セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2014/01/16(木) 13:55:28.90 ID:
ソースは
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577
http://www.afpbb.com/articles/-/3006577?pid=0&page=2

[1/2]
米国で除草剤が効かない「スーパーウィード」と呼ばれる突然変異の雑草が大繁殖している。
環境運動家や研究者からは、遺伝子組み換え(GM)作物が原因だという声も上がっているが、
業界の大手各社はこれを否定している。

米科学誌サイエンス9月号に発表された研究報告によれば、除草剤に対する耐性をもった
GM種子が開発されたために、除草剤が過剰使用されていることが原因だと、多くの科学者が
指摘している。
「除草剤として世界で最も普及しているグリホサート系の農薬が効かない雑草が、米国内の
大豆や綿、トウモロコシ農場の大部分で繁殖」している。多くは、除草剤耐性のあるGM種子を
使っている農場でのことだという。

アグリビジネスの市場調査会社、ストラタスの最新調査によれば、グリホサート系除草剤が
効かない雑草が生えていると答えた農家は、2011年には米国の農家全体の34%だったが、
2012年は49%と半分に迫っている。

■問題の除草剤とGM種子、共にアグリビジネスの産物
グリホサートは米国で最もよく使われている除草剤で、1970年代に米アグリビジネス大手
モンサントが開発した。「ラウンドアップ」の商品名で市販されている。
同社はまた1996年にグリホサートに耐性のあるGM種子を初めて開発した企業でもある。
モンサントのライバル企業の一つ、米化学大手ダウ・ケミカルも「Durango」の名称で
同様の製品を販売している。

しかし、アグリビジネス業界は、スーパーウィードの繁殖に関する責任を否定している。
モンサントの広報は「除草剤の効かない雑草は、GM作物が開発されるずっと以前からあった」
と反論している。
米農務省(USDA)も同じく「数十年前から起きている現象」だという見解だ。
「時間とともに作物が耐性を選択する結果、自然に起きることで、すべての除草剤でみられる」
としている。
またUSDAは、GM作物ではなく「農家の除草の仕方」にスーパーウィード繁殖の一因がある
と強調する。GM種子と一緒に、モンサントや競合他社が開発したグリホサート系農薬を
使っていることが問題だという主張だ。
ダウ・ケミカルの広報も「問題は、過去の除草剤耐性作物の栽培システムが、グリホサートの
過剰使用につながったことにある。他に有効な除草法を、農家が見つけられなかったからだ」
と述べている。 

-続きます-
続きを読む

1:2014/01/17(金) 01:15:39.83 ID:
▼「勝敗はダブルスコアで決着」とする意外な世論調査
http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/newest/

舛添要一元厚労相を支える政府自民党は強気だというのだ。官邸関係者がこう打ち明ける。
<「1月の第2週、ある報道機関が都民数百人を対象に世論調査を行い、それが菅(義偉)官房長官の手に渡っているからです。
彼は官邸のスタッフに向かって、『細川恐るるに足らず』だとほくそ笑んでいました」>

この世論調査にはこんな数字が記されていたという。舛添38パーセント、細川16パーセント。

さらに、先の浅川氏は「東京には約70万の創価学会票があると言われていて、自民党とともに舛添氏に回る学会分の票差は埋め難い。
舛添280万票対細川210万票が妥当。(中略)

昨年の参院選における両党の都内得票率等を加味すると、340万票対150万票の大差で舛添氏が勝つ可能性もある」(抜粋)
http://www.j-cast.com/tv/2014/01/16194293.html?p=3
続きを読む

1:2014/01/17(金) 01:25:35.52 ID:
広島県沖の瀬戸内海で起きた海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」(全長178メートル)と釣り船「とびうお」(全長7.6メートル)の衝突事故で、とびうおの高森昶(きよし)船長(67)=死亡=が衝突直前まで両船の接近に気付いていない様子だったことが、乗船者の証言で分かった。
また、とびうおに乗っていて意識不明の重体だった大竹宏治さん(66)=広島市中区=が16日午前1時55分、
搬送先の山口県岩国市の病院で死亡した。この事故での死者は2人となった。

 毎日新聞の取材に証言したとびうおの乗船者、寺岡章二さん(67)=同=によると、おおすみは事故当時、
とびうおの後方約500メートルから接近してきたという。寺岡さんは船尾の方を向いていたが、高森さんは前を向いて操船していたため、気付いていない様子で、「まさかぶつかるとは思わなかったので何も知らせなかった」と説明。その後、「おおすみはとびうおを追い抜こうとした際、右側から左に旋回する形で近づいてきた」と振り返った。

 海上衝突予防法は、前方の船を追い越す場合、追い越される船の進路を避け、十分な距離を確保しなければならないと規定。
また、互いの船が進路を横切る場合は、相手の船を右側に見た方に進路を避ける義務を課している。寺岡さんの証言だけでは、追い越そうとしたおおすみに回避義務があるのか、相手の船を右側に見ていたとびうおに回避義務があるかはまだ不明だ。

 さらに寺岡さんによると、衝突の4、5メートル手前でおおすみが警告の汽笛を鳴らしたものの間に合わず、
そのまま衝突したとみられる。寺岡さんは「高森さんは現場海域に来ることが多かったと聞き、操船にも慣れている様子だった」とも証言。ただ、とびうおに乗っていた4人は救命胴衣を着ていなかった。【高橋咲子、黄在龍、吉村周平】

毎日新聞 1月16日(木)15時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000034-mai-soci
続きを読む

1:2014/01/16(木) 08:47:39.65 ID:
 保険金で得た収入を隠して生活保護費を不正に受給したとして、長田署は15日、詐欺容疑で韓国籍の神戸市の無職、朴永錦被告(48)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕した。朴容疑者は「働いて得た金じゃないのにおかしい」などと供述しているという。
朴容疑者はドイツ製高級車「ポルシェ」を所有していたことなどから発覚したという。

 再逮捕容疑は平成23年12月~今年1月、交通事故で得た保険金収入約1100万円を申告せず、生活保護費計約470万円を不正に受給したとしている。

 朴容疑者は23年12月に西宮市で、24年4月に神戸市須磨区で歩行中、車にはねられるなどの交通事故で、2度、保険金を受け取ったという。

産経新聞 1月16日 8時41分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140116-00000513-san-soci
続きを読む

1:2014/01/16(木) 02:51:40.22 0 ID:
2014年1月15日、韓国・東亜日報によると、
米紙ニューヨーク・タイムズがこのほど社説で
「韓国政府が認めた教科書には朴槿恵(パク・クネ)大統領の歴史観が反映されている」
と批判したことに対し、
韓国外務省と教育省は「事実の歪曲であり、適切ではない」と反論した。
環球時報(電子版)が伝えた。

ニューヨーク・タイムズは13日付の社説「政客と教科書」で、
日本の安倍晋三首相と朴大統領が「自らの歴史観を教科書に反映させようとしている」と指摘。
朴大統領は親日的な内容を減らそうとしているものの、
「韓国の専門家や政府高官には日本寄りの人物が多い」と伝えた。

これに対し、韓国外務省は14日の定例記者会見で
「ニューヨーク・タイムズの報道は事実を歪曲しており、誠に遺憾だ」
と表明。
同省の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は「関係部門を通じて必要な措置を講じる」と表明した。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=81837
続きを読む

このページのトップヘ