セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

不倫・浮気

【1/2】  【2/2】 

妻が浮気をしてしまった part32
http
://love5.2ch.net/test/read.cgi/furin/1169758000/
740 やられた2007/02/05() 00:58:12 0
しばらくしてなかったから発情した俺仕事から帰ってきたばかりの女房のスカートに手を入れたんだ。
そしたら女房のヤツ凄い抵抗しやがった。

それでも強引にパンツの中に手を入れたらなんでかティッシュがあってそれ引っ張りだしたんだ。
女房のヤツ慌ててそれ引っ手繰った。そんとき指にベトベトしたものがついた。何だこれ?って臭い嗅いだら、性液のような臭いがした。
俺不信に思って女房見たら女房顔引きつらせて震えてんの。バレバレじゃん。
「オマエ浮気したろ、相手は誰だ!」俺怒なったよ。そしたら女房どけ座して謝ってきたが、
相手のこと言わないから何発もケリいれてやった。それでも言わないのよ。
今は自分の部屋に入って泣いてるがこれから2ランドの開始だ。
相手言うまで許さないし言っても許さないけどね。
俺容赦しねーから、ではいってくる。

760 やられた2007/02/05() 08:28:03 0
相手の素性吐かないのでケリ続けてたらゲロ吐きやがってしぶとい女だ。
会社行こうとした女房を廊下でとうせんぼして服ビリビリに破いてやった。
これから3ラウンドの開始だ。会社なんか行かせてたまるか。
速攻で解決してやるからな。
相手わかったら今日中に呼び出しておとしまいつけてもらう。
人の女房をとったらどうなるかわからせてやる。法も必要だがそれだけじゃすまさない。
暴力もいろんな種類があるかな、法に不利になるようなやり方は避けるつもりだ。

764 やられた2007/02/05() 08:50:44 0
最近マスコミがDVとか騒ぎすぎた影響がでてる。だから加害者が反省しないんだよ。
教師が暴力をふるえないからガキが悪くなったと同じだ。亭主の威厳も通用しない。
そんなもの糞食らえだ。
夫を舐めたらどうなるか、夫を裏切ったらどうなるか、存分味わってもらうよ。
暴力も手加減してるし、いい暴力にするつもりだ。
偉そうなこと言って浮気されてるんだから大した男じゃないのはわかってる。
でもさ、こんなやりかたが普通だったと思ってもらいたくて書いた。失敗してもいい。
笑われてもいい。加害者にダラダラ言い訳させてる同じ境遇の人の良いも悪いも見本になってやるぜ。
 

【1/3】 【2/3】 【3/3】

382: 西口 x5NkbXqPbA : 2013/06/17() 15:50:11.08 ID:rkpJL1I5
お互いごめんと謝った、嫁はもう帰るね、と。無理やりついていくが駐車場まで送っていく。
その足取りは重い。
嫁はボソッと『本当は迷ってる?』と聞いてきた『ああ』俺は答えた
今抱きしめられたら抱きしめかえすだろう
『ごめんね、明日は会わないほうがいい?ポストにいれておこうか?』『いや、会おう。出来れば食事も』

おそらく再構築一直線と馬鹿にされ、嫁の計算通りpgr、サレラリ乙とか言われるんだろう。

口に出せるはずもないが抱きたい、間男から奪い返したいと思ってしまった、ただ思っただけだ。
嫁の車が俺を離れる。喪失感。

ただ離婚を回避して再構築しようとも苦しみはずっと続くのだ。

先人の書き込みの真偽など確かめようもないが
気持ちだけは本当だろう。そして耐えきれずに再び破局。みんな自分たちは大丈夫と思って
失敗するのだ。そして俺の悩みは性生活について、身体的な事について。。。

帰宅した俺は自分がどうしたいのかどうすればいいのか考えていた。

考えも纏まらぬままいつの間にか眠っていて朝早く目が覚めた。報告義務などあるはずもないが、
叩かれるのがわかりすぎていつもより書き込みが遅い。

383: 名無しかましてよかですか? : 2013/06/17() 15:57:35.69 ID:kOa4kpRi
元嫁は身体的なコンプレックスがあることは知ってるんだよね?
それであのセリフ言われちゃったら、もうダメだよね。
そのコンプレックスの部分もう一度話してみるのも良いかもしれないけど、

まあ、再構築してもフラバに悩ませられるのは確定だからね。
離婚をしてから、二人でカウンセリングに通うって手もあるんじゃないかな?
時間はすごく掛かるだろうし、許す必要も再婚する必要もないけどさ
 

【1/3】 【2/3】 【3/3】

208: 西口 x5NkbXqPbA : 2013/06/16() 12:47:12.40 ID:YwXEQBRw
え~と、誘導されてきました。

とりあえず簡単な流れ

俺、嫁の携帯をみる。間違いなく浮気してる、しかもおうち

ICレコーダー、ビデオカメラを家にセット、証拠ゲット

DVでっちあげを防ぐ証拠を確保

現場凸、間男の素性知る職場知る間親の番号知る

子供を実家へ、今後の方針を親に話す。

間に電話、親と会社には報告したよ、さあ話し合いだ→勝利

嫁家族との話し合い←今ココ

210: 名無しかましてよかですか? : 2013/06/16() 12:51:50.14 ID:Gk7Vm6NJ
事前にDVが無い事の言質を取ったのは改めてGJだったと思うわ

211: 名無しかましてよかですか? : 2013/06/16() 13:08:30.89 ID:+2D0QSWg
>>208
間男が折れたくらいだから、
証拠は十分に揃ってるのかな。
だったら嫁にも楽勝だと思うが、
嫁との話し合いはどんな状況なの?

213:
 西口 x5NkbXqPbA : 2013/06/16() 13:38:23.49 ID:YwXEQBRw
実際はもちっと話がすすんでてさ

嫁への要求
離婚ね
親権俺
養育費月2
慰謝料はいらねが貯金300万は貰う
車は一台ずつわけよう
家電とかは好きなのもっていっていいよ(パソコンはダメよ)
 

【1/3】 【2/3】 【3/3】

117: 完封 x5NkbXqPbA : 2013/06/15() 21:28:49.00
俺が勝利の美酒呑みながら報告するぞ
本日決着。明日気団卒業するぜ!
給料嫁に全渡し、小遣い基本0の俺だけど浮気嫁に完封勝利したったわw
携帯からボチボチ書くわすぐ終わる

119: 855 : 2013/06/15() 21:35:10.00
>>117
勝利おめでとう
よろしく

121:
 完封 x5NkbXqPbA : 2013/06/15() 22:03:27.66
ガラケーなので、スペックなど書き漏れあったらごめりんこ

36、年収450
33、年収200
同棲5年、結婚7年目、子アリ(5歳♀3歳♀)
賃貸、借金、奨学金があと二年、貯金300万円、ギャンブルしない、タバコしない、酒は付き合い程度
暴力はない。小遣い0(逆DVだよね?)

夫婦仲は悪く無かったと思うんだが、嫁が浮気してた。
きっかけは良くある話で携帯に証拠メールが残ってたから
酷くショックだったんだけど、ここの住人だったのが良かったんだろう。素早くデータをパソコンと俺の携帯に移した

ただ、浮気はほぼ間違い無かったんだけど、証拠としては決め手にかけていた。
ただ、俺には自由に使える金が一円も無かったので全て1人でやるしか無かった。
会議用に使っているICレコーダーとデジカメ、ビデオカメラが俺の武器、まあ、過去の賢人の書き込みをみる限り何とかなるような気がしてたよ
なんせ不倫現場は我が家なんだからね

さすがに我が家で嫁が他の男に股を広げてると知った時は戻しそうになった。わりと動じない性格だと思っていたけどさ。
 

【夫に】浮気がバレてしまった【妻に】 その9
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1184135357/

163: 名無しさんといつまでも一緒: 2007/08/04() 10:19:58
最悪の形で不倫がバレた
彼と一緒にいる時に義父が事故で危篤状態に
携帯の電源切ってたから夜中まで連絡取れなかった
私の上司にまで連絡行って大騒ぎになってしまった
葬儀の時旦那が挨拶する時に
父は自分の娘のようにかわいがっていた私が自分の死に際にホテルにいたと
天国で知った時どんなに悔しいかと言ったらしい
一週間経っても旦那と連絡取れないし子供にも会えない
実家も追い出された
もう私が死にたい

165: 名無しさんといつまでも一緒: 2007/08/04() 10:27:36
>>163
自業自得。旦那の父親が死に掛けてるときに不倫してるお前が悪い。
義父は旦那の未練もしっかり断ち切って死んでいったんだろうね。
あの嫁はだめだって。

168: 名無しさんといつまでも一緒: 2007/08/04() 10:32:11
すみません。自分が悪いのは分かってます
誰とも連絡取れないしこれからどうすればいいかと思って書き込みました
携帯取られて誰とも連絡出来ません
会社も来なくていいと言われました
お金も無いし友達の所に居候させてもらってます
これから私どうなるんだろう 子供も心配です
自分から旦那に会いにいくしかないんでしょうか

170: 名無しさんといつまでも一緒: 2007/08/04() 10:34:05
>>168
旦那に会いに行くってw
どんだけ苦しめたいんだwww

169: 名無しさんといつまでも一緒: 2007/08/04() 10:33:52
不倫の相手は、会社の人?


このページのトップヘ