【最新作】週7回毎日オナニーでパンツを濡らす欲求不満妻 工藤まなみ 29歳 AV DEBUT
【最新作】週7回毎日オナニーでパンツを濡らす欲求不満妻 工藤まなみ 29歳 AV DEBUT


【1/10】 【2/10】 【3/10】 【4/10】 【5/10】 【6/10】 【7/10】 【8/10】 【9/10】 【10/10】

92名無しさんといつまでも一緒:2017/04/07()23:36:57.41ID:0.net
保育園に説明とは?不倫してましたということかな?

94
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/07()23:40:57.72ID:0.net
>92
そうですね。役員も降りていただく話でしたので。
人が足りないため、よっぽどの理由がないと降りられないんですよ。

97
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()00:00:01.39ID:0.net
間男「...いえ、あの..

自分「ではまた後ほど」

間男「..はい」

そのあとは知人と飯食って帰りました。

後日
すぐに引越しなどしなければいけないため
職場に事情を話し1週間ほど休みをいただきました。

二日後

朝から弁護士やらなにやらを探しまくる。
しかし弁護士に依頼した場合、着手金と成功報酬が取られる。

自分「つーか話まとまってるし証拠もあるから弁護士じゃなくていいか」

というわけで示談立ち会い、示談書作成をしてくれる行政書士を探した。

片っ端から電話をかけたが、「あーウチは建物関係しかやってないんですよ」
というのがほとんどだった。



95名無しさんといつまでも一緒:2017/04/07()23:54:02.90ID:0.net
どっちも悪いのになんで慰謝料請求してるの?
誓約書書かせてもしも次があったら嫁にも知らせて慰謝料請求するってことでよくない?

98
95:2017/04/08()00:11:07.32ID:0.net
離婚することになったから請求したってことね

99
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()00:13:11.73ID:0.net
>95
すみませんどういうことでしょうか。
自分の書き方が悪かったでしょうか。

不倫をしたのは私の嫁と間男です。
間男にも妻がいたのでダブル不倫ですね。

不倫が発覚した後に、間男の方から

間男「妻には言わないで欲しい」
と言われたという話でございます。

なので、間男の妻からすれば私の嫁も加害者です。
あちらの妻にもバレたら、私の嫁も慰謝料請求されていたでしょう。
離婚したので私には関係ないですが。

今回は誓約だけ立てて許せということでしょうか?
なぜ今回は慰謝料請求してはいけないんでしょうか?

101
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()00:16:40.87ID:0.net
慰謝料は取るべきでしょ。お互いが納得して示談それを片方が反故すればおかわりもいいとおもう。
間男は有責なんだから。いくら汚嫁が誘っていても断るのが普通だ。(旦那を知っているので尚更です)
据え膳食わぬは男の恥っていうけどねぇ。

102
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()00:29:09.34ID:0.net
>101自分もその考えでしたね。

いくら汚嫁が誘っていても断るのが普通だ。
この部分につきましてはあとで記述致します

続き

やっとの思いで立ち会い、示談書の作成をやっている行政書士を探し出した。

自分「あの、不倫問題で示談書の作成と立会いをおねがいしたいんですが..

書士「あー、いいよ。いつ?」

自分「あのー、今日の夕方なんですが..

書士「ふっ。いいよ。」

自分「ありがとうございます!」

書士「じゃあまた後で連絡ちょうだい」

ちょっと無愛想な感じの先生だったが、結果的にはこの人で大正解だった。

103
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()00:39:11.54ID:0.net
夕方になり、書士の事務所に向かった。

自分の親くらいの年の先生だった。

法律についての話を初めにされ、その後に事実確認の説明と先日書いた用紙などを見せて説明した。

書士「弁護士介さずよくここまで話進めたね。」

自分「はい(2ちゃんのおかげです)」

書士「精神状態でって意味ね」

自分「あ、はい」

書士「今はいいけど、後になってからズドーンってくるから。信頼できる人を誰かそばに置きなさい」

自分「あ、はい」

この言葉は後に書士の言うとおりになった。

104
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()00:53:01.81ID:0.net
ほどなくして、間男が来た。
事務所の二回から二人で見下ろしていた。

書士「うぇ、きたきたきた」

自分「きましたね」

ピンポーン

間男「あの、~~~~~~ものですけど」

書士「入って...どうぞ..本当にこう言った

お互いが着席し、書士が間男に事実関係確認

書士「こういうことで間違いないね?」

間男「はい」

書士「民法○○条において、公序良俗に反し不貞を働いたことによって
君は損害賠償請求をされるから。んで、本日先払いとして○○万円を持参しこの場で先に払うと」

間男「はい」

書士「じゃあ、出して」


105
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()01:06:12.43ID:0.net
ゴソゴソ

自分「...
書士「...

実は事前に、どういうふうに間男が金を用意するかという事を書士と話していた

自分「○○万円は貯金でピッタリあるみたいですよ。残りは借りるみたいです」

書士「ふーん。そうなんだ」

そして

ゴソゴソ

間男「ではこちらに○○万円」

自分「はい、確認させていただきます。」
ごそごそ

書士「....

書士「....ふーん。帯付きね。」ボソッ

間男には聞こえないくらい位の小声で言った。

106
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()01:22:38.87ID:0.net
○○万円とは

100万です。

貯金がピッタリ100万円だと言っていて

帯付きの100万円でした。

自分「はい。確認しました。」

間男「あのー、領収書的なものかなにかは頂けるんですか?」

書士「示談書に本日先に100万円受領したって書くから」

間男「はい」

自分「んで、残りはどうしますか」

間男「はい。それなんですが。やはりこのくらいの金額で」

間男は残りの金額を下げてきた。

自分「.....あのー。あくまで請求するのはこちらなんですよ」

間男「はい」

自分「商売じゃないんで先に値切られても困るんですが。無理なら示談にしないだけの話ですし」

間男「どうかお願いします!今の額でもキツいんです!生活ができなくなってしまいます!」

108
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()01:36:58.11ID:0.net
間男「残りの額も銀行から借りれるピッタリ上限なんです。」

書士・自分「銀行からはでしょ?」

見事にハモった。

自分「銀行からが無理なだけであって、金用意する方法なんかなんぼでもあるでしょ逆に銀行からそんくらい借りれるくらいなら他のとこからでも借りれますよね」

間男「いや!!」

このへんくらいから間男がおかしくなる

間男「そもそも!○○くんだって奥さんに対していろいろひどいことしていたんでしょう!」

自分・書士「!!??」

間男「毎日毎日DVされてたって!!!金も10万以上貸したままだって!!」

109
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()01:40:29.36ID:0.net
自分「.....

書士「.....

間男「他にm」
自分「.....おい」

間男「そんな人g」

自分「おいっっっ!!!」

間男「!!!!」

自分「DV?借金?」

110
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()01:46:56.20ID:0.net
自分「何言ってんの?」

間男「え..

自分「いいですか。よく聞いてください」

自分「毎日毎日DV。それから借金」

間男「...はい」

自分「それ妻のかなり前の元カレの話です」

間男「......あっ」

自分「なに。妻が俺の話だってそう言っていたんですか。それともあなたの勘違いですか」

間男「いや、旦那さんってきていたような...

自分(こいつさっき、あって言ってただろ)


112
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()01:55:02.10ID:0.net
間男「すいませんすいませんすいません!!!!」
間男「でもこの金額じゃないと本当に無理なんです!!!!」

会話が次第にできなくなる。

間男「お願いしますお願いしますお願いします!!!」

半泣き

自分「.....

書士「.....

書士(もうきついな)

自分(そうですね)

自分「わかりました」

間男「!!」
間男「ありがとうございます!!」

書士「では、○○万円で。示談書つくりますので」
書士「残りはいつ持参しますか?」

間男「はい!!来週の金曜でお願いします!!」

自分「...
書士「...

113
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()02:04:35.74ID:0.net
こんな奴とはできるだけもう関わりたくなかった

書士「それと契約書なので、費用として双方に支払いをお願いしたい。」

自分「え、あ、はい」

書士「なに、○○君(俺)だけが払う気してたの?」

自分「あ、はい。」

書士「違う違う。」

自分(えーっと6万を折半だから3万か)

書士「○○君(俺)からはもうもらってるから。」
書士「君(間男)も6万円お願いしたい」

自分「!?」

書士(チラっ)

自分(ありがとうございます)

114
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()02:28:04.02ID:0.net
書士「ということで○○くん(間男)にも6万円お願いしたい。」

間男「はい!!あっ、すいません手持ちがないので明日でいいですか??」

書士・自分「......

書士「...わかりました。では明日。来週示談で。」

間男「はい!ではお先に失礼いたします!」

書士「はい」
自分「....

バタンっ

116
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()02:41:22.56ID:0.net
書士「...なんなの?あいつ」

自分「さぁ..ちょっとアレでしたね。」

書士「つーか絶対まだ金もってっから。絶対。」

書士「本当に生活苦しいんだったら生活とは関係ないお金6万もすぐ用意できないから。」

自分「やっぱり、そうですかねぇ」

とりあえず来週ということで示談書の作成をお願いした。

自分「あの。」

書士「ん?」

自分「来週、妻もよんでいいですか?」
自分「事の重大さを知って欲しくて」

書士「そっか。不倫されても奥さんの事ちゃんと考えてるんだね」

自分「離婚はしますけど、もうどうでもいいとは思わないんです。しっかりして欲しいんです。」

書士「わかった。」

こうして、次の週に示談という感じになった。

117
名無しさんといつまでも一緒:2017/04/08()03:06:40.25ID:0.net
次の日から新居探しや引越しの準備に追われていた。

妻もつわりがひどく仕事を休んでいた。

出て行くまでは普通に接しようと思い、普通に接していた。

そんな時

妻「あのさ」

自分「なに?具合悪い?」

妻「いや、それもあるけど。」

自分「なに?」

妻「あなたも女作っていいから..

自分「?????」

妻「彼はね(間男)」
妻「安定剤のような役割だったの」

自分「はぁ」


【1/10】 【2/10】 【3/10】 【4/10】 【5/10】 【6/10】 【7/10】 【8/10】 【9/10】 【10/10】