セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/12/21(土) 23:17:30.85 ID:
★「ウサギ小屋」に住み始めたアメリカ人たち…日本への揶揄どこへ、背景に米国社会の“構造変化”
2013.12.21 18:00

米国の大都市で「マイクロアパート」と呼ばれる住まいが注目を集めている。日本の「ワンルーム
マンション」に相当し、なかには台所共有の物件も。背景には景気後退や単身家庭の増加などがある。
ゆったりとした広さをモットーとしてきた米国流の住まいも曲がり角。かつて日本を揶揄(やゆ)した
「ウサギ小屋」に住む米国人が増えてきた。(坂本英彰)

◆「お金あまり無いけど、これなら払える」
AP通信が伝えたのは、西海岸のシアトル市に住むクリス・キングさん(36)のケース。借りた
アパートは120平方フィート(約11平方メートル=約7畳)と、“ゆったりした駐車スペース”
ほどの広さ。1カ月の家賃は750ドル(約7万7千円)だ。まわりのアパートは最低でも1千ドル
はするから格安だ。最初は狭さにショックを受けたというが、ベッドや流しなどがコンパクトに
まとまった部屋を気に入った。

ボストンやサンフランシスコなどでもマイクロアパートに対する関心は高く、デベロッパーなどから
建築規制の緩和を求める声もある。一方、駐車場不足や見知らぬ人々が増えることへの不安から、
計画がもちあがった地域での住民反対運動も起こり始めている。

マイクロアパート増加の背景にあるのが、家庭環境の変化だ。米国ではいまや3割が単身者世帯。
ニューヨーク大学の都市計画研究者は「結婚は遅くなり、離婚率は高くなり、配偶者が亡くなって
一人暮らしする高齢者が増えた」と言う。

そこに経済事情が重なった。シアトル市の担当者はマイクロアパート人気は「景気後退とともにやってきた」
と言う。都市部の家賃高騰も、安価なアパートを求める傾向に拍車をかけている。

郊外の庭付き一戸建てに親子で住むというスタイルは、もはや米国家庭の典型とはいえない。狭くても
安価で便利なアパートを求める傾向は、今後も続きそうだ。(抜粋)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131221/waf13122118010023-n1.htm
続きを読む

1:2013/12/21(土) 01:10:03.01 ID:
東京電力が、55歳以上の一定の役職社員を原則として全員、福島第1原発事故に伴う
福島県内での復興業務に投入する方向で検討していることが20日、分かった。

転勤後は賠償、除染、廃炉などの作業を担当する。併せて福島勤務の社員の給与を
上乗せするなど待遇改善策も導入し、社員の士気を高める。

東電は組織の効率化の一環として10ある支店を全廃し、それに伴って出る千人程度の人員を
福島の復興業務に充てる方針。
経験豊富なベテラン社員に現場のけん引役を担ってもらうことで、復興を加速するのが狙いだ。

http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122001002954.html
続きを読む

1:2013/12/21(土) 01:38:14.71 ID:
 ホンダは19日、小型のスポーツ用多目的車(SUV)「ヴェゼル」を20日に発売すると発表した。ガソリン車とハイブリッド車(HV)があり、HVのガソリン1リットル当たりの燃費性能は27.0キロ。価格は187万~268万円。広い車内空間と上質感が特徴で、同日会見した伊東孝紳社長は「2クラス上の装備と質感を持った車だ」と自信を示しており、月間4000台の販売を計画している。

 荷室や室内のスペースを広く設けたほか、運転席はスポーツクーペで用いられる操縦席のような独立した空間を確保した。スイッチを軽く引き上げるだけで作動し、アクセルペダルを踏み込むと自動解除する「電子制御パーキングブレーキ」機能を量産車にもかかわらず標準装備した。

 コスト削減を図るため、主力小型車「フィット」、次期「シティ」と同じ車台(プラットホーム)を活用した。

 部品によっては、設計開発までもメガサプライヤーと呼ばれる世界部品最大手に任せるという、自前主義にこだわる今までのホンダを否定するような生産方式も採用。デザイン開発や装備の充実などに振り分けた。

 ヴェゼルはフィット、シティと合わせて世界で年160万台販売する最量販車種との位置づけで、開発責任者の板井義春主任研究員は「フィットよりもヴェゼルが売れる地域もある。相互に補完していきたい」と話した。

 競合車種として、日産自動車のSUV「デュアリス」などを想定するが、国内においてはトヨタ自動車のHV「プリウス」からの乗り換えを最も狙っている。主力の購買層は50代がメーンで、先行受注においては約9割をHVが占めている。

ソース(SankeiBiz) http://www.sankeibiz.jp/business/news/131220/bsa1312200601000-n1.htm
写真=新型SUV「ヴェゼル」の発売を発表するホンダの伊東孝紳社長
続きを読む

1:2013/12/20(金) 07:43:35.71 ID:
「2014年はアベノミクス第2幕で高水準の公共投資が続き、後半には民需にスイッチして
消費拡大が期待できそう。消費増税前の駆け込み需要の反動で4~6月期は停滞しても、
年末へ向け回復基調が鮮明になり、日経平均株価は2万円に達するでしょう」
(カブドットコム証券チーフストラテジストの河合達憲氏)

2012年の秋から上昇し始めた日経平均は、5~6月に一旦小休止があったものの、
12月19日に終値ベースで1万5859円と年初来高値を更新。まさにうなぎ昇りの推移を
見せている。

しかし、相場格言には「辰巳天井、午尻下がり」というものもあり、午年の上昇相場の
失速を懸念する声も聞かれる。
そこで、マネーのプロ30人に緊急アンケート調査を行ない、2014年の日経平均株価の
最高値とその時期を聞いた。マネーのプロたちの大半は、「2014年の日経平均も大きく
上昇する」と“強気”に読んでいる。
その筆頭は、「年末に2万2000円」と予想する、武者リサーチ代表の武者陵司氏だ。
武者氏は、日本株が割安すぎることを理由に挙げる。
「はっきりいって、今の日本株はおかしな値段となっている。
預金金利がゼロ、日本国債の利回りが0.6%というなか、日本株の配当利回りは1.7%も
あるので、利回りの面で十分に有望な投資対象であり、もっと株価は上がっても
おかしくない。
ところが、人々が異常なリスク回避という金縛りにあって、正しい株価が見えていない。
それが是正されるだけで、株価は大幅に上がる。2014年は人々が適正な株価を見定める
年になると見ています」
※週刊ポスト2014年1月1・10日号

ソースは
http://www.news-postseven.com/archives/20131220_232816.html
続きを読む

1:2013/12/21(土) 21:35:06.94 ID:
 Appleの新しい「Mac Pro」はエントリーレベルの構成でも3000ドルで、決してばかに
できる金額ではない。しかし、さらなるスペックを求めると価格は急上昇し、最もハイエンド
の構成では9600ドルにもなる。

 光沢のあるブラックで円筒形になったAppleの個性的なMac Proは、米国時間12月19日に
発売された。Appleは、新型よりはるかに大きく、今ではかなり古くなった旧型のMac Proを
置き換えるこの新製品について、1年以上前から顧客の期待を煽ってきた。Mac Proは、高い
処理能力が必要なコンピューティング作業を行うユーザー向けの製品で、そうした作業の
筆頭は動画編集だ。コンピューティング性能が上がると、編集者は新しいエフェクトを
追加したり、あるシーンについてより多くの見た目を試したり、未完成の動画をより早く
共有したりすることができる。

 新型Mac Proの基本モデルは、Intelの3.7GHzの「Xeon E5」クアッドコアプロセッサ
(10Mバイトのキャッシュメモリを搭載)、12Gバイトで1866MHzのDDR3 ECCメモリ、各2G
バイトのVRAMを搭載するAMDの「FirePro D300」デュアルグラフィックスチップ、256Gバイト
のSSD(フラッシュメモリはPCI Expressバス経由で接続されており、通常のSATA接続のSSD
より高速なパフォーマンスを提供する)を備える。

 さらに、USB 3.0ポート×4、「Thunderbolt 2」ポート×6、HDMI 1.4ポート×1、ギガビット
イーサネットポート×2、802.11acおよびBluetooth 4.0無線ネットワーク機能、ヘッドホン
ジャック、デジタル/アナログ音声出力ジャック、内蔵スピーカーも備える。

 あと1000ドル余裕があるが新しい「MacBook Air」は欲しくないという人は、よりハイエンド
のMac Pro構成を選んでもいいだろう。この構成は、6コアのXeon E5(12Mバイトのキャッシュ
メモリを搭載)、16Gバイトのメモリ、AMDの「Firepro D500」デュアルグラフィックスチップ
を備える。

ソース:CNET Japan
http://japan.cnet.com/apple/35041692/
続きを読む

このページのトップヘ