【プレステージ30%OFF】最高の愛人と、最高の中出し性交。14
【プレステージ30%OFF】最高の愛人と、最高の中出し性交。14


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

902 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:10:38 ID:ph0kmVl70
男はその言葉を言った後に
すぐに股の間に顔を突っ込んだ。
それまで目を瞑って声を殺してる感じだった
彼女の声が一気に大きくなった。

「ヒィッ!!・・・ンッ!!」

男は頭を動かしながら右手で彼女の胸を揉み、
左手で彼女と手を繋いだ。
彼女が体をかなり揺らすから、
Y美も男が揉んでる右の胸を舐めながら
彼女の身体を押さえてた。
んでそのY美の頭を右の手で押さえつける彼女。
凄い状況だったと思う。
Pなんてしたことないけど、
12の3Pってこんな感じなのかな。

903 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:11:54 ID:ph0kmVl70
彼女の声がどんどん大きくなって、
正直外に余裕で漏れてた。
そのくらい最初に比べて彼女の声は大きくなってた。
流石に喘ぎ声まで事細かに覚えてないけど、
完全に耳に焼き付いてるのは

「だめ!本当にだめだから!」
Y美助けて」
中でも男が
「気持ちいいか教えて〜w」
って言ったのに対する返事。

「どうしよう・・・気持ちいい・・・」

思い出しても凹んでキーボード打つ指が止まるわ。

でもその男が何か言うことで、
腹立たしいけど言葉が記憶に残ってるのは確かだと思う。
一字一句正確じゃないだろうけどさ。


905 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:13:03 ID:ph0kmVl70
もう俺も頭がボーっとしてたけど、
見てて彼女が いったのはわかった。
彼女が いったから
もう一回休憩が入ったんだと思う。
男はタバコを吸いに表に出てこなかったけど、
飲み物取りに部屋を出てった。
俺は窓の外から離れて、また少しタバコを吸った。
近くの自販で飲み物を買って、また定位置に戻った。

彼女は まだベッドの横の壁に寄りかかってたし、
男とY美は普通に話してた。

もういいや、部屋をノックして入ってやろうか、
それともこのまま窓を叩いてやろうか。
そんなことを思ってたんだけど、
男が準備に入ったから見入っちまった。

ベッドの近くまで来てY美にフェラさせだした。
もちろん彼女を見てたんだけど
Y美も見てやれ」って最初に思ったからには
フェラ見てかなり興奮した。

彼女がベッドで横になってなければ、
完全に他のカップル覗いてるだけなんだよね。
Y美のフェラは興奮したけど、
別に特徴があるわけじゃなかった。

ここで特徴的なことでもやってくれたら
嬉しかったんだけど、本当に普通だった。

906 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:13:51 ID:ph0kmVl70
でも男の次の言葉で
完全に俺の心境は普通じゃなくなったよ。

「ねえ、Mちゃんもしてくんない?」

なんか血の気が引いた。
前にも書いたけど、
彼女が自分から何かしたりするのは、
本当に凹むから。

男はベッドの上に立った。
つまり彼女の顔の目の前に
物体Xを堂々と見せる格好。
んで俺からは真横から見える。

彼女もここまで来たら抵抗とか
躊躇いみたいのは無かったんだと思う。
俺が横で凹んでるなんて思いもしないで、
寄りかかってた身体を起こして物体Xに手をかけた。
ただ先に言っとくけど彼女のフェラは上手くない。
キスのときもそうだけど、舌の動きがぎこちない。

何度もしたから慣れてないわけじゃないんだけど、
どうにも上手くならなかった。
それにすぐ顎が疲れるみたいで、
長時間出来ないってのもあった。

907 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:14:53 ID:ph0kmVl70
彼女は少しだけ手で触ると、
やっぱり今更気にならないみたいで
あっさり舌で舐めだした。
ハイハイ、ここでいつもの俺のなんか終わった感じ。
彼女は舐めながら男の顔を見た。
あまりにも上手くならないからって理由で、俺が
「せめて顔を見ながらして」って教えたから。
何もそいつに実践することはねえだろ。


「いいね〜わかってるね〜Mちゃんw」

顔を見られた男は喜んでたよ。


Y美とまた違う感じでいいよな、
 すぐに比べれるから初めてわかるけど
 舌の感じって違うんだな〜w」

こんなこと言ってた。
彼女は男の言った言葉に反応して
少し笑ったけど、そのまま舌で舐めてた。
そのうち口の中に入れたけど、
やっぱり1分しないで口から出してた。


Mちゃん咥えるの苦手?」

彼女
「うん」


「じゃあ舐めるだけでいいからさ、
 吸ったり玉舐めたり、
 思いつくこと色々してくんない?」

この期に及んでリクエスト、シネよ。

908
蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:15:50 ID:ph0kmVl70
それでも彼女はそのリクエストに答えようとしてた。
下側から筋の所を吸ったり、玉を口に入れたり。
一番びびったのが竿の部分を横から咥えて、
顔を左右に動かしてって
俺の知らない動きをしたことだった。

ようするに手コキでやるのを口でしてる感じかな?
その間男は「ああ」とか「うう」とか言うだけ。

Y美は横で不フェラを見ながら彼女の胸を揉んだりしてた。
だけど彼女が色々してたらY美が横から口を挟んできた。

M、こういうのやってやると喜ぶよw」
とか言って男をベッドの上に膝立ちにさせた。
んで自分の乳首を物体Xに当てだした。
Y美の胸は彼女より大きい。
だからたまに胸に埋まる物体Xを見て、
俺はかなり興奮した。


909
蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:17:03 ID:ph0kmVl70
男も
「このコリコリフニフニ?
 みたいな感じいいよなw」

って喜んでる。
俺もしてもらいてEEEEEEEEEE
無理なのはわかってるけど。

y美は「はい」って言って場所を彼女と変わった。
彼女は自分で胸を持って男の物体Xに胸を当てだした。
俺の中でまたひとつなんか終わっt(ry
てか正直そろそろ限界だった。

いくら頭が働かなくなってても、
怒りとかそういうのを完全に通り越してたし
俺のも勃起しっ放し。
二つの意味で限界だった。
今自分で触ったら絶対すぐいくと思った。

それでも横で彼女が一生懸命胸で
物体Xをつついてるのを見ると興奮した。
絶対怒りより自分の興奮の方が強かったって、
このとき実感した。
男は「Mちゃんのツルツル乳首気持ちいい〜w」
ってあえいでた。
くたばれ。

911 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:19:11 ID:ph0kmVl70
こんな感じで俺の知らないことまで男にした彼女。
男も満足したんじゃないかな?


Mちゃん、最後に先っぽチュ〜って
 吸ってくんない?」

こんなリクエストをして、彼女は普通にこれをした。
したけど、そのチュ〜が少し長くて軽く欝だった。
最後も引っ張りながら離したから、なお欝だった。


「じゃあそろそろかな〜w」

と言いながらベッドから降りて、
彼女の足を引き寄せた。
Y美が
「ほんとに今日だけだからね!」
とか釘をさしてた気がする。

彼女はもう全く抵抗なし、もうされるがままだった。
一回彼女の足の間に顔を入れてたけど、すぐに離した。
多分濡れてるかどうか確認したのか、
濡らしたのかどっちかだと思う。
どっちにしても彼女のは濡れてるだろ、
そのくらいわかる。

912
蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:20:25 ID:ph0kmVl70
男はY美になんか言ったみたいだった。
でも俺には聞き取れなかった。
欝と興奮で頭が本当にどうかしそうだった。
ここまで来ても最後まではしないで、
彼女は断るかもしれない。
それはずっと窓に張り付いてて
頭の片隅で思ってたことだった。

913
蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:22:43 ID:ph0kmVl70
男は
Mちゃん、じゃあやるねw」

と、どこまでも嬉しそうだった。
断れ!ここで断って!お願いだから!

Y
M、ちゃんと返事しなきゃだめだよw
 そういうのも男が喜ぶツボなんだからねw」


「そそ、彼氏喜ばせたいんでしょw」

ちょっと待て!!
これもしかして俺のためにしてんのか?!
こんな精神状態でそんなことわかったら、
本当に頭がおかしくなる。
って少し混乱したけど、
どうせY美の差し金だし、
それに乗ったのは彼女だ。

結局「俺の為」とか言っても
どうでもよくなった。

彼女
「うん、しよう?w」

その返事はショックだ、
聞かなかったことにしたかった。
しよう?って誘ってみるみたいに・・・。
もう考えてもしょうがないztcyvbjmklk!!

915 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:25:18 ID:ph0kmVl70
Y美は入ってくところが見えるように(多分)自分も
ベッドから降りて彼女の足の間を覗き込んだ。


「うんwしちゃうねw」

彼女
「うん」

こんなやり取りだけで欝限界。
相変わらず俺の位置からは
彼女の脚は見えるけど、
入っていく場所は見えなかった。
だけど男の動きで何をしてるのか判断してた。
多分男は物体Xを彼女のに数回こすり付けてた。
その度にビクビク反応する彼女。

てか思い出してて今気づいたけど
ゴムしてなかったんだな、こいつら。
そして男の腰が前に進んだ。

彼女
「ニィッ!」

高い声で彼女がうなった。


916
蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:27:11 ID:ph0kmVl70
男はゆっくり腰を静めてたと思う。
ショックすぎてスローに見えてただけかもしれない。
んで、多分全部入った。もう死にたい。

Y
「入っちゃったね〜M


「うっわ、すげえ気持ちいwww」

動かないのでハァハァ息をしてるだけの彼女。


Mちゃん?どう?」

なにがどうなのかさっぱりだ。
てか、もう男の声を聞くだけで限界。

彼女
「うん・・・」

だから、何に対して
「うん」なんだよ!

918
蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:31:53 ID:ph0kmVl70

「ん〜じゃあw」
腰が動き出した。

「ヒィッン!」といつも俺が聞いてた声を出す彼女。
男が左の胸に吸い付いた。
吸い付きながら腰の動きを早めた。
彼女
「アァァァァァッ!ウァァァァ!」

今までの断続的な声じゃなくなった。
男の動きが止まった。


Mちゃん、答えて?まじで。」

「気持ちいい?」

彼女は男を見つめ返してた。
この場にY美がいなかったら、
普通に付き合ってても
おかしくないように見えた。

919 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:33:13 ID:ph0kmVl70
彼女は少し黙ったけど

「・・・気持ちいいよ」

と答えた。
もう俺も頭に血が上ってた。
外は寒いはずなのに暑かった。
思い出してる今ですら部屋が寒いのに暑い。


「ありがとうw俺も気持ちいいよw」

そう言って男は両乳首に
「チュッチュッ」ってキスした後、
彼女にキスをした。

完全にキレた。

もう今まで黙って見てた俺を
殺したくなるくらいキレた。
Y美の胸が見れるとか、
そういうことを考えてた自分が
下らな過ぎて情けなかった。

920 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:34:04 ID:ph0kmVl70
「ガンッ!!!」

窓を叩いた。
中を見ないで俺は窓を数回叩いた。
本当に泣いてた。
悔しくてたまらなかった。
叩いた後その場に座り込んだ。
下を見てそのまま泣いた。
上で窓が開く音がした。
男の声で
「誰かいんぞ?お〜い何してるんッスか〜?」
みたいなことが聞こえた。
でも上を向けなかった。
足も震えてたし泣き顔をこんな奴に見られるのも嫌だった。
女の声で「何々?!」っと
びっくりするような声が聞こえた。
その時は判断できなかったけど、多分Y美だろ。
そして同じ女の声で
「やばいって!やばい!彼氏だよ!!」と聞こえた。


「は?まじ?まじなのかよ?!」

上で焦ってたみたいだけど彼女の声は聞こえなかった。

921 蝋人形の館 xN4PfphIG. 2006/11/20() 02:35:12 ID:ph0kmVl70
泣き顔なんか見られてもどうでもいい。
今はこの男をどうにかしなきゃ気がすまなかった。
下を向きながら立つと、部屋の中の奥の方に男がいた。

彼女はベッドの隅にいて布団を被ってた。
Y美はその彼女の横にいた。
彼女を抱えるようにして、まるで守ってるみたいに。

何から?俺から?ふざけんな!
今まで見ていて自業自得だけど、
自分が悪者扱いされてるみたいで頭に来た。
窓に飛びついて土足で部屋に入った。

頭には来てたけど、なんか近所に
迷惑をかけちゃ駄目だと思って窓は閉めた。
男はどうしていいかわからなそうに、
裸で部屋の隅にいた。
思いっきり男の横にあった彼女の
化粧品とかが乗ってる小さい机を蹴った。


「なにしてんの?お前ら?てか何してた?」
自分では冷静に言ってるつもりだった。


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】