セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

1:2013/07/27(土) 11:17:29.88 ID:
アイドルグループSMAP(スマップ)の大ヒット曲『世界に一つだけの花』が「日本の子供たちをダメにしている」―。こんな持論の持ち主が、「教育再生」のブレーンとして安倍晋三政権の重要ポストに就いています。安倍政権の危険な本質が見えてきます。(下渕雅史、浜島のぞみ)

 著書でSMAPのヒット曲を攻撃しているのは八木秀次氏。安倍政権に教育提言を行う「教育再生実行会議」のメンバーです。
「新しい歴史教科書をつくる会」元会長で、「自虐史観によらない教科書」の出版と採択を進めました。過去の日本の侵略や旧日本軍「従軍慰安婦」への軍の関与を認めた「河野談話・村山談話」が「歴史教育を大きく反日自虐的な方向」に向かわせたと主張し、「安倍首相はそのような歴史認識と敢然と戦う政治家」と首相を賛美する“思想的同志”です。
若者を戦場に駆り立てた戦前の「教育勅語」の「精神を復活させる」宿願を語っています。

■根底に「べっ視」
 八木氏の“教育哲学”は、「教育には何らかの強制が必要であり、子供たちの意思だけに任せていたのでは、
とても成り立たない」という“子どもべっ視”に基づいています。子ども自身の内面にある真実や成長への渇望に目を向けない立場です。
そこから「手を上げてでも言うべきことを言い、するべきことをさせるのが親の愛情」という暴力必要論が派生しています。

 「ナンバーワンにならなくてもいい」と歌うSMAPの『世界に一つだけの花』について、八木氏が「こんな歌を学校で歌わされていたのでは子供たちは何も努力しなくなる」と非難するのも、根っこは同じ。
競争という「強制力」に頼らなければ子どもの意欲を保てないという教育観・子ども観の貧困です。

 安倍首相が執念を燃やす「教育再生」は、▽国家による統制の強化▽競争の激化▽事実に反した歴史教育の押しつけ▽国家主義的な教育の徹底をねらう道徳の教科化―などを柱としています。八木氏の“信条”にぴたりと一致します。

ソース しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-07-27/2013072701_04_1.html
(続)
続きを読む

1:2013/07/27(土) 11:29:33.04 ID:
 【嘉手納】米軍普天間飛行場野嵩ゲートのフェンス設置に抗議するため市民団体などが26日に沖縄防衛局を訪れた際、参加者が局内トイレの使用を認められず、20分ほど押し問答になる場面があった。

 この日は、市民団体や労組、一般市民ら約50人が集まった。中に入れるのは代表8人だけだったため、ほかの参加者は入り口付近で待機。女性数人が局内のトイレを借りようとしたが職員に断られ、近くの施設のトイレを使うよう求められた。市民団体側が繰り返し抗議し、最終的には使用が認められた。

 市民団体側は「あまりにも非常識。自分たちが沖縄を支配していると勘違いしているのではないか」と批判している。

沖縄タイムス 7月27日(土)10時14分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130727-00000005-okinawat-oki
続きを読む

1:2013/07/27(土) 12:42:22.80 ID:
2013年7月26日、中国新聞網は記事「宮崎駿:日本は早く従軍慰安婦問題を対処し中韓に謝罪するべきだ」を掲載した。

韓国・聯合ニュースによると、宮崎駿監督は26日、東京で韓国人記者の取材を受け、「日本は早く従軍慰安婦問題に対処し中韓に謝罪するべきだ」と発言した。
宮崎監督は二次大戦当時の日本政府は自国民すらも大事にしておらず、当然他国の人も大事にできなかったと発言した。日本はこれまで経済問題ばかりを重視してきたが、それでは経済が悪化すればすべてを失ってしまうと警告した。

また、現在の世界経済の先行きは不透明だと話し、通貨供給量を増やすことは決して良いことではないとアベノミクスを懸念。
大事なのは真面目に仕事をして日々を過ごすことだと強調した。(翻訳・編集/KT)

Record China 7月27日(土)12時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130727-00000011-rcdc-cn
続きを読む

1:2013/07/27(土) 04:23:18.67 ID:
 日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は参院選敗北の責任を取って代表の辞意を表明する意向を固めた。
27日に東京都内で開かれる執行役員会で表明する見通し。石原慎太郎共同代表ら党幹部は慰留する考えで、結論を持ち越す可能性もある。

 維新は21日の参院選で計44人の候補を擁立したが当選は8人にとどまった。橋下氏は21日の記者会見で「勝ちではない」と述べ、進退は27日の党執行役員会で議論するとしていた。

 周辺によると、橋下氏は旧日本軍慰安婦をめぐる自らの発言などで党支持率が低迷し、参院選でのみんなの党との選挙協力が解消されたことなどが議席の伸び悩みにつながったとして、責任を取る意向を示しているという。

朝日新聞デジタル 7月27日(土)3時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130727-00000010-asahi-pol
続きを読む

1:2013/07/27(土) 08:02:20.57 ID:
 
このところ反日をブリッジに急接近しているといわれる韓国と中国だが、歴史、経済的な対立は根深い。

 2008年4月の北京五輪の聖火リレーでは、韓国で物騒な衝突に発展した。
朝鮮半島情勢に詳しい評論家の三浦小太郎氏がいう。
「聖火リレーがソウルを通過した際、中国側の関係者と妨害しようとする韓国市民が、まるで市街戦のような乱闘を展開した。韓国人の中には、脱北者の強制送還に抗議して、その場で抗議の焼身自殺を図る人もいたほどです」

 その直後の5月、四川大地震が起きた折には、韓国国内では「天罰だ」との声も上がったという。アシアナ機事故での「死亡したのが中国人で幸いでした」という韓国人キャスターの発言を巡って中国のネット掲示板には、〈四川大地震の時には、日本人はみんな哀悼の念を示してくれていたのに、棒子(韓国人の蔑称)の奴らはみんな喜んでたからな〉という書き込みがあったほど。恨み骨髄である。

 双方の拒否反応は意外なところにも表われている。産経新聞ソウル駐在特別記者の黒田勝弘氏が指摘する。
「日本では横浜や神戸に立派な中華街があるし、世界の多くの国にチャイナタウンがあるが、なぜか韓国にはない。ごく小さな中華料理屋が集まるところがある程度で、昔、仁川にあった中華街も寂れてしまった。日本では家庭でも中華料理を作るが、韓国では作らない。中国でも韓国料理はまずいといわれているから、お互いさまなんでしょう」

長い歴史のなかで醸成されてきた中国と韓国の歪んだ関係。「反日」で握手をしているように見えても、机の下では足の蹴り合いをしている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/672430/
続きを読む

このページのトップヘ