セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/10/10(木) 11:57:41.44 ID:
【2013.10.08】

史上初、3年連続でスーパー耐久レースのイメージガールに選ばれた安枝瞳が3枚目のDVD
『安枝瞳 Sunrise』をリリース。9月16日にソフマップアミューズメント館で発売記念イベントを行った。

夏にバリで撮影したという本作。初海外ということもあり「イイ刺激になりました」とニッコリと
笑顔を浮かべ、現地での思い出については、「ナシゴレン(ピラフのようなインドネシア料理)
をいただいたのですが、私、辛いモノが苦手なので気を遣って辛くないのを注文してくださったんです。
でも帰りの飛行機でナシゴレンが出たので食べたらすっごい辛くて! こういう辛いモノなんだな…
と最後の最後に思い知らされました」と教えてくれた。

内容は「“隣の家のお姉さん”という設定なので、年下の男の子のつもりで見ていただければ」
と思わせぶりな笑み。また、全編通してセリフが入っている作品に初挑戦したそう。
( >>2以降に続く)

▽ソース:idol check
http://idol-check.net/news/21106
▽動画

▽画像

 
(画像続く)
続きを読む

1:2013/10/10(木) 04:10:29.96 ID:
今年8月末にAKB48を卒業した板野友美(22)の写真集『板野友美AKB48卒業記念写真集ともちん』(9月30日発売)が、週間2.0万部を売り上げ、10/14付オリコン“本”ランキングBOOK(総合)部門で、5位にランクインし、自身初の総合TOP10入りを果たした。
ジャンル別の「写真集」部門では、2010/11/29付の『板野友美写真集TOMOCHIN!!』に続き、2度目の首位を獲得した。
本作は、AKB48初期メンバーとして約8年にわたり活動してきた板野が卒業記念として刊行した写真集。
ラストとなる水着や制服カットのほか、本人や家族へのインタビュー、歴代マネージャーによる覆面ぶっちゃけ座談会など盛りだくさんの内容となっている。
そほかにも、8月25日の東京ドーム公演、8月27日に東京・秋葉原のAKB48劇場で行われたラスト公演の密着記事も収録されている。
http://www.oricon.co.jp/news/ranking/2029535/full/
続きを読む

1:2013/10/10(木) 10:40:45.12 ID:
--かなり省略しました。一部のみ抜粋--
[1/3]
ジェンソン・バトン
「鈴鹿は僕にとって、2番目のホームサーキットのような気がする。
2011年に優勝したときのことは、今も特に感動した勝利として残っている。
それは、東北地方を津波が襲ったあと最初にあった日本GPだからだ。
日本全体にとって、日本GPは本当に大事なイベントだったんだ」

セルジオ・ペレス
「鈴鹿は大好きだ。本当に素晴らしいサーキットだよ。高速コーナーを走るのは
本当に楽しいし、このサーキットには、S字やデグナー、スプーン、130Rなど、
素晴らしいコーナーがたくさんある」
「今週末の日本でも、いい結果を目指して死にもの狂いでがんばるよ」
http://www.topnews.jp/2013/10/10/news/f1/teams/mclaren/97500.html

グロージャン
すでに誰もが口にしているだろうけど、F1カレンダーの中で間違いなく鈴鹿が
いちばん好きなサーキットだ。理由はどうあれ、どのレースドライバーにも特別な
レースがある。母国グランプリだったり、最初の勝利をあげたレースだったりね。
でもドライバーに話をきくと、ほとんどが鈴鹿は何かがほかと違うって答えると
思うよ。鈴鹿でレースをするのは今年でまだ3回目だけど、韓国GPの決勝で
チェッカーフラッグが振られた瞬間から、もう鈴鹿が待ち遠しくてね。とにかく
すごいコースだよ。
http://www.topnews.jp/2013/10/10/news/f1/teams/renault/97494.html

ライコネン
どこでレースをしても、いつもは僕にとってはあまり変わらないんだ。良い結果さえ
出ればそれで楽しめるからね。でも、鈴鹿は毎シーズン楽しみにしているコースだ。
もう何十年もの歴史があるきちんとしたサーキットだし、ドライバーにとって
難関でもあり、だからこそ素晴らしいレースが生まれる場所となっているのも
理解できるよ。
日本での一番の思い出はやっぱり2005年の鈴鹿だよ。 多くの勝利を重ねていると
特に、自分のベストレースを決めるのは難しいものだけど、鈴鹿のような場所で
グリッドの後方(17番グリッド)から勝利をもぎ取ったことは、本当に、とても
よく覚えているんだ。
http://www.topnews.jp/2013/10/10/news/f1/teams/renault/97492.html

-続きます-
続きを読む

1:2013/10/10(木) 10:10:45.53 ID:
NTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクモバイルの3大キャリアがそろって
販売開始した新型iPhone。これまでの戦況はどうなっているのか?
「出足は好調です。弊社には初代iPhone発売から5年間で培ってきた
販売ノウハウがありますので」(ソフトバンク・広報部)
「新型iPhone向けに超高速のLTEプラチナバンドを採用しています。
その優位性もあり、引き続きMNPの契約が好調です」(au・広報部)
「現時点では何も申し上げられません」(ドコモ・広報部)

家電量販店の実売データを集計した『BCNランキング』を見ると、各社のコメントの
勢いがそのまま数字となって表れている。
発売から10日間のiPhone5sと5cの販売台数シェアは1位がソフトバンクで
42.7%、2位がauで29.9%、3位がドコモで27.5%となっている。
発売1週目に続き、ソフトバンクが2週連続でトップだ。

だが、これにはあるカラクリがあった。通信ジャーナリストの神尾寿氏が語る。
「この調査は対象店舗が家電量販店だけで、肝心のアップルストアや
キャリアショップの実売データが含まれていません。そればかりか、ソフトバンクと
auはその調査手法を逆手に取り、調査対象店舗に商品の配分を集中させています。
このランキングは“意図的につくられた数字”。決してうのみにしてはいけません」

では、実態はどうなのか? 神尾氏がこんな話を教えてくれた。
「例えばアップルストアの販売状況を取材すると、ドコモが一歩リードというような
状況になっています。都内のある店舗では現時点でiPhone5s、5cの
新規契約者の半分以上がドコモ契約で、客数が多いものだから、
急遽、ドコモ契約希望者専用の契約テーブルを設けていました」

ドコモショップの店員がこう打ち明ける。
「人気の5sの初回調達分は売り切れました。次の入荷時期は未定ですが、
5sのゴールドは140人待ち、シルバーは60人待ち、ブラックは32人待ち
といった状況です。予想以上の予約数にビックリしています」
予約しているのはどんな人?
「機種変更希望者と、『ドコモへおかえり割』での乗り換えを希望する
“元ドコモユーザー”が大半。多くの方が、『ドコモ版iPhone』を待ち望んで
いたのでしょう」

キャリア同士のiPhoneユーザー争奪戦は、これからが本番だ。
(取材/興山英雄)
■週刊プレイボーイ42号
「ドコモ×au×ソフトバンク iPhone三国志の泣き笑い!!」より

ソースは
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/10/09/22388/
続きを読む

1:2013/10/10(木) 10:15:16.51 ID:
ソースは
http://wpb.shueisha.co.jp/2013/10/10/22332/

国の財政状況が厳しい現在、「公務員の給料を下げろ!」という声はよく聞かれる。
さらには、もらいすぎだろ!なんて声も上がるほどだ。
では実際、地方公務員はどれほどの給料をもらっているのだろうか?

ところで、今「給料」という言葉を使ったが、地方公務員のお金の話をする際に
確認すべき基本事項として、「給料」と「給与」の違いについて先に述べたい。
「給料」とは、基本給とも呼ばれる正規の勤務時間に対する報酬であり、そこに
扶養手当や地域手当、住居手当などの諸手当をすべて加えた報酬を「給与」という。

さて、それを踏まえて「都道府県ごとの平均給与月額ランキング表」を見てみると、
基本給である「平均給料月額」は、35万3400円でトップの愛媛県(平均年齢
44・9歳)と、31万1700円で最下位の岡山県(平均年齢42・8歳)の差は、
4万1700円と大きい。
岡山県職員にしてみれば“同じ瀬戸内なのに…”と思うのではないか。

「諸手当月額」ではさらに差が開く。トップである東京都(平均年齢42・3歳)の
13万2361円に対し、最下位の沖縄県(41・3歳)は5万1277円と、
平均年齢は1歳違いながら、その差は8万1084円とかなりの開きがある。
この差は、地域手当によるものが大きい。
地域手当とは民間賃金の高い地域に勤務する職員に支給される手当で、給料に対して
一定の割合で加算される。
市区町村の場合、最も高い1級地は東京都特別区(東京23区)で18%、
2級地は15%で大阪市や鎌倉市、芦屋市などと続き、割合の最も低い6級地でも
3%が上乗せされる。

では、公務員の給与は民間企業より高いのか低いのか?
『公務員のためのお金の貯め方・守り方』(パブラボ)の著者で、
ファイナンシャルプランナーの岡崎謙二氏に聞いた。
「公務員の平均年収はおよそ40歳で500万円から600万円ですから、
上場企業の平均年収よりは若干少ない。しかし、中小企業も含めると民間の平均年収は
2011年で409万円でしたから公務員のほうが多い。
それが、公務員のほうが民間より給与が高いといわれるゆえんでしょう」

民間より高いといわれても、平均給与月額の都道府県別ランキングでトップの東京都と
最下位の沖縄県を比べると、その差は、9万3784円。年間で112万円以上もの
差となる。地域手当の差額が大きいとはいえ、沖縄県の給与は低いのでは?
「いいえ、むしろその逆です。東京には商社や大手金融機関など、高給を
もらっている人がたくさんいますから、そういう高給取りのサラリーマンと比べたら
東京の公務員の給与は低い。
一方、地方へ行けば行くほど民間の給与は低くなりますから、地方に行くほど
公務員の給与は相対的に高くなり、民間のサラリーマンと比べると豊かな生活を送れる
ということです」(岡崎氏)

年収は100万円以上多いのに、周囲との比較で見ると東京都が一番安月給?
表面上の数字だけで判断されると、地方公務員もかわいそうだ。

ランキング表


-以上です-
続きを読む

このページのトップヘ