セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

托卵

DNA鑑定するって言ったら妻が泣き崩れてワロタwwwwwwww

1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/28() 11:27:58.86 ID:caxvikA/0
案の定俺の子じゃなかったwwwwwwwwwwwwwww

前々から怪しいと思ってたけど騙された振りしてたwwwwww
wwwwwwwwwwwwww

慰謝料たんまりふんだくって離婚するおおおおwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwうっひょwwwwwwwwwwww

8 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/28() 11:30:08.98 ID:mjVOwGB00
kwsk

9 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/28() 11:30:26.66 ID:qqQjex6F0
詳しく

11 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/28() 11:31:00.41 ID:q1FJEm3s0
kwsk

6 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/28() 11:29:25.85 ID:OyQOPE7G0
どこで怪しいと思ったんだ?
血液型?

22 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2012/07/28() 11:32:40.97 ID:caxvikA/0
>>6
子供じゃなくて妻の行動ね
怪しいと思ってからは
裏切られた時に深く妻が傷付くように考え始めた

んで産んでからDNA鑑定がダメージでかいと思ったの

【1/2】  【2/2】

485 : 445 : 2009/11/25() 05:53:54
あまり寝れませんでした。
心臓がバクバクいっていてつらいです。

皆さんの意見をきいていますと、これからの厳しさが伝わってきます。

では離婚する方向で考えた場合、出生届より前に離婚届を出す必要があるのでしょうか。
それとも出生届を非嫡出で出しておき、後日離婚になるのでしょうか。
この場合、後で自分の子供と分かった時に嫡出には出来ないのですよね。
DNA
鑑定もすぐ結果が出れば良いですが、時間がかかりそうで出生届けの提出期限もあることから見切りでの決断になってしまうのを避けたいです。

こういった問題の解決、相談にのってくれる機関等はあるのでしょうか。

487 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2009/11/25() 07:13:12
離婚するなら

婚姻関係だと非摘出子にはならず、出生届を出した時点で現・夫の子供として自動的に受理されますので、未提出のまま
まず、お子様が生まれたら家裁に1200円分の為替と80円切手6枚・病院から貰った出生届と母子手帳をもち、家裁受付の職員に内容を話し[DNA鑑定をしたい]という有無を伝えて調停を申し込みましょう。
(
ちなみに子供の名前が訴える上で必要です、出生届に書く予定の名前を考えておきましょう。)
家裁は離婚させるのが目的ではなく、あくまで第三者を交えての話し合い。
DNA
鑑定後に[離婚]など話し合えば良いと思います。
DNA
鑑定などの手続きもしてくれるので、楽ですよ。

488
: 445 : 2009/11/25() 07:38:20
>487
ありがとうございます。
出生届、離婚届ともに提出しないでおいて家裁に調停をお願いするのですね。
自分にはまったく縁のない話だと思っていたのでまるっきりわかりませんでした。
 

【1/2】  【2/2】 

445 : 名無し募集中。。。 : 2009/11/24() 21:55:19
気が動転してどうしていいか分からずこちらに書き込みます。
3735で、妻が現在妊娠中。今日明日には生まれるみこみです。
見込みというのは予定日を越えたため、陣痛誘発などの処置入院をしています。
決して釣りとかではなくです。

結婚7年目でやっとこ授かったと思って喜んでいたところ、昨日嫁の携帯から怪しげなメールを発見しました。
問い詰めたところ、「そんなことは絶対無い」と言っていたのですが
今日から出産のため入院している病院で再度問い詰めたところ、今年の24月まで計4回ほど浮気をしたことを告げられました。
過去にも、嫁には2人ほど浮気の前科があり私も気が弱いのか惚れているのかで不問にしてしまっていました。

私との行為は去年の12月または1月上旬(1月のは私はあまり記憶がなく、妻が言ってることです)で計算的にみてもとても微妙なところです。
妊娠が判明したとき、妻は歳も35と高齢の部類に入るのでこのチャンスを逃したくない。

浮気はしたが多分私の子供だろうという観測から、ずっと黙っていたようです。

もう子供が生まれる直前(もしかしたら今日の夜、陣痛が始まるかもしれない状態)でこんなことを書くのは情けないのですが、誰にも相談できず皆さんの意見をお聞かせいただきたく。

1.
自分の子供でなかったらどうするか。
 私としては妻を今の段階では愛してますが実際自分の子供でないと判明したときにどうなるかわからないです。
2.
自分の子供でなかったが育てようと決断するのはおかしいでしょうか。

446 : 名無しさん@お腹いっぱい。 : 2009/11/24() 22:10:18
1.
離婚して摘出否認。養育費は不要。本当の父親に認知するようにしてはどうか。
2.
おかしくもおかしくなくも無い。貴方の判断が最善。
 

不倫されて離婚。間男、元嫁のその後 11
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/furin/1284546356/
741 名無しさんといつまでも一緒2011/05/20() 14:06:44.12 0
離婚が終わった話はここでいいのかな?
もしよければ間抜けな40おっさんの話を聞いてくれないかな


742 名無しさんといつまでも一緒2011/05/20() 14:14:26.77 0
聞かせてくれ

743
7412011/05/20() 14:27:35.78 0
>>742さんありがとう、
終わったばかりなのでとりとめも無い文章になるかもしれませんが宜しくお願いします

私 40歳 管理職 年収1200万ほど
元妻 40歳 専業主婦
子供 長女17歳 長男7

私達は18歳より恋愛しており、
就職し軌道に乗ったところでプロポーズ、長女を授かりました。

その後元嫁は育児等に追われレスが続いており、
私も子供はもう諦めていたのですが、
長女が10歳の頃に元嫁が激しく行為を迫り、長男を授かりました。

私は喜び、家事育児、家族サービスも過不足なくやっていたつもりでした。
しかし長男が3歳になったあたりから元嫁の長女に対する態度がひどくなり、
まるでかまってやらないのです。

お恥ずかしい話ですが、
長女の初潮を迎えた時ですら元嫁は煩わしいとばかりな態度をしておりました。

思えばこの時しっかりと調べればよかったのですが、元嫁とは口論になるばかり、
両親を亡くしていたため部下の女性に恥を忍んで教授いただき乗り越えました。

不倫なぞ疑いもせず、
私に何か不満があるのか来る日も来る日も悩みました

◇修羅場◇part43
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1174645252/
147: 恋人は名無しさん 2007/04/03() 11:01:34 ID:Lbnmdpu90
俺29歳、会社員 ×1
彼女A 26歳 会社員
A
の上司B 37歳 妻帯者

A
からのアプローチで付き合いだした俺とA
最初離婚の傷もあって体の関*は無かったが、Aは優しく
変な言い方だが信頼できると思ってやった。

そして数ヵ月は年下の癖に包容力があって、健気なAと戸惑いながらも幸せだった。
離婚の理由を聞かれた事はあったけど、はぐらかしたままだったが
「過去の事は気にしないよ。今のあなたが好きだよ」と言ってくれた。
こんないい子にはその内はっきりと言わなくちゃいけないな、と思ってたが踏ん切りがつかなかった。

ところが数ヵ月後Aが妊娠してしまったという。
「大好きなあなたの子を産みたいです」と結婚を迫られたが
俺の×1の原因は俺の無精*症。

子供好きの元妻は不妊治療で俺の結果を知ってからノイローゼの様になってしまった。
そりゃそうですよ、自分は何の問題もない健康体で、しかも子供を熱望してましたから。
元妻もまだ若いのでやり直して欲しくて泣く泣く離婚した。
A
と付き合いだしたのは、丁度元妻から彼氏が出来た、というメールが来た時だった。
祝福して、「今度こそは幸せなママになってくれな。もうメールとかしない方が良いぞ」
とメールした後、それこそ立ち上がれないほど痛飲して泣いて泣いて有給使い切った位。
元妻を忘れ、自分の傷を癒すためにAと付き合ったのか、と言われたら反論できないけどさ…
もう俺は混乱して、「もしかしたら医者の診断ミスか」と思って違う病院に行った。
でもやっぱり子供は望めないと。
もう一回だけ、と違う病院に行ったが結果は同じだった。

帰る道すがら足と体がフワフワになった様な、前がよく見えないような感じだった。
正直俺の体を憎みましたよ。健康でさえ居ればこんな思いしなくて済んだんだって。
しばらく連絡をせず、向こうからの連絡も取らずに居たら家に来た。
「子供だけは…」と中*の罪を語る、純真でまっすぐ、だと思ってた目を見てたら
吐きそうな程の嫌悪感が来た。
俺自身が子供の事で一度人生が狂ってるから余計に。ダシにするなよ、と。

このページのトップヘ