セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/07/28(日) 17:01:22.38 ID:
★血の滴

道内各地で収穫されたサクランボが、店頭を彩っている。赤く熟した果実。ひと粒口に含むと、甘酸っぱさとともに、ある思いがよみがえる▼もう20年以上も前の話。広島県から現在の札幌・西野に入植した理寛寺(りかんじ)さんという一家の戦後史を取材した。
広い庭にはサクランボがたわわに実っていた。「西野から出征兵士を送り出すときはこの木の前で記念写真を撮影した」。
その言葉が忘れられず、実りの光景を見ると「戦争」へとイメージがつながる
▼小さな果実はさらに、シャンソンの名曲「さくらんぼの実る頃」を思い起こさせる。
宮崎駿さんのアニメ映画「紅の豚」の挿入歌として使われていたので、覚えている方も多いだろう。加藤登紀子さんが大人の恋を歌った
▼このシャンソンは1871年、フランスで起きた世界初の労働者革命(パリ・コミューン)への権力側の弾圧と虐殺に抗して生まれた。
悲痛な叫びを恋愛に込め、人生の切なさと実りの季節の短さを重ねる。その歌詞の、何と味わい深いことか
▼「わたしは悲惨な日々を決して恐れない。一日たりとも苦しまずに生きることもない」。サクランボの実を「血の滴」になぞらえた
▼古里から戦地に赴いた兵士たちも、出征の記憶をたぐり寄せ、帰郷の日を待ちわびたはずだ。「さくらんぼの実る頃」―。
いまある豊かさと、幸せに思いをはせる季節にしたい。2013・7・28

北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fourseasons/482312.html
続きを読む

1:2013/07/28(日) 13:57:03.32 ID:
気象庁は28日、山口、島根両県に記録的な大雨に関する全般気象情報を発表した。午後0時半から同庁で会見が行われ、横山博予報課長は「これまでに経験のないような大雨になっている。命を守る行動を取ってください」と、厳重な警戒と安全な場所への避難を呼びかけた。

昨年7月に福岡、熊本、大分3県で32人の死者、行方不明者を出した「九州北部豪雨」に匹敵する大雨も想定されるという。

同庁によると、島根、山口両県に温かく湿った空気が流れ込み、28日未明から猛烈な雨が降っている。

山口県萩市須佐で午後0時20分までに、1時間に138・5ミリ、島根県津和野町で同91・5ミリと猛烈な雨を観測、いずれも観測史上最多を記録した。降り始めからの雨量も須佐、津和野で300ミリを超えた。

各地で床上、床下浸水などの被害も確認されており、避難勧告が発令されている。

ソース
朝日新聞 http://www.asahi.com/national/update/0728/TKY201307280033.html

※実況は実況板へ
続きを読む

752: 名無しさんといつまでも一緒 2009/04/22 23:10:32
一昨日娘(高校生)が彼氏と買い物していたら、元嫁と遭遇し。 
昨日息子(中学生)が部活帰り友達といる時に元嫁と遭遇。 
そして今日俺が会社帰りに元嫁と遭遇。 

子供には話しかけなかったらしいが、俺には話しかけてきた 
「そろそろ元に戻りたいんだけど…」 

「はあ?母親じゃなくて女として生きたい!と言って出て行ったのはどこのどいつだ! 
しがみついた息子を蹴って振り切ったのに何言ってんだ?」と言ったら 
「どうして止めてくれなかったのよーお金が大変であの人浮気するし…」泣き崩れた元嫁 

止めただろーが…お金が大変て自分達が作った慰謝料の借金じゃねーか(笑)
続きを読む

1:2013/07/28(日) 05:35:31.83 ID:
昨年12月に第1子となる女児を出産したタレント、熊田曜子(31)が、31日にダイエット本「食べて痩せる-3kg! ヘルシー産後ダイエット愛されママライフ」(廣済堂出版、1470円)を発売する。

妊娠中に16キロ増えるも、すぐに以前の体形を取り戻した熊田が“どうしても落ちないあと3キロ”の減量のために実践したダイエットを紹介。

産後初のビキニ姿では、FカップからJカップに成長したというバストと復活したくびれも披露した。熊田は「デビュー当時からずっとやりたかった妊婦グラビアもやらせていただきました。ほかにも妊婦、出産日記や私の生い立ち、結婚式の写真など盛りだくさんの内容です」とPRする。8月4日正午から、東京・福家書店新宿サブナード店で記念イベントを行う。

ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/20130728/oth13072805030006-n1.html
画像:産後初ビキニ姿を披露した熊田曜子。“史上最強の美乳”と
うたわれたFカップは出産を経て、Jカップの爆乳に!

 

続きを読む

1:2013/07/28(日) 11:26:11.28 ID:
2013/07/28 10:30 編集部K

昨日行われた東アジアカップ女子最終節、韓国対日本は2-1という結果で終了。
3連覇を狙ったなでしこジャパンは最後に躓き、惜しくも2位で大会を去ることになった。

この試合で活躍したのは、INAC神戸に所属しているチ・ソヨンであった。
前半に直接フリーキックを成功させ先制すると、67分にもリードを広げる2点目を決め、勝利の立役者となった。

普段日本で生活をしているチ・ソヨンは、試合後の取材に対して「日本ではいつも見下されている」と話した。


朝鮮日報
チ・ソヨン
「日本で生活していると、いつも韓国人である私を見下す視線を感じる。
なので、ゴールを決めたら『散歩セレモニー(2010年の日本戦でパク・チソンが見せたもの)』をやりたかった。
大会の最初から上手く出来れば良かったけれどうまくいかなかった。
しかし、最後まであきらめなかったことが日本戦で勝利できた要因だ。
ホームでの大会だったので多くの注目を受けていた。
そこでなかなかゴールを奪うことが出来ず、プレッシャーが掛かっていた。
日本を相手にするのは大変だから、いつもより走らなければと思っていた。
試合を終えてINACの選手たちに挨拶しに行かなかったのは、彼らの気分が悪そうだったからだ。
我々は不足している部分が多いが、連続して強いチームと試合をしていれば良い結果も得られるだろう。
今回の大会では全てが強いチームで、劣ったものはいなかった。経験を積んでいけば、ワールドカップでも良い結果を出せる」

http://qoly.jp/index.php/news/17802-20130728-korea
続きを読む

このページのトップヘ