し、外国と新たな軍事機器の購入および共同開発分野で軍事技術協力を行う権利を得るとすればどうだろう。現在日本がこの分野で協力を行っている相手は米国のみだ。だが、憲法の定める制限が変更となった場合、日本のパートナー・リストにはたとえばフランスやインドも加わる可能性がでてくる。ところで先日行われた安倍首相のデリー訪問でも、インド指導部との話しあいの席で日印間の防衛協力の将来性がテーマに挙げられている。
>>2
へ続く

ヴォイス・オブ・ロシア
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_30/128029976/
続きを読む

このページのトップヘ