絶頂微乳スレンダーA 篠崎みお
絶頂微乳スレンダーA 篠崎みお

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

268 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:01:11.84 ID:6j7GEXWeO
フェラをしていた彼女が、私によつんばえになるように言った。
私は指示に従った。するとおしりの穴に彼女が顔を突っ込んだ。

「チョホホォ!

「毛むくじゃらで臭い」と言いながら彼女が私の肛門付近を舐め
まわしてきた。ズゥーフーズィフーと深呼吸も始めやがった。

「臭い」

「ヤン!ハン!チョット、ハン!

「女の子ってこういうの好きなんだよ」

そうなのか。

しかし肛門をかように刺激されると、普段は意識しない筋肉が不
可思議な躍動感をもって動きだした。

――
屁が出そう。

私は彼女にそのことを申し出た。

「私の顔に出して」

二度拒んだ末に私は彼女の顔におならをした。犬の恰好のままの、
すかしっぺだった。ドビューと屁をした。

「女の子はこういうのが好きなんだよ」

嬉々として彼女がいう。

そうなのか。



269 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:04:02.72 ID:6j7GEXWeO
犬の恰好のままの私の背中に彼女が跨った。ローションをつけて
腰を前後にふる。

「今背中に感じてるのが、膣だよ。みたいでしょ」

「みたいです」

「ダメ」

彼女が私の尻を叩いた。

「ヒョオン」

「女の子はこういうの好きなんだよ」

そうなのか。

彼女は私の背中の上に倒れこんできた。

「今背中に感じているのがおっぱいだよ。触りたい?」

「触りたいです。吸わせてください」

「ダメ」

と彼女が私のでっぱった腹を叩いた。

「女の子はこういうの好きなんだよ」

そうなのか。

「周りの女の子も君のこと叩きたいって思ってるよ」

やっぱりか。

270 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:05:50.76 ID:6j7GEXWeO
彼女は私の耳の裏が汚いからといって舐め出した。
犬の恰好のままの私の下にもぐり、わきの下に鼻を突っ込み、お
ちんちんの周りのアマゾンを舌と鼻で探検を始めた。

「女の子はこういうの好きなんだよ」

そうなのか。

私は彼女の行動の一つ一つに興奮していた。違和感を感じたもの
の温かな肌のぬくもりを感じていた。いちいちハフハフ答えてい
た。

私は じらされていた。彼女はなかなか私に体を触らせてくれなかっ
た。両手でスーツを握りしめるしかなかった。

「ぽこんぽこんはねているね」

と彼女が私のおちんちんをなでた。

271 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:09:56.32 ID:6j7GEXWeO
「舐めてほしい?」

「ナメテクダサイ」

「聞こえない」
彼女は私のおちんちんをしごき始めた。

「ヒヤアアアアアア」

「ちゃんと言わないと舐めてあげない」

「オネガイシマス。クワエテクダシャイ」

もう限界に行きそうだった。

「キョオオオ」

「いいよ。今度は責めてもいいよ」

彼女は手を離した。

私は痙攣するおちんちんが治まるのを待って、彼女の体に向かっ
た。

272 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:15:22.10 ID:6j7GEXWeO
タイトルにもあるようにこの時私は犬だった。
恰好だけでなく、この時間の主導権は彼女に握られていた。私は
ご主人さまたる彼女のあとを従う、犬でしかない。

私は彼女の隣に寝ころび、ひたすらおちんちんを彼女の体になす
りつけ、膣にしゃぶりつき、乳首を吸いつくした。

理性はいきり立つおちんちんの前になすすべもなかった。私は彼
女とじゃれあう犬。それ以外の何物でもなかったのだ。

――
というものの、犬でも命の危険を感じたらはむかう。
同時に、彼女が本格派閻魔大王になり、私に取引を彼女は要求し
てきた。

273
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:16:57.83 ID:6j7GEXWeO
もうだいぶ興奮し、おちんちんが白いマグマのかけらを出しつつ
あった。

彼女は私を仰向けに、素股を始めた。女性器が私のちんちんを前
を通行する。

彼女は私に取引を持ちかけた。

「首を締めさせてくれたら、中に入れてもいいよ」

なにいってんだこいつ。

「女の子はこういうのが好きなんだよ」




そうなのか。


彼女の要求は私にとって大変おいしいものだった。

初めてのSEX。童貞を卒業。

「中に入れるじゃん。それで私が軽くあなたの首を絞めるの」

手にタオルを持った彼女がいざなう。

――
彼女は終始笑みを浮かべていた。
快楽の中、耳から脳みそが溶け出す心地の中で私は、それもありだなぁと思った。

後々考えるともっとシリアスに考えるべきだったかもしれない。
それでも頭の片隅で本能が、パワフルプロ野球の山田君シリーズ
によって名前が変わるがの姿になって「マズイデヤンス!マズイ
デヤンス!」を連呼し続ける、その声に従った。

「みんなSEXの時には首絞めたりするよ」

私がしているAVではタオルは出てこなかった気がする。

ともかく私はそのまま心地よい素股での行為を続けるよう彼女に
頼んだ。

274 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:18:15.42 ID:6j7GEXWeO
時折正常位で彼女の陰毛の上におちんちんを往復させた。

とはいうものの、初めての体験である。私は射精しそうでいなが
ら射精できなかった。

最終的には手コキで射精し、彼女の太股を精子で白く染めた。

これが私の初めての風俗である。

とても気持ちがよく、私は追体験を求めて風俗の世界へ進んでいっ
た。

私に一筋の生きがいを与えてくれた一日だった。

いつもより長めに付け加える。

275 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 17:20:04.31 ID:6j7GEXWeO
私はその後インターネットであの店の評判を閲覧した。首絞め女
性のことが書いてあった。

穏便ではない評判だ。やばい。危ない。病んでいる。怖いなどなど。

彼女はブログをやっていた。

その記述も道端に猫が死んでいたので写真に取っただの、台所で
飛んでいたハエをつぶしてびんに集めて、もうすぐ二つ目と報告
しているだの。写真掲載はない。私は予約した時、ブログは見て
いなかった。

もう彼女はあの店にはいない。

ブログトップページに、もう疲れちゃったとコメントがあった。

インターネットではいきなりの失踪で、店側も消息がつかめない
という。

このたび私の体験を書き記すにあたって、彼女の表情を思い出した。

今思うと、なんとなく終始目だけが、生きている人間のそれとは
違って見えていた気がする。

――
彼女は、何を思って、裸になったのだろうか。

――
そして今、どこにいるのだろうか。土の中にいないことを私は願う。

277 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 18:26:28.09 ID:6j7GEXWeO
以上で私を抱いた風俗の話は終わりだ。

次は風俗嬢は出てこない。
ただオナニーをするだけだ。

278 名も無き被検体774+2012/06/17() 18:41:19.87 ID:e02IOPmNO
面白い

こんなリアルな風俗レポートは初めて見ました

風俗通いバンザイ\(^O^)

281 名も無き被検体774+2012/06/17() 23:11:54.81 ID:njZRiuRz0
>
そうなのか
ワロタwww

282 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/17() 23:15:28.78 ID:6j7GEXWeO
皆様、少し考えたいことがある。今しばらくお待ちください。

285 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:42:29.33 ID:JSD9Ai8IO
皆様お待たせいたしました。

一週間にわたり私の風俗体験を述べてきた。

最後はオナニーだ。私は何度か、風俗へ行くきっかけについてあ
る女性の存在を上げてきた。二十歳の時だ。私はある女性に出会
い、恋い焦がれ、そして長いお別れを告げた。

これから書き記す「業が深いオナニー」はその女性をおかずにし
た時の話だ。

286 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:43:33.11 ID:JSD9Ai8IO
生来好きな女性では私はオナニーができないようだ。
一時期惚れ込んだアイドルでも抜けなかった。

性欲の対象と恋愛の対象は異なるようだ。肉豚で紹介した友里で
もそうだった、そう、かつては。

「業が深いオナニー」をした二十歳の冬に、おそらく原因がある
のだろうか。

オナニーの前に、長めの自分語りに付き合って頂きたい。

申し訳ない。このことを書かないと、オナニーができないのだ。




287
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:45:16.99 ID:JSD9Ai8IO
その女性は骸骨みたいな顔だった。えらが出ていてあごの骨がよ
く見えた。

細身でぺんちゃんこおっぱいだった。ギャルっぽい感じがあった
が、地道に物事に打ち込める、社交的で眼の大きな女性だった。
酒でつぶれた声だった。近年生まれた呼称を用いればリア充だっ
た。

また骸骨はスポーツ少女。競技の名前を記すことはできないが、
熱心に打ち込んでいた。

私は今よりも外見で人を判断する男だった。骸骨がスポーツのこ
とを話した時も、意外だった。

「嘘じゃないよ」

と彼女はのんびりした口調で訴える。男性向けの口調だ。
野郎の目がない場所だったら全く違う口調なのだろう。

288
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:46:43.87 ID:JSD9Ai8IO
私に非があった。女性と慣れていない私は、リアクションがうま
く取れず、
「へえー」
と興味がない風に、もしくは信じていなさそうな振る舞いしかできなかった。

骸骨は かばんから競技用の紺色の靴下を取り出し、私に投げてきた。
受け取った瞬間、あっためた納豆の香りが鼻の奥を蹴り上げた。
汗で冷えたのだろう、靴下の温度は低い。

「嘘じゃないでしょ」
と骸骨は私に詰め寄った。私は信じた。直情的な性格だった。

勇気を出してからかうと、

「なんて言った」

と私の眉間に拳を送り込む真似をした。一度だけヒットした。私
のメガネが曲がった。この曲がったメガネは、ある意味、二人の
共同作業で作り上げた代物だろう。

私は風俗へ行くまで、女性の体に触れたことがなかったと以前記
した。この骸骨パンチはどうだろう。カウントするか否かは皆様
に判断を委ねたい。

289 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:48:16.74 ID:JSD9Ai8IO
骸骨は私にも優しかった。私は今まで異性から親切にされたこと
がなかった。

強いて挙げれば、高校時代早退を繰り返していた私に、クラスの
女子生徒が、

「また帰るの」

と問いかけてきたくらいだ。

骸骨はよく私に話しかけてきた。たわいもない雑談やいじりを私
にしてきた。すれ違えば挨拶してきた。

「オイス」

「あ、どうも」

と私は会釈した。

彼女とすれ違うのが嬉しかった。

私は異性と関わったことがほとんどなかった。それよりも人と関
わったことがあまりなかった。

290 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:50:40.96 ID:JSD9Ai8IO
前に小中高時代について書いた。私は人間不信だった。人間嫌い
だった。なるたけ多くの人と関わるのを避けていた。己のせいな
のだが、受け入れていなかった。高校時代、不良に絡まれて怪我
をした日を境に、それはひどくなっていた。

ずっとあの日で立ち止まっている気がした。誰も助けてはくれな
かった。あんな怖い不良が相手なら当然だった。それが私は受け
入れることができなかった。私は弱い。他人を許せない、弱い人
間だ。

−−
そうか、私は困っている時に誰も助けてくれない人間なのか。
そう誇大な被害妄想を持っていた。

土日はたいてい部屋にこもって2chやハードボイルドや冒険ものの
映画や小説、ドラマを見ていた。

高校を出てからは趣味のあう友人が増えたが、まだ社会復帰には
乏しいものがあった。

アルバイトもしていたが、業績不振で人員削減されそうだった。

打開する努力もしていなかった。高校時代、学業にしても好きな
科目しかやらなかった。

山口県光市で男子高校生が自分の教室に爆弾を投げ込んだ事件が
あった。母はそれを見て、

「あんたもいつかこうなるんだね」

と予言した。

291 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:53:13.94 ID:JSD9Ai8IO
私は甘えていた。環境を理由に甘えていた。愚かでは表現しきれ
ない若造だった。

どの道、ろくな人生が待っていないのだろう。刑務所へ行くよう
なことをするに違いない。お前のような奴が危ない。何人に言わ
れただろう。

目を通して脳で処理される世界は、薄暗かった。昼間なのにだ。
雲ひとつないのにだ。

穴の中でいつまでもしゃがみこんで空を眺めていた。外の世界は
いつも晴れていた。手を伸ばせば、立ち上がれば、外に出られた。
私はそれをしなかった。

自分よりもっと辛い人がいる。お前より大変な人がいる。

何度自分に言っただろう。何度人に言われただろう。

それでも私は何も変わらなかった。

そんな私が、骸骨を好きになった。なってしまった。




292
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:54:43.77 ID:JSD9Ai8IO
授業が一緒だったので、連絡網ということで骸骨の連絡先を手に
入れた。

携帯電話に異性のアドレスを入れたのはこの時が初めてだ。母親
や親せきのアドレスがあったが、今まで使用したことがない。

業務連絡という形で骸骨に送信した。電話をした。

「骸骨さん。今お時間よろしいですか」

「んあ?」

○○先生から伝言です。今日の午後五時に研究室に来てほしいと
のことです」

「ふぉーい」

「失礼します」

「ふぁーい」

こんなやり取りをするたびに私はときめいた。

年賀はがきの代わりのメールは夜中の一時に送信した。返信は翌
日の夕方六時。一斉送信で帰ってきた。

そんなやり取りをするたびに私はときめいた。

――
この話を見ている女性の皆様に申し上げたい。
異性慣れしていない男には細心の注意を持って関わって欲しい。
童貞は戦時中の日本兵並みに大変危険な生き物なのだ。必要以上
に表現すれば、童貞は細菌兵器を研究していた731部隊よりも危険
な生き物なのだ。

293 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:56:14.53 ID:JSD9Ai8IO
私は男女の機微について全くわかっていなかった。

友人と

「直線があるとしよう。右端を『好き』、左端を『嫌い』、真ん
中を『無関心』としよう。私と骸骨は距離にして1cmくらい右端
によっているはずだと思う」

「そんな考えやめろ」

と会話をするくらいだ。

インターネットで彼女の名前を検索して、輝かしいスポーツ実績
を調べたり、彼女の男友達に近づいたりもした。

夜が来るたびに骸骨を思った。朝が来るたびに骸骨を考えた。

楽しい未来を考えた。想像力は時を超えるタイムマシンだ。いつ
も根拠のない未来へ私たちを旅行に連れて行ってくれる。旅行は
いつか終わるというのに。

三年時にゼミが始まる。私と骸骨は同じところを志望していた。
クリスマス会では私は骸骨の向かい側に座ることができた。
私は有頂天だった。

このことを私は友人に嬉々として報告していた。

「この時まだ彼は知らなかった。高い山から落ちた時ほど、怪我
はひどくなることに」

友人が言ったセリフはすぐに現実のものとなった。

294 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 01:58:06.61 ID:JSD9Ai8IO
一月だった。私はmixiをしていた。

友人の友人はどんな人だろう、とmixiの中をチョウチンアンコウ
みたいにさまよっていた。

骸骨のページを見つけてしまった。トップは彼氏とのツーショッ
トだった。一年半目だそうだ。

数日後に成人式があった。打ち上げの幹事を押しつけられた私は、
中学の同級生だった女性陣から、面倒だ、気持ち悪いと、高評価
を頂いた。男性として失格。値段にすれば1000だと、身が震える
おほめの言葉を頂いた。

定員の関係で骸骨は希望のゼミに所属でき、私はできなかった。
アルバイトも首になった。

友人の先輩である女性から、
「お前さ、恋愛ってギブアンドテイクなわけよ。みっともない格
好でみっともない性格なお前、他にやることあんじゃない。母親
じゃないの、骸骨は」と当たり前のアドバイスを頂いた。

冬休みが明けると、彼女の初詣と成人式の写真を見せてもらった。
綺麗だった。
美しかった。
何枚も彼氏と一緒に写っていた。幸せそうだった。終わらない幸
福がそこにあった。

女性慣れしていなかったのも原因だと、お門違いのことを考えて
風俗へ行こうとしていた。

295 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/18() 02:00:00.55 ID:JSD9Ai8IO
私は打たれ弱かった。

何を一人ではしゃいでいたのだろう。祭りの後は想像以上に凄惨
なダメージを私に与えた。

振り返り、文章にしてみれば何のこともない出来事だった。

時の流れはバンソウコウだ。程度にもよるが、傷口に勝手に張り
付き、傷をいやしてくれる。

しかし諸君、平成男子の心、侮るなかれ。
当時の私は生きるのが怖くなった。
明日が来るのが怖かった。
自分が恥ずかしくなった。
死んでしまおうと思った。

それは、発作的だった。正常な心ではなかった。

ある日ネクタイを首に巻いて、風呂場に向かった。
体を洗うタオルをひっかける棒にネクタイを巻き、体重をかけた。
ドアノブでも人は死ねるという。そのことを思い出しての行動だった。

呼吸ができなくなる中、浴場の鏡の中の自分を見た。
べろ出して、目をゆがめて、醜悪な顔でぶら下がっていた。それ
を見て気持ちが悪くなった。体重をかけることができなくなった。

死ぬことも私はできないのだ。


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】