セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/11/02(土) 09:24:26.67 ID:
 韓国国会外交統一委員会の与党・セヌリ党、元裕哲(ウォン・ユチョル)議員は31日、
韓国外務省から提出された「近年5年間のデモ現況全数調査資料」を基に、
在日公館の付近で発生した嫌韓・反韓デモの数が3年間で10倍に急増していることを明らかにした。
複数の韓国メディアが報じた。

 元議員によると、2009年に30件だった嫌韓・反韓デモの発生数は10年に31件、
11年に82件と徐々に増え、12年は301件まで増加した。
13年は9月末の時点ですでに243件発生しており、このペースだと12年を上回る見込み。
デモは特に、東京の駐日韓国大使館や大阪の韓国総領事館の近くで頻繁に行われていた。

 大使館近くで行われたデモの発生数は、09年(3件)と10年(4件)は1桁だったが、
11年になると46件、12年は108件と大幅に増加。
大阪総領事館の場合も09年(13件)、10年(14件)、11年(21件)、12年(115件)と3年間で10倍になった。

 嫌韓・反韓デモは、日本各地で在日コリアン排斥を掲げる
市民団体「在日特権を許さない市民の会」(在特会)が中心となり、
インターネット上で保守的な言論活動を行う“ネット右翼”を巻き込んで行われることが多かった。
デモの内容は、以前には見られなかった物理的な衝突や、ヘイトスピーチ(憎悪表現)など3年間で過激さを増した。

 元議員は、日本の右傾化と連動して今後さらに嫌韓・反韓デモが増加するとの見方を示し、
「外交当局はデモにより韓国国民が被害に遭わないよう万全を期する必要がある」と主張。

さらに「日韓両国の信頼を回復させるためには、日本の徹底した反省と謝罪が前提でなければならないということを、
日本や国際社会に意識させる外交的な努力を行うべきだ」と述べた。(サーチナ・編集担当:新川悠)

ソース:livedoorニュース
http://n.m.livedoor.com/f/c/8212454

 
続きを読む

1:2013/11/02(土) 17:28:48.68 ID:
 2日午前9時40分ごろ、下関ボートレース場(山口県下関市)で、
レース前にスタート位置に移動していた鈴木詔子選手(52)=東京都北区=のボートが、
付近の岸壁に衝突した。
鈴木選手は頭などを強く打ち、病院で死亡が確認された。死因は脳挫傷。
長府署は、操縦ミスやボートに不備がなかったか調べている。

 長府署や日本モーターボート競走会によると、鈴木選手はレース前、
水面に下ろしたボートを移動させていたが、
スタート位置を通り越して約150メートル先の岸壁に衝突した。

 現場にいた別の選手は
「通常はスタート位置まで低速で移動するが、鈴木選手は全速力だった」と話したという。

 競走会によると、鈴木選手は1981年に選手登録し通算449勝、優勝5回。
出走回数が4700回を超えるベテラン選手だった。女子選手は全体の1割程度。

ソース:産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131102/dst13110217220002-n1.htm
画像
http://p2.ms/4h52u
続きを読む

1:2013/11/02(土) 15:36:39.54 ID:
景気回復は本物なのか。1千万円を超える超高級外車から高級時計など宝飾品、振り袖着物、
ビジネスクラスで行く海外周遊ツアー…。さまざまなジャンルで高額商品が飛ぶように
売れているという。

安倍晋三政権が打ち出した経済政策「アベノミクス」の効果もあり、日経平均株価が持ち
直される中、長らく続いた不況で堅く閉じられた消費者の財布のひもが緩まりつつあるようだ。
景気に左右されやすいとされる百貨店の業績も好調。輸入車販売業界からは「アベノミクスが
購入を迷うお客さまの背中を押している」との声も聞かれた。

■超高級車が引っ張る輸入車業界

東日本大震災を境に長期間低迷していた日経平均株価は、昨年11月に野田内閣が衆院解散を
表明した時点で8664円だったが、安倍政権誕生以降ほぼ右肩上がりで上昇を続けた。今年
5月には約5年4カ月ぶりに1万5千円台に到達した。

「他業界よりもデフレ脱却の動きが早く出ていた」と関係者が話すのは輸入車販売だ。
伊フェラーリや英ロールス・ロイスなど各社の売り上げは軒並み好調だという。

1千万~2千万円台の独高級車ポルシェの正規販売店「ポルシェセンター中大阪」(大阪市
西区)では、昨年1月に人気モデル「911」の新型が発売になってから販売数が伸びていたが、
年末の衆院選前後からその勢いに拍車がかかるようになったという。

好調を受け、今年初旬にはメーカーが2018(平成30)年までに輸入台数を1・5倍に
増やすことを急遽(きゅうきょ)計画し、日本国内の販売店に面積を拡張するよう指示が
あったといい、同店の田中寛(ゆたか)営業部長は「アベノミクスが追い風になっている」
と話す。

日本自動車輸入組合によると、上半期の海外メーカー産の輸入車の新車販売台数は、
前年同期から12・6%増の13万3247台。軽自動車を除いた新車販売全体の
シェアは8%を超えて過去最高を記録した。

中でも1千万円を超える高級輸入車の販売が伸びているのが特徴的だ。輸入車の販売数は
昨年度から好調のきざしが見え始めたが、平均価格帯が1千万円超の「超高級車」は
2~5割増となり、市場全体の伸びを大きく上回った。販売各社は今年も販売増を目標に
掲げている。

■「ツアーの半分がビジネスクラス」

「株価が上がったことで、これまで資産を塩漬けにしていたシニア層を中心に
豪華なツアーが売れるようになった」

旅行会社「阪急交通社」(大阪市北区)の明石純子・広報部担当課長はアベノミクスの
影響をこう話す。

同社では今年に入り、ビジネスクラスで行くツアーや、本来はエコノミークラスのツアーに
追加料金を払ってビジネスクラスにアップグレードする旅行者が多くみられるようになった。
「20人のツアーで半分がビジネスクラスということも珍しくない」といい、客単価の
増加に結びついているという。(※続く)

●ポルシェも輸入台数を急遽増やすことに


http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/131102/wlf13110212000010-n1.htm
続きを読む

1:2013/11/02(土) 15:28:22.54 ID:
日本、米国、欧州連合(EU)、アジアの主要国などの33カ国・地域が乗用車の
燃料消費(燃費)を測る基準を統一する。国連が2014年3月に世界標準として
採択する。自動車メーカーは輸出する先の国・地域の基準にあわせて何度も燃費を
測り直す必要がなくなる。メーカーや車種ごとの燃費が比べやすくなり、低燃費車に
強みを持つ日本の自動車メーカーには追い風となりそうだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1104P_S3A101C1MM0000/?dg=1

◎関連スレ
【車/行政】日本とEU、車の安全基準「統一」へ--輸入手続き短縮 [10/28]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1382915351/
続きを読む

このページのトップヘ