セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】

436鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/16() 22:42:34
私はそのころには彼女のことがどうしようもなく好きで、自分の恋人にも彼女の話をして、悲しませるようなありさまでした。
私の積極的な思いもあって私たちは次第次第に近づいて行き、とうとうその年のクリスマスにお互いの恋人と別れて結ばれました。
3
年付き合っていた私の彼女は、私が別れを告げると人がこんなに悲しそうに泣けるのかと思えるほど悲しそうに泣きました、今でも脳裏に浮かびます。
でも私の頭の中は元妻のことでいっぱいでした、冷たい自分勝手な最低ヤロウです。
ほんの短い間私は幸せでしたが、彼女に去られて初めて彼女の恋人は自分の妻と別れる決心をしました。
それから私たち3人の地獄のような3角関係が始まり、二人の男の間で揺れ動く彼女に男二人は翻弄され、まあ彼女自身もどちらも切れずに悩み苦しみましたが、結局自分の家庭が崩壊していく中での3角関係に耐えられなくなった妻帯者が自ら身を引いて決着しました。
1年近くたった後の話です。
結局彼の元にはなにも残りませんでした、最後に私が会った時彼はまるで抜け殻のようでした。
その5ヶ月後に私たちは結婚しました。
実に多くの人たちを巻き込み不幸にしてしまいましたが、ともかく私たちは結ばれました。
私は彼女を幸せにしたい一心で死ぬほど働きました、どんなに苦しくても彼女が一緒にいてくれることで私は頑張れました。

長い月日が過ぎ去りいつしか私は仕事のとりこって言うか出世のとりこになって、いつしか私と彼女の心は次第に離れて行きました。
私は決してこんな結末を望んでいませんでした、でももう終わりですよね。
やはり多くの人たちを苦しめて成就した恋の結末はこんなもんですよね、自分たちが行った行為の代償をそろそろ支払う時なのでしょうね。

皆さん本当にこんな愚痴を書き綴ってしまってすみません。

439
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:45:12
……お疲れ。

とりあえず、妻帯者のアホには同情の余地なしで。
本当に心底から気の毒なのは、鬼です氏の前カノさんだな……

440
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:46:39
>>436
あはははははあhhhhh 自業自得

続きを読む

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【8/8】

126鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/15() 17:12:50
 皆さん色々とご心配頂きまして感謝に堪えません。
今朝私の弁護士のところに間男サイドが依頼した弁護士から正式な受認の挨拶と、早急に和解条件についての話し合いを持ちたいとのことだったようですが私の弁護士は、「私の依頼人はあくまで裁判上の決着を望んでいますので、和解に応じるつもりはありません」と即答したそうです。
相手の弁護士はまだ独立して5年くらいの結構若手だそうですが、私の弁護士の答えが予想外だったらしく「えっ、?」と絶句した後渋々電話を切ったそうです。
その後今日の予定通りに裁判所に訴状を提出してくれました。
いよいよ始まりです。
私にとっては間男の父が田舎の市議であったことは非情に好都合といいますか、まさに点の助けでして、なぜなら小さな田舎であればあるほど、間男の父が有名であればあるほどスキャンダルの伝播力は飛躍的に向上するからです。

128
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/15() 17:21:40
>>126
よく言われるように、
2ch
なんて敵に回すとうっとおしいが、見方になってもうっとおしい、ってあるけど、がんがれw

何か大事件があったとして、それを元に上昇できれば、
後で自分にとってはいい契機だったとして、笑って語れるようになるもんだ。

そんな未来が来るように祈ってるよ

130
鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/15() 17:25:14
今後の私の戦略はある手段を使って彼らの地元でこの話が広まるように画策した上で、十分に噂が広まるまで裁判の終結を引き延ばすことです。
弁護士の話だと先方は恐らく裁判の原因事実については争わずに金額の点だけで争って、なんとか和解決着で裁判を早期に終結させようとするそうですので、我々としては裁判長の和解勧告も一切拒否して適当な時期まで裁判を継続させるつもりです。
後は私自身が決して刑事罰等に問われることがないようにうまくやるだけです。
私たちの夫婦関係が破綻した責任は当然に私にもあることは承知していますが、それでも一つの家庭を崩壊させて、幼い娘たちのささやかな幸せを奪い苦しめた報いは必ず受けさせます。
私はそのためにこそ「鬼」になると決めたのですから。

131
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/15() 17:32:09
>>130
そうだな
普通の男を鬼にしてしうようなことをやらかした2人にはそれ相応の罰を受けてもらわないとな

子供がいて大変だろうけどガンガレ
だけど子供がいるからこそ頑張れるんだろう?
やったれ、鬼!!

続きを読む

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【7/8】 【8/8】

432鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/11() 21:38:51
こんばんわ、なんか荒れてるようですね。
昨日実は私の弁護士のところに間男の父親から電話があり、大至急私に直接会ってお詫びがしたいと言うことで、弁護士から「どうされますか?」って聞かれましたので「わかりました、お会いしましょう」とお答えしまして、今日の夕方に私の会社のそばのシティーホテルで会って話してきました。
間男実家は近県のある市町村にあり彼の父親は零細の建築会社を経営していて、市会議員も10年そこそこやっているそうです、間男は塾長から自主退職を求められると引継ぎもなにもかもほっぽりだしてさっさと実家に帰ってしまい、父親に全てを話して泣きついたようです。
彼の父親は裁判の提訴が近いことを聞いて、どうやらそれを阻止するためにさっそく連絡してきたようです。
会談の冒頭でいきなり土下座せんばかりの勢いで「この度は私の息子の不始末でとんでもないことになってしまい本当に申し訳御座いません」と謝罪されました。
父親は田舎の名士にわりかしありがちなタイプで結構押しが強そうでしたので、私はそれをあえて無視して、「今日はご本人はどうされましたか?私はまだご本人から一度も正式に謝罪されてはいませんが?」と切り返しました、父親はさすがに一瞬つまったあとで「息子は今とても精神状態が不安定で、とても人様の前には出せませんので、失礼を承知で今日は私がまいりました」と返してきました。
なかなか手強いタヌキ親父です、それからさんざんいい訳を聞かされた上に止めは、間男には4歳年下の妹がいるそうですが、万が一裁判ざたになればその娘の人生まで狂わせてしまうので、「お怒りは誠にごもっともですがどうか裁判ざただけはお許しいただけませんか?聞くところによればあなたは○○○で○長をされているそうですね、失礼ですがアナタのお年ではそうそうありませんよね、あなたならお分かりですよね、復讐がなにも生まないことを」って来ました。

続きます。

437
鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/11() 21:53:35
ふざけるなですよね、そんなんしらんし、「私はそうは思いませんが、しかしこれは私にとっては復讐というよりは新しく人生をやり直すためのケジメなんですよ」って言うとしばらく考え込んだあとで急にクールな感じで、「相場ですと200万ぐらいだそうですが、私どもの真摯なお詫びの証として600万お支払いします、どうかそれでお許しいただけませんか」って言ってきましたので、ニッコリ笑って即答しました。
「お断りします」父親はしばらく私を睨んで沈黙した後「あなたのお考えは分かりました、今日はお忙しい中お時間をとって頂きありがとう御座いました」と言って足早に帰っていきました。
どうやら私のことも事前に調べた上で弁護士のも相談してきたようです、楽しい戦いになりそうです。
ただ私の仕事上あそこの市町村では今後仕事がやりにくくなるかもです、でもそんなことしったこっちゃありません。
私の弁護士は会談が終わった後でなかば笑いながら、「いいんですか?お金は大切ですよ」って言ってました。
勿論長い付き合いですのでそれが彼の本音なんかでは決してなくって、むしろ面白がっていることはわかっています。

続きを読む

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

814鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/09() 21:37:58
こんばんわ、週明けに訴状を提出することになりました。
その関係で弁護士から場合によっては元妻を証人として出廷させる必要があることと
間男側から訴訟への参加を求められる可能性があるので、彼女と打ち合わせをしておいて下さいと言われましたので、まあもともと間男との裁判が決着するまでは元妻を決定的には突き放さないというのが私と弁護士との戦略でもありましたので今日元妻と電話で話したんですがなかなか面白い話が聞けました。
昨日私が間男の塾に赴くことを知ってすぐに間男は彼女に電話したそうです(彼女は着信拒否しているのでわざわざ他の携帯からかけて来たようです)そして間男の主張を要約しますと、
最初は半狂乱でなんとしても私が塾に赴くのをやめさせろ、さもないと彼女が実際はどんな女か私に全て伝えると脅していたそうですが、彼女がほっておくとしばらくして今度は自分は彼女のせいで塾をやめないといけなくなった、全ては彼女が自分が助かりたいために全てを彼の責任にしたせいなので、彼女は責任を取って彼の損害を賠償して自分に謝るべきだ、そして絶対に私が彼を相手取っての裁判などを起こさないように私を説得する必要があると狂ったように主張していたようで最後には壮絶な罵り合いになったようです。
私が驚いたのは、元妻がそれをまるで他人事のように半ば笑いながら冷静に語ったことです。

続きます

815
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/09() 21:41:45
>私が驚いたのは、元妻がそれをまるで他人事のように半ば笑いながら冷静に語ったことです

そんな下等なDONに惚れて『生まれて初めて本当に愛した人』と思いこめた己はどうなんだ
と100万回問いかけたい   が バカに言っても消耗だから言わない

816
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/09() 21:44:12
>>814
嫁はあんたを自分の味方だと勘違いしてるみたいですな
ある意味、作戦成功じゃない?

踊らせて、思いっきり落として下さい。

817
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/09() 21:45:30
>>814
鬼です氏 乙かれ

そういう状態まで覚醒してしまったのなら
元妻さん、間男の再度に立った証人にはならないだろうから
まあ戦術的には好都合ですね

続きを読む

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

505鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/08() 21:52:07
行ってまいりました。
結果から報告しますと間男は今月末までに引継ぎを終えて自主退職です
私からのTELの後、塾長はやはりすぐに間講師を呼びつけて事情聴取をしたそうです
間講師は私が塾に乗込んで来ることを聞くとすぐにあきらめて全て正直に話したそうです
私が塾に赴くとすぐに応接に通され(応接といってもまあショボイもんですが)そこで塾長にいきなり頭を下げられ陳謝されました。
塾長は私よりも10歳くらい年上の男性でしたが、正直かなり動揺しているような感じでどうやら私からの多額の金銭の要求をひたすら警戒していたようです。
まあ私は事前に弁護士から民法上の使用者責任を根拠に損害賠償を請求しても、ほとんど勝ち目はないことを説明されていましたので(でも裁判を起こすことは可能で却下されることもないそうです)相手は学習塾の経営者で決して法律に詳しいわけではありませんので、ブラフに使うぐらいの気持ちでしたが、先方から「問題の講師は今月いっぱいで自主退職させます、本当に申し訳ありません、私どもの管理不行き届きの結果離婚されることになったことに心よりお詫び申し上げます」と謝罪されてちょと拍子抜けしたのが本当のところです
私は「分かりました、あなたの誠意に心から感謝いたします」と返事した上で「私としてはこれ以上あなた方に何も要求するつもりはありませんので、どうぞご安心ください」と言うと、それでお互いにそれまでの凍った空気が急に解けてやっと打ち解けた雰囲気でお話が出来ました
塾長が言うには本来なら懲戒解雇にできればあなたのお気持ちとしては一番よいのでしょうが、大都市のベッドタウンの小さな塾で講師を首にすると、いやでもあらぬ噂が広まってお互いに好ましからざる状況になってしまうので、あえて自主退社にしましたと説明されましたので私としても、娘達にこれ以上辛い思いをさせたいわけではありませんので、十分に理解していますそれで十分ですよと返事しました。

507
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/08() 22:01:55
>>505
とりあえず乙
間男を地獄に落とせ

509
鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/08() 22:07:50
私はこれまで間講師とは一度も直接会って話したことはありません
元妻が発覚した後に必死で彼に私に直接謝るように説得していましたが、ひたすら私のことが怖いらしくて、頑なに「僕はご主人とは会えない、会う気がない君が彼に謝るべきだ」っていうなんとも理解しがたい返答を繰り返していたようで、やはり今回も塾長が直接お詫びしなさいと説得しても頑なに拒否したようで、本来なら今日ここで土下座させようと思いましたがもうアレはどうにもなりませんスイマセンと誤られました
まあ私としたらいくら謝られてももともと許す気持ちなんてさらさらありませんので、かえってよかった思いです
近々に地裁に慰謝料請求の裁判を提訴します、請求額は示談交渉で請求していた1500
です
弁護士によるとこの金額で勝訴出来る可能性は99パーセントないそうですが、職を失った間講師がこの裁判に応訴するための弁護士費用及びそれにかかる体力は決定的な打撃になるそうですので、今ザマアミロって気持ちでちょっとだけワクワクしています。

続きを読む

このページのトップヘ