【独占】【VR】顔面舐め回し!耳舐めほじり!チ●ポ咥えまくり!いつでもどこでもフェラチオご奉仕してくれる淫乱おしゃぶりメイド 深田えいみ
【独占】【VR】顔面舐め回し!耳舐めほじり!チ●ポ咥えまくり!いつでもどこでもフェラチオご奉仕してくれる淫乱おしゃぶりメイド 深田えいみ

342: agBSSBNy32 2013/03/07() 18:55:20.53 ID:vfi8XSJH0
ある日の朝、彼女と海水浴に行く約束をしていた俺は車を走らせて彼女の家へ。
当時の俺の車はレジャー向きではない車だったので
彼女の車で出掛けることになっていた。

俺も彼女もお互いサービス業勤務だったから平日休み。
だからそんなに早起きして出掛けなくても渋滞や場所取り等の問題はないので
約束の時間は早朝ではなかった。

彼女が支度を終えて家から出てくる前に合鍵を使って俺の車から荷物を彼女の車に移す。
夏場で早朝でもない時間に露天駐車の彼女の車の中は既に暑い。
解錠してドアを開けると熱気と共になんかのニオイが…。

まあそのときはあまり気にしなかった。

343: agBSSBNy32 2013/03/07() 18:57:02.34 ID:vfi8XSJH0
それから数ヶ月経ったある日。
彼女が家に遊びに来て、帰宅していった後
手帳を忘れていったことに気付いた。

普段から手帳を持ち歩いてことあるごとにシコシコなんか書いてたので
なんとなく興味が湧いて内容を見てみた。

内容は大概くだらないことだったが
日付のある欄にマークが書かれている日がある。

俺の記憶と職場の定休日などを総合して考えると
アレをした日にマークを書いている、ということが解った。

『ふーん、こんなもん記録して何が楽しいのかね』
とか思いながらページを繰っていくと
数ヶ月前のページに同じマークではあるのだが、色が違うものを見付けた。

『はて、これにどんな意味が?』
と思って当時の記憶を辿ってみる。