セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/11/23(土) 15:50:17.72 ID:
11月23日から一般観覧日がスタートした、「東京モーターショー2013」。さまざまな車が展示されているが、そ
のなかでも特に注目度が高い車といえば、スズキの新型軽SUV『ハスラー』である。

http://woman.excite.co.jp/News/column/20131123/Rocketnews24_390386.html

ネット上では「メチャメチャカッコいい」や「欲しい」との評判が山ほど投稿されているが、なぜハスラーはここまで人気なのだろうか? 今回はその魅力を徹底解説したいと思うぞ! モーターショー行く人は事前チェック、行けない人はこの記事を見てハスラーのスゴさを確かめてくれ!

1.価格もワゴンR並
広報の方のお話によると、価格についてはワゴンRより多少上になるが、そう変わらないということだった。
ワゴンRが110~140万ぐらいなので、ハスラーは基本クラスが130万ぐらいからになる可能性が高い。

2.燃費も良好
燃費についてもワゴンRとほぼ変わらないとのことだったので、リッターあたり28~30kmぐらいになると予想される。あくまで記者の予想だが、25km未満になることはないのではないだろうか。それだけ走れば言うこと無しである。

3.老若男女問わず使えるデザインの豊富さ
車体色がメチャメチャ豊富で、若者に人気が出そうなブルーやオレンジ、ピンクはもちろん、年配の方にもしっくりきそうな落ち着いた色のブラウンやカーキまでラインナップ。

老若男女問わず使えるデザインの豊富さは、軽自動車トップクラスだ。

4.さすがスズキ! と思える細かい部分へのこだわり
ラゲッジルームのフタを取るとネジ穴が付いており、そこに釣竿などを乗せるラックを付けることができる(もちろん防水)。後部ドアについた2つのドリンクホルダーは切れ目が入りメッシュになっているので、サンダルを入れておくことも可能だ。前部ドアにはスピーカーも付いており、助手席のインパネは開けるとテーブルにもなる。さすがスズキ! と思える細かい部分へのこだわりがたまらない。

5.安全装備もバッチリ
「衝突防止機能」や「誤発進防止」、「横滑り防止」、「ヒルディセントコントロール」(急勾配の道を下る際にアクセルやブレーキを踏むことなくスピードを緩める機能)など、運転初心者にも嬉しい安全装備もバッチリ。
とくに「衝突防止機能」は渋滞時に前の車にうっかりぶつかってしまうことも防いでくれるので、あると非常に安心である。

6.悪路走破性能も良好
スズキといえばジムニーのように悪路を走破する性能が高い軽自動車を作っていることでも知られているが、ハスラーも4WD仕様車があり、さらにぬかるみや雪道で動けなくなることを防ぐ「グリップコントロール」も搭載。

ちょっとしたラフロードでもスイスイ行けてしまう車になりそう。オプションでスノボを付けるラックを装備することもできるようだ。

>>2
に続きます

引用元: ウーマンエキサイト 2013/11/23
http://woman.excite.co.jp/News/column/20131123/Rocketnews24_390386.html?_p=1
続きを読む

1:2013/11/23(土) 08:57:08.47 0 ID:
既婚男性がランチにかけるお金は、「ワンコイン」の500円以下――。「いい夫婦の日
(11月22日)」にちなんだ明治安田生命保険の調査で、こんな結果が明らかになった。
「アベノミクス」で株価は上がり、企業の利益は増えているが、その効果はまだ広がって
いないようだ。

 調査は10月半ばに明治安田がインターネットで実施し、20~50歳代の既婚の
男女1051人が回答した。

 男性の平日のランチ代は平均437円で、前年調査より98円減った。金額別では、
自ら弁当を持参するとみられる「0円」が30%で最も多く、「500円台」が25・6%で続く。

 一方、既婚女性の平均は、男性の1・8倍の778円。「1千円~1500円未満」が
35・5%で最も多く、続いて「0円」が18・4%だった。明治安田は「妻はたまの
ランチでちょっとしたぜいたくを楽しんでいるのではないか」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131123-00000006-asahi-bus_all
続きを読む

1:2013/11/23(土) 15:13:56.70 0 ID:
警視庁巡査長が女子高生のスカート内盗撮 「下着見たかった」

女子高校生のスカートの中を盗撮しようとしたとして、警視庁小金井署地域課の男性巡査長(31)が、東京都迷惑防止条例違反の疑いで現行犯逮捕されていたことが23日、警視庁への取材で分かった。
巡査長は「女性の下着が見たかった」と容疑を認めているという。

警視庁によると、巡査長は13日午前7時50分ごろ、東京都武蔵野市のJR武蔵境駅のエスカレーターで、女子高校生(18)の後方からスカートの中に動画撮影機能を起動させた携帯電話を差し込み、盗撮しようとしたという。

駅構内を警戒中の私服警察官が不審な動きをしている巡査長を発見し、その場で現行犯逮捕。
巡査長は出勤中だったという。巡査長は22日に罰金を支払って釈放されており、警視庁は近く処分を検討している。
 
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131123/crm13112314380012-n1.htm
続きを読む

1:2013/11/23(土) 14:18:47.45 ID:
 女優の釈由美子(35)が23日、都内で行われた美容スタイルブック『釈ボディ』
(学研パブリッシング刊)発売記念イベントを行った。同作で初のセミヌードやスッピンを
大胆に披露している釈は「ものすごく不安でしたが、今はフォトショップがありますから…」と
意味深に明かすも、「でも、ボディは無修正です!」と笑顔で強調していた。

 初のセミヌードは、自らカメラマンに提案したといい、「元々予定はなかったけれど、衣装をまとうと
体のラインが出にくかったので、脱いじゃいました」とさらっと言い放ち、「いい天気お天気だったし」と
明るく付け加えた。

 年末に近づき、やり残したことを聞かれると「結婚です」と即答。自ら「この時期になると
『来年は結婚します』って、ボジョレー・ヌーボーみたいに毎年同じことを言っている」と自虐コメントで
笑わせていた。

http://www.oricon.co.jp/news/2031171/full/
美容スタイルブック『釈ボディ』発売記念イベントを行った釈由美子 


釈由美子の全身ショット 
続きを読む

1:2013/11/23(土) 12:00:51.58 ID:
スーザン・ライス米大統領補佐官(国家安全保障担当)が20日(現地時間)、ジョージタウン大で講演した。
「アジアにおける米国の未来」というテーマの講演はA4用紙10枚分にもなった。ホワイトハウスが後に報道資料を出し、安保・経済・価値などのサブタイトルを付けて区分するほど、ライス補佐官のこの日の講演はオバマ政権2期目のアジア政策の集大成だった。

講演で韓国が出てきたのはわずか一文だけだ。それも北朝鮮問題との関連で「韓米連合戦力が北朝鮮の挑発を抑止できるよう軍事能力を強化している」だった。一方、同盟の最優先順位で言及された日本については、来年初めの集団的自衛権を明示した日米防衛協力のための指針(ガイドライン)改定、そして日本の国家安全保障会議(NSC)創設などを話した。ライス補佐官は「(日本側NSCパートナーとの)協議が期待される」とも述べた。

昨年末まで対米外交で日本は韓国より遅れを取っていた。韓米自由貿易協定(FTA)が発効した後、ワシントン米商工会議所で会った駐米日本大使館経済公使が「韓国がうらやましい」と語ったほどだ。ホワイトハウスと国務省・国防総省の当局者は「韓米同盟は史上最もよい」という言葉を口癖のように話していた。

しかし1年足らずで状況は変わった。韓米同盟の話が消え、日米同盟がその場を埋めた。安倍晋三日本首相が今年2月、ワシントンを訪問し、「日本が戻ってきた」と叫んで以来、いつの間にか韓米同盟は日米同盟に逆転され
ているという声が出ている。

きっかけは安倍政権の親米外交だ。3月にオバマ政権が心血を注いでいる環太平洋経済連携協定(TPP)への参加を宣言したのに続き、連邦政府の財政赤字による国防費縮小に苦しむ米国の代わりにアジア安保の一つの軸を担うと乗り出した。

その結果、10月にケリー国務長官とヘーゲル国防長官の東京同伴訪問につながった。日米「2プラス2」(外交・国防閣僚)会談で発表されたのが日本の集団的自衛権を支持する内容だった。アジアで中国の浮上を牽制すべきだという共感と、財政赤字という米国内の状況が重なり、米国と日本の思惑が絶妙にかみ合った。

米国としては、アジア・太平洋地域で日本の防衛力を活用し、領域内管理の核心パートナーとするという意図が次第に明確になっている。米国務・国防総省の関係者は韓国側の当局者に会い、「韓米日の協調のためには韓日関係が良くなるべきだ」とし、それとなく日本との関係改善を勧め始めた。

>>2
に続きます

引用元:2013/11/23
http://japanese.joins.com/article/592/178592.html
続きを読む

このページのトップヘ