セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

R18

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

元スレ :http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/1247467405/

231 ゆう 2009/09/22() 00:54:44 ID:IqJEGTai0

高校3年生の体育祭の時のこと。

応援団は10クラスあるうち、隣通しのクラスが1チームにまとまって
5チームに分かれていた。
みんなで振付を考えたり、衣装もデザインからみんなで考えて
みんなで作ったりしていた。
夕方から夜にかけて、振り付けなどの練習で集まったりしてたし、
高校最後の体育祭だし、力も入ってたし盛り上がっていた。

私はその当時、応援団長をやっていた山田(仮)と付き合って
たんだけど、束縛きつくってちょっとうざいな~って感じだった。
 

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
333 :けんじ:05/01/26 01:01:13 ID:5KbHLO9oO
正月に遠距離恋愛の彼女と大喧嘩して東京に帰ってきた。
頭にきてたから放置してたら
昨日夜中に彼女から電話がかかってきたんだけど
あいつのアエギ声だけが聞こえてきた。

本人はきずいてないみたいで浮気相手があいつの
携帯みて彼氏ぽい俺にエッチ中かけたぽかった。
「イクー!あぁまたイきそう・・ああ!!」
という彼女の絶叫

聞きながら三回抜いてしまったよ。。orz

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

http://pele.bbspink.com/test/read.cgi/kageki2/1296300497/

897 名無しさん@ピンキー 2013/11/15() 07:11:41.04 ID:DKG9OYbL

おじゃまします
今から20年前ほどの体験です

夏に私はボランティアで、日曜大工教室を開いていた
地元の方や、休みで帰省している方が主で、だいたい20人ぐらい
どちらかと言うと、年配の方が多かったが、その中に若々しい20代の女性が一人

黒髪をショートにして、割とピッタリとしたTシャツにジーンズ
眼鏡をかけているのではじめは気が付かなかったが、目がとても切れ長で、横顔が若い頃の鈴木杏樹によく似ている
真面目で静かな女性で、黙々と仕事に励んでいた
腰から太ももにかけては大人の女性らしく、丸みを帯びている
私はその時20代後半だったので、親近感は湧いたが、敢えて他の方と同じ様に接していた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
彼女は俺と居る時の気の強い感じとは違いおしとやかというか、はにかんでる感じだった。[1/3]
彼女は俺と居る時の気の強い感じとは違いおしとやかというか、はにかんでる感じだった。[2/3]

167
119 zeLg4BMHgs 2008/06/02() 06:19:24 ID:rST+zEyI0
男は狂った様に腰を振り、彼女の胸はブルンブルン揺れていた。
パン パン パン パン パン
俺が選んだ水着でやられている彼女...
でも、悲しいのになぜか興奮している俺...

しかも、この時のHは獣の交尾の様な何とも言えない生々しさだった。
男は汗だくで彼女にしがみ付き
「ふんっふんっ」言って一心不乱に腰を振り
彼女も汗だくで体中を真っ赤にし、眉間にしわを寄せて
「うっうっぅぅ」って言いながら男に突かれていた。
こっちにまで熱気が伝わてってくる様なHだった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
彼女は俺と居る時の気の強い感じとは違いおしとやかというか、はにかんでる感じだった。[1/3]
彼女は俺と居る時の気の強い感じとは違いおしとやかというか、はにかんでる感じだった。[3/3]

139
1192008/05/31() 15:26:17 ID:ByOMCuEo0
彼女の浮気を目撃した後も週に1〜2回は彼女と会っていて俺は努め
て平静を装った。
でも、正直めちゃくちゃ辛かった。

あの目撃の後から、なんか彼女が大人しくなったというか
俺に気を使っている様に感じた。Hもそれなりにしてたけど妙に興奮した。

この部分はこの板の経験者の方なら共感してくれるかもしれない。
日々浮気を思い出して悶々としてたのがHの時爆発する様な感じ。

あの日から一か月弱位経って、俺は彼女と別れる事を意識し始めたと
き彼女が海に行きたいと言い出した。

なので、彼女との最後の思い出として日帰りで行く事に決めた。

続きを読む

このページのトップヘ