セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

離婚・別れ

【1/10】 【2/10】 【3/10】 【4/10】 【5/10】 【6/10】 【7/10】 【8/10】 【9/10】 【10/10】

481:新築◆eP8tHxHx0Q2014/01/24()23:14:32.29
母が慌てて元嫁を連れ出して、そのまま帰らせました。
母が戻って来て、「お前は普段あんな話し方をするのか?」と聞いて来たので、「場合による」と答えました。
母は母で、私の冷たさに傷ついたようでしたけど、その後じっくりと私の真意を説明できました。

母には「“孫の母親”としての元嫁と接触するのは止めない。しかし私に接近させようとするな。娘達と元嫁との接触は、娘達が自分で判断するまで待て。勝手に間を取り持とうとするな。」と納得させました。

母が「今日の件は、私が悪かった。元嫁を傷つけてしまったので、後で彼女に説明していいか?」と聞いて来たので「構わない」と答えました。
たぶん、母と元嫁の関係は切れないでしょうね。

話の途中で、母が「一度の過ちだと思ってあげられないか?」とも聞いて来たので、「私は一度の過ちをしようとも思ったことはない。普通はない。違うか?」と切り返した。
・人生の中の“20年”を大切にしたいから、“一度”だと思うことにしている
・しかし、目の前にいる人間を見るときには“何度やったか分からない”と思わざるを得ない
という点を納得させるのに苦労しました。

母は「今までに疑うことはあったのか?」と聞いて来たので「全くない」と答えた。
母が「ならば・・・」と言ったので「今回も全く疑うことはなかった」と言った。
母はどうしても“今回が初犯”だと信じたいようだったので、「過去には帰宅が遅くなることも、遊び歩くこともなかったし、何をしているか不明な時間もなかったよ」とは言っておいた。

まぁ、そんなこんなで、私の家族はどうにか意識が1つにまとまったようです。
まだ表面的だとは思いますけど、やっと家庭が落ち着いて来た感じですね。

落ち着いたので、次回は、書き溜めてからざっと示談の話をします。それで報告の終了とします。
(あまり面白いような決着ではないように思いますけど。)

【1/10】 【2/10】 【3/10】 【4/10】 【5/10】 【6/10】 【7/10】 【8/10】 【9/10】 【10/10】

182:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/15()01:15:50.44
勤務時間内のホテル、偽出張、偽造出張報告の作成指示で懲戒免職にならないって・・・
関係者の事情聴取まで行ってるんだから、いくら後ろ盾が強くてもアウトじゃないの?

しかも,実はさらに2つ乗って満貫です、なんて。
本当なら近寄りたくないなぁ。

184:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/15()01:34:35.02
>お互いに「何の不満のない素晴らしい人生」だと祝福し合ったらしい。

不倫したせいで離婚、娘にも嫌われ、会社も懲戒解雇か左遷、汚嫁見事な転落人生だな

189:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/15()01:58:30.25
新築の案件間男の「活躍の場を広げる」は昇進だったか・・・で、元嫁とは勤務地が離れる
そうすると嫁実家凸の際に嫁が発したセリフは「間男の事を慮って」と言うことになるのかこれはツライなあ。

係争問題の解決よりも背信行為部下の家庭を壊滅させた事のほうが懲罰判断としてはデカそうだなあと思っていたが
いくら強力な後ろ盾があろうとも対抗勢力も当然考えられるし

間男が解決を急いだのは間娘の結婚に関する事では?

190:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/15()02:07:10.22
税務署とか、その筋にチクるとすごく面白そうだけどなww

業務上横領(カラ出張+偽出張報告書)がありながら
社内の懲罰判断が無い会社って普通は無いわな
一般的社会常識が通用しない会社ってそれこそワンマン社長会社っぽいなあ

【1/10】 【2/10】 【3/10】 【4/10】 【5/10】 【6/10】 【7/10】 【8/10】 【9/10】 【10/10】

283:新築◆eP8tHxHx0Q2014/01/11()22:43:52.18
お疲れさまです。

規制が面倒なのですが、通るところまで、報告します。

今日は、元嫁の荷物の最後の運び出しでした。
新居と同時に購入したベッド(セミダブルを2つにした。それなりのものなので、捨てるのはちょっと・・・。)をどうするか?と尋ねたら、「欲しい」とのことだったので、元嫁のを送りました。おかげで、引越屋を使うはめになりました。
鏡台も積み込みました。

結婚して最初に買った家具のチェストがあるのですが、これも積み込みました。
このチェストは、元嫁が最初に私にねだったもので、そういう思い出を娘達にも語っていたし、娘二人ともが小さい時にイタズラでシールを貼って怒られたという思い出もあります。

学生時代に買った安物のペアリングも渡しました。
結婚した時に、「この指輪は一緒にして大切に保管しておこう」と言って、リングケースに入れておいたものです。
もう私の手元に置いておく必要はないので、「いらなかったら捨てて」と手紙を入れて荷物に入れました。

元嫁の物が、これでほとんどなくなりました。
14
畳の寝室に私のベッドとソファしかなくなりました。
一体何なんでしょうね?
学生時代に二人で同棲していたアパートくらいの広さの寝室に1人ですよ。

続きます。

286:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/11()22:47:12.86
>>283
何か空虚感を感じるな・・・。
支援。

【1/10】 【2/10】 【3/10】 【4/10】 【5/10】 【6/10】 【7/10】 【8/10】 【9/10】 【10/10】

695:新築◆eP8tHxHx0Q2014/01/07()23:45:52.05
(この後3回くらいに分けて書きます)

最初に、娘達の思うままに色々と語ってもらいました。

長女は冷静な中にもやはり母親との過去をどのように扱っていいかが分からないようで、さらに今後どのような関係になるのかも分からないことに対する不安を訴えてきました。
その1つが、私が「会いたければ自由に会って良い」と言ったことの真意がどこにあるのか(本音は会ってほしくないのかも?)が分からなかったようです。
長女は、どちらかと言えば、元嫁と断絶した関係になりたくない雰囲気です。ただ、次女がそれを激しく拒絶しているので表に出せない感じです。なので、近いうちに次女がいないところで話し合う必要があります。

次女は完全に産まれてから今までを切り捨てたいかのようで、「あの女の触ったものは、全部捨てたい」と泣きながら言いました。「私達家族を捨てた」と表現していましたので、予想はされたことですが、相当心が傷ついています。
「お父さんは優し過ぎる」とか「お姉ちゃんは、最後まであの女を信じようとして、甘過ぎる」とか、そんな感じです。
私も若い頃は過剰なくらい“悪いこと”に対する嫌悪感がありましたので、次女を見ながら納得感がありました。
私が「お前のおかげで、家族が救われた。ありがとう。」と言うと、「私のせいで、こんなことになって。」と泣き出しました。
やはり、皆さんの言う通り、“自分が見つけなければ良かったかも”という思いがあるようです。

長女、次女ともに、この数ヶ月間の苦しかったことなどをたくさん話してくれました。
証拠集めをしている期間の私の雰囲気がやはり怖かったそうです。「早く離婚して、家から追い出してくれ」と二人で話していたそうです。
「もう証拠は十分だ」となってから、私がさっさと決断したのが「本当に嬉しかった。あれ以上時間がかかったら私たちが何かをしてたかも。」という状況だったようです。

次女が決定的に浮気を疑ったのは、“元嫁の化粧”だったそうです。
ずっと私好みのナチュラルな薄化粧だったのが、目元パッチリになっていたのが「怪しい」と思ったきっかけだそうです。
私は、全く気がつきませんでしたけど。

続きます。

【1/10】 【2/10】 【3/10】 【4/10】 【5/10】 【6/10】 【7/10】 【8/10】 【9/10】 【10/10】

386:名無しさん@お腹いっぱい。2014/01/05()22:55:39.47
新築、明日への意気込みを毎日眠れないストレスでもいいのでお願いします。

401:新築◆eP8tHxHx0Q2014/01/06()00:27:47.08
>>386
明日大きなイベントがありますが、正直なところ全く感情が動きません。
誤解を恐れずに言えば、興味がないような感じです。

娘達と何かを話さなければいけないと思っているのですが、ずっとベッドから出られませんでした。食欲もないまま今に至ります。

娘達には
・私は、元嫁を愛していること(ずっと恋人のような関係だったはず)
・しかし夫婦の関係としては、どうしても許されないことがあること
・信頼は一度失うと、もう戻らないこと
・(元嫁の告白はまだ娘達には話していないけど)人は幸福の中で心の緩みが生じること
・君たちは間違いなく愛されて生まれ、育まれてきたこと
・夫婦関係は戻らないが、親子関係は切れないもので、両者は区別可能であること
を丁寧に話したいと思っているのですが、どのような言葉で、どのような順序で語れば、正しく伝わるのかがどうにも分かりません。

少し疲れているかもしれません。
私の両親は既に引退している身なので、しばらく我が家にいてくれることになりました。

弁護士さんから連絡があって、間男側から「日程を早められないか」という相談があったようです。
弁護士さんも忙しいのが事実で、断ったそうです。
間男にとっては、“時間”が重要なファクターであるのは元嫁からの告白から分かっていますが、焦っている可能性は高そうです。

なんか、支離滅裂で申し訳ないです。

このページのトップヘ