セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

後悔

【夫に】浮気がバレてしまった【妻に】 その24
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1351891267/
620: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 12:03:00.48
私も日曜日に暴露た。
不倫相手の方が好きになって、離婚してもいいと思ってたのに、実際今の状況になると結構鬱になる。
はぁ~

621: 忍法帖【Lv=40,xxxPT(1+05) 【九電 88.5 % 2013/09/12() 12:36:59.98
>>620
まぁ空いてることだし少し話していかないか?

622: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 14:15:07.72
>>620
不倫相手も逃げんじゃねぇ?
そして1人・・・

623: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 15:47:23.19
>>622
どうだろうね
今のところはそんな感じじゃないけど
まあ彼にもお嫁さんいるし

ん~、もう・・・・

624: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 16:03:03.68
自業自得

625: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 16:36:48.52
>>624
うん、本当にそう思う。
思うけど

626: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 16:55:57.91
旦那に対する気持ちの無さはすがすがしいほどだねw

627: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 17:12:21.18
このまま、野垂れ死にまで、突っ走って欲しいな。

628: 名無しさんといつまでも一緒 2013/09/12() 18:27:00.49
>>626
無いと思ってたのに、そんな事なかったって事だよ。
暴露て初めて気付いたのかもしれない。
ありがちな話だよ
もう遅いよね

続きを読む

働くオンナ3 鈴村あいり SPECIAL SP.04
働くオンナ3 鈴村あいり SPECIAL SP.04

【夫に】浮気がバレてしまった【妻に】
 その22
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1322835443/
917: 名無しさんといつまでも一緒 2012/02/16() 05:56:43.89
どこに書くか悩んでここに行き着きました
まだ結婚はしてないですが、吐き出させてください

彼に浮気がバレました
彼は私がとても傷ついていた時に助けてくれた恩人でした
浮気相手はバツイチになりたての人で、
傷ついていたのを見てなんとかしてあげたいという気持ちがいつの間にか恋に発展していました
浮気相手はバツイチという事もあって彼が安心して話ができるよう「恋人はいない」と言っていたので、
彼に浮気がバレてから浮気相手に話が行き同時に二人も傷つけて同時にふたりと別れる事になりました
完全に私の自業自得です
でも、わたしなりにどちらも愛していたしどちらか一方だけを選ぶなんて事はできませんでした
綺麗事で済ませて悲劇のヒロインぶっているとは重々承知してます
彼に恩を返して、浮気相手を救ってあげたかったという私のわがままなんです
それなのに逆に同時に二人を傷つけてしまって・・・悔しいやら悲しいやら色々な気持ちでいっぱいです
もうこれからどうやって生きていこうかすら考えられません
人と触れ合うことでこんなに傷つけてしまうのならいっそ死んだ方がマシじゃないかとも思ってしまいます

続きを読む

チラシの裏 in 不倫・浮気板 38枚目
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1251218792/
287 
名無しさんといつまでも一緒 2009/09/03 23:39:57
笑われに来ました
不倫して、現場を中学生の娘に見られ
慌てて家に帰ると旦那に殴られ、離婚されました
慰謝料なしの財産分与もなし・・・
そしてもちろん親権も取れませんでした
本当に本当に後悔しています
自分の子供に軽蔑されるのは本当につらいです
なんて馬鹿なことをしたんだろう

288 名無しさんといつまでも一緒 2009/09/03 23:41:57
>>287
娘さんにどういうところを見られたの?
あなたは仕事持ってるの?
これからどうやって暮らしていくの?

289 287です 2009/09/04 00:00:07
専業だったので暇でミクシィをやってました
そこで知り合った同年代の男性と不倫をしました
彼に好かれようと彼の要求にすべて従い、溺れていきました
行為の最中に写真を撮られ、それをミクシィのメールで送られて
ミクシィを私がやっていた事は誰にも言ってなかったのですが
怪しむ娘にログインされ何枚もの私の痴態写真を見られました
そしてメールで密会の日時と現場を知った娘にホテルのロビーで待ち伏せされ
思いっきり殴られました
大勢の人がいたのですが、私が土下座をして娘にすがりつくと
後頭部を踏まれ「死ね」と泣きながら絶叫されました
それが娘を見るのも声を聞くのも最後です

290 名無しさんといつまでも一緒 2009/09/04 00:07:28
娘さん、ある程度の年だと思うけど
あなたも、もういい年なんだよね?

292 287です 2009/09/04 00:24:32
旦那と両親、兄夫婦に娘がプリントアウトした数十枚もの写真を叩きつけられ
旦那には離婚、両親からは勘当、兄夫婦には絶縁されました
旦那と父の激怒の顔、母の狂ったような泣き顔、兄夫婦のゴミを見るような蔑みの顔
そして何よりも娘の髪を振り乱しながらの絶叫が頭から離れず、毎日が地獄です

今はパートをしながらアパートで一人で住んでます
財産も友達も家族もすべて失い、精神を病んで宗教に騙されながら生き恥を晒しています
まだ三十代前半ですが薬の副作用と円形脱毛で見た目は最悪です
毎日死にたいですが、死ねません
娘にとっては死んだ方が良いとも思いますが、死ぬ勇気もないんです
あの日から楽しいと思える瞬間は一度たりともないです

293 名無しさんといつまでも一緒 2009/09/04 00:26:51
その彼には連絡取ってないんですか?
彼は既婚者?

294 名無しさんといつまでも一緒 2009/09/04 00:28:28
30代前半て、お嬢さんは小・中学生くらいでそんな行動を?

301 287です 2009/09/04 01:02:05
彼は既婚者でした
不倫がばれた途端、逃げられてしまいました
電話もメールも全部無視です
旦那に制裁されているみたいですが、詳しくはわかりません
連絡も取ろうとは思いません

娘は中学2年です
出来ちゃった結婚でしたが本当に素直で明るい娘でした
娘の同級生やそのお母さんたちに「若い」などとおだてられ
そのうちの一人のお母さんに少しは遊んだ方がいいとミクシィを勧められました
私は何故か三十代から性欲が強まり、本気で溺れていました
半年たった今は街中でカップルや御夫婦が手を繋いでいるのを見るだけで吐き気がします
それ以上に娘はトラウマでしょうが、謝る事もその資格もありません
病院代や生活費でとても苦しい
高卒の就職経験もない私が良い職を見つけられるはずもなく
二つの工場でパートをしています
同じく高卒の旦那がどれだけ苦労してお金を稼いでいたか
今身をもって痛感しています

308 名無し 2009/09/04 06:17:19
287の人は離婚されなかったら、同じ過ちを繰り返す人間と見受けた。なんか悲劇のヒロイン気取ってるけど、誠意を持って罪を償おうとは思ってないな。


にほんブログ村 2ちゃんねるブログへ

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1422070323/
935
名無しさん@HOME 2015/02/18() 15:09:50.62 0.net
旦那 30代後半
20代後半
結婚して4 その前交際6
子供 3歳 お腹の中にひとり

結婚直前3ヶ月くらい旦那の友達と浮気してた
旦那に対して不満もあって旦那の友達と旦那を天秤にかけてどっちがいいのか悩んでた。結果旦那を選んで私の両親に挨拶。その後直ぐに妊娠が分かり結婚。

浮気中は1度抱かれてしまった。
その事はずっと旦那にも言えず、墓場まで持って行こうと思ってた。

結婚してからもその浮気相手とは家族ぐるみで付き合い続けてきたし、家なき子だったこともあり、うちに居候していた。

でも結婚4年目に当時のことがバレた。バレたのは浮気相手が当時に他の友達に相談していたみたいで、そこから実は昔…とバラされた。

凄くぶつかったし、真剣に話したけど、しちゃったことだけはどうしても言えなかった。

やってない、やってないで逃げてきた。そこでまたいちからやり直してもらえることになったんだけど、した証拠が出てきてしまって、白状した。

した相手を家に住ませるってどんな神経してるんだとかあんだけ真剣にぶつかったのにそれでも嘘をつき続けるとか馬鹿にしてるとしか思えないと言われました。

まだ離婚ということは言われてませんが、普通の家庭にはならないだろうと言われています。確かに過去に浮気してしまったこと、住ませていたこと、その事を黙っていたこと、全て私が悪いです。でも旦那を愛しています。旦那がいないと生きていけないと思っています。
やはり客観的にみてもやっていけないんでしょうか…私が判を押すしかないのでしょうか…

続きを読む

このページのトップヘ