セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/11/07(木) 18:59:47.90 ID:
★殺人ロボ阻止へ日本に協力要請
11月6日 21時59分

人間の判断なしに攻撃を行う、いわゆる「殺人ロボット」が登場することへの懸念が高まるなか、
殺人ロボットの開発阻止を訴える国際的な団体の代表が外務省を訪れ、開発を禁止する条約の
制定に向けて日本政府の協力を求めました。

遠隔操作で敵を攻撃する無人機は、すでにパキスタンなどで対テロ戦争に投入されていますが、
さらにアメリカやイスラエルなどは遠隔操作がなくても動く兵器の開発を進めていて、
人間の判断なしに攻撃を行う、いわゆる「殺人ロボット」が登場することへの懸念が高まっています。

こうしたなか、殺人ロボットの開発阻止を訴える国際的な団体の代表で来日しているピーター・アサロ氏が
6日午後、外務省を訪れ、野口泰軍備管理軍縮課長と会談し、開発を禁止する条約の制定に向けて
日本政府の協力を求めました。会談のあとアサロ氏は、「日本が持っているロボット技術の豊富な知識を
条約に生かしてほしい」と述べ、この問題で日本が主導的役割を果たすことに期待を示しました。

殺人ロボットを巡っては、今月中旬に日本を含む110か国余りが参加してジュネーブで開催される
CCW=特定通常兵器使用禁止制限条約の締約国会議でも議論されることになっています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131106/t10015856641000.html
続きを読む

1:2013/11/07(木) 17:46:25.71 ID:
★大丸松坂屋取締役「安いコストでよく見せたいとの心理あった」
2013/11/7 17:18

J・フロントリテイリング(3086)傘下の大丸松坂屋百貨店の本多洋治取締役常務執行役員は
7日の記者会見で、レストランのメニューの虚偽表示問題の背景について「安いコストでよく
見せたいという心理があったのだろう」との認識を示した。

「仏産栗だけをぜいたくに使いました」と表示したメニューに韓国産を使っていたほか、
「車エビ」とした食材にホワイトタイガーを使うなどの虚偽表示があった。

本多氏は同業他社との競争激化で「お客様が見えなくなってしまう部分があった」と釈明。
「よりよく見せたい、よりおいしいものがいい、より高級なものがいいという心理が出てしまった」
という。「(業界内の)なれあい。お客様の視点から見えていなかった」とも語った。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFL070TZ_X01C13A1000000/
続きを読む

1:2013/11/07(木) 16:23:15.06 ID:
★<社説>「平昌」「東京」へ連携急げ…「最悪」と言われる韓日関係…

韓日関係の悪化は深刻な状況にある。今年初めくらいまでは「近年になく最悪」との表現で済ませたものが今では、「国交正常化以来で最悪」とまで評される始末だ。

■共同利益に目を

なぜこうなったのか、あげつらえばきりがなく、より責任が重いのはどちらなのか論議しても冷水をかけ合うことにしかなるまい。
こういうときは懸案事項より、新たな共通課業の遂行や共同利益の追求に意識と力を注ぐに限る。
一般論ながら、やはりこれが物事を前進させ、薄くなった両国間の信義を厚くしていく王道であろう。

関係をギクシャクさせる材料には欠かない半面、「好材料」も少なくない。もちろん、この材料は努力をともなわなければ「好」が「悪」に変質しかねないので要注意である。

その「好材料」は何と言ってもオリンピックだ。2018年には韓国・江原道の平昌で冬季大会が、その2年後の2020年には東京で夏季大会が行われる。
平昌は3度目の挑戦で、東京は2度目でそれぞれ難しいレースを制した。
両政府ともに、悲願として国を挙げた招致に臨み、成功させるために総力を尽くすことを表明している。

成功には万全な運営体制、選手強化や国民の参与、経済効果の拡大のほか、大会精神の国際社会への発信にも知恵を発揮しなければならない。
両国の緊密な協力があれば、いくつもの分野で成果の最大化が期待できよう。
なかでも両政府が急ぐべきは、関係改善を通して東アジアの平和と安定に寄与し、大会成功へ国際環境を整えることだ。

オリンピックは何度か政治によってけがされた。80年のモスクワ大会は、ソ連によるアフガニスタン侵攻に反発した多くの西側諸国が参加を拒否するか見送った。
84年のロサンゼルス大会はこれもまた、米国によるグレナダ侵攻によって東側がボイコットに出た。(>>2-5へ続く)

(2013.11.6 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=1&category=7&newsid=18147
続きを読む

1:2013/11/07(木) 18:21:23.13 ID:
「AKB48に迫る勢いじゃ……?」ももクロ新曲「GOUNN」“初日4万枚以下”に見る、メディアと現実の温度差

 この日のランキングは、1位が亀梨和也主演ドラマから生まれた堀田家BANDの「サヨナラ☆ありがとう」(ジェイ・ストーム)で推定売り上げ枚数4万6,536枚、2位がハロプロのアイドルグループ・℃-uteの「都会の一人暮らし/愛ってもっと斬新」(UP-FRONT WORKS)で4万5,365枚、そして3位のももクロは3万9,882枚。(中略)

 新曲「GOUNN」は、昨年11月の「サラバ、愛しき悲しみたちよ」以来、1年ぶりのシングル。AKBのように握手券は付いていないが、ジャケット違いで2形態が発売されたほか、全22種類のトレーディングカードのうち1枚が付属されることもあり、一部ファンの間では「今の勢いから見て、少なくとも初動10万枚はいくだろう」などと予想されていた。

 さらに、CD発売前には、同曲をメインに掲げた全国ツアーを開催。『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)や『MUSIC FAIR』(フジテレビ系)などで新曲を披露したほか、Yahoo!のトップページでMVを独占配信したり、広告バナーを大量に出稿するなど、特に新規ファン獲得へのアプローチに力を入れていたようだ。

 しかし、結果は4万枚に満たず、多くのアイドルファンから「早くも人気低迷か?」「ファンクラブ会員数はウソなの?」「℃-uteに負けるとか……」「メディアのあおり方との温度差を感じる」「これがももクロの実力か」といった声が上がっている。

「過去の売り上げペースを見ると、『GOUNN』は最終的に8万枚前後で落ち着くのではないでしょうか? ももクロのCD売り上げが伸び悩んでいる要因の一つに、ファンが正直なところ、CDそのものや、最近のももクロの歌自体にさほど興味を持っていない、ということがあると思います。モノノフ(ももクロのファン)は、とにかく汗だくで踊る彼女たちのライブパフォーマンスに魅力を感じており、『チケットは必死で取るけど、CDは買わない』と、動画サイトのMVで済ませる人も多い。あとは単純に、今年の路線変更以前の楽曲のほうが好きというモノノフが多いのでしょう」(音楽ライター)
(抜粋)
http://news.livedoor.com/article/detail/8230839/
続きを読む

1:2013/11/07(木) 14:29:00.45 ID:
★中国の対日強硬姿勢は米国のリバランス政策への挑戦か=日米同盟敗北の危機も―米メディア
Record China 11月7日(木)0時16分配信

2013年11月4日、尖閣諸島の主権をめぐる問題が紛糾する中、日本と中国が大規模な実践演習を実施した。
専門家は、米国が旗印を鮮明にしなければ、アジア太平洋地域におけるリバランス戦略は破綻すると指摘している。
ボイス・オブ・アメリカ中国語版が伝えた。

10月下旬から11月初めにかけて、中国海軍の三大艦隊が沖縄からフィリピン以東の西太平洋海域で「機動5号」と
名付けられた大規模な遠洋実戦演習を実施し、中国海軍が「第二列島線」で演習を行う初めての例となった。
これに先立ち、中国軍機や艦艇が日本付近の海域に出没、日本も偵察機と艦艇を派遣して解放軍の演習を監視した。
また、中国海監の巡視船による尖閣諸島海域の航行も常態化している。

オーストラリア国立大学の戦略・防衛研究センターのヒュー・ホワイト教授は、ワシントンのウィルソン・センターでの
講演で、中国の対日強硬姿勢は米国のアジア太平洋リバランス戦略に対する直接的な反応であると語った。

ホワイト氏は「日本との対立によって軍事的衝突が起こる可能性はかなり高く、中国はそのリスクを負うつもりでいる。
開戦すれば日本は米国の支援を必要とするだろう。その時、米国は試されることになる。米国が失敗すれば、西太平洋における米国の基盤である日米同盟が敗北することになる」と語り、米国がアジア太平洋のリバランスを調整しなければ、破綻の危機があると指摘、「米国はアジアの同盟国との約束を言明し、一部の問題における中国の攻撃的姿勢に対し明確な回答をする必要がある」と述べた。
>>2
へ続く

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131107-00000001-rcdc-cn
続きを読む

このページのトップヘ