セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/11/18(月) 11:52:53.19 0 ID:
http://news.dwango.jp/?itemid=3926


約3年間ソロアーティストとして活動を続ける中で、原点に立ち戻り自分自身と向きあったとき、本当の彼女が求めた答えは「ROCK」だった。
続きを読む

1:2013/11/18(月) 08:37:50.99 ID:
2013年11月15日、韓国・中央日報は「日本企業は韓国に魅力を感じず、ASEAN国家への投資が良いと判断」
とする文章を掲載した。以下はその要約。

日本企業の韓国投資ブームが冷めたようだ。今年1~9月の月平均投資額は2億1811万ドル(約218億円)となり、
昨年の半分近くにまで減少した。韓国の日本企業を支援する日本貿易振興機構(JETRO)・大砂雅子所長は
「日本企業は韓国に魅力を感じず、ASEAN国家への投資が良いと判断している」という。

大場所長は韓国が敬遠される理由として、環境や労働面での規制に加え、
日本に比べ格安の電気代や法人税率といった既存の魅力が、政策要因により薄れていることを挙げた。

また円安・反日嫌韓感情が日本企業の投資意欲をそいでいるという。

さらに大場所長は、韓国の強みとなるはずの高級人材についても、「日本企業が必要としているのは一般工場労働者。
韓国でも工場は外国人労働者が大半を占めている。それなら日本企業は初めからASEAN国家を選ぶ」と分析。

「朴大統領がアシックスの靴を履いただけで大きな話題になるようなこの現状を見れば、日本企業の韓国投資が委縮するのは当然」と述べた。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=79249
続きを読む

1:2013/11/17(日) 23:24:00.43 ID:
女優の有村架純(20)が17日、都内の書店でファースト写真集「深呼吸―Shin・Kokyu―」(集英社)の
発売記念イベントを行った。

今年、朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に出演し、大ブレーク。女優として成長した1年に充実の笑顔を見せた。

仕事の面で来年の抱負を聞かれ、「新しい役に挑戦したい。あまり自分の感情を表に出さないようなダークな役」と
新境地に意欲。

プライベートでは「習い事したい。今後に生かせそうな会話かな」と海外も視野に見据えた。

クリスマスの予定は「ドラマの仕事」といい、理想の過ごし方は「仲の良いスタッフさんたちとパーティーしたい」と話した。

ソース:スポニチアネックス
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/11/17/kiji/K20131117007029850.html
続きを読む

1:2013/11/17(日) 23:49:11.89 ID:
16日に行われた国際親善試合で、日本代表はオランダ代表と2-2で引き分けた。

この試合で先制点を決めたMFラファエル・ファン・デル・ファールトは、日本代表への印象をオランダ紙『テレグラーフ』に語っている。

「僕らの後半のプレーはとても酷かった。うんざりした気分だよ」

「日本は後半の戦いぶりを考えるともっと良い結果を得られただろう。彼らは少し過小評価されていると思う。

トップレベルの選手が何人かいるし、チームとして非常に良いサッカーをしていた」

ソース:Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131117-00148714-soccerk-socc
続きを読む

1:2013/11/17(日) 23:17:28.65 ID:
★【海外バカッター】テレビ司会者がライオンを仕留めてニッコリしたら大炎上!
2013.11.17 12:13

「Twitterで武勇伝を誇って大炎上」してしまうのは日本国内に限らない。

ナショナルジオグラフィックチャンネルの番組でもプレゼンターを務めるアメリカ人のMelissa Bachmanさんは、
これまでライフルやコンパウンドボウで世界中の野生動物を相手に狩りをしてきた有名な女性ハンター。

今月、南アフリカ共和国で“合法的に”狩りを行った彼女は、「南アフリカでの素晴らしい狩り!」の
ツイートに添えて、立派なたてがみを蓄えた雄ライオンを仕留めてニッコリ微笑む写真をアップした。
するとその写真が南アフリカ国民の怒りを買ってしまい大炎上。彼女の入国禁止を求める嘆願サイトには
23000人もの署名が集まっている。

南アフリカ国内のライオンは、開発のために生息域を狭められ急速に数を減らしている。およそ8000頭と
推計される同国内のライオンのうち、野生はわずか3000頭。その他は狩猟用に育てられたライオンで、
毎年500頭が犠牲になっているという。そんな状況でアメリカの有名なハンターがこのような写真を
アップしたのは非常にタイミングが悪かった。怒りのコメントの端々には、彼女のみならずアメリカ人の
エゴイズムに対する反発心も透けて見える。

BachmanさんがTwitterアカウントを削除した後も炎上は続いており、「スポーツで野生動物を殺すのは
許せない!」「ライオンがかわいそう」といった感情論が支配的。「高い金を払って許可された動物だけを
狩ってるんだから問題ない」「ハンターが金を払うから保護活動もできる」と擁護する人の声は“エゴ”
ツーリズムでしかないのだろうか。

http://getnews.jp/archives/456965

前 ★1が立った時間 2013/11/17(日) 18:29:46.99
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1384680586/
続きを読む

このページのトップヘ