【最新作】噂の検証!!まんハメ検証団×PRESTIGE PREMIUM 01
【最新作】噂の検証!!まんハメ検証団×PRESTIGE PREMIUM 01

【1/2】【2/2】

640 FREE2007/09/06() 12:21:55 ID:4JoSLW2U0
絵美「・・・・・・」

哲也は絵美の背後に回り、Tシャツの裾に手をかける。
そしてゆっくりと捲り上げた。
薄いピンクのブラに包まれたおっぱいの深い谷間が見える。
生唾を飲み込む哲也。

さらに、哲也はブラを下から持ち上げようとするが、絵美の胸に引っかかって持ち上がらない。

641 FREE2007/09/06() 12:27:49 ID:4JoSLW2U0
絵美「いやっ!」といって哲也から離れる。
  「自分でやるから・・・・・」

絵美は腕を後ろに回し、自分でブラのホックを外した。
同時にブラからおっぱいが開放され、ブラのしたから、乳首を乗せた大きめの乳輪が顔をだした。

哲也「すげぇ・・・・」

一歩、絵美に近づく哲也。

642 FREE2007/09/06() 12:34:31 ID:4JoSLW2U0
一歩下がる絵美。
しかし、背中に壁が触れて、これ以上は下がれない。

哲也「もっと、じっくり見せてよ!」

哲也の顔が絵美のおっぱいに近づく。
哲也の鼻息が荒い。

哲也「すごいよ。絵美ちゃん。これが絵美ちゃんのFカップなんだ」

643 FREE2007/09/06() 12:38:51 ID:4JoSLW2U0
そう言いながら、おっぱいに手を伸ばす哲也。
哲也の手が絵美のおっぱいを下から持ち上げる。

絵美「ずるいよ!見るだけっていったじゃん。」

絵美を無視して、哲也の手は好き勝手に絵美のおっぱいを触りまくる。



664 FREE2007/09/08() 19:24:18 ID:41R+IwIr0
「もういいでしょ!」

絵美は執拗におっぱいにまとわりつく哲也の手を振りほどき、おっぱいをブラにしまい始めた。

哲也「ごめんな!こんなつもりじゃなかったんだけど、絵美ちゃんの
   おっぱいが余りにも魅力的だったからつい。
   あいつら(他の二人)も同じ気持ちだったんだと思うよ。」

絵美「胸のことほめられてもうれしくないもん!」

哲也「ちがうよ!俺は絵美ちゃんのことが好きなんだよ。」

665 FREE2007/09/08() 19:29:19 ID:41R+IwIr0
絵美「ごめん。さっきも言ったけど、好きな人いるから・・・・・」

哲也「わかっている。けど絵美ちゃんのことこれからも好きでいていい?」

絵美「いいけど、こんなことこれからは無しだよ。あっ、私の画像ちゃんと消して!」

哲也「わかった。わかった。」

哲也は携帯を取り出し、画像を消したふりをする。
後に発覚するのだが、実は消していなかった。

666 FREE2007/09/08() 19:34:05 ID:41R+IwIr0
絵美「ちゃんと消してくれた?」

哲也「約束だもん。絵美ちゃんおっぱい触らせてくれたもんね。
   絵美ちゃんのおっぱい凄かったよ。スッゲー興奮した。
   もう一生の思い出だよ」

絵美「もう、いやだ。お願い忘れてよ!」

哲也「一生、ネタに使わせていただきます!」

そんな、冗談か本気かのやり取りをやっている間に絵美の怒りも和んでいったらしい。

667 FREE2007/09/08() 19:45:06 ID:41R+IwIr0
絵美としては、画像も消してくれたし、哲也もこれ以上は迫ってきたりする様子も全くなかったので、安心していたらしい。

もともと哲也のことは嫌いではなかったし・・・・・

哲也「もうこんな時間なんだ。終電なくなっちゃったよ。どうしよう。
   申し訳ないけど、始発までここで仮眠させてよ。」

確かに時計は3時を指しており、あと2時間くらいで始発が動き出す。
無理やり出て行ってもらうのもどうかと思い、絵美はOKを出した。

669 FREE2007/09/08() 19:56:37 ID:41R+IwIr0
哲也は2畳程度の台所の床にごろっと横になるとすぐにスース-と寝息をたて始めた。
絵美は哲也が寝入ったことを確認すると、シャワーを浴び、着替えてすぐベッドに入り、疲れていたせいか、すぐに眠りに落ちたそうだ。

翌朝、8時前くらいに目が覚めたが、台所に哲也の姿はすでに無かった。

670 FREE2007/09/08() 20:06:48 ID:41R+IwIr0
ここで絵美から聞き出した話は終わりです。

ところが、後の飲み会で哲也が写メールを消していなかった事実が発覚し、
さらに哲也が寝入ったあとの絵美が知らなかった事実を聞かされることになるのです。
この話まで続けたかったのですが、ずらずらとこのまま続けてもいいものなのでしょうか?

671 えっちな21禁さん2007/09/08() 20:07:35 ID:ytzZwXmF0
よろしく

673 えっちな18禁さん2007/09/08() 20:10:36 ID:aQVEKnxbO
お願いします

674 えっちな18禁さん2007/09/08() 20:18:20 ID:9zaBoqyD0
わくてか




675
FREE2007/09/08() 20:35:34 ID:41R+IwIr0
合コンから2ヶ月くらい経った日のこと。バイトの男ども5人で飲み会をすることとなった。

絵美との関係も順調で、合コン事件がきっかけで、さらに絵美に対して愛情が強まったようだった。
哲也と気まずくなるのも嫌だったので、絵美と付き合っていることは やはりバイト先ではオープンにしないままだった。

哲也もそれ以降は絵美に近づくこともなく、
私にも絵美のことを話すことも無かったので、
私も全く気にしなくなっており、
その2ヶ月は何ごともなく過ぎていた。

677
FREE2007/09/08() 20:46:44 ID:41R+IwIr0
その飲み会には、私も哲也も参加していた。
飲み会もバイト先の女の子の話などでかなり盛り上がった。
その中で、絵美の話となった。
まず、キッチンを取り仕切っているMさんが口火を切った。

「絵美ちゃんが『オーダーお願いします』って伝票置く時、
カウンターにおっぱい乗っけるだろ-。あれたまんねーな。」

大学の先輩であるWさんが続ける。

「ほんと、でかいっすよね。あれ、見てるだけで興奮しますよ。」

続いて、浪人生のK。

「この間なんか、酔っ払ってやってきた客にサイズきかれてましたよ。」

Wさんが興奮気味に。「なんて答えてた?」

678 FREE2007/09/08() 20:52:26 ID:41R+IwIr0
K「答えるわけないでしょう!笑ってごまかしていましたよ。」

Wさん「かなりでかいよな。サイズどれくらいなんだよ!」

「俺、知ってますよ。」得意気に哲也が割り込む。

Wさん「お前なんで、知ってんだよ!でいくつだ?」

哲也「サイズは知りませんが、本人曰くカップはFらしいです。」

Wさん「うわぁ、Fかよ!やっぱでっけーなー。」

(ホントはGなのに・・・・・)心の中でつぶやく私。

681 FREE2007/09/08() 21:01:02 ID:41R+IwIr0
Mさん「で、なんで知ってるんだよ。あやしいな。」

哲也「あやしくないっすよ。合コンで本人に白状させましたから。」

哲也は得意気に合コンの夜の話を始めた。
内容はこの前聞いたものとそう変わらなかった。

Wさん「お前、あの絵美ちゃんのおっぱいを生で見たのかよ。
    うらやましいわ。
    で、どんなんだったか説明しろ!」

哲也「少しだけ垂れていますが、ロケットみたいでした。
   乳輪は少し茶色ででかかったですが。」

K「やばい、想像してたら、ちんちん勃ってきました。」

682 FREE2007/09/08() 21:07:56 ID:41R+IwIr0
話を聞いていて、私は皆が興味をもっている絵美のおっぱいを好き放題にしている自分に優越感を感じながら、少しだけ興奮していた。
哲也の話は続いて、絵美の部屋に泊まることになったことに展開していく。

Wさん「お前、泊まって絵美ちゃんをやっちまったのかよ!」

哲也「やってませんよ。でも絵美ちゃんのおっぱいで一発抜きました。」
(そんな話、聞いてね-よ!)焦る私。

684 FREE2007/09/08() 21:18:08 ID:bviRCBgq0
哲也は話を続ける。

台所の床に寝転がった哲也は寝ようとしたが、悶々としてなかなか寝付けなかった。
暫くして、洗面所の方から水の音が聞こえたので、少し体を動かして見てみると後ろ向きで絵美が化粧を落としている。
(絵美の部屋は洗面所と台所には仕切りが無い)

絵美はデニムのミニのままだったので、床に寝転がっている哲也の位置からはパンティが見えそうだったので、目を凝らして見始めた。




686
FREE2007/09/08() 21:24:02 ID:bviRCBgq0
すると、顔を洗い終わった絵美は徐にTシャツを脱ぎだした。
絵美の細い背中にブラジャーの太いラインが現われた。
絵美は哲也の視線に全く気がつかない。

続いてデニムのスカートを落とすと、絵美の少し大きめのおしりに小さな薄いピンクのパンティが張り付いている。
そして絵美はブラのホックを外す。
背中越しにぷるんとおっぱいが弾けた。

687 FREE2007/09/08() 21:31:06 ID:bviRCBgq0
さらに絵美はピンクのパンティを下ろすと洗濯籠に入れ、横を向いて風呂場に入っていった。
横を向いた瞬間、哲也は絵美の全裸を目に焼き付けたらしい。

その時点で哲也の股間はギンギンになっており、
たまらず、そっと選択籠に近づくと
絵美のでっかいブラとちぃっちゃいパンティを手にとり
絵美がシャワーを浴びている間に台所で一発抜いたとここと。

688
FREE2007/09/08() 21:42:08 ID:bviRCBgq0
哲也は一発抜いた後、洗濯籠の元の位置に下着を戻し、絵美が風呂場から出てくるところが見える角度のところに寝転がり、寝たふりをして待つ。
10分くらい経って、絵美が風呂場から出てきた。
薄目を開けて、目を凝らす哲也。
目の前には絵美の全裸。
哲也は興奮気味に話す。

「ほんと、すげ-身体でしたよ。おっぱい最高。ウエストも結構細かったし。」

「抜いたばかりなのに、またチンチンが大きくなっちまいました。」

689 FREE2007/09/08() 21:48:04 ID:bviRCBgq0
絵美はバスタオルでさっさと身体を拭くとパジャマを着て、哲也を跨ぐように部屋へ戻り、ベッドに入ってしまった。
哲也もそのまま、寝ようとしたが、やはり絵美の全裸がちらついて、寝付けない。

690 FREE2007/09/08() 22:01:30 ID:bviRCBgq0
うとうとしているうちに空も白みだした。
もうそろそろ始発の時間だ。
哲也は起き上がって、帰り支度を始めた。
部屋の方を見ると、ベッドに絵美が寝ている。
暑いせいか、タオルケットははだけている。
哲也はベッドの方に近づく。

そこには絵美が上を向いて熟睡している。大きな胸が息づいている。
哲也の頭の中に昨夜の絵美の全裸、おっぱいの残像がよみがえる。

692 FREE2007/09/08() 22:04:48 ID:bviRCBgq0
哲也はたまらず、絵美のパジャマのボタンを外しだした。
ボタンを全部外すと両サイドにパジャマを広げた。
なんと絵美はノーブラだった。
目の前に絵美のFカップのおっぱい。
そのおっぱいを見ながら、一発さらに抜いてしまったとのこと。

693 FREE2007/09/08() 22:07:43 ID:bviRCBgq0
哲也の話は、以上です。
すみません。もう時間がないため、消していない写メールの話は今度に
させてください。

698 FREE2007/09/09() 06:42:58 ID:MWOkq3SA0
K「うらやましいっす!俺も絵美ちゃんのおっぱい見て-っす!」

Wさん「ほんとだよな。触んなかったのかよ。哲也」

哲也「実は少しだけ、触っちゃいました。
   プルプルしてて、めちゃくちゃ
   やわらかかったですよ。」

K「俺、絵美ちゃんのおっぱい想像して、今晩、抜いちゃいそうです!」

700 FREE2007/09/09() 06:52:17 ID:MWOkq3SA0
そんなやり取りを私は絵美の裸を思い出しながら、聞いていた。
少しの嫉妬と少しの興奮をおぼえながら。

哲也「俺も、それ以来、絵美ちゃんを見るたびに
   あのおっぱい、あのお尻を思い出して、
   よくオナニーねたに使ってますよ!」

Mさん「そうだよな。あのえっちな身体はおかずになるよな。
    ところで哲也。絵美ちゃんの画像はないんかよ?」

哲也、小声で

「誰にも言わないでくださいよ。実はあるんです。絵美ちゃんのおっぱいの画像が・・・・・」




701
FREE2007/09/09() 06:58:41 ID:MWOkq3SA0
Wさん「うおー、早く見せろ!哲也。」
(まっさか、お前消したのではないのかよ!)

若干、焦り始める私。
哲也は携帯を取り出し、いじり始めた。
全員、哲也の側へ。(もちろん私も)

哲也はもったいぶるように、皆に画像が見えないようにする。

702
FREE2007/09/09() 07:04:18 ID:MWOkq3SA0
哲也、携帯を前にだしながら、「どうですか!」
全員、携帯の画像に注目。
そこには、絵美の上半身の画像があった。

ちゃんとTシャツを着ているが、
胸は強調されるように張り出し、
うっすらとブラが透けている。

K「おおっ、でかいっすね。」

Wさん「なんだ、服着てるじゃん。」

Mさん「期待させやがって!」

私、ほっと肩を撫で下ろす。

703 FREE2007/09/09() 07:12:03 ID:MWOkq3SA0
哲也、2枚目の画像を呼び出して、「これは、どう!」
全員注目。

今度の画像は、絵美が前かがみになったときの胸元の画像。
緩んだTシャツの襟首から、ピンクのブラと量感たっぷりの深いおっぱいの谷間が見える。

K「すごい!」

Wさん「いいじゃん!」

Mさん「まーまーだな!」

705 FREE2007/09/09() 08:10:55 ID:MWOkq3SA0
哲也、さらにもう1枚、画像を呼び出して見せる。
全員の目が画像に釘付けになる。

そこには、両腕を二人の男に押さえられ、Tシャツとブラを捲り上げられた絵美の上半身が写っていた。
もちろん絵美のおっぱいの全貌が見える。
大きすぎて少し垂れているが、ぷりっとしたおっぱい。
乳輪は少し大きめで薄茶色。乳首は上を向いている。
絵美のイヤイヤしている横顔が余計に興奮をそそらせる。

さらに、もう1枚はおっぱいのアップ。

706 FREE2007/09/09() 08:16:14 ID:MWOkq3SA0
(消してなかったのか・・・・・)
生唾を飲み込むK。

誰も一時、なにも言葉を発せず、画像に見入っていた。
自分の彼女の恥ずかしい部分がみんなに公開されている。
それを見てみんなが興奮している。
そして、間違いなく自分も・・・・・。

707 FREE2007/09/09() 08:21:46 ID:MWOkq3SA0
飲み会が終わると、私は自分の家に帰らず、絵美の部屋へと向かった。
絵美は いつもどおり私を迎えてくれた。

その日は、いつもより荒々しく絵美を抱いた。
絵美のおっぱいもいつも以上の激しく愛撫した。
1回じゃ、とても自分の興奮は収まらず、夜中まで2回、3回と・・・・・
絵美には哲也の画像が消されてないことは、言わなかった。

708 FREE2007/09/09() 08:31:29 ID:MWOkq3SA0
その後、バイト先で男達が絵美を見る目が変わったような気がした。
私の気のせいかもしれないが、いつも舐めるように見られ、
絵美の制服の下を想像されているような。
そんなことを考えるたび、切なくなりながらも興奮している自分がいた。

半年後、絵美は就職活動のため、バイトを辞めた。
これで、バイト先の男達のオナドルではなくなったが、
同時に私と絵美の関係も下降していき、別れを迎えた。

絵美はその後、地元に戻り、就職し、1年後、10歳以上離れた上司と結婚した。

********* END *********


【1/2】【2/2】