【独占】【準新作】JKお散歩 高千穂すず
【独占】【準新作】JKお散歩 高千穂すず


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

46 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 21:22:05.97 ID:Npy6DyzhO
火星人が本丸を咥えた。
また上目遣いでだ。
食われるかと思った。
私は目を積むって、日頃おかずにしている同級生を思い浮べた。

−−
高飛車な女だった。小生意気で私を見下していた。
美人でいい体をしていた。

私はいつも脳内で彼女を、夜勤ナース服のコスプレをさせ、中出
ししていた

私は目をつむった。
今息子を舐めているのはあの女だ。

脳内であの女と会話する。
「もっと音をたてるである」
「許してください」
「黙るである」
「ごめんなさい。もうバカにしません」
「うるさいである」

「こっち見て。目を見ながらのほうが興奮するよ」
火星人が私に命令する。
「ハイ」
私は従った。

空想は私をいたわる。
現実は私を傷つける。



47 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 21:30:10.59 ID:Npy6DyzhO
化け物だ。
キラキラ目を輝かせて私を見ている。
怖いのに本丸は快楽に包まれる。

ジャボジャボジャボ
ズボンズボンズボン

フェラはこんな音をたてるのか。

「イクイクイク」
私が喘ぐと、火星人はスピードを上げた。
耳にまとわり付く、粘着性のある、リズム

私は火星人の口に種を出した。
火星人は、収穫品を、口に含んだまま、私に口付けした。

お帰り、精子。

「気持ち良かったね」
火星人は私の肩を枕にして寝転んだ。

−−
私と火星人の戦いはこれで終わりである。
加齢臭が一時間ほど鼻孔に残ったこと、
ヘルス店のトイレで吐いたこと、
その店にそれからいっていないことを付け加えておこう。

48 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 21:33:22.91 ID:Npy6DyzhO
一人目の物語「火星人に抱かれた話」はここで終わりである。

二人目、三人目は風呂と夕食後にかかせていただく。

50 忍法帖【Lv=40,xxxPT 2012/06/10() 21:35:05.51 ID:FE3ccmrI0
では結局、その火星人はまた今夜も地球人に恐怖を与えているや
もしれんのだな?

それはまずいな、、、

51 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 21:38:15.20 ID:Npy6DyzhO
>>50
曙町に火星人はいる。
15
Kだ。

56 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 22:42:43.27 ID:Npy6DyzhO
遅れたすまない。
片山津温泉ソープで隕石が落ちてきた話をしよう。

昨日のことだ。私は片山津へ行った。

古くは風俗街として発展したこの街は、今は平凡な温泉街として
観光客を集めている。

女の体・たばこ・酒・レントン教授シリーズ、逆転裁判シリーズ、
第五期のゲゲゲの鬼太郎猫娘と脳内でいちゃいちゃするしか趣味
がない私にとって、これはゆゆしき事であった。

私は異性と交際したことがない。
恋愛する前に風俗遊びに目覚めてしまった。
短く見れば健康的だが、長く見れば不健康的である。

以前告白をしようとしたことが二回あった。

しかしあるトラブルによって、彼女たちと過ごした

時間は、闇の歴史として私の心に残っている。

話を戻そう。

このスレは私の精子が飛び散るスレだ。

愛を語るスレではない。

57 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 22:44:57.96 ID:Npy6DyzhO
片山津は昨日で三回目だ。

片山津のシステムは、インターネットで風俗嬢をみて予約してS
EXする、というもののようだ。

川崎堀之内とある大手グループのように手軽にはいけない。
時として写真すら見せてもらえない時がある。
おまけに写真もインターネットと同じ。
写真を店内で見ようが、インターネット予約しようが同じなのだ。

正直不満足であるが、やはり女の体をなめたい。
だから私は片山津へ行くのだ。

私は昨日ある店にフリーで入った。

写真を見た。「巨乳 ぽっちゃり 20代前半」。その歌文句抱え
た金髪ギャルの写真を見かけた。

写真にはモザイクがなかった。

私の浅はかな経験から、地雷嬢と判断した。

普段なら私は絶対指名はしない。

しかしその時の私はおかしかった。

冒険をしたくなった。

私はこれまでの生涯を振り返った。
なんの冒険もない、起伏もない、ありきたりな平凡な人生だった。

58
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 22:53:21.32 ID:Npy6DyzhO
私にとって最初の異性は母だった。

母はいつも離婚届を居間のテーブルに広げていた。
掃除・洗濯はしてくれた記憶はなかった。
いつも臭いとみんなから言われていた。
洗濯を自分でしようとしたが、母はそれを嫌がった。
食事はいつもご飯に納豆。夕飯はスーパーの半額の惣菜だった。

小学生の時、私は容姿と不潔さを理由にいじめられ、中学でも同
じく。

高校でも不良にからめれ体の一部を骨折、不登校・ひきこもりを
経て大学に進学。

「もっと勉強していいところ行けばよかったんだ」

と母に言われた。それは私の努力不足だ。学校に通うのが精いっ
ぱいだった、と言い訳しかできなかった私のせいだ。

トイレしか居場所がなかった負け犬のいいわけだった。

バイト先では低学歴と揶揄され、同級生はみな学歴コンプレックス。

成人式では「あんたの値段は1000円だ。男として扱われるにゃ
100
万だよな」と中学の同級生の女性に言われた。

卒業論文執筆に失敗し、ゼミ教授から「お前は四年間成長できな
かった。四年間無駄だった」と当たり前の評価を頂いた。

不景気による就職難と私自身の市場価値のなさでなかなか職にあ

りつけず。幸いにも正社員の職を得られたが、会社の先輩方から


「なんでこんなひどい会社入ったの?そんなに就職難なの」

「大卒ならもっといいとこいけたんじゃない?」

「新卒で入る会社ではない」

と厚いアドバイスを頂いた。

私は若かった。何も知らなかった。世の中上記で述べた「普通の
人生」じゃつまらないと思っていた。

勇気を出したかった。

冒険を、己の意志でこんなんに立ち向かう。そんな誰もが幼い時
に経験しておくべき経験を私は今頃になって手にいれたくなった。

——
私は、その地雷壌を指名した。

59 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 22:58:06.87 ID:Npy6DyzhO
五時すぎたった。雨のせいで片山津温泉の空は、日本の未来と同
じ色をしていた。

数分待った。案内され地雷嬢にあった。

−−
私の予感は的中した。

そこに女性はいなかった。

肉の塊がそこにあった。

60 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:02:30.96 ID:Npy6DyzhO
肉の塊に、目があった、鼻があった、口があった、耳があった。

「こんにちわ!今日はよろしく!」

明るい雰囲気で私を迎えた。

生きている生き物だった。

しかし私は彼女が人間に見えなかった。

肉。たんぱく質。脂質。

その集合体以外の何ものでもなかった。


61
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:17:15.13 ID:Npy6DyzhO
しかし私の心は晴れ晴れとしていた。

「なんで爽やかに笑ってるの?」
と、肉に尋ねられた。

嗚呼、これが冒険。

私はこの時、困難の中で己を試す求道者だった。

困難を乗り越えてこそ人は成長出来る。
私にそのチャンスがやってきた。

平凡な人生に終止符を打ち、一回り成長出来るそのチャンスが、
今舞い降りて来たのだ。

肉は大阪から出荷されてきたと、部屋に入って自ら語りだした。

「今日暑いからパンツ履いてないんだよ!」

と彼女はスカートを捲った。

ノーパンだった。陰毛は周囲のたっぷりついた霜降り肉が擦れた
せいで、薄くなっていた。

−−
デブは肉のせいでワキ毛なんかが薄くなるんだぜ。

私より体重が20キロ重い弟が以前、サイゼリアでハンバーグを二口で
平らげた後、何の脈絡もなく吐いた格言を想いだした。

62 名も無き被検体774+2012/06/10() 23:17:28.32 ID:5ePJ/TC60
お前実は風俗行っても楽しんでないだろwwwwww
苦行かよ!

63 名も無き被検体774+2012/06/10() 23:19:32.98 ID:tYQEeucl0
かなり面白い

64 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:26:36.24 ID:Npy6DyzhO
私の挑戦が始まった。
壁を乗り越えたら、その壁は自分を守る楯になる、と言う。
なるほど、確かに素晴らしい楯に彼女はなるだろう。

私より30キロは重そうだった。
腹はたるんでいた。
まるで妊婦だ。臨月で5人は入っていそうだった。
そして汗臭かった。

「ウニャー」
と豚の分際で猫の真似をして私のチンチンを撫でてきた。
硬くなられない。

よかった。前もって私は、
「俺、なかなか勃たないんだよね」
と伝えておいて。

「お風呂入ろう」
彼女は私を風呂に導いた。

初め風呂の水は、たっぷりあった。風呂の中で立つと、私の太も
も真ん中まであった。

彼女と風呂に入ると水がナイアガラの滝よりも勢い良く、タイル
の上に、ベッドに流れ込んだ。

「あー!ごめんね。ベッド少し濡れちゃった」

大丈夫。私は予測していた。

風呂から上がると、私の膝より下まで水位が下がっていた。

65 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:35:24.93 ID:Npy6DyzhO
「体洗わないの?」
と私は尋ねた。
「汚くないじゃん」
と腐敗した豚肉は答えた。
理論的だ。

−−
マットかベッドか。
彼女は尋ねた。
私はベッドを選択した。

マットを選択したとしよう。彼女なら必ず滑る。
私に落下してきたら内臓破裂じゃすまない。

私は、また逃げてしまった、と唇を噛んだ。

66 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:42:39.95 ID:Npy6DyzhO
この時まだ、私は何も理解していなかった。
ベッドにしてもマットにしても、同じだと言うことに。

67
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:49:09.89 ID:Npy6DyzhO
ベッドに私は寝転んだ。
汗臭い肉の塊が私の乳首を吸った。
強烈な吸引力だ。
ビクビク体の神経が電気を流した。

「チョホホホホ」
私は喘いだ。
肉は興奮したようだ。
さらに吸引力が増した。

掃除機に例えるなら日本製だ。中国製はこんなに吸えない。

「気持ちよさそう。あたしも興奮しちゃう」

豚は私の体をなめ回した。唾液以外にも個性的な臭いを発生させ
る汗が、ナメクジの歩いた後のように、私の体の上で輝いていた。

68 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:53:33.94 ID:Npy6DyzhO
私の体は肉汁のコーティングのお陰で輝きだした。

豚は私の息子に銃口を向けた。
咥えられた息子。
口を上下させた時の快楽は諸君にわけてあげたい位だ。

しかし彼女のフェラは万全ではない。
如何せん、静止時の舌使いが下手だった。

−−
そして私は閃いた。

69 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 23:57:46.27 ID:Npy6DyzhO
「なあ、立ったまま舐めてくれへん?」

彼女は承諾した。
私はベッドの上に仁王立ちした。
豚は舐めだした。

−−
やはりそうだった。
こちらの方が数倍気持ちがいい。
私だってただちんこを舐められているわけではないのだ。

風俗嬢が能力を最大限にまで引き上げるために、ほんの少し頭を
使うことくらいできる。

70 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 00:04:40.86 ID:Npy6DyzhO
私のチンチンはギチギチになった。軟式ボールならバントしても
大丈夫なかたさだ。

「そろそろあたしも欲しいな」
豚がベッドに寝転んだ。
衝撃で震度2の地震が起こり、ベッドの上の窓ガラスが踊った。

私は正常位で肉の中に、私の肉棒をねじ込もうとした。

−−
この時、最大の危機(一度目)が私に襲い掛かった。

肉棒が、届かない。

豚の肉が厚すぎて、私のチンチンが膣まで届かない。

ちょっと待て、私のチンチンは15センチあったぞ。
そこまで短くないぞ。
なんで届かない。

71 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 00:10:22.10 ID:YD/0t5XxO
私は諦めなかった。

諦めたらそこで試合終了だ。

努力すれば成功できるとは限らない。でも成功者はみな努力して
いる。

私は困難から逃げなかった。
何度もチャレンジした。

萎えたらまた舐めてもらい再挑戦した。

三度目の失敗後、
「バックはどうか」
と豚が提案した。

−−
しかし、肉の壁は、ベルリンの壁よりも、高く、厚く、そし
て血の代わりに汗で染まり、届かなかった。

73 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 00:15:44.40 ID:YD/0t5XxO
私は、自分に負けた。
困難に打ち克てなかった。
成長できなかった。
平凡な人生を変えることができなかった。

どん底に落された私に肉の塊が同情した。

「騎乗位しようか」

嬢は萎えた私のチンチンをまた咥えた。
これは気持ちがいい。

ベッドに立ったまま私は舐められたが、思わず腰を前後に動かし
てしまった。

私はベッドに寝転がり彼女は私の上に乗った。

−−
この時、私は最大の危機(二回目)を迎えた。

75 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 00:23:39.53 ID:YD/0t5XxO
思えばもっと早く気が付くべきだった。
彼女の体重を私が支え切れるわけがない。

「行くよ!ほりゃ!」
彼女が上下に動き出した。
一度目のピストンで確証を得た。やっぱり重い。

「ゴブゥ!」
私はむせた。
「大丈夫?ごめんね。あたし少し重いの」
何いってんだこいつ。
「大丈夫だ。続けてくれ」

彼女はピストンを続けた。
その間ハンマーで腹部を殴られている気分だった。

ベヂンベヂン!
と皮膚が引き裂かれる音がした。


76
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 00:35:27.55 ID:YD/0t5XxO
彼女とのセックスは生涯において、忘れられないものになるだろ
う。

息ができない。
腸が痛い。
だんだん意識が遠退いてきた。
嗚呼、レイプされる女ってこんな気持ちなのかなと思った。

−−
書き忘れたがこの時、私はゴムなしでやっていた。

直に女の膣を味わった事はなかった。

彼女の膣の中は気持ちが良かった。肉がたっぷりつまっていて、
きゅうきゅうだった。

苦痛と快楽の間で命のやりとりを彼女としていた。

78
オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 00:41:32.59 ID:YD/0t5XxO
そんな私を差し置いて彼女の攻撃は勢いを増した。
息遣いが粗くなった。
膣が締まってきた。
欲情した肉が私の上で跳ねている。

やがて私のチンチンも限界を迎えた。同じく精神も限界を迎えて
いた。走馬灯が脳裏をよぎっていた。

−−
その時だった。

80 名も無き被検体774+2012/06/11() 00:42:59.79 ID:O/s8xeYk0
勇気出すってwwwwwww
力入れる方向間違ってるwwwwwww

面白いからいいけどwwww

83 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:07:32.86 ID:YD/0t5XxO
>>80

81 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 00:56:15.23 ID:YD/0t5XxO
1人の女性が肉の塊の代わりに私の前に現れた。
幻覚なのは分かっていた。
肉の代わりに私の上で跳ねているように見えた。
幻覚なのは分かっていた。

それでもよかった。
ずっと逢いたかった人だった。

「友里(仮名)…
と私は呟いてしまった。

友里。

半年前に色々あって謝る事も出来ずに、そのまま卒業してしまっ
た、片想いの同級生だ。

二年前に知り合ってから、いやに気が合ってよく一緒にいた女性だ。

何より私の扱いがうまかった。ユーモアセンスがあり、勤勉で実
直だった。

「ウケケケケ」と笑った顔が可愛らしかった。

告白しようと思ったが、色々あってダメになってしまった。

謝らなくちゃいけないことが彼女にはあった。

でも言えなかった。

チャンスはあった。
でも、私は言わなかった。
勇気がなかった。
もう友里に謝れない。

−−
でも、今友里は私の上で飛び跳ねている。
あの時みたいに、一緒に、遊園地歩いた時みたいに、
「ウケケケケ」

って、産毛だらけの、化粧下手の、肌荒れした、目の周りのシワ
が変な感じの、ゲッシ類みたいな大きめの歯を剥き出して笑って、
私の腹の上で飛び跳ねている。

82 名も無き被検体774+2012/06/11() 00:58:57.33 ID:hN5MrVmc0
お前こえーよwwwwww

83 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:07:32.86 ID:YD/0t5XxO
>>82
間違ってる?怖い?
違う。
ハードボイルドだ。
私が自ら選んだ生き方だ。

泣いてくるから少し待ってくれ。

84 名も無き被検体774+2012/06/11() 01:09:39.38 ID:O/s8xeYk0
ごめんごめんwww
泣かんでいい
ちょっと言ってみただけwww

そうだな、ハードボイルドだな
うんうんwww

85 名も無き被検体774+2012/06/11() 01:18:42.72 ID:hN5MrVmc0
いや、ごめん

きつく言い過ぎたでもしてる途中に毎回他の女が浮かぶのもど
うかな

続けてくれ

94 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 02:07:53.66 ID:YD/0t5XxO
>>85

なぜ謝る。私は一昨日土曜日の、困難に打ち勝った瞬間を思い
出して、感極まって泣いただけだ。

それと>>85さん。他の女の顔が浮かんだのは肉弾戦の時だけだ。

86 名も無き被検体774+2012/06/11() 01:22:01.27 ID:PyGYdzWS0
オモロイ
紫煙

87 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:36:31.31 ID:YD/0t5XxO
−−友里。ごめん。ストーカーして。
言い訳させてくれ。
友里、私は人好きになる方法わからんのや。
昔からそうなんだ。
なんか、関わり方わからなくなんの。
理由はあると思う。でも言えねえよ、自分のせいやし。
友里、すまん。ごめん。
これだけは言わせてくれ。

性欲理由に友里に近づいたんじゃない。私は友里の友達でオナニー
は出来るけど、友里では出来ないもん。

嘘じゃない。
私、一度だけだよ、友里のことで勃起したの。一緒に帰った時。
いや、二回か。
後ろ姿見て、なんか愛おしくなって、ハグしたくなったんよ。
その二回だけよ。嘘じゃないよ。
だから、その、すまない。
許してくれなくていい。
謝らせてくれ、友里、最後まで自己中ですまない。
最後の迷惑や。最後のセクハラや。
ごめん。友里、ごめん。

私は心の中で彼女に刹那であったが、謝罪した。
同時に友里に射精した。

89 名も無き被検体774+2012/06/11() 01:44:12.40 ID:hN5MrVmc0
>>87
ちょ、射精した相手が友里になってますがな

92 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:56:31.02 ID:YD/0t5XxO
>>89
この時は、友里に見えたんだ。
にきび跡がよく見えた。


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】