セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

再構築

【最新作】むっちりプニプニ尻フェチ美少女 波木はるか
【最新作】むっちりプニプニ尻フェチ美少女 波木はるか


【ネタも歓迎!】嫁の浮気【雑談しながら待ってます】其の四十一
http://maguro.2ch.net/test/read.cgi/tomorrow/1416886577/
757 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/18() 20:16:41.14 .net
流れぶった切ってすまん

不妊治療中の嫁が不倫してた。
一昨日ホテルから1人で出てくる嫁をところをつかまえた。

これから相手と戦ってきます。

758 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/18() 20:18:36.36 .net
>>757
kwsk
つうか酉付けて

761 q9EnS5WesY 2014/11/18() 20:23:55.41 .net
俺32歳
嫁32歳
高校の同級生。
結婚3年目 小梨
不妊治療をしていたのですがその最中の不倫です。

相手 27歳
嫁の勤め先の社員。

書き出すと長くなりそうです・・・

762 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/11/18() 20:27:44.64 .net
がんばれー
ちなみに不妊はどっちが原因なの?

続きを読む

Arisa
Arisa


【1/3】 【2/3】 【3/3】

210  良介  03/07/03 17:11 ID:6sKJFxDE
興奮は極みに達した。
私は自分を抑える事が出来なかった。

服を脱ぎ捨て、千春をベッドに押し倒した。

千春に覆い被さる。
唇を重ねる。舌を絡ませる。
千春が腕を絡ませてくる。

二人共涙を流していた。

(今日一日だけだ・・・今日一日だけだ・・)

そう何度も自分に言い聞かせながら千春を抱いた。

211  えっちな21禁さん  03/07/03 17:13 ID:AKVKBjeB
>>210
ああ、やっぱ抱いちゃったんだ。

214
  良介  03/07/03 17:22 ID:6sKJFxDE
目が覚めると千春が台所に立っていた。
昨夜、二人は全てを忘れ何度も交わった。
「おはよう」
千春が笑顔で話し掛ける。
「ああ」
タバコに火をつけ視線をそらす。
千春を見ているのが辛かった。

私はスーツに着替えた。
早めの出勤の準備をした。
キーケースから1つしかないこの部屋のカギを抜き、
テーブルの上に置いた。

「カギは一つしかないからポストに入れておいてくれ。」
私は遠まわしに千春に帰れと言っている。

そして千春はその言葉を予期していたかの様に唇をかみ締め、
やがて静かに頷いた。

続きを読む

Arisa
Arisa


【1/3】 【2/3】 【3/3】

27  良介  03/07/02 15:33 ID:7JFkRRq+
私はビデオを停止した。
目の前で繰り広げられる映像をこれ以上見るのが耐えられなかった。

週末再び千春はやってくる。
いつも変わらぬ千春がやってくる。
自分で選んだ道だ。私は全てを見る事を選んだ。
全てを見た。そして確信した。

千春との別れを決意した。

31  えっちな21禁さん  03/07/02 16:29 ID:i2zJyrgP
切ないねぇ・・・
切なさと興奮でマジで胸ドキドキしてるよ・・・

33
  良介  03/07/02 16:59 ID:7JFkRRq+
金曜日、いつものように千春が泊まりに来た。
私の家には千春の私服がいくつも置いてある。
だから週末は会社帰りにそのまま私の自宅へ直行するが通例だ。

その日の夜、私は千春を抱くことはしなかった。
口には出さなかったが、千春が求めてきたのが解った。
私は欲情を抑え、千春に背を向け目を閉じた。
悲しいかな今の私は狸寝入りするのが精一杯の抵抗だった。

私の知る千春はここでさらに求めてくるような女ではない。
それはビデオの中のもう一人の千春だ。

40  良介  03/07/02 17:53 ID:7JFkRRq+
次の日、つかのまの休日を千春と二人で過ごした。
千春にとってはいつもの休日。
そして私にとっては千春との最後の休日だった。

映画を見た、ショッピングした、試着して
千春が一番似合った服をプレゼントした。
いつもよりちょっと高めのディナーをした。
その後 普段行かないようなバーに入った。

いつも並んで歩く駅からの帰り道。
この日二人は手をつないで自宅まで歩いた。

続きを読む

【新作】絶対的鉄板シチュエーション 1 鈴村あいり
【新作】絶対的鉄板シチュエーション 1 鈴村あいり


【1/3】 【2/3】 【3/3】

899  良介  03/07/01 18:31 ID:Lwsh4Iuc
千春との出会いは今から4年半前になる。
同じ専門学校で同じクラスになったのがきっかけだ。

出会った頃の千春にはいわゆる色気というものを感じた事がなかった。
この頃の女性は高校時代には禁止されていたであろうあらゆる策を講じ
色気を装う。
しかし千春にはそれが無かった。

活発でいつも明るく、化粧もしない。
そんな飾らない千春が私にはたまらなく魅力的だった。
私の他にも千春に想いを寄せる奴らはいたが、
それを巧みに笑ってあしらうのも千春ならではの技だ。

千春とつきあう事になったのはそれから1年後の事だった。
付き合ってからも千春は変わらなかった。
いつも友達のような感覚。でもそれが又嬉しかった。

900  良介  03/07/01 18:36 ID:Lwsh4Iuc
千春とのSEXは週に一二回程度。週末に私の家に泊まりに来る。
SEXの時の千春は普段と打って変って静かになり、恥じらいさえも見せる。

普段を感じさせない千春が性を見せる瞬間。
この時だけは女性の表情なる。私だけしか知らない表情だ。
そう思うとたまらなく愛しくなり、私自身、優越感にさえ浸ってしまう。
そして又、いつもの千春に戻ってゆく。

上京した私は都内にワンルームのアパートを借りていた。
狭い部屋だったが、千春と二人で過ごすには十分な広さだった。
千春といる時は いつまでもこんな日が続けばいいと思っていた。
他に何も望まなかった。

続きを読む

このページのトップヘ