あさみ
あさみ

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

296 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:01:51.58 ID:JSD9Ai8IO
冬休みになった。初日だった。
私は性欲も食欲もなく、布団で寝ころんでいた。

骸骨のことを考えた。
今頃彼氏と何をしているのだろうか。
遊びに乏しい私には理解できなかった。

――
SEXかなあ。

不埒な考えが頭をよぎった。

私は幼かった。骸骨のことを「他の女性とは違う特別な人」と考
えていた。自分でも気持ちが悪い考えだが、その考えを捨て切れ
ずにいた。

骸骨は私のものではない。骸骨が何をしようと私が口を出すのは
おかしい。

もう骸骨のことを忘れたかった。一方的に、利己的に、私は彼女
を闇の歴史にしていた。

出会わなければよかった。
嫌いだったらよかった。

−−
想像力はいつも時を超えるタイムマシンだ。
私はタイムマシンに乗って、骸骨が彼氏と今までどんなことをし
たのかを考えた。

――
あんなぁこと。

――
こんなぁこと。

――
やぁったでしょ。

「うおおおお」

私は最悪だった。勝手に想像して勝手に傷ついていた。



297 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:03:42.87 ID:JSD9Ai8IO
私は異常に女性を美化していた。
SEXはいつもAVの中での出来事だった。身近な人間がそんな
ことをしていることを考えると、嫌悪の感情を持った。

――
お前、この思考回路は性犯罪予備軍だぜ。

と私は自分に言い聞かせた。

しかしタイムマシンは暴走をしていた。
時を超えるだけでなく、AVの世界にまで骸骨と彼氏を連れていっ
た。

「おおおおおお」

自分が嫌だった。脳みそを取り出してしまいたかった。

惚れた女の情事など考えたくもない。
なんとでも思っていなかったら、こんなこと考えずにすんだ。

嫌いだったら、ただの性の対象だけの存在だったら、こんな風に
は思わなかった。

いっそのこと、いっそのこと――性の対象にしてしまえ。

当時そんな風に非論理的に私は考えた。愚かな、本当に愚かな若造だった。

嫌いになりたい。愛情を消し去りたい。そんな思いで私はおちん
ちんをしごいた。

――
私は骸骨をおかずにオナニーを始めた。

298 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:04:33.15 ID:JSD9Ai8IO
孫悟空よりも高い妄想力を駆使して私はオナニーを始めた。
身近な人でオナニーをするのはこれが初めてだった。

私の妄想が始まった。

――
骸骨はOLの服装をしていた。

299 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:06:04.86 ID:JSD9Ai8IO
今でもそうだが、私はAVメーカープレステージの働く女シリー
ズが大好きだ。

骸骨を入社4年目の広告代理店の事務職という設定にした。

おちんちんは硬くならない。まだ彼女への思いがあるのだろう。

遊ぶ金欲しさにAVに出るという設定だ。

始めはホテルでのソフトSEXだが、職場にやってこられて、ロッ
カー室でSEX。終業後の会社内でSEX、おまけに男優から汁
をぶちまけられる設定だ。

妄想が始まった。インタビュー、ホテルへ、私服で男優に乳をもまれた。

「ほおおおおお」

そのあと、にこにこしながら男優のおちんちんをさすり、フェラ
をした。次に膣を刺激されて、胸もとが赤い。

「ああああ」

――
そして。

――
私の部屋のふすまにノックの音がした。

300 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:07:00.09 ID:JSD9Ai8IO
「どうしたあ?」

爺ちゃんだ。

私はなんでもないといった。
私は布団の中で横になっていた。おちんちんは見えていない。
しかしさすが青森で本土決戦に備えていた海兵隊の一人である。

「小さな声でつづけろよぉ」

と言ってふすまをしめた。

絶望の中、私は妄想を続けた。

301 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:11:33.83 ID:JSD9Ai8IO
騎上位。バック。カメラからよく見えるアングルでの立ちバック。
正上位。骸骨はつぶれた声であえいだ。酒でつぶれた声をしてい
たので、熟女のそれと似ていた。

――
私のおちんちんはまだ硬くならない。

骸骨が男優と一緒に果てた。
場面が変わり、職場に押し掛けてきたスタッフにたじろぐ彼女、
脅されて強引にロッカールームへ連れて行かれる。

制服のまま乳を二人の男優にもまれる。耳をなめられ恍惚の表情
を浮かべた。服を剥がされ、下着を脱がされ、骸骨は犯された。
二人の男に前後の穴をふさがれ、苦悶の顔を浮かべていた。でも
前後に体を動かす。

「最悪や」

と私は言った。

「金のために体売るなんて最悪や」

私は、思ってもいけない言葉だ。AVで射精することをライフワー
クにしている者が言っては決してならない言葉だ。

第一職業に貴賤はない。従事する者の志にも貴賤はない。
語れるほど私は生きてはいない。

「最悪や。最悪や」

私のおちんちんは硬くなってきた。
後悔にさいなまれた。片思いの相手が、犯されているのを想像し
て、何が気持ちいいのだ。何を興奮しているのだ。

しかし、私にはほかに思いつくすべがなかった。
他に、骸骨を忘れられる方法が、苦痛から逃避行できる方法がな
かったのだ。

――
愚かな、本当に愚かな若造だ。ここでやめておけばよかったんだ。

苦しみから逃げるのに、一番安易で、そして悲しむ方法を選んだ、
馬鹿な若者だ。




302
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:13:11.67 ID:JSD9Ai8IO
妄想は進んだ。

社内でのSEXが始まった。複数の男にOL服を骸骨が剥がされ
ていく。

抵抗するも男たちに組み伏せられる。顔面に汁男の精子をぶちま
けられ、嫌がっている。

それでもあえいでいる。
金のためにあえいでいる。

私のおちんちんは布団の中で海底火山となって噴火する直前まで
来ていた。

――
その時だった。

汁男の一人に私が出てきた。

「いやあああ」

と私は呻いた。なんで私が出てくるんだ。妄想は本格的な暴走列
車となった。

――
私は彼女の顔にぶちまけた。

――
同時に布団の中でもぶちまけた。

ここで私はミスを犯す。ティッシュを忘れていた。

布団の中は阿鼻叫喚の地獄絵図となった。

「うわあああ」

二つの意味を込めて私は言った。

303 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:14:57.98 ID:JSD9Ai8IO
――妄想は賢者タイムを迎えることはなかった。

妄想の中の骸骨は、ザーメンにまみれた顔を私にこの場合カメラ
向けて、

「ねえ、楽しい?」

とたずねた。楽しくないだろう、と私が反論すると、

「どの道最低」

と骸骨は答えた。

――
妄想は続く。従来の設定を無視して、妄想は走る。

骸骨の彼氏が出てきた。場面も変わっている。女性の部屋だった。

骸骨と彼氏が愛のある情事を始めた。
なぜか私が全裸でちんこを隣でしごいている。

布団の中のおちんちんはまだ爆発を望んでいた。
私はしごき始めた。
骸骨に強要されるかのようにしごいた。

オナニーをしたくなかった。でもしなくてはならない。そんな義
務感があった。

304 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:18:47.56 ID:JSD9Ai8IO
骸骨と彼氏は互いの名前を言いながら交尾を続ける。
「愛してる」だの「ずっと一緒」だのを
ささやきながらの交尾だ。

彼氏の射精と一緒に私も射精した。二度目だ。今度はティッシュ
を使った。

そこで、やっと妄想は終わった。

残ったのは、布団の精子と、湿ったティッシュ、そして愚かな若
者だ。

――
愚かな、本当に、どこまでも愚かな若者だった。
目先の安らぎを求めて、結局無間地獄に落ちた若者だった。

射精後の私のそばには罪悪と後悔、己の異常さの三者がおちんち
んをしごきながら正座して私を、見つめていたいた。

「いやあああああ」

私の悲鳴と三者の射精は同時だった。自らの精子に私は溺れた。

人の一生は「こんちにわ」と「さよなら」の二言できている。当
時の私にはそのことが分かっていなかった。骸骨との「こんにちわ」
も、いつか「さよなら」で終わる。そんなことが分かっていなかっ
た。

業が深いオナニーはここで終わりだ。

付け加えて、布団の掃除が大変だったこと、爺ちゃんと顔を合わ
せるのがしばらく辛かったことを述べておこう。

305 名も無き被検体774+2012/06/18() 02:23:59.62 ID:HM1VVMuF0
乙であります
もっと色んな話を続けて欲しいな

307 忍法帖【Lv=3,xxxP 2012/06/18() 02:32:18.24 ID:0j6/Da8jO
面白かった!
先生、乙です!

308 名も無き被検体774+2012/06/18() 02:32:45.07 ID:IsxpIOOi0
先生の書き方とか
セリフの言い回しがおもしろい

ハードボイルドには程遠いがwwwww

もっと色々書いてプリーズ

309 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:46:50.98 ID:JSD9Ai8IO
皆様、先ほど私は考える事があると述べた。

どうやら本スレは様々な まとめサイトに載っただけでなく、ツイッ
ターでも凄いことになっているらしい。

実は夕方には、もう、書けていた。

でも反響の大きさに私は戸惑いを感じていた。

もし期待にそうものが書けなかったらと思うと、続きを掲載する
勇気がなかった。

でも掲載した。

ここは私が立てたスレだ。
私を待つ人がいる。
書くといった。

だから掲載した。




とはいえ、もう書くネタがない。


最後の最後のわがままを言わせてほしい。

実は、業深きオナニーの後日旦がある。

エロなしだ。

それを掲載して、終わらせる。

では、最後の心ストリップショーを、始める。

310
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:51:48.56 ID:JSD9Ai8IO
――業が深いオナニーをしたその後をだらだら書く。

「オナニーしながら町を走った話」

業深きオナニーをした私は、生きているのに死んでいた。
何もしたくはなかった。
何かを失う。喪失感だけが、私に寄り添っていた。後AV

−−
何かを失う。それは何かと出会う。そのことに気が付きもせず
にいた。

その日私は友人と飲んでいた。居酒屋だ。1500円あればだいぶ楽
しめる居酒屋だ。

気晴らしに読んでみろと、私は沢木耕太郎の「深夜特急」を勧め
られた。

私は本屋に向かった。「深夜特急」はなかった。

代わりに「一瞬の夏」という本を手に入れた。タイトルがおもし
ろそうだったからだ。

カシアス内藤という一度ボクシング界から消えた男が、30を前に
してボクシング界へ復帰する話だ。東洋チャンピオンに挑み、破
れて引退する。それだけの話だ。

311 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:53:38.02 ID:JSD9Ai8IO
同時にまた別の友人から勧められて黒澤明の「生きる」を見た。
市役所の課長が公園を作る話だ。

さらに「一瞬の夏」に触発され、「ロッキー」も見た。これもボ
クサーがチャンピオンに負ける話だ。

――
人の一生を変えてしまうのは、何も大きな出来事ばかりではな
い。

ドラマに大小は存在しない。ドラマにスポットライトも観客も、
歓声も必要ではない。

私は中身のない人間だ。単純なことに、三作品に触れただけで、
これまでとは違った行動を始めた。

三作品に共通するものがある。主人公たちはみんなへっぽこだっ
た。ダメ人間・負け犬と表現するよりも私は、へっぽこと表現し
たい。

312 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:55:50.02 ID:JSD9Ai8IO
この三作品はへっぽこ達のドラマだ。立ち止まった人間たちが歩
き出し、敗北するドラマだ。

特に「生きる」は誰からも注目されないドラマだ。
「生きる」恋愛ものでもある。異性へのそれではない。自分だ。
自分の歩いてきた道を肯定する話だ。

主人公の市民課長は奥さんを亡くしてから死んだように覇気がな
く生きてきた。

胃がんになり、悲しみのどん底に落ちた。大切にしていた息子に
も見捨てられ、口下手なせいで、自分の病状を告げることもなか
なかできない。

そんな男が市民の要請で公園を造った。そして死んだ。
葬儀で、彼の遺体を発見した警官の口から、課長の最後の姿が伝
えられる。

−−
雪が降る公園。そこで課長はブランコにのり、大正時代のラブ
ソングの一節「命短し恋せよ 乙女」と歌うのだ。

命短し恋せよ乙女。「命短し」は胃がんで死期が近いことだ。
では「恋せよ乙女」とは何か。

私は「乙女」は課長自身のことだと考えた。

「恋せよ」これは自分を好きになること。残りわずかな生涯を公
園造りにささげた。

ブランコに乗りながら彼は思ったはずだ。これまでの生涯を。

「恋せよ」

これは、「これまで」の自分。「今」の自分。どんなに短くても
いい「これから」の自分を愛する。そういう意味だと私は考えた。

314 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:58:34.33 ID:JSD9Ai8IO
「一瞬の夏」「ロッキー」「生きる」他人の人生だ。時代も育っ
た環境も異なる他人の人生だ。おまけに作り物でもある。

それでも私は彼らに自分を見た。名作には、観覧者の見た景色が、
必ずある。

綺麗な表現で言えば、私も立ち止まっていた。

ずっと。高校時代のあの出来事からずっと。何も変わっていなかっ
た。

遠くへ行きたい。そう思った。

自分を変える。そんな表現じゃない。自分は変えられない。思い
出は変えられない。

これまでの自分から距離を置きたかった。今の自分よりも遠くへ、
ずっと遠くへ行きたい。

非常に分かりにくい表現で申し訳ない。自分でも思う。変えるん
じゃなく、遠くへ行くのだ。なぜかこの表現でないと、私はその
時のことを語れない。語彙力不足だ。

私は走りだした。夜中に、朝に、昼に、走った。一日一時間ほど。




315
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 03:00:26.18 ID:JSD9Ai8IO
走りながら考えた。

自分のこれまでは何だったのだろうか。意味はあったのか、なかっ
たのか。どうだったんだ、俺よ、教えてくれ。

なぜ自分から遠くへ行くのに走る手段を選んだのだろうか。今で
もわからない。走りたいから走る。その程度だったんだろう。

雨でも走った。カッパを着て。どんな時でも走った。

10
日ほどたって私は、自分のこれまでに意味があるかないかを考
えること自体が無意味なことに気がついた。同時に私は立ち止まっ
ていない、ずっと前に進んでいたことに気がついたのだ。

316 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 03:02:01.30 ID:JSD9Ai8IO
――私は走るなかで、自分を好きになることも同時に考えていた。

好き。これはナルシズム的な意味合いにもなるかもしれないが、
恐れず言おう。

毎日起こる出来事は必要だから起きたのだ。

不良に絡まれたことも、母に言われたことも、業が深いオナニー
をしたことも、必要だから起こったのだ。

これは大変自分を甘やかす考えだ。それでもいい。私は自分に厳
しく出来なかった。それならば徹底的に甘やかそう。私は、開き
直った。

全部必要だった。無駄じゃない。意味がないわけない。否定する
ほどの勇気を私は持ち合わせていなかった。

そう考えると、私は前に進んでいた。高校時代のあの怪我から私
はずっと立ち止まってウジウジしているとばかり思っていた。
そうではなかった、と自分に叫んだ。

私は進んでいた。よろよろでも歩いていた。前に進んでいた。

――
だから。

――
骸骨を。

――
誰かを好きになることができたのだ。

317 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 03:03:35.18 ID:JSD9Ai8IO
人間不信の私が誰かを好きになれた。
理由は、それしかない。今でもそれしか思いつかない。

骸骨。君に会えてよかった。変なことたくさんした。それでも良
かった。君に会えなかったらこのことに気がつけなかった。あり
がとう骸骨。

誰だってダメになりたくて生きているわけではない。
そういったのはマギー司朗だ。
それに私は少し付け加える。

少しでも安らかに、少しでも豊かに、少しでも幸せに、そう思い
ながら誰だって、何らかの形で歩いている。

どんな形にせよ、立ち止まったままの人間なんていない。いつか
気がつく。進んでいた。歩いていた。受け入れられない歩き方が
ある、許されない歩き方がある。

それでも、前に進んでいるのだ。

318 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 03:05:48.51 ID:JSD9Ai8IO
私は身勝手な男だ。

オナニーのおかずにしておきながら、都合のいいように骸骨を扱っ
ている。愚かだ。

私は皆様に許しを乞いたい。
私を許してもらいたい。
こう考えることしか私はできなかった。

その後私は周囲から人が変わったといわれるようになった。

社交的になった。人が怖くなくなった。新しいバイト先は大変だ
が楽しい。勉学に打ち込めた。

――
しかし残念なことに現実はテレビドラマではない。ドラマは放
送回数が決まっている。

放送終了後の登場人物たちの生涯が紹介されることはあまりない。
そこで彼らの生涯は終わっているのだ。

でも現実は違う。終わらないのだ。死ぬまで。生涯は長い。一番
いい時期のままで過ごせるはずが当然ない。

――
その後私は四年時の夏あたりから急速に運に見放されていき、
また以前のようなダメ人間に戻った。

そしてこの一週間にわたる長い長い真夜中の自分語りを、今、書
いているのである。

319 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 03:12:32.42 ID:JSD9Ai8IO
思い出。いくつもの思い出を書いてきた。
思い出。味方であり敵だ。
思い出。私達はこれから逃れることができない。

思い出。これを個人史に、さらに歴史に言いかえよう。

歴史。英語でhistory。ギリシャ語で物語。ばらばらにするとhis story

訳すると誰かさんの物語になる。

私たちが歩くこの毎日はhis storyだ。物語なのだ。

教科書には残らない人々の歴史だ。でもその人々の歴史が未来を
創っていく。

その歴史の価値を計算する電卓は存在しない。
自身の価値は死ぬ時に考える。

いろんな思い出を私は作っていくだろう。
闇の歴史を作っていくだろう。

−−
でも、自身の価値は最後に決めるようにしたい。
あかなめよ、これが私のきょうじ(←変換できなかった)だ。

これで、私の物語は終わりだ。
皆様、スレを残してくれてありがとう。

320 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 03:32:50.36 ID:JSD9Ai8IO
最後の最後は本当にオナニーだった。
まあ、いいか。
時間が時間なのでもう寝ます。

いくつか未返答のレスがあるので、それにはまた後程答えます。
では。

322 名も無き被検体774+2012/06/18() 11:21:04.71 ID:tzuXrz+K0
!


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】