セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

【浮気性な彼女と】ゴメメンナサイ。気を引きたくてこんな事をしてました。もうしません。【非常識な男】2/3
【浮気性な彼女と】ゴメメンナサイ。気を引きたくてこんな事をしてました。もうしません。【非常識な男】3/3
【浮気性な彼女と】ゴメメンナサイ。気を引きたくてこんな事をしてました。もうしません。【非常識な男】後日編

http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1356265338/

1 :名も無き被検体774+2012/12/23() 21:22:18.63 ID:st26Gtd80
クリスマス前日で傷心モードなので語って良い?


2 :忍法帖【Lv=40,xxxPT(1+08) 2012/12/23() 21:23:49.27 ID:3qTljq5q0
いいよ


3 :名も無き被検体774+2012/12/23() 21:25:27.24 ID:st26Gtd80
とりあえず、語るぞー

他の男と何回も2人で呑みに行って朝帰りとかありえん。
ヤッテないとは言ってるけどさ


スペ 俺  23歳 1hide 工員
   彼女 22歳 大学生

俺と彼女は付き合って1年ちょっと経過していた。
彼女の親と食事にも行ったし、何となくだけど結婚するのかな?
と言う感じでした。

奴が現れるまでは




 

続きを読む

1:2013/08/01(木) 14:58:26.89 ID:
円安で訪日外国人数は過去最高ペースだ。しかし、日中関係の悪化で中国人観光客は激減し、安倍政権が成長戦略で掲げる目標にはほど遠い状況である。魅力ある国でなければ、成果は望めない。
日本政府観光局によると六月の訪日外国人数は、前年同月比で30%以上も増え、九十万一千人と過去最高を記録、上半期では四百九十五万人に達した。政府は十年前から本格的に観光立国に取り組み始め「年間一千万人の訪日客」を目標にしてきたが、このままのペースだと初めて達成できそうだ。

とはいえ、政府はさらに二〇一六年に千八百万人、六月にまとめた成長戦略では「三〇年に三千万人まで拡大」を掲げており、その遠大な道筋はとても見えてこない状況である。
目標に少しでも近づくには、幅広い国々から誘客を図ることも必要だが、やはりまずは中国人観光客の大幅拡大は欠かせない。
しかし、韓国や台湾、マレーシアなどからは大幅増加となる一方で、中国本土からは減り続けている。上半期は韓国の半数以下にとどまった。尖閣問題をきっかけとした日中関係の冷え込みで、団体旅行客の訪日中止が続いているのである。

安倍政権は関係修復に向け努力を続けているだろうが、領土や歴史をめぐる姿勢で反省すべき点は多々あるはずだ。譲れない一線は堅持し、主張すべきは主張するとしても、経済的に重要なパートナーとして互恵の理念で共栄を図るべきだ。旺盛な中国マネーを取り込んで成長に生かす。それこそが成長戦略であるはずだ。

つづきます
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013073102000095.html
続きを読む

1:2013/08/01(木) 13:12:55.15 ID:
サッカーウルグアイ代表オスカル・タバレス監督は7月31日、国際親善試合日本戦(8月14日 仙台)に向けてのメンバー29名を発表した。
その中にはスアレスや、カバーニらコンフェデレーションズカップ2013の選出メンバー23人全員が含まれている。
数人が抜けた最終的な来日メンバーは来週に発表の予定だが、いずれにせよ強力な相手となりそうだ。

(文責:DJかがみんφ ★)


招集選手とその所属クラブは
>>2

以降に
続きを読む

1:2013/08/01(木) 09:25:18.33 ID:
 生活保護費の基準額が国の予算で1・5%引き下げられ、1日から新たな額での支給が始まった。
引き下げは2004年度以来で、食費や光熱費など日常生活の費用に充てる「生活扶助」が対象。
15年度までに予算を計670億円(6・5%)減らす。下げ幅は過去最大。

 受給者の一部は反発し、引き下げは不当として行政不服審査法に基づく審査請求を1万人規模で行う動きが出ている。
請求が却下されれば、集団訴訟を起こす方針だ。
 生活保護の支給は毎月1~5日の自治体が多い。
金融機関の口座への振り込みや、福祉事務所の窓口などで受け取る。受給者は全国で約215万人、約158万世帯。

http://www.daily.co.jp/society/main/2013/08/01/0006211027.shtml
続きを読む

このページのトップヘ