【1/4】 【2/4】 【4/4】

315 名前: 投稿日: 03/10/11 03:47 ID OH46yoOH
少しだけですが、手記の続きです。

そこで尿意を感じ始めました。
おそらくは、おばさんの家でお話しながら、
麦茶をかなり飲んだことも原因の一つだったんでしょうけど。
困りましたよ。
だって、ハイキングコースでもない山の中ですよ。
トイレなんか近くにあるわけもないし、あったとしても、
私が知るわけもないし、マルスに聞いても無駄だろうし、
何よりも、今の私は、服が濡れて下着姿なんですから・・・
と困っても、この状況では、答えは一つなんですよね。



316 名前: 投稿日: 03/10/11 03:47 ID OH46yoOH
かなり悩んだとは思いますが、尿意には勝てませんでした。
私は、マルスから離れるとマルスは、私が立ち上がると不思議そうに
見上げましたが、私が、そのままみたいに指示すると見上げるだけで
立ち上がりませんでした。

そんなマルスを尻目に私はあたりを見渡して、おしっこのできそうな場
所を探しました。って、都合の良さそうな場所なんてないですよね。

ただ、子供の私には、なんとなく、小川でするのが良さそうに思えました。
天然の水洗トイレに思えたのかな?
川ですれば、おしっこはすぐに流れていくと考えたんだと思います。

それで、私は、マルスの傍らで、パンツを脱ぐと、パンツは、
ワンピースと同じように少し絞ってから、日当の木に引っ掛けて、
実は、気持ち悪かったんです、川の方に近付きました。

317 名前: 投稿日: 03/10/11 03:48 ID OH46yoOH
下半身スッポンポンでスリップだけと言うのは、
子供心にドキドキしました。
ただ、そのドキドキは、性的興奮とは思わなかったです。
恥ずかしいからだと思いました。

だけど、心のどこかで風に触れるあそこが不思議に熱かった気がしますし、
今の私なら、そこが違う意味で濡れていることに気が付いていたでしょうね。
そうして、川の中に入ってと言うか、川の中ほどで顔を出している石に跨って、
川下に向かって、おしっこをしちゃいました。
恥ずかしかったけど、爽快でした。

川の真ん中で川下に向かっておしっこをしたので、天然の水洗トイレって
感じだったし、しゃーって、かなりの量を出していたかもしれません。
出し終った後、さすがにティッシュを持ってなくて、たとえ持っていたとしても、
すでにびしょ濡れで使えなかったでしょうけど、私は少し困りましたけど、
よくよく考えれば、すでに下半身、丸裸だったし、開放感もあってか、
私は、腰を更に落として、川の水に近付けて、
手で水をすくって、あそこを流しました。
天然のウォッシュレットって感じですね。

318 名前: 投稿日: 03/10/11 03:49 ID OH46yoOH
ひんやりとして、背筋にくるものがありましたけど、
水であそこを洗い流しているうちに
私は更に大胆な発想をするようになっていました。

気温が蒸し蒸ししてることもあってか、水浴びしようかなって考えました。
そうです、このまま、スリップも脱いじゃって、裸で水遊び。
もっとも、そんなに深い川ではないんで水浴びと言うよりも、
水遊びですね。

探せば多少は深いところもあったでしょうけど、
それでも、膝くらいだったと思います。
私は、足元を気にしながら、多少、岩とかで痛いので注意しながら、
素足で川の中に入りました。

水の冷たさと言ったら心地好くて、今直ぐにも、全身で浸かりたい気分になります。
とりあえず、水際に戻って、最後に残っていたスリップを脱ぎ捨てました。
鼓動が一際跳ね上がったと思います。
外気に触れる全身が、あの時は、快感だったと思います。

319 名前: 投稿日: 03/10/11 03:50 ID OH46yoOH
今でも、部屋なんかで素っ裸でしばらく居たりしますから。
もっとも、カーテンはちゃんと閉めて、だけど、窓は開けて、
外の空気だけ感じるのは、結構いい気分です。

話を戻しますが、そのまま、脱いだスリップは、
手近な木の枝に引っ掛けて、私は、また、川の中ほどに進みました。
そして、適当な、平らなそうな川底を探して、
その場所に腰を下ろしていきます。
気温よりも明らかに低い水温に一瞬、驚きに身を震わせながら、
足を水の中に浸し、更に腰まで水に浸かります。

そのまま、正座のようにして川の中に浸りながら、
私は、手で水をすくって全身に冷たい水を浴びました。
暑さじめじめ感が、一気に流されていく感じ、もうそれこそ、
今直ぐ、全身を川の中に投じたくなるそんな気分だったです。
さすがにそんなことすると川底の石や岩で怪我しそうだったけど。

320 名前: 投稿日: 03/10/11 03:51 ID OH46yoOH
で、一人でしばらく遊んでいると離れたところから、
「ワン!」ってマルスの声が聞こえてきたんです。
一瞬、私は、何事か危険が近付いたのかと心配になりました。
たとえ危険でなくても、この状況下では、誰か人が近付いてくるだけで
充分、危険なんですけどね。

ただ、マルスの声には、そんな危険信号は、感じられなかったです。
ただ、遠くで拗ねてる感じだった。
そう言えば、私は、マルスに待てって言って放って来ていたんですね。
マルスは、やんちゃだったけど、訓練されている犬だけに指示されると
命令を簡単には無視できないみたいです。
私は少し、考えた後、不思議とためらいなく、マルスを呼ぶことにしました。
だって、一人で水遊びしても詰まらないし、何かあった時、
マルスが傍に居た方がいいと思ったからかな。

333 名前: 投稿日: 03/10/16 04:05 ID FKMBbMFM
>>322
そうですね。
真っ白になるくらいの快感はあります。
だけど、それで終わるわけじゃなくて・・・

なので、男の人のようにもう満足みたいな快感が羨ましいと思います。
どっちが上かではなく、例え快感の度合いが低くても
男性のもう終わりですと言うのは憧れますよ。

走っても走っても、ゴールのないマラソンを続けるような感じなので。
ましてや、色々と経験してしまうと物足りない今日この頃ですから。

527 名前: 投稿日: 03/12/06 16:05 ID h7Piv/dD
マルスは、すぐにやってきました。
もう小さな子供って感じですね。
僕も、僕も遊ぶって感じで川に飛び込んできました。
もっとも、今回は、私の方も、川の中で準備万端でした。
マルスが来たと判ると抱き着かれる前に、
水を浴びせ掛けました。

さすがのマルスも、顔に水を掛けられて、
私に抱きつくのを躊躇うように
方向を変えて私の周囲を回り出しました。
もちろん、私の水掛けの手は、止めませんでたしたけど。
しばらくは、私の攻撃にマルスは、様子見だっのたです。
だけど、ワンちゃんって頭良いですよね。
マルスもすぐに私の弱点に気が付いたようで、

528 名前: 投稿日: 03/12/06 16:06 ID h7Piv/dD
私の水掛け攻撃の死角、私の背後に回り込めば、
攻撃が鈍くなるんです、当然ですよね。
私は、座った状態だったですから背後は見ずらかったです。
そのことに気が付いたマルスは、私の後ろから抱き付いてきました。

と言えば聞こえは良いですけど、相変わらずの体当たりです。
マルスが加減してくれたのか、私が慣れたからか、
今回は倒れるほどでもなく、マルスにしがみ付かれました。
私としては、背後からと言うのが嫌だったので、
体勢を変えようとマルスとじゃれあって縺れ合ってる内に
気が付けば、水の中でお互いに身体を浸しながらと言う体勢に・・・

529 名前: 投稿日: 03/12/06 16:06 ID:搾 h7Piv/dD
マルスを抱き締める形で私は、マルスと川に寝転ぶ状態でした。
火照った全身を水に浸して、さらにマルスの毛皮の抱き心地の良さで
石とかの転がった川に寝そべるのも、そんなに悪い気はしませんでした。
と言っても、一分も寝そべっていたかどうか・・・

抱き合っていたマルスが、すぐに顔を起こして私の顔を舐め始めたので
それどころではなくなったんですけど。

またさっきの繰り返し、いえ、マルスに上から攻められる分、
分が悪かったかも。
私もついつい暴れてしまいました。

530 名前: 投稿日: 03/12/06 16:07 ID h7Piv/dD
少し暴れた所為か、水の中に潜ってしまって
軽く溺れてしまい、私は、身体を起こした状態で
息を荒くしてしばらく動けなくなったんです。
と言っても座った状態でした。
私が、水の中で暴れたんでマルスも驚いて舐めるのを止めていたと思います。
多分、あまりその時、マルスが、どうしていたのかは記憶にありません。
ただ、我に返った時には、マルスは、さっきと同じように
私にじゃれ付くように舐め回していました。

しかも、顔じゃなくて私の身体の方に舌を這わせてきたんです。

531 名前: 投稿日: 03/12/06 16:09 ID h7Piv/dD
胸と言うか、乳首にマルスの舌が触れた瞬間、
ビクンって身体が跳ねるように感じたことだけは
物凄く覚えています。

もしかしたら、我に返ったのは、その感触のせい
だったのかもしれないです。
初めての経験でした。

胸を舐められると言うか、身体を舌が這う快感は、
表現できない得も言われない気持ちにさせられました。
腰が抜けるって言うんですか?
まさにそんな感じで、私その場に崩れるように倒れちゃいました。

539 名前: 投稿日: 03/12/07 04:22 ID gt2ajeva
マルスは、私に覆い被さるようにして舐め続けてきます。
おそらく、この時点で私も感じていたのだと思います。
抵抗しようと思うよりも、私は寧ろ、もっとと言うように
マルスに身体を預けてしまってました。

力が抜けてしまったのもあるでしょうけど、背中が川底の
石に当たって痛い筈なのに私は、川に仰向けに寝転んだまま、
マルスが舐め続けるままに任せてしまってました。

気持ち良さに任せてと言うほどの時間は、
実際には短かったと思います。
何故って、確かに快感に溺れていたように思うんですけど
また、さっきと同じように溺れると困ると思ったのか、
私は、マルスの顔を抑えて今度こそ起き上がりました。

540 名前: 投稿日: 03/12/07 04:22 ID gt2ajeva
私は、息も絶え絶えだったとは思いますが、
どうにか川縁まで動いて手頃な石に上がりました。
ちょっと大きな石で腰を下ろすのにちょうど良くて
足だけ水に浸したまま、一休み。

マルスは、もう終わりなのって感じに私の方を見ていたと思います。
だけど、マルスもすぐに私の方に寄って来て
間近で身体を振って水気を私に掛けてきたんです。
あれは絶対にわざとだと思うんですけど今もって謎です。

541 名前: 投稿日: 03/12/07 04:23 ID gt2ajeva
そして遊び足りないようと言うように私の身体に擦り寄ってきました。
私は、その時色んな意味で息があがっていたので
初めて舐められたことで きっとイっていたんだと思います。

ただあの時は、疲れているとしか思いませんでしたけど。
マルスの遊んで攻撃を流して、マルスの顔を川の方に向けて
一人で遊んでいなさいって追いやってしまいました。

多分、その頃のマルスは、運動不足というか構って貰えなくて
ストレス溜まっていたんでしょうね。
,3度私の方を見てから諦めて、一人で川の中に戻っていきました。
と言ってもすぐ傍ですから、駆け回るマルスの水飛沫は、
振りかかって来ましたけどね。
それもあえてやっていたのかな。

542 名前: 投稿日: 03/12/07 04:24 ID gt2ajeva
私は、足も石の上に乗せて、その膝に顎をのっけて
しばらく駆け回るマルスの姿を眺めていました。
子供の頃に戻ったようでマルスの元気な姿は凄く懐かしかったです。
その時、私って丸裸だってことすっかり忘れていました。
膝抱えて結構すごい格好ですよね。
一糸纏わぬというのは、多分二度とできないと思います。
またやってみたいと言う衝動は今もありますけどね。

543 名前: 投稿日: 03/12/07 04:24 ID gt2ajeva
そうしてると若いから直ぐに呼吸は回復してくるんですよね。
それで私は、また足だけ水に浸けるように座り直しました。
マルスは敏感に反応して、遊んでくれるのって感じに
私の方に寄って来ました。
そのときのマルスの顔、愛しかったです。
さすがにマルスの底なしの体力を相手に遊ぼうとまでは、
子供心に思いませんでしたけど。

544 名前: 投稿日: 03/12/07 04:25 ID gt2ajeva
そうなんですよ。
その時点で私には、マルスとエッチなことをすると言う考えは、
全然ありませんでした。

と言うよりも、獣姦なんていう知識自体がなかったんだと思います。
早熟だったとは言え、当時の私の性知識なんて相当歪んだものでしたし、
インターネットもなければ、AVと言うものもなかったと思います。
だけど、事件は、偶然と言う名の必然で起こったのだと思います。
偶然でしたけど、必然だったのだと思います。

589 名前: 投稿日: 03/12/16 03:37 ID TMAObozn
濡れた身体が、蒸し暑い空気を一掃してくれて心地好かったです。
そういう気分が、後押ししていたのかなぁ。

近寄ってくるマルスを私は、今度は追い返そうとはしませんでした。
ただ、石の上から寄って来たマルスを頭を撫でようとしたんですが、
マルスは、その手を嫌うように顔を反らしました。

今だったら知識もあるので判るんですが、
犬って目があんまりよくないんですよね。
だから鼻、臭いに頼る部分があって、だからその時も、
私の手の臭いを嗅ぐように顔を反らしたのだと思います。
だから、偶然だったのだと思います。

私の手を避けたマルスの鼻先が、体育座りをしていた私の
あそこに触れたのは……

590 名前: 投稿日: 03/12/16 03:38 ID TMAObozn
ひゃっ
びっくりした私は、その時情けない変な声を上げたと思います。
初めて大事なところを自分以外に触られた感触は、
どう表現すればいいでしょうか。
ただ、私は、そこでようやく自分が、性的に興奮していたことを
自覚したと思います。

バランスを崩して石の上から落ちそうになって慌てて
体勢を整えようとしていた私は、マルスの行動を制止している余裕が
なかったんです。
だから次の瞬間、マルスが、私のあそこに興味を覚えてだかで
更に鼻をクンクンと寄せてくることを避けることはできませんでした。

591 名前: 投稿日: 03/12/16 03:40 ID TMAObozn
多分、既に濡れていたんでしょうね。
マルスの暖かい鼻息が、あそこを当たることで更に火照っていました。
そして、そのことを私自身が自覚するよりも先に
マルスの舌が、あそこに触れてきたんです。
それは、さっきの胸を舐められた比ではなかったです。
私は、マルスの舌から逃れることも抗うこともできず、
石から転げ落ちないようすにするしかなかったです。
ただひたすら、マルスの舌が、あたしのあそこを這うだけでした。

719 名前: 投稿日: 04/01/23 02:22 ID gJapi6yx
電気に感電したとでも表現するのがいいんでしょうか?
本当、思い出しても表現しきれないです。
私は、「あっあっ」と短く声を漏らしながら、
マルスに止めてとは言えませんでした。色々な意味で。

結局、私は、石の上から転げ落ちてしまうんですが、
だけど、砂利の上に落ちたはずなのに痛いとか
汚れるとかということは思わなかったです。
ただ、転げ落ちたことでマルスの舌から開放されて
ホッとしたと言うよりは残念に思う私がそこに居ました。

720 名前: 投稿日: 04/01/23 02:23 ID gJapi6yx
突然視界から消えた私にマルスは驚いたのか、
きょとんとした感じで私がさっきまでいた石に
前足を掛けたままでした。

そして私は、半ば放心して地面に倒れたまま、
仰向け状態でそのマルスを見詰め。
やがて私は、無意識にマルスの名前を呼んでいました。
マルスは、反応して私の方に身体を向け、跳ねるように
地面に倒れている私の元に近寄ってきました。

721 名前: 投稿日: 04/01/23 02:24 ID gJapi6yx
マルスは、倒れている私に擦り寄ってくる時、
ほんの一瞬、私の顔と下半身のどちらに行こうかと迷った感じでしたが、
私が、更においでおいでとすると私の顔に擦り寄ってきました。

私の顔を舐めようとするマルスに、私は、舌を絡ませるように
自分の舌を突き出してマルスとキスしたんです。
実際のところは、私の口の中までマルスの舌が分け入って来たんですけど。
今考えても、あれが、私の始めてのディープキスだったと思います。

私は、マルスの首に手を回して激しく求めてしまってました。
だけど、私ってつくづく学習能力ないですよね。
このマルスとのキスは、そのまま、顔中を舐め回される形で
私が根負けしちゃうんですから。

722 名前: 投稿日: 04/01/23 02:26 ID gJapi6yx
そして、マルスの首に回していた手を放しても、
マルスは私の顔を舐め続けます。
なので、私の方からマルスの顔を私の顔から別の方に反らすことになりました。
身体の方へと。

するとマルスは、上半身の方は、軽く舐めただけで
さっさと私の股間の方に顔を埋めて、
またも、あそこを舐め出したんです。
マルスの舌が、私のあそこから愛液を掬い取り出しました。

もうその時は、溢れていたのだと思います。
ベチャベチャと音を立ててマルスが、
私のあそこから溢れ出すものを
舐めて飲んでいる音が聞こえてくる気がしました。

723 名前: 投稿日: 04/01/23 02:27 ID gJapi6yx
恐らく、そこで足を閉じるなりしていれば、良かったのだと思います。
そうしていれば、私は、禁断の扉を開けずに普通の生活を営めたのだと……
とは思えませんけど、今の私はいなかったでしょうね。

私は、気がついた時には、自ら足を広げ、腰を少し浮かして
マルスの舐め易いようにその身体をマルスに差し出していました。

【1/4】 【2/4】 【4/4】
にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ