セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

嫁の浮気相談スレ PART3
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1345786793/

876 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/01() 11:46:23.58 ID:

何もないならちょっといいかい?

携帯のメールとGPSの画像、ホテルの領収書、双方送りあった写メくらいじゃ
離婚まで持って行くのは厳しいのかな。


877 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/01() 11:59:15.42 ID:

>>876
決定打に欠けると思うが

 

878 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/01() 12:15:31.62 ID:

写メの内容次第なら交渉次第で相手有責で離婚できるんじゃない?

 

879 名無しさん@お腹いっぱい。 2012/10/01() 12:19:34.03 ID:

親も巻き込めばいい
嘘丸出しのクソな言い訳は
夫にはできても双方の両親にはできない


続きを読む

1:2013/11/18(月) 13:55:15.97 ID:
 5年ぶりに来日をした米俳優のキアヌ・リーブスが18日、都内で主演映画『47RONIN』
(12月6日公開)の記者会見に出席した。キアヌは、同作で共演した俳優・真田広之について
「真田さんのような高度な技術を持った方と同じ舞台に立てたのは名誉なこと」と絶賛すると、
「初対面のとき、この作品について『シンプルだけれど深いものがある』と言っていて、この言葉が
僕の導き、指針となって支えてくれた」と感謝していた。

 キアヌの言葉に照れ笑いを浮かべた真田は、「キアヌはいい意味で普通の人で、ビッグスターで
ありながらシャイで謙虚。自分に厳しくて人に優しくて、これは武道に通じるものがあるので、彼が
演じた役にぴったり」と褒め称えると、キアヌは「技術面でも人間的にも素晴らしい人と仕事が出来ました。
本当にありがとうございました」と改めて真田にお礼の言葉を述べた。

 『忠臣蔵』を大胆にアレンジした同作は、非業の死を遂げた主君の敵を討つべく集まった47人の浪士と
異端の混血のサムライが協力し、数々の試練を乗り越え決死の戦いに臨む姿を描く。会見にはそのほか、
柴咲コウ、菊地凛子、浅野忠信、赤西仁、カール・リンシュ監督が出席した。

http://www.oricon.co.jp/news//2030989/full/
真田広之との共演を「名誉」と喜んだキアヌ・リーブス

(左から)柴咲コウ、真田広之、キアヌ・リーブス、浅野忠信、菊地凛子、カール・リンシュ監督

映画『47RONIN』記者会見に出席したキアヌ・リーブス 

映画『47RONIN』記者会見に出席した柴咲コウ 
続きを読む

1:2013/11/18(月) 14:08:41.10 ID:
交際が報じられたばかりの元『AKB48』前田敦子(22)と歌舞伎役者・尾上松也(28)のスピード破局説が浮上している。
処女をささげた相手とセックスできなくなったからか、前田は「あの男」に再接近を図っているという。

2人の交際は9月25日、一部スポーツ紙が「熱愛」と報じて発覚した。

「2人は今年に入って交際をはじめたそうです。日本中が盛り上がる大型熱愛報道だったにもかかわらず、
前田も尾上もノーコメントを貫いている。10月初めには釜山映画祭までマスコミが押し寄せたが、
前田はコメントせず。一方の尾上も10月28日のイベントでは熱愛質問に笑顔を浮かべるだけ。
芸能マスコミの間では『さすがにおかしい…』という空気が高まっているのです」(女性誌記者)

それもそのはず、2人に近い関係者の間では「すでに破局している」との見方が強まっているのだ。

「熱愛報道前は都内のマンションで密会したり、会員制高級バーでデートしたりしていたようですが、
報道後はほとんど会ってないはず。当初は熱愛報道を黙認していた双方の関係者も、最近は熱愛について消極的な発言しかしませんしね」(芸能関係者)

破局説の原因については、歌舞伎界きってのモテ男・尾上の“女癖”と囁かれている。
「とにかく尾上はモテる。歌舞伎界きっての巨根ビッグマグナムを所持していますからね。複数の美人モデルと飲み歩いたり、
高級キャバクラに行けば、ナンバー1クラスのいい女を“お持ち帰り”することもしばしばとか。

先輩・市川海老蔵がブログで尾上の二股疑惑を冗談めかして暴露したことがありましたが、あれはガチ。
前田はそんな尾上に疑念を抱き、一方の尾上もほかの女から責められ、結果的に会えなくなったようです」(演劇関係者)

ただ、前田にとって尾上は「処女をささげた」(同)疑惑もある特別な存在。
らく恋愛禁止だった『AKB48』を昨夏卒業し、ようやく出会った王子様だったはずだ。

「前田は尾上と交際当初、週何回も都内の高級密会用マンションで会い、濃密なセックスを繰り広げていたようです。
覚えたてのセックスに高まったのか、かなりの回数を求めていたようで、まだまだ自由に遊びたい尾上は困っていたとも噂されている。
そんなことも、破局説の遠因にあるのかもしれません」(同)

前田は卒業直後の昨年9月、俳優・佐藤健らとの飲み会で泥酔&号泣し、佐藤にお姫様抱っこされて運ばれていた衝撃シーンが一部で報じられた。

「あの時、AKBを卒業して恋愛解禁になった前田は佐藤に猛アプローチしたのですが、結局、佐藤にフラれた。
でも、尾上と疎遠になった前田は、佐藤のことを忘れられず再びハート入りメールを送るなどして接近を図っているようです。
'09年ごろに一時いい仲になりかけた俳優・山本裕典にも再アプローチしているとか。『恋に恋している』のかも」(芸能ライター・蝦名泰雄)
http://wjn.jp/article/detail/6310153/
続きを読む

1:2013/11/18(月) 13:04:45.02 ID:
 韓国のコミュニティーサイトの掲示板に
「フィリピンの寄付に感謝ポスターに太極旗が欠けている。中国や日本はあるのに…」
とのスレッドが立てられたところ、韓国人ネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

 スレ主は、「台風被害を受けたフィリピンでは、世界各国から多くの支援を受けた。
そこで同国内では各国への感謝を示すポスターが公開された。
しかし、そのポスターに太極旗が抜けていて韓国で騒ぎとなった」という記事を紹介するとともに、
日本のネットユーザーの反応を紹介した。

 台風により、大きな被害を受けたフィリピンに、世界各国から多くの支援が寄せられた。
これを受けて、各国への感謝を示すポスターが公開された。
「THANK YOU」と書かれたポスターには、支援した国の国旗をモチーフにした手が、
フィリピン国旗に対して差し伸べるイラストが描かれている。
しかし、その中に韓国の国旗がなかったため、韓国で物議を醸したという。

 日本のネットユーザーの反応としては、
「韓国は本当に嫌われているんだな、ちょっと驚いた」、「フィリピンも嫌韓だっけ?」、
「普段の行動が悪いから」といった、韓国を揶揄(やゆ)する声が多く見られた。

 一方、韓国のネットユーザーの反応は、
「自分たちの国旗があってよかったね」、「日本がまた自画自賛」、
「国旗の有無より、フィリピンへのサポートが大切」などと、日本のネットユーザーに対する批判が並んだ。

 さらに、「ポスターの日付が11月7日で、韓国が支援の意思を明らかにしたのが11日。
製作時には、韓国は支援国ではなかったからでは」との声もあった。
しかし、「日本は12日に支援を決定した」、
「11月7日はポスターの製作日ではなく、フィリピンに台風が上陸した日」
との反論もあり、日にちの問題ではなさそうだ。
 また、「ポスターに太極旗がなかったのは単純なミスかもしれないが、
フィリピン政府の公式発表でも、韓国は行方不明。韓国人の立場として寂しい」との感想もあった。
 これまでに韓国政府は500万ドル、サムスンは100万ドル、さまざまな市民団体も支援を行い、
キム・ヨナも中国政府と同額の10万ドルを個人で寄付したとされている。

>>2
以降へ

ソース:livedoorニュース
http://n.m.livedoor.com/f/c/8262041
続きを読む

1:2013/11/18(月) 16:37:31.57 ID:
 愛知県稲沢市の桜木琢磨市議(70歳)が、
中国広東省の白雲国際空港で覚せい剤所持の疑いで中国公安当局に拘束されていたことが15日に分かった。
 報道によれば、桜木市議が白雲国際空港で出国手続きを行った際、
手荷物から覚醒剤約3キログラム(末端価格2億1000万円相当)が見つかったという。
桜木市議は中国公安当局に対し、中国在住のナイジェリア人男性から航空券を受け取ったとし、
「事実無根だ」と説明している。

 清の時代にアヘン戦争を経験した過去があるためか、中国は麻薬犯罪に対して極めて厳しく、
特に麻薬の密輸に関しては最高刑が死刑となっている。
実際に2010年には麻薬密輸罪で日本人4人に対して死刑が執行された。

 中国大手検索サイト百度の掲示板を覗いてみると、
日本の市議が覚せい剤所持の疑いで拘束されたことは中国人ネットユーザーにとっても驚きだったようで、

 「なんて大胆な」 「3キロの覚せい剤だなんて…死刑は免れないだろう」

 など、驚きと同情の声が寄せられていた。
ネットユーザーの間でも麻薬に関しては厳罰もやむなしとの感覚があるようで、

 「麻薬販売は必ず法的制裁を受けるべき」

 との意見は多かった。
今回の件が事実であるとすれば中国の法律に基づき裁かれるのは致し方のないことかもしれないが、
桜木市議は容疑を否認しており、日本のネット上では年齢などを考えると“ハメられたのではないか”
との憶測も広がっている。(編集担当:畠山栄)

ソース:livedoorニュース
http://n.m.livedoor.com/f/c/8262785
続きを読む

このページのトップヘ