セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/08/18(日) 01:34:09.83 ID:
「小学生の頃、毎月走って本屋に買いにいった雑誌といえば、『ちゃお』『りぼん』『なかよし』の3冊でした。
クラスでは『私はちゃお派だよ!』と自己紹介するだけで、その人のキャラが伝わるほどでした」
──リカさん(21)は、そう小学校時代のことを振り返る。
ところが彼女は、最近の少女漫画を読んで、とても衝撃を受けたという。

「私が小学生だったときの、少女漫画の主人公ってギャルとかアイドルとか歌手とか
キラキラした女の子だったのに、今はオタクの女の子がヒロインなんですよ。
今『ちゃお』で連載してる『好きです鈴木くん!!』なんかは、腐女子や男装の描写も入ってたりしてたし」

 そこで、現在女子中学生のみゆきさん(15)に最近のクラスでの話題を聞いてみると、

「アニメとかマンガ、ニコニコ動画の話が主ですね。いまやオタクの方がスクールカーストの上位にいますよ、
三次元のアイドルとか私は全く興味ないです。初音ミクをdisる人は、もうダメ」

と言い切った。

 小中学生向けの少女漫画も、オタクの要素がどんどん入り込んできている。
いわゆる「萌え豚」コンテンツを積極的に楽しんでいて、深夜のアニメを録画し、
同人誌を買いに行き、コミケに行く人も少なくない。前出・みゆきさんはこう語る。

「少女漫画は読んでいて楽しいです。アイドルとか、全くリアリティないから感情移入できないけど、
オタクなら私とほとんど変わらないから」

http://www.news-postseven.com/archives/20130817_205812.html
続きを読む

1:2013/08/18(日) 04:00:47.25 ID:
・作詞家であり音楽評論家でもある湯川れい子氏が、終戦記念日にその思いをツイートした。

>終戦記念日だから、あえてハッキリと言います。沖縄や本土決戦まで持ち込む必要は
>無かった。原爆を落とす必要もなかった。すべては人間が選び、人間がやったこと。
>まずそれを恥じよう。いま、威勢の良いことことを言って、日の丸や日章旗を
>振り回している男たちには、心底から虫酸が走ります。臆病者。
 ttps://twitter.com/yukawareiko/status/367880841881341953
続きを読む

1:2013/08/18(日) 08:27:14.13 ID:
味方を奴隷と誤認した時、事態は一変して坂道を転げ落ちていく。
人間であれ国家であれ、そうした転落をリセットすることは大変困難である。
対馬で1988年から毎年行われてきた「厳原港まつり対馬アリラン祭」は、
「朝鮮通信使行列」という歴史パレードを目玉としてきた(朝鮮通信使行列は1980年から実施)。
しかし、今年になって、対馬から盗まれ韓国に持ち込まれた仏像が返還されないという問題が発生。
これに激怒した対馬では、祭から朝鮮(韓国)色を消し、「対馬厳原港まつり」という
地元色の強いイベントを8月3、4日に開催した。
これに関する産経新聞の記事が興味深い。

「仏像を盗まれた観音寺の田中節孝・前住職は行列再開にあくまで反対していく考えだ。
実は25年前、アリランの名を祭りにつけることを発案したのは田中氏だった。それだけに
裏切られたとの思いはぬぐえない。田中氏はこう断じた。

『国家間で仲が悪くても地域レベルの交流で距離は縮まるはずだという私たちの考えが甘かった。
「仏像は韓国から盗まれた」というのは対馬が泥棒扱いされているわけでしょ。
失礼にもほどがある。問題が解決しないのに行列を再開したら住民はみんなしらけますよ。
祭りは絶対に盛り上がらないでしょうね』」(産経新聞より)

「対馬厳原港まつり アリラン抜きでも「百点満点!」 長崎」 2013年08月05日 『MSN産経ニュース』
http://sankei.jp.msn.com/region/news/130805/ngs13080502050000-n1.htm

最近の“嫌韓”が以前と違うのは、田中氏のようなリベラルな日本人の
静かな怒りが中心になっているという点だ。一部の排外主義者だけが韓国を攻撃しているのではない。
韓国の異常な反日に対して、堪忍袋の緒が切れた多くの穏健な日本人が怒りを表明している。

>>2-10につづく)
http://getnews.jp/archives/399019
※前スレ (★1:2013/08/17(土) 23:30:26.05)
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1376761937/
続きを読む

1:2013/08/18(日) 08:13:43.20 ID:
乙武: これまで僕は、戦争の悲惨さを学ぶことがこれからの平和に直結するのだと思っていました。
ところが、古市さんの『誰も戦争を教えてくれなかった』を読んで、考えが少し変わったんです。まず、
「平和」とはどういうことなのか。「平和」を維持するためには何が必要なのか。そうした根本的な
問いから学んでいくべきなんじゃないか、と。

古市: すごく難しい問題ですよね。平和というのは“状態”であって、積極的に定義することが難しい
わけですから。そのなかで、どういう社会を作っていこうか、という議論はしやすいんでしょうけど、
「平和」を教えるというのはとても難しい。

乙武: そうなんですよ。教育に携わる者として、やっぱりその点に頭がいってしまう。

古市: たとえば、戦争が起こっていない状態を平和と定義するのが適切かというと、やはりそうではない
と思います。直接的な戦争が起こっていなくても、人権侵害や差別といった問題は山積していますからね。

乙武: 古市さんの本を読んで感じたのは、「非軍事」と「平和」は明確に分けて考える必要があると
いうこと。憲法9条の改正や日米安保条約については、様々な意見があって当然だと思います。ただ、
そうした議論とは別に、もしアメリカ軍が守ってくれない状況に陥った時、現実問題として僕らは
どうやって自国を守るのかという問題は残るわけですから。韓国・ソウルにある戦争記念館に書かれて
いたという「平和はタダではない」という言葉、言い方はキツいけど、一理あると思うんです。

古市: 非軍事というのは、現実的な選択肢ではないという意味ですか。

乙武: 何も、日本はいますぐ自衛隊を国防軍にしろとか、お金をかけて軍事を増強しろという話では
ないんです。ただ、僕たちはもう少し、平和とは何もせずに享受できるものではなく、多大な努力を重ね、
知恵を絞ってようやく確保できるものなんだということを自覚しておく必要がある、ということですよね。
(>>2-に続く)

▽R25
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/report/?id=20130816-00031548-r25
続きを読む

1:2013/08/18(日) 08:18:46.61 ID:
 最高気温が40度を超える地域が出るなど、猛暑続きの韓国が深刻な電力不足に陥っている。

 国内の原子力発電所で不正が発覚したことなどから、23基ある原発のうち5基が稼働停止しているためだ。

 韓国政府は原発への依存度をひたすら高めてきた。しかし、今回の騒動を機に、脱原発依存を求める国内の声はかつてなく強まっている。

 朴槿恵(パククネ)政権は年末までに今後の原発と自然エネルギーの比率を盛り込んだ基本計画をまとめる方針だ。切実な声に耳を傾け、脱原発依存に向けた本格的な取り組みを始めてほしい。

 電力危機を引き金に、韓国で怒りをこめてささやかれる言葉がある。

 「原発マフィア」だ。

 5月、原発に性能証明書を偽造した部品が使われていることが発覚。不正を見抜けなかった理由を探るなかで、原発を運営する公営企業や研究者、規制機関などで作る閉鎖的なグループが存在することがわかった。

 検察当局は次々に関係者を調べ、逮捕者も続出している。

 李明博(イミョンバク)・前政権は原発の建設・輸出を推進し、発電での原発比率を30年に1・6倍の約6割にするとした。先進諸国では最低レベルの自然エネルギー比率は増加させるものの、大きな期待を寄せない。

 朴政権が、この路線を踏襲するのかどうか。
(>>2-に続く)

▽朝日新聞
http://www.asahi.com/paper/editorial.html#Edit2
続きを読む

このページのトップヘ