セロリのきんぴら

2ch、おーぷん2ch、2chscスレから、主に嫁、妻の浮気・不倫・NTRなどのスレをまとめて配信します。

  • Twitter
  • RSS

短編集

嫁の携帯にGPS機能のあるアプリを仕込んだ。マークが止まってるのはホテル街。嫁の車が停まっているのも確認した。凸したい気持ちブレーキをかけ興信所に依頼したが…

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験
 108度目
http://www.kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1386648993/
30 1/8:2013/12/10() 17:54:43.77 ID:ixQkliMx
不倫問題かと思ったらもっと根深い全然違う問題だったりでどのスレか迷ったんだけど、こんな漫画みたいな事が本当にあるのかと衝撃的だったんで書かせてもらいます。凄く長いです。

嫁の不倫(?)が発覚した・・・んだけど。
事に及んでいた事実が確かにあったんだけど最終的に俺に離婚の意志が無くなり離婚しなかったので嫁は元ではなく今も嫁であるという事を先に書いておきます。

27リーマン、嫁24専業主婦。
規模的には零細だが、割と当たった方のベンチャー企業なので年齢にしては収入多い方だと思う。俺の実家と嫁は普通に付き合いがあったが、俺と嫁実家の付き合いは嫁が何故か拒否するので殆ど無かった。

31 2/8:2013/12/10() 17:56:51.42 ID:ixQkliMx
発覚の切欠はよくあるパターンで、嫁が携帯をいじる頻度が増す友達の所に行く等と言って外出する回数が増す俺が仕事から帰ってくる時間を気にしだす、など。

ただ違和感があったのは、普通こういう不倫のパターンだと夜の営みを嫌うようになったり、家事を手抜きするようになったりするのもセットだと思ってたんだが、この2つに関してはそれが見られなかった。
家事は以前と比べて全く劣る事無く全てキッチリこなしていたし夜の営みも回数こそ変化は無かったものの、内容的には逆に積極的と言うか、前にも増して献身的にすらなっていたように感じられた。

32 3/8:2013/12/10() 17:58:28.69 ID:ixQkliMx
違和感を感じつつも、今までしていなかった何かをしている事は間違いなかったようなので、嫁の携帯にこっそりとGPS機能のあるアプリを入れ、俺の方から追跡できるようにした。
そして休日。
 

彼がもう1人産ましたるわ!って子作りする気満々。旦那にバレる気しないし、気持ちイイから逆らわないけどwこういうケースって25人に1人なんだとか…珍しい事じゃないみたいw

110:
 可愛い奥様 : 2013/06/16 08:15:50 ID:ros4RShz0
私の子供は、私と巡査の方(旦那ではない)との間に
出来た子供。内緒で行ったDNA検査で、そう判明。
旦那にはバレてない。血液型もセーフだったし。

このことは、私とお巡りさんの間だけの秘密。
子供に会いたいっていうから(+セクロス)今でも会う
けど、子供と彼はまさに親子。
私みたいなケースって25人に1人だとか・・・テレビ
で見て驚いた。

111: 可愛い奥様 : 2013/06/16 09:29:59 ID:ltK0y/MS0
彼にそんなに似ちゃってんなら
血液型がセーフでも育つうちに顔かたちで疑われるんじゃないの?

そういやこのスレか忘れたけど、子供が実は浮気でできた子で、
旦那の子供を産んでもしきょうだいで顔が全然違ったらと思うと
怖くて2人目は作れないっていう人がいたな。

116: 可愛い奥様 : 2013/06/18 14:14:52 ID:qBm8KVfq0
>>111
旦那は超鈍感だから大丈夫。旦那にとっても
待望の子供だったから、疑おうともしない。
喜ぶばかり。ただ、舅・姑とか親戚の目が怖いかな。
 

今回が初めてだとか、そんなの関係ねえ!怒り狂う俺に、何でも言う事を聞くから許してと彼女。それならと、出刃を渡した。これで間を杀殳してこい!なんつってたら警官が来て…

◇修羅場◇
part57
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1202041355/
449: 恋人は名無しさん: 2008/02/19() 14:29:57 ID:WmzgdFxSO
俺が27の時の話
俺…病院勤務
彼女S、ナース27
元レディース
間男…N、マッサージ師、27
俺とNは学生時代からのツレで、俺が就職と同時に同棲する為に引越しした近所にNも仕事で越してきた頃から深く付き合い出したようで
Nって奴はなれなれしいと言うか、人見知りのない奴で、俺が留守でも家に上がりこんで勝手にゲームとかしてる奴!
ただ、母親が亡くなったので寂しがりだと思い家も近所なもんで波風立てたくなかったので気にしないようにしてた。
彼女のSもナースとして後輩の指導やら仕事が増え益々不規則な勤務になっており、俺とも会話自体が少なくなってきていた。
俺が働いてた病院は交代で月に一度水曜日の午後は帰れるので、その日はSも休みだった事もあり、何処か遊びに連れて行こうと思いまっすぐ家に帰った

451: 恋人は名無しさん: 2008/02/19() 14:52:28 ID:WmzgdFxSO
それで家に着いたら俺の駐車場にNの車が?
奴も仕事のはずだが?なんとなく不安になったがボロアパートの二階の自分の部屋へ
本当にボロいので、外からでも声が漏れていた。
思いきりアノ声がね
なんだろね?あの瞬間って手足が冷たくなるのね。
俺自信DQN満載だったから鍵を開けて寝室を覗いて見るとSが上に乗って腰を激しくグラインド!
台所から出刃を取り出し、手拭きで手にくくり着けて部屋に乱入したよ
二人はめちゃくちゃ驚いてたよ。Nは俺に殺されると思ったんだろうね
違う!違う!ゴメン!って窓からすっ裸で飛び降りた。
 

10年続いた彼だったけど、旦那が「今正直に言ったら許してやる。」と言うから、ヘタレな私は認めてしまった。ごめんなさい。もう連絡しません。

【夫に】浮気がバレてしまった【妻に】
 その4
http//toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1147281649/
28 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/11() 105129
明日久しぶりにデートだねってwktkメールを送った。
旦那宛てにorz

29 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/11() 105355
よほどのアフォ旦那じゃない限り
びっくりした~?
ってメール送っても無駄だからw

バレテもいいならデートすりゃいいし、嫌ならもう二度と連絡するのはやめとけ

33
 28 2006/05/11() 111502
その日は飲み会で遅くなるって言っていた旦那が、
鬼のような顔をして早々に帰ってきた。
明け方まで事情聴取され、翌日のデートは、友達と食事に行くと言っておいたのだが、
深夜2時頃その友達とやらに電話して確認させろだの、相手が男じゃないってんなら
証拠出せだのキツイ取り調べが続いたが、頑としてシラを切った。

が、お互い疲れ夜が明けるころ、急に優しく「今正直に言ったら許してやる。」
と言われ、ヘタレな私は相手が男だと認めてしまった。相手は昔の友達で、10年ぶり
位に会う、向うも既婚だし、不倫とかそういう関係ではけして無いという事は全力で
納得させた。

10年続いた彼だったけど、やっぱり旦那が大事な事に気づいた。
ごめんなさい。もう連絡しません。

34 名無しさんといつまでも一緒 2006/05/11() 111727
>>33
十年って・・・・
最悪だな結婚期間の半分以上不倫じゃないの
 

奥バレしたけど、彼に対してまだ好きだと言う感情は残っている。別に略奪したいわけじゃないし、夫が嫌いになったわけでもない。けど、彼とのつながりを断たれた絶望感でタヒにたい…

【鬼専用】不倫相手と別れた人part7
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/furin/1384699311/

 971: 名無しさんといつまでも一緒 : 2013/12/08() 01:44:21.02 0
埋めがてら吐き捨て。
自分は既婚小梨女で、ネット上で趣味を通じて知り合った彼と
メールでやり取りしてた間柄。
(遠方のため、会った事はない)

先月の今頃、彼の奥さんにばれた
(職場にいるもんだと思ってメール送ったら、在宅中だったため奥さんに見つかった)
それから1週間もしないうちにメールは着信拒否。
その後、一緒にプレーしてたオンラインゲームの友達登録を解除され、
ツイッターもブロックされた。
彼なりにけじめをつけたんだと思うけど、いまいち納得いかない。

苦しいのは自分だけじゃないと分かっている。
けど、彼とのつながりを断たれた絶望感(多分これが1番大きい)と、
奥さんや私の夫に申し訳ないと思う気持ちなど、
いろいろな感情が渦巻いてとにかくつらい。
(因みに、夫も同じゲームをやってて彼の存在は知っているけど、
よく遊ぶ友人の一人としか思ってない模様)
ショックで落ち込んでる私を見て、
何も知らない(?)夫が心配してくれるのでさらにつらい。
しにたいけど、年末年始のくっそ忙しい時期にしんだら迷惑だよなと思って耐えている。

ゲーム内のメッセージ機能使って奥さんへの謝罪の手紙を送ってますが、
リアクションなし。
(そもそも伝わってるかどうかすら不明)
まだ1か月なので、もうしばらく静観しようとは思ってますが

972: 名無しさんといつまでも一緒 : 2013/12/08() 01:52:32.28 0
>>971
いい歳してアホか

 

このページのトップヘ