かりん
かりん

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】【7/8】 【8/8】

235 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:20:25.35 ID:8XfLB9fwO
昨晩は栄光ある同僚との酒を交えたひと時を過ごした。朝まで飲
み、しばらく寝てしまった。

皆様、大変待たせた。誇り高き風俗嬢に童貞を贈った話のエピロー
グである「私の初体験が終わった話」をしよう。

短めだ。
木曜日に貼れたと今更後悔している。
終わりは一瞬で過ぎていく。

237 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:23:24.17 ID:8XfLB9fwO
今年のゴールデンウィークだ。

私は川崎にいた。

この日私はある目的があって川崎にいた。

ソープだ。

あかなめに会いに来た。

――
私があかなめとSEXをしてから一年間私の身の上にはいくつかの
災難がやって来ていた。それらはすべて闇の歴史となっている。

生涯、私はこの一年間を忘れない。全てが駄目になった。
これから私が歩いて行くかもしれない道はなくなり、これまで歩
いてきた道も崩れていた。私はその場で立ち止まるしかないだろ
う。



238 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:24:40.68 ID:8XfLB9fwO
同時に何人もの風俗嬢に抱かれた。風俗とは人生だ。直面した時
にはいかなる悲劇も、時がそれを喜劇に現像してくれる。それを
信じなければ、私たちは生きていくのがなお辛い。

239 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:27:32.01 ID:8XfLB9fwO
何度もあかなめに会いたくなった時があった。でも、次の機会へ
と先送りしていた。

私はあかなめが風俗嬢として矜持を持ち続けているとばかり考え
ていたからだ。

何度もあかなめの肉体でオナニーをした。あの締まり具合を思い
出した。あのフェラを思い出した。あの抱きしめられた時の激痛
を思い出した。

あかなめは私にとってかけがえのない風俗嬢の一人となっていた。

なぜ逢いに行かなかったのか

いつでも逢いに行けると思っていたからだ。

一度SEXした女性と逢うのが私の中で気負いになっていたからだ。

今思うと自分がゆるせない。タイムマシンに乗って、その時の私
のアナルにおちんちんをねじ込んで成敗してやりたい気持だ。

240 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:29:42.33 ID:8XfLB9fwO
不意に、あかなめに会いに来たのに理由はなかった。一年ぶりの
SEX
をしたかった。

童貞を贈った誇り高き風俗嬢に会いたかった。闇の歴史を紡ぐ中
で不安に駆られ、ちょいとばかり甘えたかった。そんなところだ
ろう。

ともかく私はあかなめにSEXするために川崎に来た。

一年前、宙を飛んでいく気持ちで歩いた道を歩き、その店に入った。

しかし、その店にあかなめはいなかった。

店員に尋ねると、あかなめはGW前に店をやめていた。

――
私には、それが真実なのにエイプリルフールの冗談に聞こえた。

241 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:39:26.46 ID:8XfLB9fwO
私はこれまでSEXした風俗嬢が今もその店にいるのかどうか、思い
出したように調べる癖がある。私を抱いた風俗嬢たちが店を去っ
たことは何度もあった。そのたびにそれが真実なのだと認めてき
た。

あかなめの場合、冗談としか受け取ることができなかった。

あかなめは、ずっと離れないとばかり思っていた。

――
あかなめとSEXしたい。おちんちん舐めてもらいたい。

どこかの店にまだいるのかもしれない。

それが希望だった。愚かな希望だった。利己的な希望だった。

失われた童貞を求めて私は堀之内を歩いた。

242 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:41:24.17 ID:8XfLB9fwO
店に入るたびに以下の会話を重ねた。

――
ぎょろ目の女に会いたい。

――
変わった趣味でございますね。

――
私が、童貞を贈ったものだ。

――
は、はあさぞかし、思い出深いでしょう。

――
いないか。

−−
従業員のプライバシーは守ります。

と、言われたが、

――
誰しも、言葉にできない思い出を持って生きています。

風俗はその象徴。男も女も、客も従業員も、言葉にできない思い
出をここで作って去っていきます。

仮にいたとしても、他人の私が申し上げることは無粋です。

と言いたいのだと、私はわざと勘違いした。

−−
そうか。

去りゆく私の背中にその従業員はため息をついたが、

――
思い出。時として味方に、時として敵になります。厄介な物を、
私たちは抱えていますね。

と、言う意味のため息だと私は意図的に解釈した。

243
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:44:25.60 ID:8XfLB9fwO
店を渡り歩くたびに、胸がピアノ線で絞められた心地がした。

おちんちんが硬くなってきた。

不安定な私はコンビニのトイレでオナニーをすると言う自殺行為
の後、いくつものソープを回った。でもあかなめはいなかった。

――
あかなめ。あかなめ。どこへ行った。お前とSEXしたい。おっぱ
いを触りたい。硬いお尻をなでまわしたい。あかなめ。あかなめ。
どこへお前は言った。

流浪の旅は終わらなかった。日が暮れた。川崎へ来た時は日がま
だ高かったのに。

私はある店に入った。




244
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:45:52.02 ID:8XfLB9fwO
――ぎょろ目の女はいるか。

――
どうしてだ。

その従業員は中年の男だった。裏道を歩いてきた彼の風格が私の
首筋を強張らせた。

――
私が童貞を贈った女なんだ。

――
そいつを探しているのか。

―――
ああ。

男は紫煙をくゆらせ、

――
もう、お前の初体験はもう終わったんだ。そいつの膣からペニー
ニを抜いてやれ。

と私に言った。

その時、私は自らの浅はかさにようやく気がつき始めた。

245 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:47:12.77 ID:8XfLB9fwO
愚かな希望にすがり、逢いに行けるときに会いに行けず、自分の
気まぐれで逢いに来て、逢えずに狼狽している。

そんな自分に気がついた。

――
私の初体験は一年前だ。あかなめで何回も射精した。あかなめ
に今日は逢いに行こうかと考えた。

この一年、あかなめのことを何度も思い出して精子を出した。
この一年間、私はあかなめとのSEXで使用済みとなったコンドーム
をおちんちんに、ずっとつけたまま生きてきたのだ。

都合のいい女として私は彼女を扱ってきたと今理解した。

246 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:48:42.13 ID:8XfLB9fwO
都合のいい女。それは間違いだ。

誇り高き風俗嬢たるあかなめをそのように扱うのは、間違いだ。

私は従業員に言った。

――
ああ、もうコンドームは外すよ。

と。

−−
そ、そうか。

と彼は答えた。

247 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:51:21.93 ID:8XfLB9fwO
かつてあかなめは言った。最初が大切だと。最初に全てが詰まっ
ていると。

あかなめは私にとって最初の女だった。あかなめに全てが詰まっ
ていた。

あかなめ、もう、君を探さない。

あかなめ、でも、君がいったことを真とするならば、これから先
逢う風俗嬢はみなおまけなのだろうか。

あかなめ、それでも、もう君を探さない。

最初であることには変わらないだろう。時として最初とは最後で
あることもあるのだ。君が最後であるかもしれない。

それは今でもわからない。

あかなめ、だからこそ、もう君を探さない。

堀之内でも、どこかのソープでも、風俗誌でも、そして私自身の
思い出の中にも。

あかなめ、もう、君を探さない。

――
こうして私の一年をかけた初体験が終わった。

最後にその男性従業員がいる店で、Bカップの乳首がでかい女性と
大変興奮するSEXを過ごしたこと、フェラで射精したこと、バック
で射精したことを付け加えておこう。

以上で終わりだ。

249 名も無き被検体774+2012/06/16() 15:20:05.26 ID:oaMo1p8u0
先生、お疲れ様でした。

251
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 17:24:40.33 ID:8XfLB9fwO
生中だしではない。
挿入時の腰の振り方やテクニックが素人みたいで興奮した。

あかなめには惚れてないない。
ただ特別な性の対象だった。

ところでこの後如何しようか。




252
名も無き被検体774+2012/06/16() 17:39:07.16 ID:RO0kxT/Y0
他の風俗経験頼む

253 名も無き被検体774+2012/06/16() 18:16:38.84 ID:oaMo1p8u0
他の作品あれば是非見せて頂きたい

255 名も無き被検体774+2012/06/16() 22:06:03.25 ID:Yfx3InS3O
「犬になった話」と「業が深いオナニーをした話」もよろしくお願いします

258 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 04:05:50.91 ID:6j7GEXWeO
皆様、今残り2話を書いています。
日曜中には出来るかと。
ご無礼ですが、お待ちください。

261 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 16:40:11.41 ID:6j7GEXWeO
持ち帰りの仕事を済ませて、ゲームをクリアさせた私は今この文章を打ってい
る。

一週間前だ。酔いに任せてスレを立てた。パソコンがアクセス禁
止のため携帯から書いた。

すぐに終わると思ったが、予想以上にあかなめとの思い出が長引
いた。仕事も忙しかったのも理由だが、新人とはいえ、手を抜き
すぎた結果だ。

気ままに書いていたためでもある。一週間、当初からレスを読ん
でいた人はどれほどいるだろうか。

当初予定していた話はすでに終わりである。

しかし、予想以上に反響をいただき、私にも欲が出てきた。

そして私は下記二話をここに書き記す。

「犬になった話」
これは私が初めてヘルスへ行った話である。

「業が深いオナニー」
これは20の時のオナニーの話だ。

この二つの話は一年間ほどの期間があるが、互いにリンクしてい
る。

まず、「犬になった話をしよう」。

この話は東日本大震災が起こってから一週間後の話である。

262 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 16:43:00.98 ID:6j7GEXWeO
場所は横浜曙町だった。

この時私は就職活動生だった。地震のせいであらゆる選考が伸び
てしまって、暇を持て余していた。

暇なときほど人はくだらないことを考える。当時の私はそう思っ
た。

思えば、これが私にとって、人生をまた少し変えた、考えでもあっ
た。

この日より一年前、大学二年の一月。私はある片思いの女性と長
いお別れをした。

あの頃の私は今よりもずっと女性が苦手だった。話すときは声が
甲高くなり、落ち着きなくそわそわした。

片思いの相手に対してもそうだった。このことは「業が深いオナ
ニー」で述べる。

話を戻そう。

私は女性への免疫を身につけたくて、風俗へ行くことにした。

何かをしなければならないと考えていた。どんなことになろうと
も。何かをしなければならない。そう考えた。

結局、私は風俗へはその時はいかなかった。

そんな思い出を持つ私が曙町へ行った。

格段の決意があったわけではなかった。何かがあったわけでもな
かった。必要以上の気負いは行動を邪魔にしかしないようだ。
一年前の緊張がなくなっていた。




263
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 16:46:11.35 ID:6j7GEXWeO
私はネットで予約をして、割引券を手にその店にいった。

夜の八時だった。50分コースだった。店舗ヘルスだった。部屋番
号を指示されて私はそこへ行った。狭い、薄暗い廊下に扉が並ん
でいた。

女性物の靴だけが揃えておいてある扉があった。男性物の靴が並
んでおいてある部屋があった。

自分の体では手足がなくなっていた。先のことが全く考えられな
くなっていた。

指定された扉をノックした。

開いた。

中には女性がいた小さな女性だ。

264
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 16:47:21.51 ID:6j7GEXWeO
160センチくらいで、中肉中背、薄暗いせいかもしれないが、薄化
粧の女性が私を迎えてくれた。いまどきのかわいらしい、丸顔の
かわいらしい女性だった。

部屋の中は落ち着いていた。デザインに凝っていたが、シックな
落ち着いた基調だった。

私は彼女にちゃんと伝えた。童貞であること。キスもしたこと。
女性の手を握ったこともないこと。

彼女は戸惑った。

「私も人見知りだから緊張しちゃう」

彼女が下着を脱いだ時、私は瞬きなしで彼女の裸体を見つめた。
太股に入れ墨が入っていた。

服は彼女が畳んでくれた。靴下はにおったら恥ずかしいので自分
で畳むと申し出た。

「私がやりたい」

彼女は自分の顔に、やたら私の靴下を近づけて畳んだ。

265 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 16:49:05.43 ID:6j7GEXWeO
シャワー室では、彼女に体を洗ってもらった。

不思議な気持ちだった。裸の女性に体を洗ってもらうなんて。
おちんちんを洗ってもらった時は私は舌を出して悦んだ。

「胸触ってもいい」

とたずねた。

「いいよ」

と許可が下った。

私は彼女のおっぱいを触った。Cカップ硬いおっぱいだった。

ホォー」

と私は嘆息した。おっぱいって硬いんだ。

「ナルホドネー」

モンミモンミ。

「なるほどいわないでよ」

彼女は失笑した。

266 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 16:57:04.85 ID:6j7GEXWeO
――女の子のいやらしいところ全部教えてあげる。

ベットへは彼女に導かれた。

「キスしてえ」

と甘ったるく言われた。

ここで問題が発生した。私はキスをしたことがなかった。

厳密にいえば、自宅で飼っているメスニャーにも拒まれた経験が
あった。鼻の頭をかまれた。

「噛まないでね」

と前置きをした後、私はファーストキスを彼女とした。

唇を合わせて話そうとすると、彼女の舌が私の鼻の頭をなでた。

――
なるほど、そうきたか。

「離さなくていいよ」

と彼女から言われ、今度はディープキスをした。

「ぬぬーん」

彼女が唇を絡ませてくる。私の頭の中は真っ白だった。なすがま
まにされていた。

267 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 16:59:21.45 ID:6j7GEXWeO
キスが終わると私は横になった。全身を舐められた。

「乳首開発しちゃおっか」

と意地悪く彼女に言われた。彼女はそのまま私のおちんちんをな
めた。生涯初のフェラプレイだった。

そうかおちんちんをなめられるのはこのような感覚を得るのか。

手でしごいたときとは異なる刺激が私のおちんちんを流れた。

「フォラアアア。ヒモチイイデスウ」

私はあえいだ。

上目遣いの彼女の頭をなでた。女性の頭をなでたのもこの日が初
めてだった。

――
これが情事か。挿入はなけれども情事をほんの少し垣間見た。

彼女はかわいらしい女性だった。13000円でこんな女性におちんち
んをなめてもらえるなんて。

――
私は女性を見る目が今よりもはるかに劣っていた。彼女が天使
に見えた。性の天使に見えた。

――
私は女性を見る目が今よりもはるかに劣っていた。

見かけと童貞をいたわる優しさで、その天使の仮面の下に隠され
ていた閻魔大王の姿を見抜くことができなかった。


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】【7/8】 【8/8】