セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/03/10(日) 17:41:32.40 ID:
よろ


2:2013/03/10(日) 18:09:29.45 ID:
Angel Beatsだ
泣ける話多いし
5:2013/03/10(日) 20:12:55.28 ID:
とりあえず劇場版押井全般
8:2013/03/10(日) 21:09:41.15 ID:
電脳コイルとかどうだろう
11:2013/03/10(日) 21:38:55.67 ID:
ef とdc3の7話だな
13:2013/03/11(月) 00:22:59.10 ID:
CLANNADは、俺も好きだが…
有名すぎるから…
俺ゎシュタゲを推薦します!wwww

続きを読む

1:2013/08/01(木) 00:58:09.70 ID:
 渋谷ヒカリエ(渋谷区渋谷2)9階のヒカリエホールAで8月1日から、「岩合光昭写真展~ねこ~」が開催される。

 岩合さんは1950(昭和25)年東京生まれの動物写真家。19歳の時に訪れたガラパゴス諸島の「自然の驚異に圧倒された」ことから、動物写真家としての活動を始めた。あらゆる地域をフィールドに自然と野生動物の撮影とともに、身近な犬や猫を撮り続けている。

 会場では、かつて岩合さんと一緒に暮らした猫「海(かい)ちゃん」の写真や、「猫の島」として知られる田代島を撮影した「ハートのしっぽ」のシリーズから合わせて240点ほどを展示する。

 同8日(18時~)と18日(11時~と15時~)には、岩合さんによるギャラリートークとサイン会を開く。サイン会は、イベント当日に会場で写真集を購入した人各回先着100人が対象。

 開催時間は10時~20時(入場は19時30分まで)。入場料は、一般=800円、学生=700円、中高生・65歳以上=600円ほか。同25日まで。

ソース(シブヤ経済新聞) http://www.shibukei.com/headline/9515/
写真=会場では岩合さんが40年以上かけて撮影してきた猫の写真約240枚を展示する
続きを読む

1:2013/07/31(水) 04:19:30.46 ID:
土屋アンナ舞台製作側代表 原案著者に怒り「理解できない」

モデルで女優の土屋アンナ(29)が初主演を務める予定だった舞台「誓い~奇跡のシンガー~」の公演が中止となったトラブルについて、製作側の代表を務める甲斐智陽氏が30日、フェイスブックで怒りをあらわにした。

 甲斐氏が怒りの矛先を向けたのは原案著者の濱田朝美さん。
濱田さんは「自己紹介と今後何かありましたらよろしくお願いします」とあいさつしただけで舞台化の許可などしていない、と自身のブログで主張。
これに対し甲斐氏は「何故あのようなことを書いたのか理解出来ません」と、濱田さんの主張と対立している。

 さらに甲斐氏は「代理人が立つということは全て代理人を通して行うのが通常でその代理人の承認は濱田朝美の承認なのです ブログには一切代理人の存在に触れてないので読んだ人は誤解を招くでしょう」と濱田さんのブログ書き方を非難までした。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/07/30/kiji/K20130730006327100.html
続きを読む

1:2013/07/31(水) 23:04:34.04 ID:
ソース(ウォール・ストリート・ジャーナル日本版)
http://realtime.wsj.com/japan/2013/07/31/%E9%BA%BB%E7%94%9F%E8%B2%A1%E5%8B%99%E7%9B%B8%E3%81%AB%E9%9D%9E%E9%9B%A3%E3%81%AE%E5%B5%90%EF%BC%8D%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E6%86%B2%E6%B3%95%E3%80%8D%E7%99%BA%E8%A8%80/
写真=麻生太郎副総理兼財務相


 麻生太郎副総理兼財務相は、平和憲法の改正のモデルとして日本が戦前ドイツのナチス政権時代に目を向けるべきだと一部の人々に解釈されかねないような発言をしたとして批判を浴びている。ただ、麻生氏の側近たちはそうした意図を否定している。

 麻生氏のこの発言の報道を受け、ユダヤ人の人権団体と、日本の旧植民地の韓国から、直ちに批判が起きた。麻生氏は今年これまでにも、靖国神社を参拝して韓国の反感を買っていた。

 国内メディアによると、麻生氏は29日の東京での演説で、「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。
誰も気が付かなかった。あの手口に学んだらどうかね」と述べた。この発言については麻生氏の事務所が確認した。

 麻生氏の側近たちは、同氏が31日、地元の九州にいて、コメントは取れないと述べた。しかし、麻生氏の発言は文脈を無視して引用されていて、麻生氏はナチス・ドイツを称賛するようなことは何も言っていないと説明した。むしろ、麻生氏は、憲法論議は静かな環境で進めるべきだとの認識を強調したものだと指摘した。

 大臣秘書官の1人、村松一郎氏は「ワイマール憲法改正の事例について、反面教師としてとらえた方がいいとの趣旨」と述べた。さらに、「感情的に議論していると、誤った方向に行く。憲法改正は慎重に議論すべきだと言っている。大臣は、ナチス憲法の方がいいと言って
いるのではない。(憲法改正のやり方でナチスから学ぶ点があると発言が受けとめられているとすれば)大臣の意図とは間逆だ」と続けた。

 共同通信も、ワイマール憲法が当時の欧州でいかに最も「進歩的」だったか、しかし、その憲法下でナチス政権が誕生したと麻生氏は言及したと報じた。良い憲法のもとでさえ、こうしたことが起こると述べたと引用された。
続きを読む

1:2013/07/31(水) 22:11:07.52 ID:
日本は少子化なんて解決する気ないし、若い世代なんてどうでもいい。
財政が破綻しようが、年金制度が崩壊しようが気にしない。
要は、政治家と官僚が自分達さえ良ければいい。
権力をにぎってるやつらのための法律だしルールだ。
で、あればいっそ共産主義や社会主義国家のほうがいいんじゃないか?

ま、そんなことはどーでもいいんだけどな。
続きを読む

このページのトップヘ