セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

NTR

◇修羅場◇part83
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1252930458/

603: 恋人は名無しさん: 2009/09/19() 09:20:51 ID:qNW84hm50
最近やっと片が付いた修羅場。プチだが暇潰し程度に投下。

俺 大学生
彼女 大学生
?女 フリーター
浮男 社会人
中子・中男 専門学生

サークル仲間との飲み会に浮男がOBとして参加した事から話は始まる。
浮男はサークル内ではもはや伝説のOBで、先輩達からも良く話は聞いていたので、初めて会った気はしなかった。
俺と浮男はたまたま趣味が同じだったことから話は弾み、連絡先を交換する。

それから少し経って、同じサークル仲間である彼女と付き合うことになった俺。
噂好きである仲間達にはすぐ広まって、浮男の耳にも届いた。
ちなみにその頃、俺と浮男は時々一緒に飲みに行く仲=飲み友達にまで発展していた。
浮男に冷やかされつつも、馴れ初めを話したり初デートのことやら色々ノロケまくった。
浮男にも彼女がいるらしく、相談が入り混じったノロケやら愚痴やら、まぁコイバナに女子高生のように
花を咲かせている内に夜は更けていった。

彼女との交際も順調だし、友達の輪も広がっていくしで「あ~幸せだなあ」なんて
しみじみ思った。大学生活最高!って。

608: 
恋人は名無しさん: 2009/09/19() 09:31:29 ID:qNW84hm50
季節が移り変わり、もうすぐ彼女と付き合って、浮男と仲良くなって
一年が経とうとしていた。
ちなみに俺は彼女いない歴=年齢の喪男(童貞)だったわけで、
まだ彼女には手を出していなかった。というか誘っても断られていた。
彼女を清純で真面目な女性だと信じていた俺は(別に処女だとかは思っていなかったが)
「怖がっているんだろう、俺達は俺達なりのペースで歩んでいけばいい」
などとお花畑な脳内でいた。

後、浮男とは相変わらず仲が良く、浮男を通じて飲み友達が増えた。
中男と中子。彼等はバカップルでよく人目も気にせずイチャイチャしていた。

続きを読む

ロミオメール20通目
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1280739719/
639: 名無しさん@HOME 2010/08/17() 15:27:59
吹っ切れた記念に書き捨て。

件名:意地張らないでよ。
本文:まだ好きなくせに意地張って、
本当にアタシが離れていったら
動揺するくせに。
男はみんな、ハンターなんだよ。
女からこんなこと言わせないでよね。
男なら、奪いに来てよ!
根性見せてよ!
そんなことも出来ないなら、
○男なんていらない。
本当に、切り捨てるんだからね。

3
ヶ月前に別れた筈の元彼女から。
ジュリメールになるのかな?

別れた原因は彼女の浮気。

元彼女には合鍵を渡してあったんだけど、
出張から1日早く帰れることになって、
アパートに着くと、
部屋に電気がついてる。

ああ、来てるんだなと思って
玄関を開けると
元彼女の靴と
見覚えのない男物の靴。
寝室から大音量の
マキシマムザホルモン。

続きを読む

正月早々浮気されたったったwww
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1357199723/
 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 16:55:23.55 ID:PwpTIavb0
しかも付き合ってまだ二ヶ月ww

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 16:55:57.74 ID:aRvl3OBN0
>>1
kwsk

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 16:57:31.26 ID:MiM0a7yC0
そんなもんだよ
体の付き合いくらい許してやれ
お前じゃ短小すぎていけないんだろ

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 17:00:58.30 ID:wy3O3O4U0
むしろ2か月も付き合ってくれたことに感謝の涙を流すべき

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 17:05:33.99 ID:oYFNdNno0
みんな酷過ぎるだろ
>>1元気出せ…いいことあるさ

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 17:09:32.00 ID:bsJY1/hKI
代行ありがとうございます。
しかも皆レスしてくれてる!

9  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 17:12:44.29 ID:bsJY1/hKI
正確にはクリスマスに浮気されていて、昨日発覚したんだ。

10  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 17:19:07.00 ID:bsJY1/hKI
涙はでなかったが、放心状態だった。
ラブホで気まずい空気www

11  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 17:20:40.48 ID:cqGoqOJx0
お前の方が浮気なんだろうな

12  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/01/03() 17:22:54.62 ID:bsJY1/hKI
>>11
きっちりとオレが浮気されたww

続きを読む

冗談のメールから本当に他の男にヤらせてしまった彼女
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370799744/
 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/10() 02:42:24.58 ID:O8q3CKiS0
後味悪すぎてモヤモヤする
愚痴ってく

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/10() 02:44:42.40 ID:9ADfg9u10
社会的制裁はよ

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/10() 02:46:04.89 ID:O8q3CKiS0
彼女は専門学校に通ってるんだが、
クラスの男(以下K)とメールしていたら、

K
が「今度セックスして」
みたいな事を言ってきたらしい。
彼女は下ネタへの耐性が強く、
ノリも良かったので、冗談で
「先っぽだけ笑」
みたいな事を返したらしい。

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/10() 02:47:56.19 ID:O8q3CKiS0
そしたら、Kの妻がそのメールを見てしまったらしく、激怒。

彼女はわざわざ電車でK宅まで謝りにいかされていた。
そこで、K妻が離婚すると言い出したらしい。

8  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/10() 02:50:06.81 ID:O8q3CKiS0
結局離婚することが決まってしまったようで、
今度はKが彼女に対し怒るようになった。

そして

「お前のせいで離婚することになったんだから1回やらせろ」

とずっとしつこく言われ続けたらしい。

続きを読む

過去に三度もNTRされている
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1370739785/
 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:03:05.08 ID:fPxiGyhF0
3人目3回目でNTR耐性付いてるはずなのに、
やっぱり凹むなww不眠症再発ww

やはり浮気しないの女はヤンデレ1択だな。
はぁ・・・

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:04:17.70 ID:KG+mze1K0
そこまでなるなら女性殴って警察署行けばよかったやん

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:05:57.67 ID:fPxiGyhF0
>>2
殴るのは良くないと思います

 忍法帖【Lv=27,xxxPT(1+0 15) ゴミクズ dD9oLU2iXg 2013/06/09() 10:04:19.24 ID:v0sEkwUoP
と思うじゃん?

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:05:57.67 ID:fPxiGyhF0
>>3
タヒねwww

 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:04:46.22 ID:XtVuguzg0
おめでとうございますwwwwwwwwww

7  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:06:32.28 ID:4IQsuaGq0
普通に考えれば分かると思うけどお前が浮気相手な

9  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:07:08.49 ID:IPymvtm+0
>>7
本当にな

8 
 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:06:44.83 ID:fPxiGyhF0
浮気しないの女ってなんだよ
浮気しない女 な

11  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/09() 10:07:47.99 ID:Ag/GmYyZ0
誰に寝取られたんだよ

続きを読む

このページのトップヘ