セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

エッチな体験談

【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

235 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:20:25.35 ID:8XfLB9fwO
昨晩は栄光ある同僚との酒を交えたひと時を過ごした。朝まで飲
み、しばらく寝てしまった。

皆様、大変待たせた。誇り高き風俗嬢に童貞を贈った話のエピロー
グである「私の初体験が終わった話」をしよう。

短めだ。
木曜日に貼れたと今更後悔している。
終わりは一瞬で過ぎていく。

237 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/16() 14:23:24.17 ID:8XfLB9fwO
今年のゴールデンウィークだ。

私は川崎にいた。

この日私はある目的があって川崎にいた。

ソープだ。

あかなめに会いに来た。

――
私があかなめとSEXをしてから一年間私の身の上にはいくつかの
災難がやって来ていた。それらはすべて闇の歴史となっている。

生涯、私はこの一年間を忘れない。全てが駄目になった。
これから私が歩いて行くかもしれない道はなくなり、これまで歩
いてきた道も崩れていた。私はその場で立ち止まるしかないだろ
う。


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

188 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/13() 22:55:09.95 ID:oTuELf8AO
——私にはそんな経験がなかった。

思えばヘルスでも自己中心的な思いでヘルス嬢たちのおっぱいを
なめまわしていた。相手が気持よくなかろうとどうだろうと、そ
んなこと考えもしなかった。

ただ射精する。それだけを私は考えてきた。

ところがどうだろうか、あかなめは。私とあかなめは金でつなが
れた関係だった。90分。それだけの関係だった。

しかしあかなめは、私に言った。

——
SEXは気持ちでする。

思いやり。

慈しみ。

愛おしさ。

一番大切なことはテクニックでも容姿でも、年齢でもない。

気持ち。

見えるけど、見えないもの−−


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

142 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/12() 01:38:57.42 ID:GUMkN+euO
3
あかなめがカウントダウンを始めた。

「待って」
私は喘いだ。こんな初体験は嫌だ。あかなめでもいい。
でも心の準備が。

2
あかなめはカウントダウンを続けた。

「いやあ」
と私は叫んだ。
さらば童貞。君と過ごした毎日はいつもティッシュが臭かった。

0
あかなめはカウントダウンを終えた。

「アーッ!」

143 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/12() 01:44:19.16 ID:GUMkN+euO
MISIA

「ヨーエブリィースイーン、ヨーエブリィースイーン、あなたが、
思うよりつよおくう」

が聞こえた。

「入ったね」

あかなめが言った。オチンチンのプラトニックな思いをほふった
笑みを、ぎょろ目は讃えていた。

「入りましたね」
同時に私は射精前に賢者タイムに入っていた。

−−
私はあかなめと一つになった。

あかなめは急回転でピストンを始めた。


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

88 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:43:22.80 ID:YD/0t5XxO
意識が混濁していた。肉の塊のおかけで私は疲弊していた。

だんだん友里が消えていく。
だんだん肉豚が現われてくる。

「なんで泣いてるの。だれ、友里って」
と、怯える豚。

豚いわく、ピストン中、私がいきなりぶつぶつ呟き出して、つむっ
た目から涙一筋流れたそうだ。フィニッシュの時には小さく「友
里!」と断末魔の叫びを上げて肉の中に出したらしい。

91 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/11() 01:53:13.25 ID:YD/0t5XxO
私はなんでもないと鼻をすすった。

風呂に入り体を洗ってもらう間、私は友里のことを考えていた。

友里と少しだけ向き合えた気持ちになれた。

嗚呼、困難を乗り越えるとはこの事か。

−−
私たちは思い出の延長上に生きている。その思い出とどう向
き合うかで、未来が決まるんじゃないだろうか。

私の心は晴れ晴れとしていた。
今を、生きている。それを実感できた。

ちんちんを洗う豚を見た。私はこの肉の壁を乗り越えた。
この肉の壁はもう盾だ。

成長することとは何か。
一つの答えを私は出した。
思い出に勇気を持って向かい合うこと。
それもまた成長じゃないだろうか。

私の心は晴れ晴れとしていた。
肉豚は、話しにくそうにペラペラトークを続けていた。


【1/8】 【2/8】 【3/8】 【4/8】 【5/8】 【6/8】 【7/8】 【8/8】

46 オー・ハリー・ツムラ Xb1uNrfekw 2012/06/10() 21:22:05.97 ID:Npy6DyzhO
火星人が本丸を咥えた。
また上目遣いでだ。
食われるかと思った。
私は目を積むって、日頃おかずにしている同級生を思い浮べた。

−−
高飛車な女だった。小生意気で私を見下していた。
美人でいい体をしていた。

私はいつも脳内で彼女を、夜勤ナース服のコスプレをさせ、中出
ししていた

私は目をつむった。
今息子を舐めているのはあの女だ。

脳内であの女と会話する。
「もっと音をたてるである」
「許してください」
「黙るである」
「ごめんなさい。もうバカにしません」
「うるさいである」

「こっち見て。目を見ながらのほうが興奮するよ」
火星人が私に命令する。
「ハイ」
私は従った。

空想は私をいたわる。
現実は私を傷つける。


このページのトップヘ