【新作】可愛すぎるコスプレでアナタのオナニー完全サポート 咲坂花恋
【新作】可愛すぎるコスプレでアナタのオナニー完全サポート 咲坂花恋

【1/6】 【2/6】 【3/6】 【4/6】 【5/6】 【6/6】

418鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/16() 22:15:00
こんばんわ、今日私の元妻から電話がありました。
おそらく昨日義父から私の本心を聞いて電話してきたと思います。
あさっての金曜日に彼女と食事することになりました。
私は皆さんのご意見でやっと目が覚めました、自分の本心を偽ってもう逃げることはしません。
あさって彼女と一緒に生きてきた時間を止めます、永久に。
やはり私と彼女のラストシーンを前に、やはり一緒にすごした時間が走馬灯のように思い出されます。
ウザイかも知れませんがほんのちょとだけ私の感傷につきあって下さいませんか?

私と彼女がはじめて出会ったのは私が24歳の7月で、私が今の会社に就職して3年目の夏でした。
私はある資格を取得するために夜間の専門学校に通うことにして、そこで彼女と出会いました。
私には当時付き合い始めて3年になる3歳年下の彼女がいましたが、初めて元妻に会った瞬間にちょっと大げさですが、体に電気が走りました。
今思えば私はあの瞬間に恋に落ちました、細身だけれど決して骨っぽいわけではなくてなんか柔らかそうで、長い髪とTVでしか見たことがないような美しい顔、その日以来私の心は彼女のことでいっぱいになりました。
私と彼女は次第に話をするようになり、学校が終わってから二人でお茶をのんだりするようにって、お互いの話を相談するようになりました。
彼女には一回り年上の妻帯者の恋人がいて、もう3年付き合っていることもわかりました。
段々とお互いの恋愛について相談しあうようになったのですが、彼女は妻帯者の彼との恋愛に疲れきっていて、彼の「妻と別れて君と一緒になる」と言う言葉も段々と信じられなくなっているようでした。

422
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:21:19
>彼女には一回り年上の妻帯者の恋人がいて、もう3年付き合っていることもわかりました

筋金入りのビッチかよ

424
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:23:10
元々そういう女か・・・・鬼に見る目がなかっただけか?



429名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:27:37
彼女には一回り年上の妻帯者の恋人がいて、もう3年付き合っていることもわかりました。

うははははは、やっぱり病気は治らないもんだな

430
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:28:52
若い娘時代は年上の小父様が好きで
中年の熟女になったら若い男に触手が
って、なんと申しましょうか。。。。

434
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:36:12
あー、なるほどね。

ハナから倫理観っつーもんが落っこちてんだな、要するに。
社会のルールも他人の気持ちも踏んづけて、
本能のままにケダモノのよーな恋だけに生きる女、と。

社会不適合者だな。
少なくとも人並みに結婚なんざしていい女じゃねえ。

 

436鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/16() 22:42:34
私はそのころには彼女のことがどうしようもなく好きで、自分の恋人にも彼女の話をして、悲しませるようなありさまでした。
私の積極的な思いもあって私たちは次第次第に近づいて行き、とうとうその年のクリスマスにお互いの恋人と別れて結ばれました。
3
年付き合っていた私の彼女は、私が別れを告げると人がこんなに悲しそうに泣けるのかと思えるほど悲しそうに泣きました、今でも脳裏に浮かびます。
でも私の頭の中は元妻のことでいっぱいでした、冷たい自分勝手な最低ヤロウです。
ほんの短い間私は幸せでしたが、彼女に去られて初めて彼女の恋人は自分の妻と別れる決心をしました。
それから私たち3人の地獄のような3角関係が始まり、二人の男の間で揺れ動く彼女に男二人は翻弄され、まあ彼女自身もどちらも切れずに悩み苦しみましたが、結局自分の家庭が崩壊していく中での3角関係に耐えられなくなった妻帯者が自ら身を引いて決着しました。
1年近くたった後の話です。
結局彼の元にはなにも残りませんでした、最後に私が会った時彼はまるで抜け殻のようでした。
その5ヶ月後に私たちは結婚しました。
実に多くの人たちを巻き込み不幸にしてしまいましたが、ともかく私たちは結ばれました。
私は彼女を幸せにしたい一心で死ぬほど働きました、どんなに苦しくても彼女が一緒にいてくれることで私は頑張れました。

長い月日が過ぎ去りいつしか私は仕事のとりこって言うか出世のとりこになって、いつしか私と彼女の心は次第に離れて行きました。
私は決してこんな結末を望んでいませんでした、でももう終わりですよね。
やはり多くの人たちを苦しめて成就した恋の結末はこんなもんですよね、自分たちが行った行為の代償をそろそろ支払う時なのでしょうね。

皆さん本当にこんな愚痴を書き綴ってしまってすみません。

439
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:45:12
……お疲れ。

とりあえず、妻帯者のアホには同情の余地なしで。
本当に心底から気の毒なのは、鬼です氏の前カノさんだな……

440
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:46:39
>>436
あはははははあhhhhh 自業自得

444名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:50:03
三角関係で揺れる自分に酔うのが気持ちよくて忘れられないんだな。

445
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:50:36
なんだか一気に鬼ですを気の毒に思えなくなってきたぞ。

元カノが可哀想でしょうがない…

446
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:51:03
因果応報

ドリカム吉田がいい例

447
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:52:14
元カノは鬼と別れられたのは結果的にラッキーだったんじゃね?

448
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:52:15
まぁでもきちんと元カノと別れてからつき合ったんだろ?
そこだけは最低限、けじめはつけてるとは思うが

450
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:53:39
>>448
そうか?

>
私はそのころには彼女のことがどうしようもなく好きで、自分の恋人にも彼女の話をして、
>
悲しませるようなありさまでした。

こんな事してるだから二股と対して変わらない気がするがな。

451
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:54:56
結婚前なら無問題だろ、よくある話じゃねえのか?
まあ、そこまで入れ込むべき女でなかったことを、gdgdの最中に何故気付けなかったのか
が鬼の自業自得ではある

453
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:55:06
ま、今までの書き込み見ててもわかるが
鬼ですも元嫁もどっちも自分に酔いやすいタイプなんだな

恋愛の延長で結婚するとどうなるかといういい例だな

454
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 22:55:09
>>445
同感なんだがでも鬼も独身だったわけだから、まあ愚かだとは思うがなw
でも未婚の20代に女の本質を見抜けって言うのもな・・・どうなんだろ?

463
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 23:10:47
まあ書けば非難されるのはわかってたと思うんだが・・・

やっぱ書かずにいられんかったか?

もう終わりにつもりだから書いたんだと思うけどね

もうこの後の進展はつ月単位になるだろうしな

でもお嫁との最後のことだけは書いていけな!

465
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 23:14:22
>>418
鬼よ。・・・すっかり分かった気がする。
おそらくは、昨日お前を泣かせた元嫁父が元嫁を可愛がり過ぎたんだよ。
お前の元嫁は、明らかに「自 分 だ け を 見 て く れ る」男について行く恋愛中毒者だ。
どんな男でも、無条件にあらゆるものを女に捧げ続けるなんて事は出来ない。
そんな男は「父 親 し か 居 な い」。
「お前のところに戻ったら、慰謝料を小遣いで返す」発想は、謝れば何でも「強くて優しくて甘い父」に許して貰ってた小娘のものだ。

お前の不幸は、元嫁の本質が分かってなかった事にある。
確かに自業自得とは言えるかも知れないが・・・。
元嫁も、子を設けてまでなお、親ではなく女、女よりも小娘で居続けた代価は払うしかないだろう。
恐らく浮気は初めてじゃないぞ。
自分をお姫様にしてくれる男が言い寄ってくれば擦り寄り、男が疲れたら見放してきたんじゃあないのか。
・・・ある意味恐ろしい女だが・・・容色が落ちたら終わりだ。
本人が外見を繕うのに命を賭けるのも、自分をお姫様扱いしてくれる男を吸引するためじゃあないのか。

元嫁の見抜けなかった、教育できなかった鬼にも、咎はあるかも知れん。
だが、大人である以上、元嫁は自分がやった事の責任を取るべきだ。
一体どれだけの人間に不幸をもたらして来たんだ?
ツケは既に破産するほど溜まってるんじゃないのか。




473
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 23:37:28
>>465
いやいやすんごい納得
ホントその通りだ思うわ

鬼も因果応報のツケを払ったってところか。これでリセットされりゃいいけどな
汚嫁のツケは今後の余生では払いきれないだろうな。借金分は親か来世か。

475
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 23:42:13
>>469
正直俺は鬼の話はある意味かっこよすぎでネタ臭いとおもってたんだけど
昨今のモノ地雷をものともせずに裁判突入するしで、自身満々のネタ師
って感じだったんだけどw
今日のこいつの未練と煩悶全快のレスとオマイの解説で初めてあれ?
これネタじゃないかもって思ったよ

オマイのその洞察力に敬意を表するよwww

477
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 23:46:55
げ。
なんだよ。浮気すべくして浮気してんじゃん。
悪いけど、鬼氏も嫁と同じ匂いがするぜ。
彼女の人間性なんて、どうでもよかったとしか思えねえ。

最高級なものを手に入れたり、難関と言われる試験をパスしたり、出世したり。
鬼氏にとって、彼女はそういうものだったとしか思えねえ。
高嶺の花を摘み取った自分が好きだった鬼氏と。
高嶺の花を気取っていた彼女と。
お互い、相手の事なんか見ちゃいねえじゃねえか。

480
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/16() 23:59:47
>>477
そうか?鬼は独身だったわけだろ、付き合ってる彼女より好きになった相手が
いてもいいんじゃね?
初めて付き合った相手と結婚しないといかんわけではなかろう?
オヌシそんな経験ないか?
ただ鬼は好きになる相手を間違えただけのことだろ?
未熟な未婚の20代ならそれもやむ終えんのじゃないか?

だからこそ今付けを払ってるんだろ!

482
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 00:08:22
>>469
長いとか言われてるけどオマイの解説凄いと思う。
この汚嫁みたいな女巷に結構いるけど初めてその精神構造が理解できた。
でも鬼の心情もそんなに非難されるようなこととは思わんがな。
独身時代に付き合ってる相手より好きなヤシが現れて結果そっちに走るなんて
男女を問わず当たり前のはなしなんじゃね?

487
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 00:14:16
鬼が非難されたのは清楚そうな感じの元カノを振ったってことと
汚嫁がすごい美人でそこに惹かれたようにしか読み取れないから
それになによりプリン脳持ちだと知りながら結婚したってのが気に障ったんだろうな

要は文章が悪かった
俺は今でも鬼を悪いとは思ってないがな

それよりも復讐!

492
鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/17() 00:26:37
皆さんがそうお感じになることは十分理解しています。
なさけないですが私は20代のあの日彼女の身勝手な考えも十分とはいえないかも知れませんが、それでも理解して結果愛してしまいました。
10年のときがすぎて初めて私は自分の愚かさを思い知りました。
愚かな男と自分で思います。
上でどなたかが書いていましたが、私はまだ死ねません正直死ねたらどんなに楽だろうとは思いますが、私は愛する娘たちを幸せにする義務があるんです。

494
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 00:30:13
>>492
死んでどうするよ。
娘を幸せにするだけでなく、お前も幸せになれよ。
お前が幸せじゃなくて娘が幸せになれるわけないだろう。

495
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 00:31:08
>>492
結婚する相手を完全に間違えたとは思うけど、それを完全に認めたら
間違えた相手との間に産まれたお嬢さん達の存在も完全に否定してしまう
ことになってしまうから、辛い所だな。

496
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 00:35:39
若い頃にラリるなんざ誰だってあんだろ
結婚前に他の女が良くなるのも良くある話だ
30
代になり母親になっても便器がやめられなかった
精神年齢があがらなかった汚嫁が問題なんだろ
DNAに刻まれたビッチ魂だったんだよ 早く駆除汁




510
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 00:52:13
>>497
俺は465だが(他のレスは知らん)。・・俺は、鬼の元嫁以外にも、このタイプの女を見た事がある。
小娘を一生続けるタイプは、正直遺伝だ。女の母親も同じ属性で、婆さんになってもまだ子供っぽいままだった(と聞いた)。
このタイプは、よほどの事がないと一生母親になどなれないよ。
子供を育てる時も、せいぜいお姉ちゃん目線で、母親になどなっちゃいないんだ。

この女は、鬼に見捨てられても、運がよければすぐ庇護者になる別の男を吸引するよ。
容色が落ちてなければな・・。鬼にとっては悲しい事だが、この手の女が本当に反省するには、
本当に死んで生まれ変わるくらいの厳しい試練が要るだろうと思うよ。

511
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 00:59:46
>>510
なんかものすごいレアなタイプかなんかか?
俺は身近にそんなのいたことないんで想像つかんw
そんな手ごわいのか?鬼でさえてこずるようなヤシなのか?

512
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 01:01:54
この女にとっての厳しい試練ってなんだろうね。
金でも娘でもないような気がするが。

514
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 01:07:18
>>512
本当の意味で男に捨てられることなんだと思う

515
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 01:18:47
>>511
元カノがまさにそうだった漏れ。
もう二度と恋愛そのものが嫌になった罠
出来る限りやったが、何もかも無駄だった。カネはともかく時間は帰らない。「
あと、ママンがクリソツなども禿同。
親子でキチガイ以外の何者でもないわ。

516
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 01:30:45
>>511
465だが。自分の知ってる例からだけ語る。
鬼の様子からも「やっぱり」と思えるところがあるんだ。
その女は、庇護欲が強い男を無条件に吸引していた。
「一目ぼれ」する男が多いと本人が語ってた。年上キラーで。
普段は「小娘」を隠していて、男が接近して来た時だけ見せる、と言うこともある。
で、その道具は容姿。
年齢がある程度になると「がくん」と吸引力が低下する。その女は30代のある時点から一挙に声を掛ける男が減った。
顔かたちは、たしかにそうそう劣化しないよ。だが、「小娘」「庇護欲をそそる雰囲気」が似合わなくなったとたん、このタイプの吸引力は激減する。

>>515
母親の件についてもとなると、同じタイプではないかと思う。
要するに先祖代々、庇護欲が強い男を吸い寄せて生き延びてきた遺伝子なんじゃないか、と思うんだ。

俺の場合、相手の女は彼女じゃなく、親しい仲だっただけだ。だが、・・その大人になりきれない性格から、友人関係すら破綻した。
付き合いきれなくなったって奴だ。その間に観察した結果は、苦い思い出と共に他に生かされてるが。

517
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 01:39:18
食虫花みたいだな
こええ

520
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 01:45:28
三角関係を経て乗り換える奴って、ぜぇっっっっったいロクなもんじゃないよな

522
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 01:47:12
てゆうか、友人関係さえ維持するのが難しいのか・・・
友達関係でも遠慮なく甘える女みたいな感じか?

548
名無しさん@お腹いっぱい2008/01/17() 13:07:21
鬼さんへ
結婚と恋愛は違うから悩まなくて良いのでは??
恋愛でドロドロしようが、それは構わないと思いますよ。
結婚してるわけでも無し、法的に守られても権利も無いんだから
しかし、結婚をしている上で、浮気・不倫は法的にも権利も侵害している。
結婚は恋愛の延長でないから、鬼さんは悩まなくて良いと思う。
嫁さんが、結婚と恋愛を同等に扱ったから問題であるし、責任を取ってもらうしかないのだから
あまり、うまくない文章ですいません

549
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/17() 13:17:25
結婚と恋愛は別とかいうが、そんな簡単に区切れるモンじゃないよ
恋愛してたから結婚したってパターンが一般的じゃないか?
今となっては、昔の恋愛してたときのような熱い気持ちはないかもしれんが、
それなりに落ち着いた愛情ってのがあると思うんですよ
それを裏切られたショックは相当きついんじゃないかな・・
だから、鬼さんの憎しみと愛情のいりまじったような悩みっぷりは理解できるような気がする

304
鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/19() 17:08:42
昨夜元妻と最後の夕食を共にしてきました。
彼女はいつもと違う硬い表情でやってきました、一通り世間話などをして食事が終わりがけのころ、私はついに本題に入り、彼女とやり直す意思がないこと、そして娘達がもっと大きくなり自分たちの意思で彼女に会いたいと言うまでは娘達にあって欲しくないことを伝えました。
彼女はしばらく沈黙した後で言いました

「そんなことはゆるさないわ、あなたは私のことを愛してる必ず死ぬまで君を守るって、今回のことだってあなたがわるいのよ!あなたは子供達が生まれたり、仕事が忙しくなったりして、段々と私のことを見なくなったじゃない、あなたは私を私だけを見てなくちゃいけないのよ!あなたは私のことを死ぬまで愛するって誓ったんだから」

怒りに震えながら彼女はそう言いました。
そう、それこそがまぎれもなく彼女の本心だったと思います。
私はおそらくとても悲しそうな顔で言いました
「ごめんな、そうかもしれない、でももう無理なんだ」
彼女は怒りをあらわにして聞きました
「どうして?」
私はいいました「・・・もう君を愛していないから」と。




その瞬間彼女は呆然とした表情でうつむき長い時間沈黙していました。

どれくらいの時間そうしていたでしょう、再び顔を上げたときには彼女の顔からは先ほどまでの険しさがなくなり、おだやかな表情で
「長い間本当にありがとう、そして本当にごめんなさい」
そう言うと彼女は席を立ち、泣きながら無理やりに微笑んで去っていきました。
彼女は初めて男を愛してから実に20年もの時間がたってやっと、どれほど愛されていても決して許されない行いもあると、どれだけ自分が反省しても後悔しても決して元には戻れないこともあると。
彼女はやっと本当の意味で大人の女になったのかも知れません。
今朝前に書きました間男の年上の恋人の理恵という女性から、突然電話がありました。

306名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 17:15:51
>あなたは私のことを死ぬまで愛するって誓ったんだから

俺なら 「どの口がいうかっ~!」って叫びながらパンチだな。

307
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 17:18:24
>>306
愛が枯れないと思ってるんだろう。
浮気されれば冷める愛もあるとは思ってないんだろうね。

309
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 17:27:38
辛い、本当に辛いな・・・
悲しすぎるよ

不倫してる奴らは皆死んじゃえば良いのに

310
鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/19() 17:30:53
実は昨夜私と会ったあと私の元妻が彼女のところに電話をして、間男と自分のことを全て話したそうです。
妻は彼女に謝りながら自分の愚かな行いで大切な人を傷つけてしまった、私に償うために間男にも制裁を受けさせるために全てを話すんだと彼女に説明したそうです。
彼女と私はお互いに謝りながらもしばらく話をしました。
やはり彼女も間男が私の妻と付き合い始めたころから、違和感は感じていたそうで、特に私に発覚して以降、あきらかな挙動不審ぶりにとまどっていたそうで本人に聞いても何があったのか口を濁して言おうとしない様子に怒ってもいたそうです。
ただ発覚して以降、他にすがる相手もいなかったためか彼女と間男は急速に接近して、今年中には結婚するつもりだったそうです。
でも理恵さんは最後に言いました「私たちももう終わりにします、私も心底疲れましたから」
先ほど取り乱し半泣きになった間男から私に電話があり怒りと憎しみに支配されながら
「あんたが奥さんのことほっておいたからこんなことになったんじゃないか、あんたが悪いんだろ、なんで俺を苦しめるんだ、俺はあんたのせいで仕事も婚約者もなにもかもうしなったじゃないか、どうしてくれるんだ、しかもまだ裁判なんか起こして金まで巻き上げるつもりなんだろ?俺は絶対にあんたを許さないからな、あんたは人間じゃない、鬼だ」
私はだまって聞いていましたが、最後にこう言いました
「これで終わりじゃないからな、覚悟しておけ」

311
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 17:39:57
責任転嫁も甚だしい

312
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 17:46:38
鬼ですガンガレちょうガンガレ

314
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 17:50:52
鬼さんは本当良くやってるよ。
頭が下がる。

317
鬼です◆6waaLb9I4Q2008/01/19() 17:54:48
もうここまでくると裁判なんて大した意味を持たなくなってしまいましたが、それでも始めた以上は中途半端で終わらせてはいけないと思います、私は最後まで決してやめません。

池に小石を投げたようにどんどん不幸の連鎖は広がり、次第に多くの人々を巻き込んで広がって行くようです。
最初はきっとささいなすれ違いだったのでしょう、私の至らなさだったかもしれません。
小さな憎しみが人々の不信感をどんどんと吸収して気がつけば巨大な憎悪となって私たちだけではなく、周りの人々まで襲っているような気がします。
今さら考えてもどうしようもありませんが、自分と妻はいったいどこで間違ったのか?どうして気づくことが出来なかったのか?回避するすべはなかったのか?どうしても考えずにはいられません。

裁判の結果はご報告したいと思いますが、私が当初考えていたよりもはるかに急展開してしまい、まあ私は事態をコントロールしているつもりで結局流れに翻弄されただけだったようで、もうこの後ご報告することもほとんどないと思いますのでこれにて終わりにしたいと思います。
たくさんの激励やお叱りのお言葉をいただきまして本当にありがとうございました。
私の経験が同じような苦難の最中にある方のほんのちょっとでも参考になれば幸いです。

ただ、今私が妙に不安なことは、上の娘に昨夜「○○子が大人になるまでママにはあえない、これからは3人で暮らしていこう、本当にごめん」って耐え切れずに泣きながら話をしたのですが、彼女は一瞬キョトンとした表情をした後で泣きながら無理やり微笑んで「大丈夫だよパパ、泣かないで、私がいるから 寂しくなんてないから」と言った時の彼女の表情が、前日の私たち夫婦のラストシーンのときの妻の表情に瓜二つだったことです。

318
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 17:58:06
>>317
お疲れさん。これからもまだ戦いは続くが頑張ってくれ。
娘さんらもいつか笑いながら、このことが話せる日が来ると思う。
あえてクサい事言うが、毎日娘さんらを抱きしめてやってくれ。

321
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 18:06:19
お疲れさん。
しかしなんとも図々しいクソビッチだなw
汚嫁が大人の女になる日は来ないんじゃないか
子供が居なくなってタガが外れるだけだろ

結婚生活でお前に多少の非があった所で
汚嫁の仕出かしたことは言い訳にならんのだ
間に受けるなよ 娘を大事にな
落ち着いたら同窓会で待ってるぜ

324
品川◆w99kj5ijEQ2008/01/19() 18:16:18
間違いないネタだw

326
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 18:22:08
これがネタだとしたら、もうネタデミー賞を設けないといかんね。
あと、単身賞とか開始賞とかw

328
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 18:25:01
誰か品川の馬鹿っぷりをまとめwikiに曝しといてくれんかね

338
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 18:43:28
「あんたは人間じゃない、鬼だ」
この一言にはちょっと笑ってしまった、鬼さんお疲れでした。

340
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 18:51:19
>私はだまって聞いていましたが、最後にこう言いました「これで終わりじゃないからな、覚悟しておけ」

青二才の若造には致命的な破壊力がある言葉だ

342
名無しさん@お腹いっぱい。2008/01/19() 19:00:44
>私はだまって聞いていましたが、最後にこう言いました「これで終わりじゃないからな、覚悟しておけ」
「 地 獄 開 始 」
しかし鬼の元嫁、そう長くもならないうちに別の男を探すんじゃないかな。経済的には嫁父に依存で。
これからどんどん容色が衰えるとともに、孤独死への長い下り坂を降りていくんだな。男に遊ばれながら一人きりで。
間男は、ちっとだけ気の毒だが、手を出す相手を誤った報いを受けねばならんだろう。
親の地盤引き継いで、権力得て逆襲しようとするかも知れんが、裁判の被告歴は消せはせんな。
むしろ、こうなれば鬼はどうあっても相手の逆襲を完全に封じ込めねばならん。

関わった人間全部を引き込む憎悪の渦、か。
鬼が黒い渦から浮上するまで、心が折れなければ良いがね。


【1/6】 【2/6】 【3/6】 【4/6】 【5/6】 【6/6】