セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/12/20(金) 21:44:23.94 ID:
兵庫県尼崎市のJR東海道線の踏切で11日、女性2人が普通電車にはねられ死亡した事故で、兵庫県警尼崎
北署は20日、2人は母娘で、クマのぬいぐるみ2体を所持していたと発表した。同署は自殺とみて身元の確認を急
いでいるが、有力な情報がないという。

事故は11日午後10時20分ごろ、尼崎市東七松町のJR東海道線立花-尼崎間の踏切で発生。2人は遮断機
が下りた後、電車が迫ってきたことを確認し、踏切内に入り、電車にはねられ即死した。

2人は身分証などを持っておらず、遺体のDNA鑑定から母娘と判明した。母親は70~80歳で身長153センチ、黒
のダウンコートに長ズボン姿。娘は40~50歳で身長164センチ、黒のコートに長ズボンをはいていた。

クマのぬいぐるみは白と茶の2体。いずれも約30センチで、ピンク地に白の水玉の服を着ていた。白は娘がコートの中に抱きかかえるように持っており、茶は現場に落ちていた。情報提供などは同署(電話番号割愛)へ。


引用元: MSN産経ニュースWest 2013/12/20
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131220/waf13122018470024-n1.htm
続きを読む

1:2013/12/20(金) 23:36:43.27 ID:
女らしさの象徴の一つでもあるバスト。AカップよりもBカップ、BカップよりもCカップ…小さなバストより大き
くてセクシーなバストに憧れる女性も多いのではないでしょうか?教えて!gooにも、こんな相談が寄せられま
した。

「悩んでます」

相談者さんは高校1年生。バストサイズがAカップであること、全体的にも小柄で細身であることを日頃から気に
していました。たくさん食べるようにしていても効果はなく…そんな中、バイト先の男性に「もっと食べなー。
痩せ過ぎだよ。胸も小さいし」と言われたことに深く傷つきました。また過激な下ネタも苦手で、そういう話に
なるとその場を離れてしまう純な性格のようです。「胸が大きくて、エロくて、それなりにふっくらした人…それ
が男性の好みですよね。私なんかじゃ、駄目だ」と自信をなくしています。



■バランスのとれた食事が大切

これに対し、心あたたまる意見が多数寄せられています。

「沢山食べるといいと思いますよ。全体的に細いという事なので蛋白質を中心にしてはいかが?お菓子やジュース
などは抜きで!チキンを好んで食べれば、胸が育つという神話も私の時代にはありました」(sora207さん)

「個人差はありますが、初潮が始まって18才では、子どもの体から女性の体の移行期間として焦らずに心も食事も
バランス良く過ごされるのが良いと思います」(opunixさん)

バランスのとれた食事内容と適度な運動、そしてたっぷりの睡眠をとって、あまりストレスをためないことが成
長期には必要だというアドバイスが目立ちました。

■バストの大小よりも内面が大切

相談者さんと同じように、細いことを気にしているお友達がいるというyumi0215さんは「細くて胸の小さな人が
好きという人もいれば、巨漢と言われるような体系の人が好きという人もいます。外見だけではなくて内面で好
きになってくれる人がいますからそんなに思いつめないでくださいね。

(中略)…下ネタが苦手なのは問題ないですよ。細いのも問題ないです。一緒にいて楽しくて幸せになれる人で
いれば自分に合った素敵な人と出会えると思いますよ」と、恋愛は外見よりも中身でお互いが惹かれ合うものだ
と言っています。

バストが小さくて悩んでいる人もいれば、大きすぎて悩んでいる人もいるはず。男性の何気ない一言に心を痛める
女性はきっと多いはずです。相談者さんと同じように、バストが小さいことで悩んでいる方は、参考にしてみて
はいかがでしょうか。

教えて!goo スタッフ (Oshiete Staff)


引用元: ニコニコニュース 2013/12/20
http://news.nicovideo.jp/watch/nw886673
続きを読む

1:2013/12/21(土) 07:57:22.16 0 ID:
 元モーニング娘。のリーダーで女優、高橋愛(27)とお笑い芸人、あべこうじ(38)が、来年2月をめどに結婚することが20日、分かった。
交際から2年あまり。
深く、静かに温めてきた愛が実る。
元モー娘。と人気芸人といえば、2009年に結婚したタレント、藤本美貴(28)と庄司智春(37)以来の夫婦誕生となる。

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/marriage_and_divorce/?id=6101277


img0070223749973


続きを読む

1:2013/12/20(金) 23:31:42.30 0 ID:
フィギュア小塚の五輪代表をフジ大島由香里アナが願う本当の理由

東スポWeb 12月20日(金)17時13分配信

フィギュアスケート男子のソチ五輪代表争いがシ烈だ。
代表枠3つを巡りトップスケーターがシノギを削っている。
先のグランプリ(GP)ファイナルでは、羽生弦結(19=ANA)が優勝し頭一つリード。
残すは21日開幕の最終決戦「全日本選手権」(24日まで、さいたまスーパーアリーナ)となった。
そんな中、出遅れた小塚崇彦(24=トヨタ自動車)に、交際中のフジテレビ大島由香里アナ(29)が、やきもきしているという。

日本の男子は選手層が厚い。
先月、右足を負傷した高橋大輔(27=関大大学院)がGPファイナル欠場を発表したものの、依然有力候補なのは間違いない。
エース高橋に加え、先日行われたGPファイナルで“絶対王者”パトリック・チャン(22=カナダ)を破った次期エースの呼び声も高い羽生の2人が軸になる。

「問題なのは残り1枠です。小塚、町田樹、織田信成、無良崇人で争うことになりそうですが、
今の段階では町田が一歩抜けている感じですね。あとは高橋の代わりでGPファイナルに出場した織田が3位に入った。
まずまずの結果ですが、これで、今まで以上に最後の1枠が激戦になりましたね」とはフィギュア関係者。

ライバルたちが火花を散らす中、イマイチ精彩を欠いているのが小塚だ。
今季GPシリーズでは、スケートアメリカで6位、中国杯で3位と低迷。
ファイナル出場を逃してしまい、目前の「全日本選手権」にかけるしかなくなった。
そんな調子の上がらない小塚に、やきもきしっ放しなのが、交際相手の大島アナ。
同局関係者が明かす。

「小塚が練習している新横浜スケートセンターに、せっせと手作り弁当なんかを差し入れて、懸命にサポートしていますね。
五輪に出てほしいという純粋な気持ちはもちろんあるんだけど、このままだと『自分と付き合いだしたらダメになった』と言われそうで、
それがガマンできないみたいですよ(笑い)」

何せ、大島アナといえばその美貌はもとより、Fカップ(推定)と言われる巨乳の持ち主。
そんな魅力的な大島を目の前にすれば、さすがの小塚といえども練習がおろそかになってもおかしくはない?
もし小塚が代表の座を逃せば大島アナが“戦犯扱い”されるのは必至。
それだけに、何としてもソチへの切符を射止めてほしいと切実なのは間違いない。

大島アナの知人はこう語る。

「最終的には、やはり結婚したいみたいですね。彼女は大学時代に家庭内でトラブルがあったようで…。
今は母親を慕っていて、早く安心させてあげたい、との強い思いがあるんじゃないでしょうか。
できれば30歳になる前に!なんて思いもきっとあるでしょう」

大島アナは、すでに小塚の父・嗣彦氏にあいさつを済ませている。交際報道が出た際には、怒り心頭だった嗣彦氏も、
今となっては交際は容認せざるを得ないようだが、結婚となると別。まだまだ認めていないようだ。

「今は大事な時期ですからね。もし代表を逃したら?
嗣彦さんはブチギレて、ひょっとして破局させられるかもしれません(笑い)」(前出のフィギュア関係者)

全日本選手権まで待ったなし。
愛する人を五輪の晴れ舞台に送り出し、自らもゴールインしたいと願う大島アナ。
果たして“内助の功”は、この土壇場で威力を発揮できるのか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131220-00000027-tospoweb-ent
続きを読む

1:2013/12/20(金) 21:08:45.86 0 ID:
中国紙・環球時報は20日、日本の原発の状況からみて、日本は原子力爆弾を年間に2000個製造できる能力を持つとする専門家の見方を紹介した。

同紙は、「国際社会では『核のない世界』への期待が高まり、核大国が核軍縮を叫んでいるものの、世界の核をめぐる情勢は複雑になっている」と指摘。
海外メディアが17日、「中国が核弾頭を搭載できる大陸間弾道ミサイル『東風-41』(DF-41)の2度目の発射実験を行った」と報じたこと、また米国、ロシア、英国、日本などの核をめぐる戦略を紹介した。

日本については、原発で燃やした燃料棒を青森の六ヶ所再処理工場に持ち込んでプルトニウムだけを抽出すれば、原発の数から考えて日本は原爆を年間に2000個製造できるとの専門家の見方を紹介。
「安倍政権が軍拡路線のため、日本の核開発の動向に注目が集まっている」と報じた。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/369432/
続きを読む

このページのトップヘ