セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

不倫・浮気

あさひ
あさひ

◇修羅場◇part33
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1157550474/

241: 休憩所902: 2006/09/07() 19:34:27
俺:21歳 大学4年
彼女:29歳 フリーター(今年の3月で派遣の契約終了)
D男:27歳 フリーター?

俺と彼女は付き合って1年。喧嘩もたくさんしたが、
特に大きな問題もなく今に至る。

先日彼女とデートしていたときのこと。
大柄でイケメン、ちょっとちチャライ男がいきなりきて
「おい!お前何様のつもりだ!!」
と公衆の面前で俺を怒鳴りつけた。

244: 休憩所902: 2006/09/07() 19:39:36
人が回りに多かったので俺は
「何のお話かわかりませんがとりあえず
ここで話すのは微妙なので、どこかお店に入りませんか?」
と提案。

するとD男は
「別にいいけど、お前が払えよ」と。
どうせコーヒー程度のお金のことをこんな前約束する
必要があるのかと、俺はあきれた。
このとき彼女は気まずそうにしていた。

店にはいって、俺が
「どういうつもりなんですか、いきなり怒鳴りつけて」
というと、D男が
「こいつは俺の女なんだよ」といった。
俺→彼女「どういうこと?この人と知り合い?」
彼女「・・・泣きはじめる。」
俺「泣いてちゃわからない。とりあえず話しを聞かせてほしい」
D男「お前が遊ばれてたんだよ!
   だいたいお前21だろ?こいつみたいな大人の女が
   相手するわけねーじゃん」
俺「それは俺達の問題なんで。」
D男「じゃあとりあえず俺はいく。会計よろしく」
俺「・・・」
俺「たのむ、何の話なのか教えてくれないか。」
彼女は泣くばかり。
らちがあかないので、とりあえずお店をでて彼女の家へ。

続きを読む

なごみ(18)
なごみ(18)

◇修羅場◇part51
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1191837126/

858: 恋人は名無しさん: 2007/11/03() 21:45:15 ID:ir6RsX3aO
ちょうど1年前の今頃の話です。

スペック
 (当時)24歳社会人
A子 (当時)21歳学生
B男 (当時)27歳フリーター

俺とA子は付き合って2年。俺は京都で社会人、A子は神戸の大学に行っている為独り暮らし。

知り合ったきっかけはA子の地元が俺の地元と一緒で、俺が友達に軽い気持ちで紹介を頼んだ事がきっかけで、半年位メールと電話を続けて、3回目のデートでお互い両思いでどっちが告白しよう!?って時にA子から告白されますた。

即OKして手繋いでデート。
夜景見てながら今までお互いがどれだけ好きで仕方なかったのかを沢山言い合った。
神戸の田舎と滋賀の端で中距離恋愛だったけど好きだったから毎週土日は頑張ってA子の所まで行っていたし、A子もそれをとても喜んでいた。恋愛は超順調だった。
彼女はその年大学卒業だから卒業したら結婚するつもりでした。

‥‥‥‥‥とまあ、前置きはこんなカンジでw

ある平日会社で休暇や合間を見てはいつものようにA子とメールしていた時、
A子から『早く会いたいな(>_<)』というメールが。
このメールを見て、俺は会社終わった後A子の家まで行って驚かして喜ばせようと目論んだ。

いつも通りの時間に会社が終わり、車に飛び乗ってA子の元に向かった。
A子の喜ぶ顔を想像してニヤニヤしながら片道2時間半の道を急いだ。

ここからが地獄の始まりでした。

続きを読む

絶頂×4本番 三上悠亜
絶頂×4本番 三上悠亜

406 えっちな21禁さん04/06/18 20:12 ID:Daoca6St
俺24歳 嫁28歳です。私はいわゆる寝取られスキー・・・
っていうのか寝取られ想像好きいうか、このスレは良く
覗いてはいたんですが、まさか自分がこんな状況におかれるとは思っ
ても見なかったです。

事が起こったのは先週金曜。大学時代の友人二人と飲みに行っ
た帰りに どうしてもというので家に寄った時の話です。

他人を家に上げる事を極端に嫌う嫁(家の両親すら上げたがらない)
 飲み屋からの俺のTELに案の定大反対であったが、何とかお願いし
て了解してもらった。

大抵、一度家に上げてしまえば何とか機嫌よくは接してくれる。
まあ、帰ったあとは怖い訳だが・・(笑)事情があり結婚式を内輪だ
けで行ったたため、高校・大学の友人連中は俺の嫁に非常に興味を持っ
ているらしい。

で、俺の寝たうちに・・・始めて、気が付いた俺が
大立ち回りでなくて・・・・チキンぶりを発揮するという話なんですが
聞きたいですか?

407 えっちな21禁さん04/06/18 20:25 ID:Daoca6St
詳細は望まれたら書くと言う事で・・・

タクシーで5分ほどの家へ、家は4件建てのアパートの二階で、
田舎なこともあり、駅近くなのに静かで非常に気に入ってる。

で、家に寄るなり、再び飲みなおし。大学時代がどーのこーの
なんて話しで盛り上がっていた。
 
続きを読む

みづな(20)
みづな(20)

スレッド立てる程でもない質問・愚痴・雑談など@既婚男性88
http://hayabusa6.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1453116733/
276 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/25() 01:02:23.03 .net
客観的に見てどうしたらいいのか教えてくれ。
俺はバツイチ42。嫁は初婚33。前の嫁との娘19。結婚歴は9年。
元嫁とは性格の不一致で別れ、親権は元嫁が放棄したので俺が取った。

嫁とは職場恋愛で、寿退社して専業主婦。
結婚4年目、仕事で銀行に行った帰り、家に寄ったんだ。
そしたら嫁が隣家の息子と不倫してたんだよ。こいつ中3
即座にキレた俺は二人共病院送りになるほど暴れたが警察には捕まらなかった。
隣家は賃借一戸建て物件だったからなのかすぐに引っ越していった。
それ以降、俺は嫁に苛烈な制裁を課した。
・運転免許の更新をさせず失効
・フルタイムのパートに行かせ給料は全て俺が管理
・もちろん家計も全て俺が管理
・小遣いは5000円、必要品の予算は俺支出でレシート提出
・嫁親の墓参り等にも一切行かせない
・携帯を持つようになってからは絶対にロックさせず、LINEも許さず、連絡先も必要最小限のみ
・夜はやらしいビデオのようなプレイを強いる、拒否権はない
これが現在まで続いてる。嫁はこの事に反抗したことはない。
ぶっちゃけ娘を育てる機械兼性処理用品として扱ってた。嫁はとてもよくやってくれたと思う。

277 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/01/25() 01:03:07.39 .net
先週、娘が嫁いで行ったんだよ。まだ19だってのにデキ婚しちまってな。
それで昨日の夜、晩酌しながら、色々あったなぁと語ってたんだ。
そしたら嫁が、娘もいなくなったし次は私も子供が欲しいっていうんだよ。
なんかその瞬間、突然嫁が浮気してた時の記憶がフラッシュバックして、うるせえ死ね!!って言いながら嫁を叩き出しちまったんだよ。
 
続きを読む

みみ 3(18)
みみ 3(18)

【1/6】 【2/6】 【3/6】 【4/6】 【5/6】 【6/6】

607 美和子夫 eVc8IFwJKM  2007/12/15() 03:00:12 0
ここで出てくるのが別グループの主任であるK田です。
私にとっては先輩に当たりますが、もはや尊敬の念は微塵も残っちゃいません。
なのでK田と呼びます。Kはクソでもキムでもキムチでも構いません。諸悪の根源はこいつです。
K田は有名私大を出ており、プライドが非常に高い人間でした。
しかも一度怒り出すとそれが止まらず、一日中机や人に当たり散らしているような人間。
私もK田の下で仕事をしていた時期がありますが、胃がおかしくなりました。
自分でテストもせずに承認して、後からトラブると部下になすりつける。
そのくせ顧客からの要望はなんでも受け入れて、下に全部やらせる。プロジェクトの全体像がまるで見えていない。
結果、スケジュールが破綻する。
無能な上司がデスマの原因になると言う典型のような男です
当然ながらK田は自分を有能だと思っています。
しかし、先の引き抜きの時、この男は声をかけられませんでした。
恐らくそれがK田のプライドを傷つけていたのでしょう。
高卒の私が誘いを受けたことが気に入らなかったようです。
Pが来てからというもの、K田はたびたび私の組の進行に口を出してくるようになりました。
Pからの訴えもあったのか、いくつかの工程を強引にPに割り振り、(困ったことに部長も了承していた)
私もK田が先輩ということもあり、飲まざるを得ない状況になっていました。
その結果、プロジェクトがどんどん遅れてみんな死んでいく
Pはクライアントに対しての礼儀もなっていないので、顧客対応もさせられません。
そのくせ、Pは妙に細かいところにこだわり、仕切りたがります。
「ここは無駄だ」とか「どうしてこんなに手間がかかるのか」
納期があるし、とにかく適当でもツギハギでも動く物を先に組んでしまわないと死にます。
ところが彼はとにかくイチャモンを付けてきて、納得するまでずっと引き下がらない。
だからそのうち面倒になって、「はいはいP君の言う通りだね」と苦笑いで受け流すようになりました。
その結果彼は何を勘違いしたのか、自分が私より優秀なのだと思いこんでしまいました orz

続きを読む

このページのトップヘ